みんかぶニュース 為替・FXニュース一覧

みんかぶニュース 為替・FX 日銀為替市況 午後5時時点、150円12~14銭の小幅なドル安・円高  日銀が22日公表した午後5時時点の外国為替市況は1ドル=150円12~14銭と前日に比べ2銭のドル安・円高。ユーロは対円で1ユーロ=162円92~96銭と同61銭のユーロ高・円安。対ドルでは1ユーロ=1.0852~53ドルと同0.0042ドルのユーロ高・ドル安だった。 出所:MINKABU PRESS 2024/02/22 17:50 みんかぶニュース 為替・FX 日銀為替市況(ドル円・午後5時) ■ドル円終値の推移           レンジ              前日比  02月22日 150円12~14銭       (▼0.02)  02月21日 150円14~16銭       (▼0.21)  02月20日 150円35~37銭       (△0.38)  02月19日 149円97~99銭       (▼0.26)  02月16日 150円23~24銭       (△0.03)  02月15日 150円20~21銭       (▼0.24)  02月14日 150円44~46銭       (△0.86)  02月13日 149円58~59銭       (△0.19)  02月09日 149円39~40銭       (△0.68)  02月08日 148円71~73銭       (△0.89)  02月07日 147円82~83銭       (▼0.69)  02月06日 148円51~53銭       (△0.04)  02月05日 148円47~49銭       (△1.85)  02月02日 146円62~64銭       (▼0.18)  02月01日 146円80~82銭       (▼0.85)  01月31日 147円65~67銭       (△0.42)  01月30日 147円23~25銭       (▼0.56)  01月29日 147円79~81銭       (△0.02)  01月26日 147円77~79銭       (△0.10)  01月25日 147円67~69銭       (▼0.11)  01月24日 147円78~80銭       (△0.21)  01月23日 147円57~59銭       (▼0.47)  01月22日 148円04~05銭       (▼0.22)  01月19日 148円26~28銭       (△0.50)  01月18日 147円76~78銭       (▼0.11)  01月17日 147円87~88銭       (△1.72)  01月16日 146円15~17銭       (△0.71)  01月15日 145円44~45銭       (△0.30)  01月12日 145円14~16銭       (▼0.25)  01月11日 145円39~41銭       (△0.46)  01月10日 144円93~95銭       (△0.87)  01月09日 144円06~07銭       (▼1.00)  01月05日 145円06~08銭       (△1.69)  01月04日 143円37~39銭       (△1.98)  12月29日 141円39~41銭       (△0.59)  12月28日 140円80~82銭       (▼1.97)  12月27日 142円77~79銭       (△0.45)  12月26日 142円32~34銭       (▼0.03)  12月25日 142円35~55銭       (△0.12)  12月22日 142円23~25銭       (▼1.02)  12月21日 143円25~27銭       (▼0.29)  12月20日 143円54~56銭       (▼0.62)  12月19日 144円16~18銭       (△1.78)  12月18日 142円38~40銭       (△0.42)  12月15日 141円96~99銭       (▼0.04)  12月14日 142円00~02銭       (▼3.81)  12月13日 145円81~82銭       (△0.38)  12月12日 145円43~45銭       (▼0.93)  12月11日 146円36~39銭       (△2.28)  12月08日 144円08~10銭       (▼1.59)  12月07日 145円67~69銭       (▼1.29)  12月06日 146円96~98銭       (△0.13)  12月05日 146円83~85銭       (▼0.12)                       (注:△はドル高・円安) 出所:MINKABU PRESS 2024/02/22 17:48 みんかぶニュース 為替・FX 来週の為替相場見通し=ドル買い優勢の展開か  来週のドル円相場は、早期の米利下げ観測が一段と後退していることからドル買い優勢の展開が続きそうだ。予想レンジは1ドル=149円00銭~152円00銭。  21日に米連邦準備理事会(FRB)が公表した1月開催分の米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨で、政策担当者の大半が尚早な利下げに対する懸念を示していたことが分かったことからドル買いが入りやすくなっている。日本時間今晩に発表される米2月購買担当者景気指数(PMI)速報値や、来週28日の米10~12月期米実質国内総生産(GDP)改定値、29日の米1月個人消費支出(PCE)、3月1日の米2月ISM製造業景況感指数などの結果で、米経済の軟着陸(ソフトランディング)期待が高まればドルの上昇に弾みがつきそうだ。日本政府・日銀による円買い介入への警戒感は根強いが、史上最高値を更新した日経平均株価が一段と上値を伸ばせば、海外投資家の日本株投資に絡んだ為替変動リスクを回避(ヘッジ)する目的での円売りが増えるとの思惑がドル円相場を押し上げそうだ。  そのほかで来週に海外で発表される主な経済指標は、26日に米1月新築住宅販売件数、27日に米1月耐久財受注と米2月消費者信頼感指数(コンファレンス・ボード)、28日にユーロ圏2月消費者信頼感・確定値と米1月卸売在庫、29日にドイツ2月消費者物価指数(CPI)速報値と米2月シカゴ購買部協会景気指数、3月1日にユーロ圏2月消費者物価指数(HICP)速報値と米2月ミシガン大学消費者態度指数・確報値など。国内では27日に1月のCPI、29日に1月の鉱工業生産・速報値が公表される予定となっている。 出所:MINKABU PRESS 2024/02/22 17:36 みんかぶニュース 為替・FX 午後:債券サマリー 先物は小幅続伸、日銀総裁発言を警戒して値を消す場面も  22日の債券市場で、先物中心限月3月限は小幅続伸。流動性供給入札が強めの結果となったことが好感されたものの、植田和男総裁の発言が警戒されるかたちで値を消す場面があった。  債券先物は売り優勢でスタートし、寄り付き直後には前日比13銭安の146円06銭まで軟化した。21日に米連邦準備理事会(FRB)が公表した1月開催分の米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨で、政策担当者の大半が尚早な利下げに対する懸念を示していたことが分かり、早期の米利下げ観測が一段と後退したことが影響。米20年債入札が低調だったこともあり、同日の米長期金利が上昇したことが国内債に売りを促した。ただ、日経平均株価が最高値を更新するなか、年金勢があらかじめ定めた資産の構成比率を維持するために株を売って債券買いに動くとの思惑もあり、先物は売り一巡後に切り返し。この日に財務省が行った流動性供給入札(対象:残存期間5年超15.5年以下)の応札倍率が4.48倍(前回は3.40倍)になったことが明らかになると、先物は一時146円45銭まで上げ幅を広げた。とはいえ、きょうの衆院予算委員会で日銀の植田総裁が「足もとの物価はインフレの状態にある」との見解を示したことが伝えられたことをきっかけに、金融政策の正常化を意識した売りが優勢となった。  先物3月限の終値は、前日比4銭高の146円23銭となった。一方、現物債市場で10年債の利回りは、午後3時時点で前日比0.005%低下の0.715%で推移している。 出所:MINKABU PRESS 2024/02/22 15:52 みんかぶニュース 為替・FX 来週の主なマーケットイベント ◎経済統計・イベントなど ◇2月26日 08:50 日・企業向けサービス価格指数 ※タイ市場が休場 ◇2月27日 00:00 米・新築住宅販売件数 08:30 日・全国消費者物価指数 10:30 日・5年物クライメート・トランジション国債の入札 16:00 独・GFK消費者信頼感調査 16:45 仏・消費者信頼感指数 22:30 米・耐久財受注 23:00 米・住宅価格指数 23:00 米・S&Pケースシラー住宅価格指数 ◇2月28日 00:00 米・リッチモンド連銀製造業指数 00:00 米・消費者信頼感指数(コンファレンスボード) 09:30 豪・消費者物価指数 14:00 日・景気動向指数(改定値) 19:00 ユーロ・消費者信頼感 19:00 ユーロ・経済信頼感 21:00 米・MBA(抵当銀行協会)住宅ローン申請指数 22:30 米・四半期実質GDP(国内総生産,改定値) 22:30 米・卸売在庫 ※台湾市場が休場 ※G20(20カ国・地域)財務相・中央銀行総裁会議(29日まで) ◇2月29日 02:45 米・ニューヨーク連銀ウィリアムズ総裁が講演 08:50 日・商業動態統計 08:50 日・対外対内証券売買契約等の状況 08:50 日・鉱工業生産(速報値) 09:30 豪・小売売上高 09:30 豪・四半期民間設備投資 10:30 日・2年物利付国債の入札 10:30 中・製造業購買担当者景気指数 14:00 日・新設住宅着工戸数 16:45 仏・四半期GDP(国内総生産,改定値) 16:45 仏・消費者物価指数(速報値) 16:45 仏・卸売物価指数 16:45 仏・消費支出 17:55 独・失業率 17:55 独・失業者数 18:30 英・消費者信用残高 18:30 英・マネーサプライ 19:00 日・外国為替介入実績 22:00 独・消費者物価指数(速報値) 22:30 米・個人所得 22:30 米・個人消費支出 22:30 米・新規失業保険申請件数 22:30 米・失業保険継続受給者数 23:45 米・シカゴ購買部協会景気指数 ◇3月1日 00:00 米・住宅販売保留指数 08:30 日・失業率 08:30 日・有効求人倍率 10:10 米・ニューヨーク連銀ウィリアムズ総裁が民間団体主催の討議に参加 10:20 日・3カ月物国庫短期証券の入札 10:30 中・製造業購買担当者景気指数 10:30 中・非製造業購買担当者景気指数 10:45 中・財新製造業購買担当者景気指数 14:00 日・消費者態度指数 17:50 仏・製造業購買担当者景気指数(改定値) 17:55 独・製造業購買担当者景気指数(改定値) 18:00 ユーロ・製造業購買担当者景気指数(改定値) 18:30 英・製造業購買担当者景気指数(改定値) 19:00 ユーロ・失業率 19:00 ユーロ・消費者物価指数(速報値) 23:45 米・製造業購買担当者景気指数(改定値) ※日・閣議 ※韓国市場が休場 ◇3月2日 00:00 米・ISM(サプライマネジメント協会)製造業景況指数 00:00 米・建設支出 00:00 米・ミシガン大学消費者態度指数(確報値) ◎決算発表・新規上場など ○2月27日 決算発表:東和フード<3329> ○2月28日 ※東証グロース上場:Cocolive<137A> ※東証グロースと名証ネクスト上場:光フードサービス<138A> ※海外企業決算発表:セールスフォース ○2月29日 決算発表:ラクーンHD<3031>,ナトコ<4627> ○3月1日 決算発表:DyDo<2590>,伊藤園<2593>,大和コン<3816>,ダイサン<4750>,ゼネラルパ<6267>,ピープル<7865>,アインHD<9627> 出所:MINKABU PRESS 2024/02/22 15:30 みんかぶニュース 為替・FX 債券:先物、後場終値は前営業日比4銭高の146円23銭  債券市場で、先物3月限の後場は前営業日比4銭高の146円23銭で引けた。 出所:MINKABU PRESS 2024/02/22 15:07 みんかぶニュース 為替・FX 債券:流動性供給入札、応札倍率4.48倍  22日に実施された流動性供給(第400回)入札(対象:残存期間5年超15.5年以下)は、最大落札利回り格差がマイナス0.015%、平均落札利回り格差もマイナス0.015%となった。応札倍率は4.48倍となり、前回(1月22日)の3.40倍を上回った。 出所:MINKABU PRESS 2024/02/22 13:15 みんかぶニュース 為替・FX 午前:債券サマリー 先物は続伸、売り一巡後に切り返す  22日午前の債券市場で、先物中心限月3月限は続伸。前日の米債券安を受けた売りが一巡したあとは切り返す動きとなり、前引け間際には一時146円27銭まで上伸した。  債券先物は売り優勢でスタートし、寄り付き直後には前日比13銭安の146円06銭まで軟化。21日に実施された米20年債入札が低調な結果となったことを受け、同日の米長期金利が上昇したことが国内債に売りを促した。ただ、市場では日銀が金融政策の正常化に踏み切った後も緩和的な環境を維持するとの見方があり、下値では押し目買いが散見された。なお、きょうは財務省が流動性供給入札(対象:残存期間5年超15.5年以下)を実施する。  午前11時の先物3月限の終値は、前日比6銭高の146円25銭となった。一方、現物債市場で10年債の利回りは、前日比0.005%低下の0.715%で推移している。 出所:MINKABU PRESS 2024/02/22 12:04 みんかぶニュース 為替・FX 債券:先物、前場終値は前営業日比6銭高の146円25銭  債券市場で、先物3月限の前場終値は前営業日比6銭高の146円25銭だった。 出所:MINKABU PRESS 2024/02/22 11:07 みんかぶニュース 為替・FX 外為サマリー:一時150円40銭台に上伸、FOMC議事要旨を受けドル買い強まる  22日の東京外国為替市場のドル円相場は、午前10時時点で1ドル=150円39銭前後と前日の午後5時時点に比べて25銭程度のドル高・円安となっている。  21日のニューヨーク外国為替市場のドル円相場は、1ドル=150円30銭前後と前日に比べて30銭弱のドル高・円安で取引を終えた。同日に実施された米20年債入札が低調な結果となり、米長期金利が上昇したことから一時150円39銭まで上伸した。  米連邦準備理事会(FRB)が公表した1月開催分の米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨で、政策担当者の大半が尚早な利下げに対する懸念を示していたことが分かった。これを受けた東京市場では、FRBは利下げを急いでいないとの見方が広がるなかドル買い・円売りが優勢となっている。また、海外投資家の日本株投資に絡んだ為替変動リスクを回避(ヘッジ)する目的での円売りが増えるとの思惑もあるようで、午前9時00分ごろには150円43銭まで上値を伸ばす場面があった。  ユーロは対ドルで1ユーロ=1.0830ドル前後と前日の午後5時時点に比べて0.0020ドル程度のユーロ高・ドル安。対円では1ユーロ=162円88銭前後と同60銭弱のユーロ高・円安で推移している。 出所:MINKABU PRESS 2024/02/22 10:17 みんかぶニュース 為替・FX 米外為市場サマリー:米長期金利の上昇を受け150円30銭台に上伸  21日のニューヨーク外国為替市場のドル円相場は、1ドル=150円30銭前後と前日に比べて30銭弱のドル高・円安で取引を終えた。ユーロは1ユーロ=162円62銭前後と同50銭程度のユーロ高・円安だった。  この日に実施された米20年債入札が低調な結果となったことを受け、米長期金利が上昇したことから日米金利差の拡大を見込んだドル買い・円売りが先行した。1月開催分の米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨が公表されるのを前にドルを買い戻す動きなどもあり、ドル円相場は一時150円39銭まで上伸した。ただ、その後は前日の高値150円44銭が意識されるかたちでドル買いが一服。FOMC議事要旨では政策担当者の大半が尚早な利下げに対する懸念を示していたことが分かったが、ドル円相場の反応は限定的だった。一方、欧州中央銀行(ECB)政策委員会メンバーのウンシュ・ベルギー中銀総裁が「一部が予想するほどECBは早急に利下げしない可能性がある」と述べ、早期の利下げ観測を牽制したことなどを背景にユーロが堅調だった。  ユーロは対ドルで1ユーロ=1.0819ドル前後と前日に比べて0.0010ドル程度のユーロ高・ドル安だった。 出所:MINKABU PRESS 2024/02/22 07:52 みんかぶニュース 為替・FX 22日の主なマーケットイベント ○経済統計・イベントなど 08:50 日・対外対内証券売買契約等の状況 10:20 日・3カ月物国庫短期証券の入札 16:45 仏・企業景況感指数 17:15 仏・製造業購買担当者景気指数(速報値) 17:15 仏・非製造業購買担当者景気指数(速報値) 17:30 独・製造業購買担当者景気指数(速報値) 17:30 独・非製造業購買担当者景気指数(速報値) 18:00 ユーロ・製造業購買担当者景気指数(速報値) 18:00 ユーロ・非製造業購買担当者景気指数(速報値) 18:30 英・製造業購買担当者景気指数(速報値) 18:30 英・非製造業購買担当者景気指数(速報値) 19:00 ユーロ・消費者物価指数(改定値) 21:30 ユーロ・ECB(欧州中央銀行)理事会議事要旨 22:30 米・新規失業保険申請件数 22:30 米・失業保険継続受給者数 23:45 米・製造業購買担当者景気指数(速報値) 23:45 米・非製造業購買担当者景気指数(速報値) 23:45 米・総合購買担当者景気指数(速報値) ○決算発表・新規上場など 決算発表:プラネット<2391>,キタック<4707> ※東証グロース上場:VRAIN Solution<135A> 出所:MINKABU PRESS 2024/02/22 07:51 みんかぶニュース 為替・FX ◎21日のNY為替 ドル・円:150円30銭(20日終値:150円01銭) ユーロ・円:162円62銭(同:162円12銭) ユーロ・ドル:1.0819ドル(同:1.0808ドル) 出所:MINKABU PRESS 2024/02/22 07:51 みんかぶニュース 為替・FX 日銀為替市況 午後5時時点、150円14~16銭のドル安・円高  日銀が21日公表した午後5時時点の外国為替市況は1ドル=150円14~16銭と前日に比べ21銭のドル安・円高。ユーロは対円で1ユーロ=162円31~35銭と同38銭のユーロ高・円安。対ドルでは1ユーロ=1.0810~11ドルと同0.0040ドルのユーロ高・ドル安だった。 出所:MINKABU PRESS 2024/02/21 17:53 みんかぶニュース 為替・FX 日銀為替市況(ドル円・午後5時) ■ドル円終値の推移           レンジ              前日比  02月21日 150円14~16銭       (▼0.21)  02月20日 150円35~37銭       (△0.38)  02月19日 149円97~99銭       (▼0.26)  02月16日 150円23~24銭       (△0.03)  02月15日 150円20~21銭       (▼0.24)  02月14日 150円44~46銭       (△0.86)  02月13日 149円58~59銭       (△0.19)  02月09日 149円39~40銭       (△0.68)  02月08日 148円71~73銭       (△0.89)  02月07日 147円82~83銭       (▼0.69)  02月06日 148円51~53銭       (△0.04)  02月05日 148円47~49銭       (△1.85)  02月02日 146円62~64銭       (▼0.18)  02月01日 146円80~82銭       (▼0.85)  01月31日 147円65~67銭       (△0.42)  01月30日 147円23~25銭       (▼0.56)  01月29日 147円79~81銭       (△0.02)  01月26日 147円77~79銭       (△0.10)  01月25日 147円67~69銭       (▼0.11)  01月24日 147円78~80銭       (△0.21)  01月23日 147円57~59銭       (▼0.47)  01月22日 148円04~05銭       (▼0.22)  01月19日 148円26~28銭       (△0.50)  01月18日 147円76~78銭       (▼0.11)  01月17日 147円87~88銭       (△1.72)  01月16日 146円15~17銭       (△0.71)  01月15日 145円44~45銭       (△0.30)  01月12日 145円14~16銭       (▼0.25)  01月11日 145円39~41銭       (△0.46)  01月10日 144円93~95銭       (△0.87)  01月09日 144円06~07銭       (▼1.00)  01月05日 145円06~08銭       (△1.69)  01月04日 143円37~39銭       (△1.98)  12月29日 141円39~41銭       (△0.59)  12月28日 140円80~82銭       (▼1.97)  12月27日 142円77~79銭       (△0.45)  12月26日 142円32~34銭       (▼0.03)  12月25日 142円35~55銭       (△0.12)  12月22日 142円23~25銭       (▼1.02)  12月21日 143円25~27銭       (▼0.29)  12月20日 143円54~56銭       (▼0.62)  12月19日 144円16~18銭       (△1.78)  12月18日 142円38~40銭       (△0.42)  12月15日 141円96~99銭       (▼0.04)  12月14日 142円00~02銭       (▼3.81)  12月13日 145円81~82銭       (△0.38)  12月12日 145円43~45銭       (▼0.93)  12月11日 146円36~39銭       (△2.28)  12月08日 144円08~10銭       (▼1.59)  12月07日 145円67~69銭       (▼1.29)  12月06日 146円96~98銭       (△0.13)  12月05日 146円83~85銭       (▼0.12)  12月04日 146円95~97銭       (▼1.33)                       (注:△はドル高・円安) 出所:MINKABU PRESS 2024/02/21 17:52 みんかぶニュース 為替・FX 明日の為替相場見通し=FOMC議事要旨に注目  今晩から明日にかけての外国為替市場のドル円相場は、日本時間今晩に発表される1月開催分の米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨の内容に左右されそうだ。予想レンジは1ドル=149円70銭~150円70銭。  20日に発表された1月の米景気先行指標総合指数は市場予想を下回ったものの、前週に発表された米消費者物価指数(CPI)などのインフレ関連指標が上振れたことから米連邦準備理事会(FRB)による早期の利下げ観測は後退している。FOMC議事要旨がハト派色の弱い内容だった場合、ドル買いが再び活発化する可能性がある。また、経済イベントの討議に参加するボウマンFRB理事の発言などにも目を配っておきたい。 出所:MINKABU PRESS 2024/02/21 17:36 みんかぶニュース 為替・FX 外為サマリー:150円00銭台で推移、FOMC議事要旨の公表控え戻り限定的  21日の東京外国為替市場のドル円相場は、午後4時時点で1ドル=150円06銭前後と前日の午後5時時点に比べて30銭弱のドル安・円高となっている。  前日に米長期金利が低下したことを受けたドル売り・円買いが一巡するなか、ドル円相場は午後0時50分ごろに149円85銭をつけたあとは下げ渋る動きとなった。ただ、米連邦準備理事会(FRB)が日本時間今晩に公表する1月開催分の米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨を控えて持ち高を一方向には傾けにくく、150円ラインを超えて買い上がる勢いには乏しかった。  ユーロは対ドルで1ユーロ=1.0812ドル前後と前日の午後5時時点に比べて0.0040ドル強のユーロ高・ドル安。対円では1ユーロ=162円26銭前後と同30銭強のユーロ高・円安で推移している。 出所:MINKABU PRESS 2024/02/21 16:21 みんかぶニュース 為替・FX 明日の主なマーケットイベント ○経済統計・イベントなど 00:00 ユーロ・消費者信頼感 04:00 米・FOMC(連邦公開市場委員会)議事要旨 08:50 日・対外対内証券売買契約等の状況 10:20 日・3カ月物国庫短期証券の入札 16:45 仏・企業景況感指数 17:15 仏・製造業購買担当者景気指数(速報値) 17:15 仏・非製造業購買担当者景気指数(速報値) 17:30 独・製造業購買担当者景気指数(速報値) 17:30 独・非製造業購買担当者景気指数(速報値) 18:00 ユーロ・製造業購買担当者景気指数(速報値) 18:00 ユーロ・非製造業購買担当者景気指数(速報値) 18:30 英・製造業購買担当者景気指数(速報値) 18:30 英・非製造業購買担当者景気指数(速報値) 19:00 ユーロ・消費者物価指数(改定値) 21:30 ユーロ・ECB(欧州中央銀行)理事会議事要旨 22:30 米・新規失業保険申請件数 22:30 米・失業保険継続受給者数 23:45 米・製造業購買担当者景気指数(速報値) 23:45 米・非製造業購買担当者景気指数(速報値) 23:45 米・総合購買担当者景気指数(速報値) ○決算発表・新規上場など 決算発表:プラネット<2391>,キタック<4707> ※東証グロース上場:VRAIN Solution<135A> 出所:MINKABU PRESS 2024/02/21 15:30 みんかぶニュース 為替・FX 午後:債券サマリー 先物は小反発、長期金利は横ばいの0.725%  21日の債券市場で、先物中心限月3月限は小反発した。前日の米国市場で、長期債相場が上昇(金利が低下)したことが下支え要因となった。日銀が実施した3本の定例国債買い入れオペは波乱なく通過し、買い安心感をもたらした。ただ、日銀の金融政策の正常化観測がくすぶるなかにあって上値を追う姿勢は限られた。  日銀が実施したのは「残存期間1年超3年以下」と「同3年超5年以下」、「同5年超10年以下」の3本。このうち長期国債先物が連動するチーペスト銘柄が含まれる「同5年超10年以下」の応札倍率は1.49倍となり、前回の2.24倍から低下した。債券需給がタイトな状況だと受け止めた買いが先物に入る場面があった。  海外では1月30日~31日開催分の米連邦公開市場委員会(FOMC)の議事要旨の公表を控えている。早期の利下げシナリオを巡る市場観測の変化を見極めたいとの姿勢もあって、大引けにかけては膠着感が強まった。  先物3月限は前営業日比1銭高の146円19銭で取引を終えた。現物債市場で、新発10年債利回り(長期金利)は横ばいの0.725%で推移している。 出所:MINKABU PRESS 2024/02/21 15:16 みんかぶニュース 為替・FX 債券:先物、後場終値は前営業日比1銭高の146円19銭  債券市場で、先物3月限の後場終値は前営業日比1銭高の146円19銭だった。 出所:MINKABU PRESS 2024/02/21 15:06 みんかぶニュース 為替・FX 債券:国債買いオペ、「残存期間5年超10年以下」の応札倍率1.49倍  日銀は21日、国債買いオペを実施。応札倍率は「残存期間1年超3年以下」が3.22倍、「同3年超5年以下」が2.54倍、「同5年超10年以下」が1.49倍だった。 出所:MINKABU PRESS 2024/02/21 12:27 みんかぶニュース 為替・FX 午前:債券サマリー 先物は小幅続落、日銀政策正常化観測が重荷  21日午前の債券市場で、先物中心限月3月限は小幅続落した。前日の米国市場で長期債相場が上昇(金利は低下)したことが支援材料となったが、日銀の金融政策の正常化観測がくすぶるなかで買い上がる動きは限られ、持ち高調整目的の売りに押される展開だった。日銀はこの日、定例の国債買い入れオペを3本通告した。オファー額は据え置きとなり、需給面での安心感をもたらした。  日銀の定例国債買い入れオペは「残存期間1年超3年以下」(オファー額3750億円)、「同3年超5年以下」(同4250億円)、「同5年超10年以下」(同4750億円)の3本。「同5年超10年以下」の対象銘柄には、14日に初入札が行われた10年物クライメート・トランジション(CT)国債の第1回債が加わった。  先物3月限は前営業日比5銭安の146円13銭で午前の取引を終えた。現物債市場で新発10年債利回りは同0.005%高い0.730%で推移している。 出所:MINKABU PRESS 2024/02/21 11:14 みんかぶニュース 為替・FX 債券:先物、前場終値は前営業日比5銭安の146円13銭  債券市場で、先物3月限の前場終値は前営業日比5銭安の146円13銭だった。 出所:MINKABU PRESS 2024/02/21 11:13 みんかぶニュース 為替・FX 外為サマリー:150円ラインを挟んで方向感なく推移  21日の東京外国為替市場のドル円相場は、午前10時時点で1ドル=150円02銭前後と前日の午後5時時点に比べて30銭強のドル安・円高となっている。  20日のニューヨーク外国為替市場のドル円相場は、1ドル=150円01銭前後と前日に比べて10銭強のドル安・円高で取引を終えた。低調な米経済指標を受けて一時149円69銭まで軟化したあとは下げ渋ったが、ドル買い材料に乏しく戻りは限定的だった。  前日の米長期金利が低下したことで、この日の東京市場では日米金利差の縮小を意識したドル売り・円買いが出やすくなっている。ただ、米連邦準備理事会(FRB)が日本時間今晩に公表する1月開催分の米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨を見極めたいとする向きも多く、ドル円相場は150円ラインを挟んで方向感なく推移している。  ユーロは対ドルで1ユーロ=1.0810ドル前後と前日の午後5時時点に比べて0.0040ドル程度のユーロ高・ドル安。対円では1ユーロ=162円19銭前後と同25銭程度のユーロ高・円安で推移している。 出所:MINKABU PRESS 2024/02/21 10:28 みんかぶニュース 為替・FX 米外為市場サマリー:低調な米経済指標を受け一時149円69銭に軟化  20日のニューヨーク外国為替市場のドル円相場は、1ドル=150円01銭前後と前日に比べて10銭強のドル安・円高で取引を終えた。ユーロは1ユーロ=162円12銭前後と同30銭弱のユーロ高・円安だった。  この日のアジア取引時間中に上昇していた米長期金利が、欧州時間に入って水準を切り下げたことからドル売り・円買いが先行。20日に公表された23年12月のユーロ圏経常収支で黒字額が前の月から拡大し、ユーロ買い・ドル売りが優勢となったことも対円でのドル売りを誘った。同日に発表された1月の米景気先行指標総合指数が市場予想を下回ったことが分かると、ドル円相場は一時149円69銭まで軟化した。その後は米長期金利が低下幅を縮小したことを手掛かりにドルも下げ渋ったが、買い手掛かりに乏しいことから戻りは限定的だった。  ユーロは対ドルで1ユーロ=1.0808ドル前後と前日に比べて0.0030ドル弱のユーロ高・ドル安だった。 出所:MINKABU PRESS 2024/02/21 08:01 みんかぶニュース 為替・FX 21日の主なマーケットイベント ○経済統計・イベントなど 00:00 米・景気先行指標総合指数 08:50 日・貿易統計 09:30 豪・四半期賃金指数 16:15 日・訪日外国人客数 21:00 米・MBA(抵当銀行協会)住宅ローン申請指数 ※日・月例経済報告 ※米・20年物国債入札 ○決算発表・新規上場など ※海外企業決算発表:エヌビディアほか 出所:MINKABU PRESS 2024/02/21 07:49 みんかぶニュース 為替・FX ◎20日のNY為替 ドル・円:150円01銭(19日終値:150円13銭) ユーロ・円:162円12銭(同:161円84銭) ユーロ・ドル:1.0808ドル(同:1.0779ドル) 出所:MINKABU PRESS 2024/02/21 07:49 みんかぶニュース 為替・FX 日銀為替市況 午後5時時点、150円35~37銭のドル高・円安  日銀が20日公表した午後5時時点の外国為替市況は1ドル=150円35~37銭と前日に比べ38銭のドル高・円安。ユーロは対円で1ユーロ=161円93~97銭と同23銭のユーロ高・円安。対ドルでは1ユーロ=1.0770~71ドルと同0.0012ドルのユーロ安・ドル高だった。 出所:MINKABU PRESS 2024/02/20 17:50 みんかぶニュース 為替・FX 日銀為替市況(ドル円・午後5時) ■ドル円終値の推移           レンジ              前日比  02月20日 150円35~37銭       (△0.38)  02月19日 149円97~99銭       (▼0.26)  02月16日 150円23~24銭       (△0.03)  02月15日 150円20~21銭       (▼0.24)  02月14日 150円44~46銭       (△0.86)  02月13日 149円58~59銭       (△0.19)  02月09日 149円39~40銭       (△0.68)  02月08日 148円71~73銭       (△0.89)  02月07日 147円82~83銭       (▼0.69)  02月06日 148円51~53銭       (△0.04)  02月05日 148円47~49銭       (△1.85)  02月02日 146円62~64銭       (▼0.18)  02月01日 146円80~82銭       (▼0.85)  01月31日 147円65~67銭       (△0.42)  01月30日 147円23~25銭       (▼0.56)  01月29日 147円79~81銭       (△0.02)  01月26日 147円77~79銭       (△0.10)  01月25日 147円67~69銭       (▼0.11)  01月24日 147円78~80銭       (△0.21)  01月23日 147円57~59銭       (▼0.47)  01月22日 148円04~05銭       (▼0.22)  01月19日 148円26~28銭       (△0.50)  01月18日 147円76~78銭       (▼0.11)  01月17日 147円87~88銭       (△1.72)  01月16日 146円15~17銭       (△0.71)  01月15日 145円44~45銭       (△0.30)  01月12日 145円14~16銭       (▼0.25)  01月11日 145円39~41銭       (△0.46)  01月10日 144円93~95銭       (△0.87)  01月09日 144円06~07銭       (▼1.00)  01月05日 145円06~08銭       (△1.69)  01月04日 143円37~39銭       (△1.98)  12月29日 141円39~41銭       (△0.59)  12月28日 140円80~82銭       (▼1.97)  12月27日 142円77~79銭       (△0.45)  12月26日 142円32~34銭       (▼0.03)  12月25日 142円35~55銭       (△0.12)  12月22日 142円23~25銭       (▼1.02)  12月21日 143円25~27銭       (▼0.29)  12月20日 143円54~56銭       (▼0.62)  12月19日 144円16~18銭       (△1.78)  12月18日 142円38~40銭       (△0.42)  12月15日 141円96~99銭       (▼0.04)  12月14日 142円00~02銭       (▼3.81)  12月13日 145円81~82銭       (△0.38)  12月12日 145円43~45銭       (▼0.93)  12月11日 146円36~39銭       (△2.28)  12月08日 144円08~10銭       (▼1.59)  12月07日 145円67~69銭       (▼1.29)  12月06日 146円96~98銭       (△0.13)  12月05日 146円83~85銭       (▼0.12)  12月04日 146円95~97銭       (▼1.33)  12月01日 148円28~30銭       (△1.23)                       (注:△はドル高・円安) 出所:MINKABU PRESS 2024/02/20 17:50 みんかぶニュース 為替・FX 明日の為替相場見通し=150円台で上値追いに慎重な展開か  今晩から明日にかけての外国為替市場のドル円相場は、上値追いに慎重な展開が続きそうだ。予想レンジは1ドル=149円70銭~150円70銭。  米国市場は連休明けとあって、株式・債券相場をにらみながらの動きとなりそうだ。堅調な米経済指標が相次ぎ、利下げ開始時期に対する不透明感が意識されるなか、20日の東京時間では米長期金利が時間外取引で上昇し、ドル円相場をサポートした。もっとも、一段のドル高・円安の進行時には当局による円買い介入のシナリオへの警戒感が高まりやすく、上値を圧迫する要因となりそうだ。一方、日経平均株価が過去最高値近辺で高止まりを続けており、日本株が一段と上昇した際には、海外勢によるヘッジ目的の円売り需要が拡大するとの見方もあることから、積極的にドル売り・円買いに急ぐ姿勢も限られると想定されている。  海外ではこの後、ユーロ圏12月経常収支が公表されるほか、米1月コンファレンス・ボード景気先行指数が公表される。株式市場ではウォルマート<WMT>が決算を発表する予定となっている。 出所:MINKABU PRESS 2024/02/20 17:31

ニュースカテゴリ