個別銘柄テクニカルショットのニュース一覧

個別銘柄テクニカルショット
T&Gニーズ---連日で年初来高値を更新、2018年高値を意識したトレンド形成
連日で年初来高値を更新。決算評価の動きが継続しており、ストップ高を交えての上昇を見せている。なお、いちよしでは「Buy」継続、目標株価を2200円から3000円に引き上げたもよう。週間形状では切り上がる13週線を支持線とした強いトレンドを形成。月足形状では12カ月線を支持線としたリバウンドから2019年12月の戻り高値水準を突破しており、2018年の高値水準である2437円を意識したトレンドを形成。 <FA>
2022/05/18 11:55
個別銘柄テクニカルショット
BUYSELL---上ヒゲを埋めに行くトレンドから4月高値への意識
大幅続伸。前日にはマドを空けての上昇で25日線を突破し、4月高値に接近した。長い上ヒゲを残す格好となったため、いったんは利食いも意識されるものの、本日は上ヒゲを埋めに行くトレンドを見せている。短期的な過熱感は警戒されるが、4月高値接近で需給状況は大きく改善してきた。 <FA>
2022/05/18 09:17
個別銘柄テクニカルショット
レンゴー---調整トレンド継続も、ダブルボトム水準では押し目拾いの動きに
足元でボトム圏での推移を続けており、3月、4月安値とのダブルボトム水準を窺う動きを見せている。25日線が上値抵抗線として意識されるなか、ダブルボトム水準では押し目拾いの動きに。週間形状では13週線に上値を抑えられる格好。ボトム水準での底固めを経て、改めて抵抗線突破を睨んだ展開に期待。 <FA>
2022/05/18 08:29
個別銘柄テクニカルショット
スクエニHD---4月につけた直近戻り高値水準を突破
大幅続伸。前日にマドを空けての上昇で75日線を突破し、本日の一段高で4月につけた直近戻り高値水準を上回ってきた。一目均衡表では雲上限を突破し、遅行スパンは上方シグナルを発生させてきた。週足では雲を下回っているものの、6200円辺りでの薄い雲であり、これを捉えてくるトレンド形成が期待されそうだ。 <FA>
2022/05/17 12:00
個別銘柄テクニカルショット
IIJ---1月高値を意識したトレンド形成に
13日の大陽線形成で75日、25日線を一気に突破し、16日はマドを空けての上昇で直近戻り高値を上回ってきた。長い上ヒゲを残す形での陰線形成となり、いったんは利食いの動きが意識されやすいものの、上値抵抗の26週線を上放れるなか、1月高値を意識したトレンド形成に向かいやすいだろう。押し目狙いのスタンスに。 <FA>
2022/05/17 08:26
個別銘柄テクニカルショット
稀元素---マドを空けての上昇抵抗線を突破
長期的な調整トレンドが継続していたが、16日にはマドを空けての上昇を見せており、上値抵抗線として意識されていた25日、75日線を突破してきた。一目均衡表では雲下限に上値を抑えられての推移が継続するなか、一気に雲上限を上回ってきている。遅行スパンは実線と交差し、上方シグナル発生が接近してきた。 <FA>
2022/05/17 08:25
個別銘柄テクニカルショット
ミダックHD---マドを空けての上昇で一気に、25日、75日線水準を回復
大幅上昇。75日線に上値を抑えられる格好からの調整が継続するなか、5月10日には1888円までの下落で年初来安値を更新。その後は2000円処での底固めの動きを見せるなか、マドを空けての上昇で一気に、25日、75日線水準を回復。一目均衡表では雲を下回って推移しているが、雲のねじれの局面に接近しており、シグナル好転を試す展開が意識されてきそうだ。 <FA>
2022/05/16 12:40
個別銘柄テクニカルショット
イーレックス---75日線までの調整から、いったんはリバウンドを試すタイミングに
4月11日につけた2190円を高値に調整を継続しているが、75日線が支持線として機能している。同線までの調整を経て、いったんはリバウンドを試すタイミングになりそうだ。一目均衡表では遅行スパンが下方シグナルを発生させる可能性はあるものの、雲上限が支持線として意識されやすく、リバウンドが意識されやすい。 <FA>
2022/05/16 08:15
個別銘柄テクニカルショット
東エレク---上値抵抗線として意識されていた25日、75日線を突破
4月以降はボトム圏でのもち合いを形成していたが、先週末の大幅上昇によって、上値抵抗線として意識されていた25日、75日線を突破してきた。一目均衡表では雲を下回って推移しているが、基準線を捉え雲下限に接近してきている。遅行スパンは下方シグナルを継続しているものの、3月の戻り高値を通過してきたことから、今後は実線の切り下がりによって、上方シグナル発生へのはドルが切り下がる。 <FA>
2022/05/16 08:09
個別銘柄テクニカルショット
シスメックス---上値抵抗として意識される25日線に接近
大幅上昇。1月4日高値15715円を高値に調整基調を継続しており、前日には7415円まで下落し年初来安値を更新。本日は決算を手掛かりに買われており、上値抵抗として意識される25日線に接近してきた。同線のほか、75日線、13週線が集中しているため、この水準をクリアしてくるようだと、底入れ意識からのリバウンドに向かいそうだ。 <FA>
2022/05/13 12:12
個別銘柄テクニカルショット
日揮HD---支持線レベルでの押し目狙いに
3月14日につけた1622円が抵抗線として意識される形での高値もち合いを形成しており、足元では緩やかながら調整基調を見せている。25日線が上値抵抗線として意識される一方で、75日線が支持線となろう。週足形状では13週線が支持線として機能している。短期的には弱含みとなるものの、支持線レベルでの押し目狙いに。 <FA>
2022/05/13 08:33
個別銘柄テクニカルショット
オークマ---上方シグナル発生へのハードルは切り下がる
ボトム圏での推移ではあるものの、4月27日につけた4380円を安値にリバウンドの動きを見せており、上値抵抗線として意識されている5日、25日、75日線を窺う展開が見込まれる。一目均衡表では雲を下回っての推移ではあるものの、転換線が支持線として意識されている。遅行スパンは高値水準を通過したことから、今後は上方シグナル発生へのハードルは切り下がる。 <FA>
2022/05/13 08:18
個別銘柄テクニカルショット
ウシオ電---上値抵抗線として意識されていた25日線を突破
堅調。ボトム圏での推移が続いているが、連日で陽線を形成しており、押し目買い意欲の強さが窺える。本日は昨夕発表した決算が材料視される格好から上値抵抗線として意識されていた25日線を突破。一目均衡表では雲を下回っての推移ながら、転換線、基準線を突破。遅行スパンは実線に接近してきており、上方シグナル発生が意識されてきた。 <FA>
2022/05/12 12:34
個別銘柄テクニカルショット
都競馬---ダブルボトム形成も意識されやすいところ
4月5日につけた4715円をピークに調整が継続しており、75日線割れから下へのバイアスが強まった。前日までの調整で3月安値を割り込み、年初来安値を更新したが、ダブルボトム形成も意識されやすいところ。昨年8月以降のボトム水準でもあるため、底堅さは意識されてくる可能性はあると考えられ、押し目狙いのスタンスに。 <FA>
2022/05/12 08:18
個別銘柄テクニカルショット
横河電---昨年11月高値2393円を視野に入れている
75日線が支持線として意識されるなか、11日には決算評価からマドを空けての上昇だった。週間形状では13週、26週、52週から上放れる形状に。週足の一目均衡表では雲下限レベルでの攻防から、一気に雲上限を上放れる形状となり、遅行スパンは実線と交差する格好から、上方シグナル発生が接近してきている。昨年11月高値2393円を視野に入れている。 <FA>
2022/05/12 08:10
個別銘柄テクニカルショット
NTTデータ---小じっかり、75日線水準での底堅い値動きに
小じっかり。直近急伸で長い上ヒゲを残す格好からの調整を見せているが、支持線として意識される75日線水準での底堅い値動きに。一目均衡表では雲下限が支持線として意識されているほか、週足の一目均衡表では雲上限が支持線として機能しており、押し目狙いのスタンスになりそうだ。 <FA>
2022/05/11 13:32
個別銘柄テクニカルショット
ジオマテック---25日、75日線突破を意識したスタンスに
煮詰まり感が台頭。25日、75日線に上値を抑えられる形状が継続しているものの、550円辺りでの底堅さは見られてきており、煮詰まり感が台頭。一目均衡表では雲を下回ったものの、これまでの厚い雲の日柄を通過しており、足元では雲のねじれが近づいてきているなか、トレンドが出やすいタイミングに入ったと見られる。25日、75日線突破を意識したスタンスに。 <FA>
2022/05/11 08:33
個別銘柄テクニカルショット
邦チタニウム----2σまでの調整からバウンド狙いのタイミングに
4月15日につけた1707円を高値に調整を動きを継続しており、直近で25日線を割り込むと、その後は同線が上値抵抗線として機能している。昨日は一時1334円まで売られる場面が見られたが、ボリンジャーバンドでは-2σまで調整しており、いったんはリバウンド狙いのタイミングに。一目均衡表では遅行スパンは実線を割り込み、下方シグナル発生も、雲上限が支持線として意識される。 <FA>
2022/05/11 08:23
個別銘柄テクニカルショット
ウエストHD---大幅反落、支持線レベルまでの調整で押し目狙いの動きも
大幅反落。一時4570円まで売られ、直近安値水準を下回る場面も見られたが、支持線として意識される75日線に接近してきており、押し目狙いの動きも。また、一目均衡表では雲上限が支持線として機能している。週足の一目均衡表では雲の中での推移ながら、雲の切り上がりに沿ったトレンドを形成しており、雲下限での攻防。リバウンドを意識したタイミングに。 <FA>
2022/05/10 12:50
個別銘柄テクニカルショット
SCSK---26週線を突破し、52週線に接近
4月18日につけた直近安値1966円を底にリバウンドを継続しており、75日線を支持線に上値抵抗の25日線を突破した。週間形状では13週線を支持線としたリバウンドから、上値抵抗の26週線を突破し、52週線に接近してきている。週足の一目均衡表では転換線を支持線に基準線突破し、雲下限に接近してきた。 <FA>
2022/05/10 08:21
個別銘柄テクニカルショット
アルプスアル---急ピッチの上昇に対する過熱感は警戒も、押し目待ち狙いの買いが入りやすい
直近でマドを空けて上昇から5日、25日、75日線を上放れ年初来高値を更新し、その後も連日で陽線を形成している。一目均衡表の雲下限をサポートにしたリバウンドから一気に雲を上放れたほか、週足の一目均衡表では雲下限の攻防から、雲上限を捉えてきた。急ピッチの上昇に対する過熱感は警戒されるものの、雲上限水準での底堅さが意識されるようだと、押し目待ち狙いの買いが入りやすいだろう。 <FA>
2022/05/10 08:20
個別銘柄テクニカルショット
NTTデータ---昨年11月以来の高値更新後は下げに転じる
下げに転じる。足元では75日線が支持線として意識される一方で、上値は2500円近辺で上値を抑えられる格好での調整が継続していたが、前場にはこれを大きく上放れる格好となり昨年11月以来の高値を更新。ただし、その後は急ピッチの上昇に対する反対売買の動きが強まり、これまでのレンジ内に収まった。75日線を支持線とした仕切り直しも意識される可能性も。 <FA>
2022/05/09 14:22
個別銘柄テクニカルショット
ネットワン---13週線を支持線にリバウンドを試すタイミングに
3000円を挟んだもち合いが継続するなか、先週は25日線を割り込む調整となった。ただし、75日線が支持線として意識されやすく、押し目狙いのスタンス。週足では26週線が上値抵抗線として機能しているが、13週線を支持線にリバウンドを試すタイミングになろう。13週、26週線との乖離は縮小してきており、先行きはゴールデンクロスが意識されてくる。 <FA>
2022/05/09 08:24
個別銘柄テクニカルショット
TOA---26週線を支持線とした押し目買い意欲は強そう
先週末には決算を好感する格好からマドを空けての急伸となり、年初来高値を更新。一時842円まで上昇し、その後は上げ幅を縮め長い陰線を形成する格好。ただし、週間形状では26週線を上回って終えており、同線を支持線とした押し目買い意欲は強そうだ。週足の一目均衡表では雲を下回っての推移であり、雲下限接近で跳ね返された格好。基準線、転換線を支持線に改めて雲下限突破を意識したいところ。 <FA>
2022/05/09 08:20
個別銘柄テクニカルショット
FB---上値抵抗線として意識されていた75日線を上放れ
大幅反発。ボトム圏で推移を継続していたが、上値抵抗線として意識されていた75日線を上放れてきた。5日線の切り上がりにより25日線との短期ゴールデンクロスが接近してきている。一目均衡表では雲下限での攻防から、雲上限を上放れており、遅行スパンは実線を下から上に突き抜ける格好から、上方シグナルを発生させた。 <FA>
2022/05/06 14:42
個別銘柄テクニカルショット
ADWAYS---13週線を支持線に26週、52週線での攻防に
3月7日につけた578円を安値にリバウンドを継続しており、4月15日には853円まで上昇した。その後調整を見せたものの、75日線が支持線として機能する格好からの上昇が見られており、直近では25日線水準でのもち合いに。一目均衡表では雲を上回って推移しており、基準線が支持線として意識される。週足では13週線を支持線に26週、52週線での攻防に。 <FA>
2022/05/06 08:15
個別銘柄テクニカルショット
TOA---上値抵抗線として意識されている13週線を捉えてきた
4月12日につけた646円を安値にリバウンドを継続しており、直近で25日線を上放れている。一目均衡表では雲を下回って推移しているが、転換線を支持線に基準線を突破してきており、雲下限を意識したトレンドを形成。遅行スパンは実線に接近し、上方シグナル発生が近づいている。週足では足元のリバウンドにより、上値抵抗線として意識されている13週線を捉えてきた。 <FA>
2022/05/06 08:13
個別銘柄テクニカルショット
牧野フライス---昨年9月高値の4700円辺りが次のターゲットに
大幅続伸で1月5日以来の年初来高値を更新。足元では3700円~4000円辺りでの75日線を挟んだもち合いを継続していたが、マドを空けての上昇でこれを上放れてきた。週間形状では13週、26週線が支持線として意識されてきたなか、一気に52週線を突破した。週足の一目均衡表では雲を下回って推移していたが、雲のねじれの水準を捉えているほか、遅行スパンは実線を下から上に突き抜ける、上方シグナルを発生させている。目先的には昨年9月高値の4700円辺りが次のターゲットに。 <FA>
2022/05/02 11:58
個別銘柄テクニカルショット
日電子---3月安値とのダブルボトム形成からのトレンド反転を試す展開に期待
切り下がる75日線に、上値を抑えられる形状を継続している。一方で、下値は5500円水準での底堅さが意識されており、4月18日に5450円まで下落し年初来安値を更新したものの、3月安値とのダブルボトム形成となり、その後は6000円を挟んだもち合いを継続。足元では25日線が上値抵抗線として意識されているが、これを捉えてくるようだと75日線が射程に入ってくるため、トレンド反転を試す展開に期待。 <FA>
2022/05/02 08:29
個別銘柄テクニカルショット
エプソン---75日線との攻防を見せてきており、煮詰まり感が台頭
3月8日につけた1586円を安値にリバウンドを見せているが、75日線に上値を抑えられる形状。ただし、1700円半ば水準での底堅さから切り下がる75日線との攻防を見せてきており、煮詰まり感が台頭。25日線の切り上がりにより、75日線とのゴールデンクロスも接近している。一目均衡表では雲の中での推移で強弱感は対立しているものの、雲下限でのサポートを経て、雲上限を試す展開へ。 <FA>
2022/05/02 08:16