本日の注目個別銘柄ニュース一覧

本日の注目個別銘柄 八洲電機、マーキュリアHD、日本化など <4519> 中外薬 5648 -242大幅反落。一時下げ幅広げる。イーライリリーがorforglipronの経済条件を含むForm 10-Kを開示したとリリースしており、売買材料にされているものとみられる。これは同社が創製した非ペプチド型の経口GLP-1受容体作動薬であり、イーライリリーが全世界での開発権および販売権を保有しているもの。出尽くし感につながっているのか、ロイヤルティ金額をネガティブ視かなどは判断付かず。<6857> アドバンテス 7088 +494大幅反発。半導体関連は総じて買い先行の展開に。前日に米エヌビディアが決算を発表、第4四半期売上高は221億ドルで市場予想の206億ドル程度を大きく上回り、第1四半期見通しも中心値は240億ドルで222億ドル程度のコンセンサスを上回る。決算発表後の出尽くし感に対する懸念も強かった中、高い期待値をさらに上回る決算発表を受け時間外取引では買い優勢に。国内関連銘柄にも買い安心感が強まった。<6095> メドピア 781 -22大幅続落。大和証券では投資判断「3」を継続で、目標株価を1600円から800円にまで引き下げた。29年9月期から34年9月期の残余利益の年平均成長率は0%とし、前回の28年9月期から33年9月期までの5%成長から修正、製薬企業の投資意欲が軟調な点を考慮。目先的には、今期中心に進める構造改革や、今後の成長投資の動向が重要で、処方切り替えに直結するサービスなどが創出できれば、株価上昇の可能性も。<4092> 日本化 2305 +165大幅反発。いちよし証券ではレーティングを「B」から「A」に格上げ、フェアバリューも2100円から2900円に引き上げている。業績モメンタムは底打ちし、MLCC材料を中心に再び拡大局面に入っていくとみているもよう。25年3月期営業利益は前期比26%増の24億円と予想、MLCC材料については、車載向けの続伸が見込まれるほか、民生向けも在庫調整を抜けて回復が期待されるとしている。<6741> 日信号 1030 +59大幅反発。台湾交通部鉄道局より「台湾・花東線の設備更新・改修事業」を受注したと発表している。これは、昨年8月に受注した「台湾・花東線の複線化に向けた既設設備の改良事業」に続く入札案件で、花東線複線化に関する事業となるもよう。受注金額は約254億円とれ、業績インパクトへが意識される水準とみられる。工事期間は24年1月から28年12月までを予定のようだ。<4613> 関ペイント 2251 -58大幅続落。ユーロ円建てCBを発行し、合計1000億円を調達すると発表。600億円を海外M&Aなどの投資資金に、400億円は自社株買いに充当し資本効率を高める。転換価額は2771円で前日終値からのアップ率は20%となる。潜在株式による希薄化率は最大で15.8%になるもよう。一方、発行済み株式数の8.78%に当たる2000万株、400億円を上限とする自社株買いを発表、本日の立会外取引で買い付けた。<7347> マーキュリアHD 864 +115急騰。マニエスグループと、台湾でのメガソーラー共同開発に関し業務提携をしたと発表している。第1号案件として、台湾中部地方での設備容量100-150MW規模となる漁電共生型太陽光発電所の開発権を獲得し、2027年度末の完工を目指すもようだ。同グループは台湾での開発実績など当地で強固な案件ソーシングネットワークを持っており、業績インパクトの他、今後の展開力などに対する期待も高まる形のようだ。<3632> グリー 488 -39大幅反落。大株主であるKDDIを売出人として、海外市場で800万株の売出を行うと発表している。売出株数は800万株で、KDDIが保有する全株式となる。売出価格は484円に決定、受渡期日は2月27日となる。海外投資家層の拡大を軸とする株主構成の最適化および株式流動性の向上を目的としている。今後の需給悪化を意識した動きが優勢に。なお、KDDIは同社上場前の段階から出資を行っていた。<3153> 八洲電機 1568 +235急騰。前日に24年3月期の業績上方修正を発表、営業利益は従来予想の34億円から37億円に引き上げた。昨年12月に続く上方修正となる形に。プラント事業を中心に、想定以上の業績推移が続いているもようだ。また、9月末株主に対して実施している株主優待を、今回限り同条件で3月末株主に対しても実施するとしている。100株以上の株主に対し、保有株数や保有期間に応じてグルメカードを贈呈する。<4317> レイ 463 +26大幅続伸。24年2月期末の配当金引き上げを発表している。従来計画の10円から前期実績並みの15円に引き上げる。業績に応じた適正な利益配分を行うという基本方針に基づいたものとしているようだ。ちなみに、先月発表した業績上方修正の際に配当計画は据え置かれていた。前日終値ベースでの配当利回りは3.4%と、利回り妙味なども高まる形になってきている。 <ST> 2024/02/22 15:24 本日の注目個別銘柄 スノーピーク、BEENOS、ブロメディアなど <8136> サンリオ 7885 +411大幅続伸。SBI証券では投資判断「買い」を継続で、目標株価を10440円から12190円に引き上げた。今期営業利益は3度目の上方修正を行い、会社側では188億円から268億円、前期比2倍に増額したが、SBI証券では来期予想も242億円から357億円に引き上げている。成長投資費用の一巡、インバウンド本格回復、「ハローキティ 50 周年」効果による商材や関連イベントの好調などを見込んでいるようだ。<7419> ノジマ 1714 +54大幅反発。発行済み株式数の2.04%に当たる200万株、40億円を上限とする自己株式の取得実施を発表している。取得期間は2月21日から25年2月20日まで。前日に前回発表の自社株買い期間が終了しており、矢継ぎ早での自社株買い実施となる。前日は自社株買い終了を意識した株価下落も目立ち、その反動も強まる形のようだ。なお、前回自社株買いは、取得上限200万株に対して11万株の取得実績であった。<9275> ナルミヤ 1268 +26大幅反発。一時は180円高まで急騰。前日に24年2月期の業績上方修正を発表している。営業利益は従来予想の18億円から21億円、前期比23.2%増にまで引き上げ。冬休みの時期を皮切りに気温が下がり始め、冬物の販売に堅調な回復が見られているもよう。また、配当方針を変更し配当性向のめどを35%にすることを追加している。それに伴い、年間配当金は従来計画の31円から41円に引き上げ。<4347> ブロメディア 1265 +151急伸。前日に提出された大量保有報告書によると、英投資会社のニッポン・アクティブ・バリュー・ファンドが5.01%を保有する大株主に浮上したことが明らかになっている。保有目的は、投資及び経営陣に対する経営の助言並びに状況に応じて重要提案行為等を行うこととしている。同社に対しては、財務的健全性や市場での地位が株価に反映されていないと考えているもよう。<6871> マイクロニクス 6560 +570大幅反発。モルガン・スタンレーMUFG証券では投資判断「オーバーウェイト」継続で、目標株価を4200円から10000円にまで引き上げた。生成AI普及加速に加え、GPU高性能化でHBMも大容量化しており、信頼性確保に向けたテスト工程の事業機会は増大中と指摘。今後の需要面での不安は乏しく、生産能力の急速な拡大による供給力の対応なども評価。26年12月期営業益150億円の達成は1期前倒しを予想。<3328> BEENOS 1651 +238急騰。前日提出された大量保有報告書によると、アセット・バリュー・インベスターズが5.22%を保有する大株主になったことが明らかになっている。保有目的として、持続的な企業価値の向上に向けた重要提案行為等を行う可能性があるとされている。アセットバリューは「物言う株主」として知られる英ファンドであり、これまでもTBSや帝国繊維など複数企業に株主提案を行ってきている。<6227> AIメカテック 3805 -700ストップ安比例配分。第三者割当による第3回新株予約権の発行を発表している。新株予約権の総数は6530個で潜在株式数は65万3000株。当初行使価額は4121円となっている。希薄化は最大で11.63%となるもようであり、こうした潜在的な希薄化をネガティブ視する動きが優勢。なお、調達資金の約27億円は主に装置組立用建屋やクリーンルームなど設備投資に充当する計画。<7213> レシップHD 739 +100ストップ高比例配分。前日に業績予想の上方修正を発表。24年3月期営業利益は従来予想の15億円から27億円に引き上げ、前期は3.1億円の赤字だった。従来計画に対する第3四半期までの進捗率が38%にとどまっていたことから、想定外の大幅上振れとも捉えられた。新紙幣発行に伴う製品の更新や改造作業が計画より前倒しで進む見通しとなっているもよう。年間配当金も従来計画の7.5円から8.5円に引き上げ。<3030> ハブ 874 +150ストップ高比例配分。株主優待制度の拡充を発表し、買い材料視される展開に。これまでも100株以上の株主に対して優待カードを贈呈しているが、100株以上300株未満保有の株主には、これまでの優待カード1000円分を2000円分に引き上げ。300株から500株未満保有株主、500株以上保有株主も現行の3000円分、5000円分からそれぞれ倍額へ。1000株以上保有株主には長期保有による優待枠拡大も。<7816> スノーピーク 1249 +111大幅続伸。MBOの実施を正式に発表している。ベインキャピタル傘下企業が買付上限なしのTOBを実施。TOB価格は1株1250円で前日終値を9.8%上回る水準となっている。買い付け期間は2月21日から4月12日まで。先に観測報道が伝わり、TOB価格は1200円台になるともされていたことで、19日から連日のストップ高となっていた。正式なTOB価格決定で同水準へのサヤ寄せの動きとなっている。 <ST> 2024/02/21 15:42 本日の注目個別銘柄 ノバシステム、佐鳥電機、日東紡など <5959> 岡部 806 -20大幅反落。前日に23年12月期決算を発表、営業利益は40.8億円で前期比22.5%減となり、従来計画線上で着地。一方、未定だった純損益は減損計上により71億円の赤字に。24年12月期営業益は41億円で前期比0.4%増を見込む。配当方針変更に伴い、年間配当金は前期比5円増配の30円を計画。26年12月期営業益50億円を目標とする中計画も策定。買い先行スタートも新高値更新で目先の好材料出尽くしに。<7743> シード 718 -30大幅反落。455万株の公募増資、68万2500株のオーバーアロットメントによる売出を行うと発表。発行価格は2月27日から3月1日までの間に決定。新株発行は最大で発行済み株式数の20.9%となる。調達資金は、新工場である2号棟別館の建設・設備投資資金、並びに、新工場として計画している4号棟の建設・生産設備資金に充てる。足元でファイナンス懸念はあったようだが、希薄化を嫌気する動きに。<8273> イズミ 3755 +150大幅続伸。SBI証券では投資判断「買い」、目標株価5350円で新規に調査を開始した。地方スーパーの中にあって、ドミナントエリアの経済が良好なことに加え、商品・価格政策でも競合の影響を受けにくいポジショニングが取れていると指摘。中長期的に安定成長が期待できると評価。、一定の市場占有率を保持する重点エリアには、TSMCの進出に湧く熊本県菊陽町、人口増加率が全国トップの福岡県福岡市などが含まれる。<7420> 佐鳥電機 2563 +297急伸。蘭の半導体設計会社であるMAGnetIC Holdingの株式80%を取得、連結子会社化することを発表している。子会社化する企業は、半導体回路設計、IP販売、ウェハー販売を主力事業とし、中でも独自に開発したアナログIPコアを組み込んだ回路設計に特徴。大手半導体メーカーやファブレスメーカーとの豊富な顧客基盤を有している。半導体分野におけるシナジーの創出に対し、期待感が先行する形のようだ。<5257> ノバシステム 3000 +500ストップ高。前日に中期事業計画を発表。26年12月期売上高84億円(24年12月期見通し63.5億円)、営業利益率11%(同9%)などの数値目標とともに、25年12月期からの配当実施も発表している。主力のシステムインテグレーションが2ケタ成長を続ける見通しとしている。なお、25年12月期の配当金は配当性向30%の105円配当を計画のもようで、中長期的に配当性向50%を標榜するとしている。<9069> センコーHD 1078 -51大幅反落。既存株主の金融機関5社が売出人となる株式売出537万9200株、オーバーアロットメントによる売出80万6800株を行うと発表。売出に伴う需給への影響を緩和する観点から、発行済み株式数の1.00%にあたる150万株、17億円を上限とした自社株買いの実施も発表したが、目先の需給悪化は避けられないとの見方が優勢に。なお、自社株取得期間は売出株受渡期日の翌営業日から9月30日までと。<9543> 静岡ガス 908 -56大幅反落。44万1000株の自己株式処分、328万6500株の売出、55万9000株のオーバーアロットメントによる売出を実施すると発表している。発行価格の決定期間は2月27日から3月4日までとなる。自己株式の処分により調達する資金は、都市ガスの供給能力増強に資するガス導管の延伸投資資金の一部に充当する予定。希薄化は限られるものの、目先の需給悪化を警戒する動きが優勢となっている。<8276> 平和堂 2064 -131大幅反落。金融機関5社が保有する株式の一部を売出すると発表。売出株数は270万6200株、オーバーアロットメントによる売出は40万5800株。目先の需給悪化が警戒された。また、地震被害による特損計上で、24年2月期純利益を従来の83億円から67億円に下方修正。一方、発行済み株式数の1.91%にあたる100万株、24億円上限の自社株買い実施、従来の優待に加え長期保有株主優待制度の導入も発表。<7649> スギHD 7265 +170大幅続伸。25年2月期の年間配当金は35円を計画と発表。2月末に1:3の株式分割を実施するため、分割権利落ち前では105円で、24年2月期計画の80円から25円の増配に。また、25年2月期からは株主優待制度も拡充、分割後に100株以上の保有株主に、これまでの優待券に加え、1000円相当のスギポイントも贈呈。同時に、タイ石油公社の子会社と、タイでのヘルス&ビューティケア事業を開始するとも発表。<3110> 日東紡 5400 +495急伸。モルガン・スタンレーMUFG証券では投資判断を「イコールウェイト」から「オーバーウェイト」に、目標株価も4900円から8000円に引き上た。第3四半期決算では、生成AI向けスペシャルガラス需要がサーバ用マザーボード向けだけでなく、半導体パッケージ向けでも加速し始めたことが明らかになったと評価。5月に中計公表予定でもあり、株価はスペシャルガラス需要拡大に伴う成長を織り込む局面を迎えたと。 <ST> 2024/02/20 15:27 本日の注目個別銘柄 三菱鉛筆、CMK、ベステラなど <5108> ブリヂス 6288 -87大幅続落。16日の取引時間中に23年12月期決算を発表、その後の株価は急失速し、本日も売り優勢の展開に。10-12月期営業益は1060億円で前年同期比21.0%減となり、市場予想を300億円程度下振れた。また、24年12月期見通しもネガティブ視。純利益は3590億円で前期比8.4%増としているが、市場コンセンサスは200億円強下振れる。なお、自社株買い発表期待なども市場ではあったようだ。<6469> 放電精密 1108 +150ストップ高比例配分。同社は1月30日に三菱重工との資本業務提携を発表し、その後に株価は急伸する展開となった。提携内容としては、同社に対し発注している GTCC、航空エンジン、防衛関連等の生産設備・人材などの維持、増産要請に対する体制整備などが目的。週末には三菱重工がH3ロケットの打ち上げに成功していることで、同社にも思惑買いが向かい、高値もみ合いを大きく上振れる状況となっているようだ。<2788> アップル 364 -27大幅反落。先週末に23年12月期の決算を発表、営業利益は11億円で前期比24.7%減となり、従来予想の13.2億円を下振れる着地になっている。10-12月期の営業利益は収支均衡水準にとどまる格好に。24年12月期も9億円で同17.6%減と連続2ケタ減益の見通し。年間配当金も特別配当の5円を落とす計画となっている。想定以上の業績悪化をネガティブ視する動きが優勢となっているようだ。<1433> ベステラ 1097 +126急伸。先週末に24年1月期の業績上方修正を発表している。経常利益は従来予想の2.9億円から4.2億円に引き上げ、前期は0.9億円の赤字であった。人材採用が順調に進んだことで完成工事高が想定以上に進捗し、保険解約金の返還なども上振れ要因となったもよう。また、プラント解体の豊富な工事需要を背景として受注高は過去最高水準で推移とされており、25年1月期以降の業績期待なども高まる方向へ。<1377> サカタのタネ 3830 +315大幅続伸。先週末に固定資産の譲渡及び特別利益の計上を発表している。横浜市内の遊休資産を売却することにより固定資産売却益を特別利益に計上、それに伴い、24年5月期純利益は従来予想の80億円から155億円に上方修正している。また、発行済み株式数の1.13%に当たる50万株、20億円を上限とする自己株式の取得実施も発表、取得期間は2月19日から5月31日までとしている。<1821> 三住建設 443 +39大幅続伸。先週末に提出された変更報告書によって、旧村上ファンド系の南青山不動産の保有比率が従来の11.29%から12.54%に上昇していることが明らかになっている。引き続き、保有目的は「投資および状況に応じて経営陣への助言、重要提案行為等を行うこと」としている。一段の買い増しによる需給妙味の高まり、企業価値向上策へのプレッシャーにつながることなどが材料視される形に。<7816> スノーピーク 988 +150ストップ高比例配分。MBOによって株式を非公開化する方針を固めたことがわかったと報じられている。米投資ファンドのベインキャピタルと組んでTOBを実施、TOB価格は1200円台になるとみられ、先週末終値を4割以上上回る水準とされている。アウトドア用品の需要一巡などにより業績が落ち込む中。非公開化によって構造改革を急ぐようだ。なお、会社側では非公開化を検討していることは事実としている。<7976> 三菱鉛筆 2474 +-390急騰。先週末に23年12月期の決算を発表、営業利益は119億円で前期比28.2%増となり、第3四半期決算発表時に上方修正した水準の107億円を上回る着地に。24年12月期も125億円で同5.5%増と連続増益見通しとしている。中計では116億円を目標値として掲げていた。前期の期末配当金は20円予想から22円に引き上げ、年間では40円となり前期比5円の引き上げに。今期は42円配を計画。<6958> CMK 607 -142急落。657万7000株の新株発行、386万3000株の自己株処分、並びに、156万株のオーバーアロットメントによる売出の実施を発表している。トータルでの株数1200万株は、現在の発行済み株式数の19%に当たる水準となり、株式価値の希薄化が嫌気される展開となっているようだ。グループの事業拡大に伴う増加運転資金、タイ子会社の工場新設投資資金などに充当する予定のもよう。<7974> 任天堂 8356 -518大幅続落。今年後半に予定していた次世代ゲーム機の発売時期を、25年1-3月期に延期する旨を複数のゲーム開発会社に通達したと一部で報じられている。現行ゲーム機「スイッチ」がライフサイクル終盤を迎えている状況下、好景気となる次世代ゲーム機の発売が24年中に行われるとの観測が足元では高まっていた。株価も高値圏にあった中で、25年3月期の業績インパクトへの期待後退が売り材料視される格好に。 <ST> 2024/02/19 15:28 本日の注目個別銘柄 ペッパー、ETSHD、トレンドなど <2685> アダストリア 3560 +120大幅反発。イトーヨーカ堂が自前の企画開発から撤退した衣料品について、同社から供給を受けることが分かったと報じられている。まず東京都内の店の衣料品売り場で専用商品を売り出し、GMS全体の半分にあたる60店強まで広げる計画のようだ。売り場づくりや販促活動といったマーケティングも同社が担当するもよう。業績の押し上げ材料につながっていくとの期待が先行する形へ。<5310> 東洋炭素 7080 +810急伸。炭化ケイ素パワー半導体の製造工程で使う基幹部材「サセプター」について、2026年までに国内生産能力を約3.5倍に引き上げると報じられている。香川県の拠点で約55億円を投じて新たな設備を導入するもよう。今後の市場拡大が期待されている分野であり、積極展開を評価の動きが優勢に。また、一昨日に発表した上振れ決算や増配などを評価する動きも続いているもようだ。<7956> ピジョン 1512 -64.5大幅反落。前日に23年12月期の決算を発表、営業利益は107億円で前期比12.1%減となり、従来予想の124億円を下振れる着地となっている。第3四半期累計では前年同期比11.9%増で推移していたため、一転しての2ケタ減益となる格好に。24年12月期は114億円で前期比6.3%増を計画も、従来前期計画を下回る水準にあり、ネガティブな反応が優勢に。中国やシンガポール事業などが足を引っ張る形に。<2700> 木徳神糧 5220 -820急落。前日に23年12月期の決算を発表、営業利益は20.6億円で前期比56.6%増となり、従来予想の20億円をやや上回る着地となっている。一方、24年12月期は15億円で同27.3%減の見通しとしており、ネガティブな反応が優勢となっている。年間配当金も前期の80円に対して60円を計画。第3四半期までの業績進捗率が高かったことなどで、前日に決算期待が先行した反動も強まる形とみられる。<3053> ペッパー 161 +39急騰。一昨日には23年12月期決算を発表した、24年12月期の営業黒字転換見通しや株主優待の再開(500株以上の株主には3000円相当の自社商品贈呈)を受けて、前日の株価はストップ高まで急騰。本日もリバウンドを目指す動きが継続した。前日に1月の月次動向を発表しており、「いきなり!ステーキ」の既存店売上高が前年同月比6.5%増と13カ月連続プラス成長となっていることなども追加の支援材料に。<2587> サントリーBF 4640 -76大幅続落。前日に23年12月期決算を発表、営業益は1417億円で前期比1.5%増、10-12月期は前年同期比0.9%増にとどまり、7-9月期の同38.6%増から増益率は鈍化。24年12月期は1490億円で前期比5.1%増を見込み、1570億円程度の市場予想を下回る。製品値上げに関しては、小型PETボトルも含め積極的に検討しているにとどめたほか、26年12月期ROE目標値なども物足りないと。<1789> ETSHD 642 +100ストップ高比例配分。50万V送電線(宮城丸森幹線)新設工事の追加受注を発表している。累計受注増額は6985百万円で、うち今回の受注金額は6040百万円となっているもよう。工期は26年4月までとなり、受注金額のうち6009百万円に関しては、24年9月期から26年9月期にかけて売上計上されるようだ。前期売上高実績は約80億円であり、当面の業績インパクトにつながるとの見方に。<4704> トレンド 7221 -1500ストップ安。前日に23年12月期決算を発表、営業益は326億円で前期比4.0%増となり、従来予想の348億円を下回る。コストが想定を上振れた。また、リストラ関連費用の計上で純利益は170億円計画に対し107億円で着地。24年12月期は大幅増益を見込み、発行済み株式数の4.64%に当たる630万株、400億円上限の自己株式取得実施も発表したが、株主還元策に関しては期待感も先行していたもよう。<2590> DyDo 3020 +153大幅反発。前日に24年1月期の業績上方修正を発表している。営業利益は従来予想の25億円から37億円、前期比5.2倍の水準に引き上げ。、国内飲料事業において価格改定効果が顕在化したこと、海外飲料事業の主軸であるトルコ子会社において中東問題を受けた飲料受注が急増したことなどが背景。また、繰延税金資産の計上によって、純利益は8億円から44億円にまで引き上げている。<8035> 東エレク 35350 +140続伸。前日に米半導体製造装置メーカーの最大手アプライド・マテリアルズが決算を発表している。2-4月期売上高は約65億ドル(約9700億円)の見通しとし、市場予想の63.2億ドルを上振れ。EPSは1.79-2.15ドルのレンジ予想、市場予想はレンジ下限水準であったもよう。想定以上のガイダンスを受けて株価は時間外取引で一時10%強の上昇に。同社を始め国内半導体関連の強気材料へとつながっている。 <ST> 2024/02/16 15:25 本日の注目個別銘柄 堀場製、THK、東洋炭素など <6758> ソニーG 13710 -950大幅続落。前日に第3四半期決算を発表。10-12月期営業利益は4633億円で前年同期比9.9%増となり、4350億円程度のコンセンサスをやや上振れた。金融事業が市場想定以上に上振れる形に。一方、ゲーム事業は想定以上の減益で、ネガティブに捉える動きが優勢となったようだ。通期予想は従来の1兆1700億円から1兆1800億円に小幅に上方修正も、1兆2000億円超のコンセンサス水準には未達。<7832> バンナムHD 2647 -471急落。前日に第3四半期決算を発表、10-12月期営業利益は128億円で前年同期比47.9%減となり、380億円程度の市場予想を大幅に下振れ。通期予想は従来の1250億円から820億円下方修正した。コンセンサスは従来会社計画をやや上回る水準だった。オンラインゲームの新作タイトルに関わる評価損、タイトル編成の見直しに伴う処分損発生などが背景。下振れ幅の大きさにネガティブインパクト。<4755> 楽天グループ 731.2 +99.9一時ストップ高。前日に23年12月期第4四半期決算を発表、10-12月期Non-GAAP営業損益は36億円の赤字に。市場予想では200億円超の赤字見通しが多かった。モバイルは想定通りの赤字だが、国内インターネットサービスやフィンテックの増益が想定以上。また、会社側では24年中のモバイル月次Non-GAAP EBITDAの黒字化、24年12月期通期での全社Non-GAAP営業利益黒字化目標。<2212> 山崎パン 4076 +546急騰。前日に23年12月期の決算を発表。営業利益は420億円で前期比90.5%増となり、12月に上方修正した水準の395億円を上振れた。12月の売上高が想定以上となったようだ。24年12月期は480億円で同14.4%増、市場コンセンサスを小幅に上回る水準だが、値上げ効果が反映されていないなど保守的な見通しと捉えられた。1月の売上も好調なもようで、コンセンサス水準は切り上がる格好に。<6856> 堀場製 15170 +2190一時ストップ高。前日に23年12月期決算を発表。10-12月期営業利益は188億円で前年同期比8.8%増と増益転換、市場予想を50億円程度上振れた。また、24年12月期見通しも520億円、前期比9.9%増としており、460億円程度のコンセンサスを大きく上回る見通し。また、中期経営計画も公表、株主還元方針は総還元性向30%目処から配当性向30%を目処とし、自己株式取得なども機動的に実施する予定。<6481> THK 3115 +478.5急騰。前日に23年12月期の決算を発表、営業利益は237億円で前期比31.2%減となり、従来計画の210億円を上振れる着地に。コンセンサスも20億円程度上回ったとみられる。24年12月期は270億円で同13.9%増の見通しとし、こちらも市場コンセンサスを20億円程度上回っている。下期からの急回復を見込んでいるもよう。FA業界全般に厳しい環境下、想定以上に底堅い決算内容にポジティブな見方。<6871> マイクロニクス 5280 +700ストップ高比例配分。前日に23年12月期決算を発表、営業利益は53.1億円で前期比42.4%減となり、第3四半期決算時に上方修正した水準での着地に。年間配当金は同決算時に18円から29円に引き上げていたが、さらに33円へと引き上げを発表。また、24年12月期上半期営業利益は45億円で前年同期比2.6倍の見通しとしており、期待以上の収益回復見通しをポジティブ視する動きが優勢に。<5310> 東洋炭素 6270 +1000ストップ高。前日に23年12月期決算を発表、営業利益は92.8億円で前期比39.2%増となり、従来計画の85億円を大幅に上回る。24年12月期は109億円で同17.4%増を計画、市場コンセンサスを10億円以上上振れる。前期年間配当金は90円から110円に引き上げ、今期は120円を計画。また、中計最終年度の営業利益目標は、従来の27年12月期135億円から28年12月期220億円に修正している。<7003> 三井E&S 956 +150ストップ高比例配分。前日に第3四半期の決算を発表、10-12月期営業利益は68.3億円で前年同期比14.5%増となり、通期予想は従来の120億円から170億円、前期比81.3%増に上方修正している。上半期決算発表時に続く上方修正となる形。また、建機用エンジン、コンテナクレーンの受注が好調で、受注高計画も3200億円から3300億円に引き上げ、来期以降の業績に対してもポジティブな見方へ。<5989> エイチワン 711 -150ストップ安比例配分。前日に第3四半期の決算を発表、営業損益は149億円の赤字となり、通期予想は従来の30億円の黒字から140億円の赤字に下方修正している。中国における連結子会社3社に係る事業用資産の一部について、151.7億円を第3四半期決算で減損損失として計上している。年間配当金も24円から20円に引き下げ。想定外の損失計上がネガティブなインパクトにつながる格好へ。 <ST> 2024/02/15 15:29 本日の注目個別銘柄 ナブテスコ、タツモ、LINK&Mなど <5838> 楽天銀行 2538 +228大幅続伸。前日に第3四半期決算を発表、累計純利益は251億円で前年同期比23.0%増となり、通期予想は従来の315億円から335億円、前期比20.9%増に上方修正している。銀行セクターは好進捗でも上方修正は少ないため、上方修正発表にポジティブな反応が先行。また、1月の新NISA開始によって楽天証券経由の新規口座獲得が増加し、口座数が1500万を突破したと発表していることも買い材料につながる。<3968> セグエ 1112 +150ストップ高比例配分。前日に23年12月期決算を発表、営業益は10.9億円で前期比19.8%増となり、従来計画の10億円を上振れ。24年12月期は11.3億円で同4.0%増を見込み、年間配当金も前期の10円(株式分割考慮後)から11円に増配計画。また、株主優待制度を導入、1:3株式分割後の1000株以上保有の株主に、3月末と9月末に15000円分のクオカードを贈呈。高水準の優待利回りを評価。<6268> ナブテスコ 2410 -480急落。前日に23年12月期決算を発表、営業益は174億円で前期比4.0%減、10-12月期が前年同期比33.0%減と大幅減益になり、従来計画の190億円を下回った。ただ、のれんの減損計上が下振れの主因とみられる。一方、24年12月期は128億円で同26.3%減の見通しとし、市場コンセンサスは200億円程度であったため、ネガティブなサプライズにつながる。コンポーネントなどに厳しい見方のもよう。<6266> タツモ 4025 +700ストップ高。前日に23年12月期の決算を発表、営業利益は36.5億円で前期比30.2%増となり、2月6日に上方修正した水準での着地に。年間配当金は従来計画の21円から24円に引き上げ。一方、24年12月期は46億円で同25.9%増と連続2ケタ増益の見通し。年間配当金も30円への増配を計画している。プロセス機器事業の着実な拡大、表面処理用機器事業の収益改善などを見込んでいるもよう。<2170> LINK&M 677 +100ストップ高。前日に23年12月期決算を発表。営業利益は46.2億円で前期比27.4%増となり、2018年の最高益を大幅に更新。従来計画並み水準での着地となった。一方、24年12月期は53.3億円で同15.3%増と連続2ケタ増益の見通し、年間配当金は0.3円増配の11.6円を計画。組織開発Divisionはクラウドにおける高い成長を見込んでいるほか、人財紹介事業なども成長を見込んでいるようだ。<7309> シマノ 20035 -1510大幅反落。前日に23年12月期決算を発表。営業利益は837億円で前期比50.5%減となったが、従来計画の770億円は上振れた。一方、24年12月期は530億円で同36.6%減の見通し。市場予想は900億円程度と増益を見込んでいただけに、連続大幅減益ガイダンスにネガティブなインパクト。在庫調整終了による下期以降の回復を想定しているが、上半期は業績悪化継続を予想しているようだ。<7972> イトーキ 1767 +300ストップ高比例配分。前日に23年12月期決算を発表、営業益は85.2億円で前期比86.0%増となり、従来計画の75億円を上振れ。24年12月期も100億円で同17.3%増と2ケタ増を見込む。また、配当性向を40%に引き上げ、年間配当金は前期の37円から42円に、今期も52円に増配計画。さらに、株主優待制度の新設、大株主の売却意向に対応した立会外取引での900万株の自社株買い発表などもプラスに。<6273> SMC 80750 -2470大幅反落。前日に第3四半期決算を発表、10-12月期営業益は501億円で前年同期比22.0%減となり、通期予想は従来の2330億円から2010億円に下方修正した。通期の市場コンセンサスは2200億円程度であったもよう。各地域における半導体関連需要の悪化が下振れの主因。下振れ懸念はあったものの、株価も高値圏にあっただけに、想定以上の下方修正をネガティブ視する動きが先行へ。<4385> メルカリ 2120.5 -315急落。昨年4月の安値も割り込んで昨年来安値を更新。前日に第2四半期決算を発表、10-12月期営業利益は33億円で7-9月期の45億円から大幅減益、50億円程度であった市場予想も大きく下振れている。マーケットプレイスの流通取引総額は想定以上に底堅かったものの、広告宣伝費が大幅に増加したことが利益を押し下げる要因となっているもよう。利益コンセンサスの切り下がりを反映する動きが先行の形に。<2914> JT 3909 -119大幅反落。前日に23年12月期決算を発表。調整後営業益は7280億円で前期比横ばいとなり、24年12月期は6880億円で同5.5%減を見込む。たばこ販売数量の減速、Ploom Xへの投資強化などを想定しているもよう。年間配当金は前期が194円で188円計画から増配だが、配当性向70-80%からは想定線とみられる。今期は横ばい計画。保守的とはみられるものの、減益ガイダンスがマイナス視された。 <ST> 2024/02/14 15:25 本日の注目個別銘柄 アシックス、東エレク、KOKUSAIなど <8035> 東エレク 33720 +3965急伸。先週末に第3四半期決算を発表、10-12月期営業益は1325億円で前年同期比15.4%増となり、市場コンセンサスを250億円程度上振れ。通期予想は従来の4010億円から4450億円に上方修正し、コンセンサスを300億円程度上回る。想定以上の好決算としてポジティブな反応が優勢に。また、WFE市場の見方として、2023年は950億ドルとなり、従来見通し850-900億円ドルを上回ったもよう。<6098> リクルートHD 6281 +394大幅続伸。先週末に第3四半期決算を発表、10-12月期営業利益は1090億円で前年同期比12.5%増となり、コンセンサスを50億円程度上回る着地に。販売促進領域の売上が好調で、マッチング&ソリューション事業が大幅増益となっている。通期計画は4070億円で前期比18.2%増とし、3900億円超レベルのコンセンサスを上回っている。想定以上に堅調な業績推移を評価の動きが優勢に。<8766> 東京海上 4277 +424急伸。金融庁では損害保険大手4社に政策保有株の売却を加速するよう求めたと報じられた。株の持ち合いを通じた企業とのもたれ合いが、これまでの不正行為の温床になっていたとみている。業務改善計画に削減目標を盛り込めば、事実上の必達目標になるとの見方もあるようで、売却加速によるROEの向上、株主還元策の拡充を期待する動きが先行。とりわけ、政策保有株の時価が大きい同社にとってポジティブ視。<7261> マツダ 1776 -137.5大幅続落。先週末に第3四半期決算を発表、10-12月期営業益は706億円で前年同期比30.2%増となったが、市場予想は70億円程度下振れた。80億円程度の品質費用が発生、こうした一過性費用がなければ想定線であったとみられる。通期計画の2500億円、前期比76.1%増は据え置いた。株価が高値圏にあり、今後の円高反転も意識される中、一過性要因とはいえ、下振れ決算を受けて手仕舞い売りが先行した。<6525> KOKUSAI 4580 +480急伸。先週末に第3四半期決算を発表、10-12月期営業利益は107億円で前年同期比31.2%減となったが、前四半期比では13.9%増となり、順調な回復軌道をたどる形になっている。市場コンセンサスも25億円ほど上振れている。また、受注高も計画通りに回復し、第2四半期のボトムが確認される状況でもあるようだ。25年3月期の装置売上はWFEを上回る成長を想定ともしている。<7936> アシックス 5480 +700ストップ高。先週末に23年12月期決算を発表、営業利益は542億円で前期比59.4%増となり、市場予想をやや上振れた。一方、24年12月期は580億円で同7.0%増を見込み、600億円超のコンセンサスには未達。ただ、売上・コストともに保守的な見通しとの見方が優勢。発行済み株式数の2.2%、150億円を上限とする自社株買いの実施を発表、1月の売上速報値などもポジティブ材料と捉えられた。<7013> IHI 3035 +230大幅続伸。先週末に第3四半期決算を発表、10-12月期営業利益は532億円で前年同期比69.5%増となり、市場コンセンサスを200億円程度上回っている。第3四半期累計営業損益は1038億円の赤字となり、据え置きの通期予想800億円の赤字から、赤字幅の縮小が想定される状況ともなっているようだ。また、防衛向け受注高は今後も高水準が続くとみられることなども期待材料視されているもよう。<6379> レイズネク 1985 +400ストップ高比例配分。先週末に第3四半期の決算を発表、累計営業利益は63.3億円で前年同期比17.2%減となり、上半期実績の同23.8%減から減益率はやや縮小。一方、同時に発表した増配が買いインパクトにつながっている。経営統合5周年を記念した記念配当65円を実施、年間配当金は従来計画の65円から130円に引き上げ、前期比58円の増配となる。先週末終値ベースでの配当利回りは8.2%の水準となる。<6789> ローランドDG 4570 +700ストップ高比例配分。MBOの実施を先週末に発表している。タイヨウ・パシフィック・パートナーズ系のファンドが全株式取得を目的にTOBを実施する。TOB価格は5035円で先週末終値比30.1%のプレミアムに。TOB期間は2月13日から3月27日まで。TOB価格に完全サヤ寄せを目指す動きとなっている。TOB成立後も継続して現代表取締役が経営にあたっていく予定。<3443> 川田TECH 8940 +1500ストップ高比例配分。先週末に第3四半期決算を発表、累計営業益は52.6億円で前年同期比3.9倍となり、通期予想は従来の64億円から74億円に上方修正した。橋梁事業において大型工事の設計変更が獲得できたこと、工事採算性が改善したことなどが背景。つれて、年間配当金も従来計画の240円から300円に増額、前期比90円の増配となる。1:3の株式分割実施も流動性向上につながるとしてポジティブ視。 <ST> 2024/02/13 15:22 本日の注目個別銘柄 フジクラ、リログループ、ダイフクなど <9984> ソフトバンクG 7991 +641大幅続伸。前日に第3四半期決算を発表、10-12月期税引き前利益は1兆1715億円となり、前年同期5827億円の損失から収益は大きく改善した。ビジョンファンド事業の収益が大幅に拡大したほか、為替差益の計上などもあり、23年3月期第2四半期以来の黒字決算となった。米ナスダック市場の好調推移などから、今後の収益動向に対する期待も高まる方向へ。また、英アームが前日に47%の急騰となったことも追い風。<7201> 日産自 553.1 -72.3急落。前日に第3四半期決算を発表、10-12月期営業利益は1416億円で前年同期比6.4%増となり、市場コンセンサスを300億円程度下回った。米国での車種構成などが市場想定よりも改善しなかった。通期予想は6200億円を据え置き、為替前提を円安方向に見直しているが、小売台数計画は下方修正した。円安効果による業績期待が直近では買いが先行していたため、想定比下振れ決算にネガティブ反応が強まった。<3659> ネクソン 2552 -338.5急落。前日に23年12月期決算を発表、営業益は1347億円で前期比29.9%増となったが、従来予想レンジの1415-1480億円を下回った。10-12月期に大きく失速する形で、営業益は45億円、前年同期比58.6%減となり、減損損失の計上で純損益は赤字に転落した。また、24年12月期第1四半期の営業益ガイダンスは151-233億円としており、前年同期比では73.1%-58.5%減益の見通し。<9843> ニトリHD 21240 +1615大幅反発。前日に第3四半期決算を発表、10-12月期営業利益は427億円となり、350億円程度の市場コンセンサスを大きく上回る着地になっている。決算期変更の影響がコンセンサスとの相違になった面もあるようだが、想定以上の収益水準と評価する動きが先行。値入改善などによって粗利益率の改善傾向が続いているほか、大きく伸長した1月以降も既存店売上の好調が続いているもようであることもポジティブ視。<9107> 川崎船 6534 -435大幅続落。海運大手が軒並み安の展開となっている。デンマークの海運大手APモラー・マースクが発表した今期の業績見通しがネガティブなインパクトにつながる形に。24年12月期EBITDAは10-60億ドルのレンジ予想、前期比では90-37%減益の水準としており、中心値は市場予想の70億ドル程度を大幅に下回っている。コンテナ船の供給過剰が24年には完全に顕在化するとの見方を示しているようだ。<6383> ダイフク 3244 +366急伸。前日に第3四半期の決算を発表、10-12月期営業利益は180億円で前年同期比14.8%増となり、市場予想を30億円程度上振れる着地に。価格転嫁効果などによる利益率の改善が進む形になっている。通期予想は従来の545億円から570億円、前期比3.2%減に上方修正。市場コンセンサスは従来会社計画並みであった。なお、受注高計画などは従来予想を据え置いている。<5803> フジクラ 1558 +300ストップ高。前日に第3四半期決算を発表、10-12月期営業利益は207億円で前年同期比2.8%減となり、7-9月期の同24.0%減からは大きく改善。市場予想も50億円程度上振れた。つれて、通期予想は従来の540億円から630億円に上方修正した。エレクトロニクス事業や自動車電装などが上振れの主因。事業環境の急速な改善傾向を受けて、来年度以降のコンセンサスなども上振れの方向に。<8876> リログループ 1246.5 -294.5急落。前日に第3四半期の決算を発表、10-12月期営業利益は54.6億円で前年同期比10.2%増となり、市場予想を10億円ほど下振れている。据え置きの通期計画は277億円で前期比21.8%増だが、第3四半期累計では180億円で前年同期比3.6%増にとどまっており、不動産売却の遅れなどはあるようだが、下振れへの懸念が強まる状況のもよう。リロケーション事業などが想定よりも鈍くなっている。<7552> ハピネット 3340 +501ストップ高比例配分。前日に第3四半期決算を発表、同時に通期営業利益予想を従来の60億円から84億円、前期比43.8%増に上方修正している。BANDAI SPIRITSの「一番くじ」やトレーディングカードが好調に推移のほか、カプセル玩具の売上なども伸長。段階取得差益の計上で純利益の上方修正幅は大きくなり、それに伴って、年間配当金は従来の50円計画から125円に大幅増配の形にもなっている。<6556> ウェルビー 988 +150ストップ高比例配分。プライベートエクイティファンド運営会社であるポラリス系企業がTOBを実施すると発表している。TOB価格は1089円で前日終値比30%のプレミアムとなっており、TOB価格にサヤ寄せを目指す動きが先行している。買付期間は2月9日から3月26日までを予定。なお、今回のTOBはMBOの一環となるもので、非公開化によって事業改革を推進することが狙い。 <ST> 2024/02/09 15:27 本日の注目個別銘柄 協和キリン、ソフトバンクG、ディーエヌエーなど <5706> 三井金 4415 -449大幅反落。前日に第3四半期決算を発表、受取配当金増など営業外収支改善で累計経常利益は270億円、前年同期比10.6%増となったが、営業利益ベースでは金属価格の下振れなどで同20.2%減となった。通期予想は従来計画を据え置いたが、在庫要因などを除いた実力ベースでは従来の401億円から385億円に下方修正。生成AI向け銅箔への期待感などで株価が高値圏にある中、決算を売り材料視する動きが優勢に。<2432> ディーエヌエー 1372 -156.5急落。前日に第3四半期の決算を発表、減損損失276億円の計上によって、10-12月期営業損益は324億円の赤字になっている。前四半期は30億円の黒字であった。減損はゲーム事業におけるソフトウェアなどの資産、ライブストリーミングやヘルスケア・メディカル事業の子会社に係るもの。大幅な赤字計上がネガティブなサプライズにつながる。また、ヘルスケア・メディカルの収益改善が鈍いことなどもネガティブ視へ。<5201> AGC 5262 -415大幅反落。前日に23年12月期の決算を発表、営業利益は1288億円で前期比30.0%減となり、従来計画の1500億円を下振れ着地に。24年12月期は1500億円で同16.5%増の見通しだが、市場コンセンサスの1750億円を下回っている。市場環境の厳しさは認識されているものの、回復力は鈍いとの見方が優勢のようだ。また、配当引き上げや自社株買いなどの株主還元期待も一部ではあったとみられる。<9613> NTTデータ 2210 +121.5大幅反発。前日に第3四半期決算を発表、10-12月期営業利益は752億円で前年同期比0.5%減となり、市場予想線上での着地になっている。また、受注が好調に推移し、国内では前年同期の大型案件一巡があったものの、公共や金融が拡大して前年同期比プラスを確保、海外でも、大型案件の獲得などによって北米が7割超の増加となっている。来期に向けての業績拡大期待も高まる展開とみられる。<4151> 協和キリン 2707.5 +439.5急騰。前日に23年12月期決算を発表、コア営業利益は968億円で前期比11.6%増、10-12月期が前年同期比39.0%と拡大したことで2ケタ増益での着地に。24年12月期は850億円、前期比12.2%減と計画、800億円程度のコンセンサスを上振れる。また、発行済み株式数の3.2%に当たる1700万株、400億円を上限とする自社株買いの実施を発表しており、ポジティブ評価が優勢の展開になる。<5401> 日本製鉄 3597 +32続伸。前日に第3四半期決算を発表、累計事業利益は6924億円で前年同期比9.1%減となり、通期予想は従来の7400億円から8000億円、前期比12.7%減に上方修正している。原料炭価格の下振れなどでスプレッドが想定以上に拡大のもよう。業界環境が厳しい中での上方修正をポジティブに捉える動きが先行。また、高配当利回り銘柄と位置付けられる中、年間配当金も150円から160円に引き上げられている。<4543> テルモ 5425 +352大幅続伸。前日に第3四半期決算を発表、10-12月期営業利益は390億円で前年同期比4.0%増となり、市場予想を若干上回る着地に。通期予想は従来の1325億円から1400億円、前期比19.3%増に上方修正している。心臓血管やメディカルケアソリューションズが好調、価格政策見直しなども奏効した。市場予想並み水準への上方修正を受けて、買い安心感が優勢となる展開に。<6315> TOWA 7770 +40続伸。前日に第3四半期決算を発表、10-12月期営業利益は16.9億円で前年同期比2.2%増となり、市場予想の25億円を下振れた。スマホ、PC、民生向けなどで顧客の投資後ろ倒しがみられたもよう。一方、受注はガイダンス通りで、足元では出荷も順調に推移し、業績計画は達成可能と。ただ、株価が高値圏にある中、決算発表を契機とした利食い売りが先行したが、全般の上昇に歩調をあわせ買い直される。<7269> スズキ 6816 -419大幅反落。前日に第3四半期決算を発表、10-12月期営業利益は1172億円で前年同期比14.2%増となり、コンセンサス水準での着地に。為替や売上構成変化などが増益要因に。通期計画は4300億円を据え置き、為替前提は円安方向に修正も、四輪販売台数計画などはやや引き下げられた。来期前半にかけてはインドの需要鈍化が想定される中、サプライズの少ない決算を受けて、目先の出尽くし感が優勢となる形に。<9984> ソフトバンクG 7350 +732急伸。傘下企業である英半導体設計大手アームが前日に10-12月期決算を発表、売上高は8億2400万ドルで前年同期比14%増となり、コンセンサスの7億6200万ドルを上振れ。1-3月期の売上見通しも市場予想を上回る。スマホ市場の回復を受けて半導体開発に必要な回路設計図の収入が増加のもよう。アームは時間外取引で一時30%超の急騰となり、含み益拡大に伴う同社の企業価値向上が意識される展開になった。 <ST> 2024/02/08 15:29 本日の注目個別銘柄 極東開、GSユアサ、ローソンなど <7226> 極東開 2397 +396急騰。前日に第3四半期決算を発表、累計営業利益は21.6億円で前年同期比10.4倍となり、通期予想は従来の32億円から44億円、前期比4.4倍に上方修正している。特装車事業はでの受注が国内・海外ともに好調推移、製品価格改定効果なども寄与。環境事業・パーキング等事業も上振れのようだ。業績の上振れに伴い、期末配当金は29円から50円にまで大幅増配、年間では前期比25円増の79円配となる。<7701> 島津製 3862 -240大幅続落。前日に第3四半期決算を発表、10-12月期営業利益は182億円で前年同期比8.1%増となり、市場予想は若干上回った。通期予想はコンセンサス並みの730億円を据え置いた。業績数値にサプライズはないものの、10-12月期の計測機器受注は、米国は好調な中で中国が2割減と低迷。中国の事業環境の厳しさが増す形となっていることを警戒視。モルガン・スタンレーMUFG証券では投資判断格下げのもよう。<4540> ツムラ 2933.5 +243.5大幅反発。前日に第3四半期決算を発表、累計営業利益は191億円で前年同期比8.0%増となり、上半期の同12.6%減から一気に増益に転じる形となっている。つれて、通期予想は従来の180億円から195億円、前期比6.8%減に上方修正。国内加工費や販管費などのコストが計画を下回る状況となっているようだ。為替差益の計上などで、経常利益は従来の186億円から224億円にまで引き上げている。<6753> シャープ 862.1 -83.6大幅続落。前日に第3四半期の決算を発表、10-12月期営業利益は23億円で前年同期35億円の赤字から黒字転換している。ただ、市場予想は110億円程度であった。ディスプレイデバイスの低迷が業績伸び悩みの要因に。つれて、通期予想は従来の400億円からゼロに下方修正。下振れは想定されていたものの、コンセンサスは200億円程度であったとみられ、収益回復の鈍さをネガティブ視する動きが優勢になっている。<7752> リコー 1269.5 +79大幅反発。前日に第3四半期決算を発表、10-12月期営業利益は176億円で前年同期比8.9%増となり、市場予想は20億円程度下振れ。また、通期予想は従来の700億円から600億円に下方修正した。ただ、厳しい事業環境の中にあって、業績下振れは想定線とも捉えられたようだ。発行済み株式数の5.9%に当たる3600万株、300億円を上限とする自社株買いを発表しており、プラス材料視する動きが優勢に。<6674> GSユアサ 2575.5 +449.5急騰。前日に第3四半期決算を発表、累計営業利益は294億円で前年同期比54.7%増となり、通期予想は従来の370億円から420億円、前期比33.3%増に上方修正している。各セグメントにおける着実な販売価格是正の活動強化、経費削減、社会インフラ分野における蓄電用リチウムイオン電池の需要の高まりなどが業績上振れの背景。また、年間配当金も50円から60円に引き上げ、前期比10円の増配としている。<7203> トヨタ自 3260 +125大幅続伸。前日の取引時間中に第3四半期決算を発表、その後株価は買い優勢となったが、本日も一段の上値追いの展開に。10-12月期営業益は1兆6809億円で前年同期比75.7%増となり、通期予想は従来の4兆5000億円から4兆9000億円に上方修正、コンセンサスを3000億円近く上回る。販売台数前提を引き下げも営業努力効果などでの上方修正に。ダイハツ問題などの影響が懸念された中、安心感は強まった。<8058> 三菱商事 2782 +247大幅続伸。前日に第3四半期決算を発表、同時に自己株式の取得実施も公表した。発行済み株式数に対する上限割合10%で4億1700万株、5000億円を取得上限としており、取得期間は2月7日から9月30日まで。取得株は全株消却する予定。1株当たりの価値向上、並びに当面の需給の下支えにつながるものとして評価材料視された。また、ローソンの連結子会社から持分法適用化への異動も資産効率改善に資すると。<6367> ダイキン工 21165 -1610大幅続落。前日に第3四半期決算を発表、10-12月期営業利益は707億円で前年同期比13.8%減となり、上半期の同6.4%増から減益に転じる格好となった。900億円程度の市場予想も下回る水準。収益性が高い欧州H/P暖房や北米ユニタリー製品の販売が減少したことで収益性が悪化した。通期計画は4000億円を据え置いたものの、第3四半期は100億円超未達のもようで下振れ懸念も強まる形へ。<2651> ローソン 10270 +1357急伸。KDDIがTOBを実施すると発表、50%の株式を保有する三菱商以外の株式を全て買い付ける。TOBが成立し、株式非公開後は両社で共同経営していく計画。TOB価格は10360円で前日終値比16.2%のプレミアムとなり、4月にもTOBを実施する予定。TOB価格へのサヤ寄せを目指す動きになった。KDDIではローソンとの協調により、ポイントや金融などを組み合わせて経済圏を構築する動きを進める。 <ST> 2024/02/07 15:23 本日の注目個別銘柄 オムロン、デクセリアルズ、チャームケアなど <8306> 三菱UFJ 1399.5 -37.5大幅反落。前日に第3四半期決算を発表。10-12月期累計純利益は1兆2979億円で前年同期比3.8倍となり、据え置きの通期計画13000億円をほぼ達成する状況となった。上半期の前年同期比4.0倍に対して、10-12月期も同3.3倍と拡大基調は継続する格好に。ただ、ほぼ市場想定通りの着地とみられ、通期計画の修正や株主還元の変更がなかったことで、短期的な材料出尽くしと捉える動きが先行した。<6503> 三菱電 2075 -138.5大幅反落。前日に第3四半期決算を発表、10-12月期営業利益は865億円で前年同期比4.6%増となり、市場予想は70億円程度上回った。ただ、FAシステムの受注は前四半期比で2ケタの減少となっており、通期のFAシステム利益計画は引き下げられている。土地売却益を100億円程度計上することで、通期営業利益3300億円は据え置いているものの、注目分野の下振れをネガティブ視する動きが優勢のようだ。<6645> オムロン 5547 -1000ストップ安。前日に第3四半期決算を発表、10-12月期営業利益は59.2億円で前年同期比81.0%減となり、市場予想を30億円程度下振れた。7-9月期に続く大幅減益となっており、通期予想は従来の450億円から240億円に大幅下方修正した。軟調なFA市況の影響からIABの下振れが下方修正の主要因となっている。警戒感は強まっていた印象もあるが、修正幅の大きさは想定以上と捉えられた。<9064> ヤマトHD 2440.5 -191.5大幅反落。前日に第3四半期決算を発表、10-12月期営業利益は380億円で前年同期比21.4%減となり、通期予想は従来の650億円から400億円に下方修正、一転して前期比33.4%減と2ケタ減益となる見通し。通期市場コンセンサスは従来会社計画を上回る水準であったため、ネガティブなインパクトが強まっているもよう。取扱単価の引き下げに加えて、委託単価の上昇なども反映しているようだ。<9684> スクエニHD 6343 +434大幅続伸。前日に第3四半期決算を発表、10-12月期営業利益は176億円で前年同期比15.1%増となり、135億円程度の市場予想を上回る着地になっている。7-9月期に続いて減収ながら2ケタ増益の形に。主要セグメントが総じて増益となっているが、とりわけ、TVアニメ放送開始の「薬屋のひとりごと」の大ヒットで出版事業の営業利益が大きく拡大し、HDゲームの収益も市場想定以上に拡大のもよう。<7729> 東精密 9678 -607大幅反落。前日に第3四半期決算を発表、10-12月期営業利益は30億円で前年同期比59.8%減となり、市場予想の60億円を大きく下振れ。半導体製造装置の受注高は202億円で前四半期比8%減、市場の想定をやや下回っているとみられる。会社側では想定線の業績として、通期営業利益予想を245億円から250億円、前期比27.5%減にわずかに上方修正しているが、コンセンサス予想水準にまでは未達。<4980> デクセリアルズ 5146 +700ストップ高。前日に第3四半期決算を発表、累計営業利益は267億円で前年同期比9.0%減となったが、通期予想は従来の250億円から320億円に上方修正した。高付加価値製品の販売拡大や円安などが背景。年間配当金計画は75円から100円に引き上げ、前期比35円の増配となる。また、発行済み株式数の2.96%に当たる180万株、60億円を上限とする自社株買いも発表、取得期間は2月6日から3月19日まで。<6062> チャームケア 1333 +116大幅続伸。前日に上半期決算を発表、営業利益は15.7億円で前年同期比67.6%増となり、第1四半期の同41.2%増から増益率は一段と拡大した。従来計画の13.8億円も上振れる着地に。高入居率を維持しているほか、新設ホームとライクの入居も好調に推移のもよう。また、コロナ関連経費の減少や業務効率化などの効果も収益改善に貢献のようだ。中期的な成長期待の高さなどがあらためて意識される状況になっている。<5541> 大平洋金 1367 -153急落。前日に提出された変更報告書によると、シティインデックスイレブンスの保有比率が7.83%から5.59%に低下していることが明らかになっている。1月25日に大量保有報告書が提出されて、大量保有が明らかになったばかりであった。株主還元強化へのプレッシャー強化などに対する思惑が後退する状況のようだ。なお、業績上方修正を受けて前日の株価上昇が目立った反動も強まる形とみられる。<7018> 内海造 4800 -1000ストップ安比例配分。前日に第3四半期決算を発表、累計営業益は27.1億円で前年同期比3.8倍となり、通期予想は従来の7億円から20億円に上方修正した。ただ、上半期実績は26.9億円であったため、10-12月期は大きく修正水準が低下、1-3月期は赤字見通しで、修正幅は想定よりも限定的との見方に。年間配当金も40円計画から100円に引き上げたが、配当利回りは依然低水準でポジティブな見方にはならず。 <ST> 2024/02/06 15:24 本日の注目個別銘柄 ザイン、IRJ-HD、ネットワンなど <6769> ザイン 1066 +150ストップ高比例配分。先週末に23年12月期決算を発表。営業損益は0.4億円の赤字で、1月15日の修正値水準で着地へ。一方、24年12月期は10.2億円の黒字に転換見通し。想定以上に大きな収益変化見通しがポジティブなインパクトにつながる。LSI事業における新製品の提供、高速トランシーバ製品の市場投入加速などを見込んでいるもよう。また、15万株、1.8億円を上限とする自社株買いの実施も発表。<6035> IRJ-HD 1276 -325急落。昨年10月の安値を更新している。先週末に第3四半期決算を発表、累計営業利益は10.5億円で前年同期比19.7%増、前年度に発生した一時費用減少で増益となったが、上半期の同69.7%増からは増益率が鈍化。また、非公表としてきた通期予想は9.1億円で前期比18.4%減の見通しとし、想定外の減益見通しにネガティブなインパクト。期末配当金は引き続き未定としている。<4005> 住友化 309.3 -23.4大幅反落。先週末に第3四半期決算を発表、10-12月期営業損益は270億円の赤字、住友ファーマの決算から警戒はされていたが、想定以上の業績悪化となっている。通期予想は従来の1250億円の赤字予想から2850億円の赤字に下方修正。医薬品やエッセンシャルケミカルズの下振れが背景となる。配当予想も12円から9円に引き下げ。大幅なバランスシート悪化などへの懸念も強まる形に。<6724> エプソン 2384 +225急伸。先週末に第3四半期決算を発表、10-12月期事業利益は299億円で前年同期比4.3%減となったが、市場予想は上回った。インクジェットプリンターで高水準の利益を確保など、同業他社比での健闘が目立つ状況となっている。マイクロデバイスやマニュファクチャリングソリューションズの悪化で、通期予想は従来の800億円から750億円に下方修正しているが、来年度業績への期待感などは後退していないようだ。<3099> 三越伊勢丹 1935.5 +120.5大幅続伸。先週末に第3四半期決算を発表、10-12月期営業利益は207億円で前年同期比33.0%増となり、市場予想線上での着地となっている。一方、今期3度目の上方修正を発表、通期営業利益は480億円から500億円、前期比68.9%増に引き上げ。加えて、発行済み株式数の2.9%に当たる1100万株、150億円を上限とした自己株式の取得実施、24円から32円への増配も発表している。<7518> ネットワン 2671.5 +259.5急伸。先週末に第3四半期決算を発表している。10-12月期営業利益は57.5億円で前年同期比22.5%増となり、第1、第2四半期の2ケタ減から増益に転じている。30億円レベルであった市場予想も上回っている。通期予想は据え置きだが、上振れも意識される状況となっている。一方、受注高は下振れ傾向となっており、来期の業績動向などは依然不透明との見方もあるようだ。<8411> みずほ 2798.5 +112大幅続伸。先週末に第3四半期決算を発表、累計純利益は6423億円で前年同期比18.2%増となり、通期計画6400億円の水準に達している。みずほ証券の米国事業などが好調で、政策保有株の売却なども進んでいるもよう。順調な決算を評価する動きに加えて、雇用統計発表後に米国の長期金利が上昇し、本日は銀行株が買い優勢となっていることも追い風とみられる。<6981> 村田製 3051 -15反落。先週末に第3四半期決算を発表、10-12月期営業利益は762億円で前年同期比2.9%減となり、850億円程度の市場予想を下振れた。ただ、稼働調整や評価損計上などの一過性要因もあり、在庫削減などは進む格好となった。通期予想は2700億円を据え置き。第4四半期には地震関連損失なども織り込んでいるようで、底堅い推移とも捉えられるが、株価が高値圏にある中、利食い売りが先行する状況となる。<6861> キーエンス 67860 +1770大幅反発。先週末に第3四半期決算を発表、10-12月期営業利益は1219億円で前年同期比4.5%減、2四半期連続での減益となったが、市場コンセンサス並み水準での着地に。中国景気低迷の影響が懸念されていた中、底堅い業績動向確認で安心感が先行する形のもよう。営業利益率は前四半期比でやや低下しているが、体制強化を見据えた海外での人員増による販管費率上昇が背景になっている。<6752> パナHD 1446 +63.5大幅続伸。先週末に第3四半期決算を発表。10-12月期営業利益は1274億円で前年同期比50.9%増となり、市場予想の1030億円程度を大きく上回った。IRA補助金効果を除いてもエナジー事業は増益転換しており、過度な警戒感の後退にもつながっているようだ。通期計画は4000億円で前期比38.6%増を据え置き、くらし事業を下方修正しているものの、オートモーティブの好調などがカバーするようだ。 <ST> 2024/02/05 15:18 本日の注目個別銘柄 ネクソン、日テレHD、あおぞらなど <3659> ネクソン 2806 +500ストップ高。中国では海外オンラインゲームの32タイトルについて、今年のライセンスを承認したと発表しているもよう。このなかには同社が手掛ける「アラド戦記」も記載されているもようで、ポジティブに捉える動きが優勢となっているようだ。また、前日には新作MMORPG「HIT: The World」も発表しており、こちらも期待材料視される展開とみられる。<6963> ローム 2690.5 +99大幅続伸。前日に第3四半期決算を発表、10-12月期営業利益は108億円で前年同期比56.8%減となり、市場予想線上で着地。一方、通期予想は従来の530億円から440億円に下方修正した。顧客の在庫調整の影響で、産機やコンピュータ向けの汎用品が低調推移とみているようだ。修正幅は大きいが下振れ自体は想定線であり、注力するSiC事業などは堅調推移となっていることで、あく抜け感が優勢になったようだ。<7211> 三菱自 448 -24.6大幅反落。前日に第3四半期決算を発表、10-12月期営業利益は559億円で前年同期比19.1%減となり、上半期の同23.1%増からは一転2ケタ減益に転じた。品質関連費用が111億円計上されており、大きな減益要因になった。また、主力のアセアン市場はフィリピンを除いて下振れともされている。通期予想は2000億円を据え置き、達成可能との見方は多いようだが、上振れ期待は後退の方向に。<6526> ソシオネクスト 3713 +288大幅反発。大和証券では日経平均の銘柄入れ替え予想を行っており、ディスコやZOZOとともに、同社も新規採用候補と位置付けている。買い入れ株数は2469.8万株で、買い入れインパクトは1.79日分と試算。銘柄入れ替えは3月4日ごろに発表され、3月29日の終値ベースでインパクトが発生することになる。なお、昨年秋の日経平均入れ替えにおいても、新規採用候補と位置付けられてはいたようだ。<8056> ビプロジー 4594 +336大幅反発。前日に第3四半期の決算を発表している。10-12月期営業利益は75億円で前年同期比25.3%増となり、第1四半期からの2割増益基調が継続する格好に。主力のシステムサービスの売上増などが牽引役。通期予想は従来の325億円から340億円、前期比14.6%増に上方修正。中計目標値水準にまで引き上げられている。同時に社長交代なども発表している。<9404> 日テレHD 2151 +400ストップ高。6月の株主総会での定款変更で、同社が株主名簿への記載を拒否した外国人株主が配当を受け取れるようにすると発表した。これまで外国人株主の議決権比率が20%以上になる場合、一部を株主名簿に記載せず、配当も出していなかった。今後、外国人投資家による買いが進むきっかけになるとの見方が先行。また、これからは自社株買いも行いやすくなるとみられているようだ。他の民放各社も連想感から急騰した。<8304> あおぞら 2150 -407急落。前日の寄り付き前に決算を前倒し発表、通期純損益は従来の240億円の黒字から280億円の赤字に下方修正し、前日はストップ安。米オフィス向け不動産ノンリコースローンへの追加引当などが背景。それに伴い、第3、第4四半期末の配当金を無配とし、年間配当金は前期比半減の76円に。高利回り銘柄としての位置づけが大きく後退し失望売り継続。来年度の配当もこれまでの154円からは大きく切り下がるとの見方に。<4902> コニカミノルタ 443.7 +39.4大幅反発。前日に第3四半期決算を発表、10-12月期営業利益は78億円で前四半期比8.7%減となったが、市場予想は10億円強上回ったとみられる。為替影響に加えて、生産コストダウンや物流費削減などコストの低下が下支えした形に。据え置きの通期計画180億円に対しては、上振れ基調が続いているもよう。セグメントでは、デジタルワークプレイスを引き上げ、インダストリーを引き下げているようだ。<6632> JVCKW 673 -49大幅続落。前日に第3四半期決算を発表、累計営業利益は150億円で前年同期比23.2%減となり、上半期の同70.3%増からは一転して減益になった。ただ、前年同期に固定資産譲渡益が97億円発生したことが背景であり、事業利益ベースでは累計で同42.8%増と好調推移が継続。10-12月期も米国向け無線システムなどの好調が続いた。通期予想の上方修正がなかったことで、出尽くし感などが先行する形に。<2060> フィード・ワン 1019 +120大幅続伸。後場に入って急伸し、20年8月以来の株価4ケタ回復。前引け後に24年3月期の業績修正を発表している。営業利益は従来予想の35億円から75億円、前期比5.3倍にまで上方修正。飼料事業・食品事業ともに収益環境が大幅に改善したことを上振れの背景としている。上振れ自体は想定線だが、修正幅の大きさが買いインパクトにつながる。また、年間配当金も従来計画・前期実績の25円から27円に引き上げ。 <ST> 2024/02/02 15:26 本日の注目個別銘柄 第一三共、レーザーテック、野村など <7203> トヨタ自 2945 -55大幅反落。野村證券では投資判断を「バイ」から「ニュートラル」に、目標株価も3400円から3100円に引き下げた。過去1年間の株価上昇で割安感が薄れたこと、日野自動車、ダイハツ、豊田織機で相次いだ認証不正を受け、増産ペースの鈍化や商品投入の後ろずれが見込まれることなどを背景としている。世界生産台数見通しの引き下げによって、25年3月期営業利益は今期並み、26年3月期も微減益にとどまると予想。<6501> 日立 11785 +110続伸。前日に第3四半期決算を発表、10-12月期調整後営業利益は2002億円で前年同期比1.3%減となり、市場予想を250億円程度上回っている。通期予想は従来の7200億円から7400億円、前期比1.1%減に引き上げ、コンセンサス並みの水準となっている。主要3セクターで増収増益となり、受注もエナジー分野で大きく伸長している。底堅い業績動向をポジティブ視する動きが優勢に。<4568> 第一三共 4650 +227大幅続伸。前日に第3四半期決算を発表、10-12月期営業利益は995億円で前年同期比3.2倍となり、通期予想は従来の1500億円から2000億円、前期比65.9%増に上方修正している。インフルエンザ流行に伴うイナビルの上振れ、コロナワクチンダイチロナの収益などがけん引し、市場予想を上回る上方修正となる形に。年間配当金も40円計画から50円に引き上げると発表している。<6857> アドバンテス 5943 +120大幅反発。前日に第3四半期決算を発表、10-12月期営業益は268億円で前年同期比34.9%減となり、市場予想を50億円近く上回ったもよう。また、通期予想は従来の800億円から850億円に上方修正、市場予想並みの水準に引き上げた。メモリテスタの能力増強に伴う売上増などが上振れの背景に。市場の高い期待感は反映されていたとみられるが、コンセンサス並みの上方修正受けて買い安心感が先行する形に。<6702> 富士通 21080 +240大幅続伸。前日に第3四半期決算を発表、10-12月期の調整後営業益は681億円で前年同期比10%強の減益に。648億円の一時費用計上から営業益は33億円、同95.4%減益だった。通期営業益予想は従来の3200億円から2500億円に下方修正した。足元の下振れ決算を嫌気し下落する場面もあったが、成長領域のサービスソリューションの受注好調、構造改革による来期業績期待などで買いが勝ったようだ。<6920> レーザーテック 37780 -2000大幅反落。前日に第2四半期決算を発表、10-12月期営業益は215億円で前年同期比2.2倍、前四半期比でも2.1倍となり、市場予想を60億円程度上回った。一方、受注高は318億円で前四半期比では22.1%の大幅減。ASMLの受注拡大などから期待感が高まっていた中、想定外の伸び悩みにネガティブインパクト大。通期営業益予想は640億円から670億円に上方修正も、700億円超の市場予想に届かず。<9020> JR東 8797 +356大幅続伸。昨年来高値を更新。前日に第3四半期決算を発表、10-12月期営業益は1067億円で前年同期比2.4倍となり、通期予想は従来の2700億円から3100億円に上方修正した。2800億円程度のコンセンサスも上回る水準に。コロナ影響からの回復、インバウンド需要の増加など運輸事業が牽引役。不動産・ホテル事業なども伸長。年間配当金計画も110円から125円に引き上げている。<8604> 野村 808.8 +39.6大幅続伸。前日に第3四半期決算を発表、10-12月期税前利益は787億円で前四半期比39%増となっている。ホールセールが大幅増益、地域別では日本やアジアの増益がけん引する格好に。ROEも6.2%にまで回復している。また、発行済み株式数の4.1%に当たる1億2500万株、1000億円を上限とする自己株式の取得実施も発表、取得期間は2月16日から9月30日までとしている。<9202> ANA 3309 +39大幅続伸。前日に第3四半期の決算を発表している。累計営業利益は2101億円で前年同期比2.1倍となり、通期予想は従来の1400億円から1900億円、前期比58.3%増に上方修正。5年ぶりの過去最高益更新見通しとしている。国内旅客収入が好調、第4四半期は赤字計画であり、さらなる上積みなども見込まれる形に。中期計画の26年3月期営業利益2000億円目標は前倒し達成も視界に入る。<7735> スクリーンHD 15255 +585大幅続伸。前日に第3四半期決算を発表、10-12月期営業益は251億円で前年同期比36.0%増となり、市場コンセンサスを10億円程度上振れ。通期予想は従来の875億円から885億円に上方修正した。小幅な修正にとどまり、市場予想にはやや届いていない状況。サプライズは大きくないものの、SPE事業の想定以上に利益率改善、SPE以外の事業の堅調推移、期末配当金の引き上げなどをポジティブに評価へ。 <ST> 2024/02/01 15:28 本日の注目個別銘柄 第一工業、Vコマース、アルプスアルなど <6701> NEC 9700 +603大幅反発。前日に第3四半期の決算を発表している。営業利益は418億円で前年同期比3.3%減、市場コンセンサスを10億円程度下回ったが、構造改革費用や減損損失など一過性費用が28億円程度計上されており、実質的には順調推移とみられる。テレコムサービスが大幅減益となった一方、国内ITサービスが大幅増益となり全体を下支えしているもよう。ITサービス受注も堅調推移が続き、目先の業績安心感が強まる形にも。<6526> ソシオネクスト 3432 +201大幅続伸。前日に第3四半期決算を発表、10-12月期営業利益は92.7億円で前年同期比47.3%増となり、市場コンセンサスを15億円程度上振れた。通期予想は従来の290億円から315億円、前期比45.1%増に上方修正、コンセンサス並みの水準ではあるが、第4四半期為替想定125円などから一段の上振れも意識される形に。なお、来期から再来期にかけての成長鈍化懸念は拭い切れてはいないもよう。<2127> 日本M&A 892.1 +117.9急騰。前日に第3四半期決算を発表、累計経常利益は117億円で前年同期比5.7%増となっているが、10-12月期は55.7億円で同81.2%増と急拡大した。過去最高の成約件数となり、利益率が大きく上昇した。24年3月での株主優待制度廃止を発表しているが、一方では、発行済み株式数の3.1%に当たる1000万株、70億円を上限とする自社株買いを発表。取得期間は1月31日から3月31日までとしている。<4461> 第一工業 2529 +500ストップ高。前日に第3四半期決算を発表、累計営業利益は5.3億円で前年同期比46.4%減となっているが、10-12月期は9.8億円で同急回復する形になっている。生成AIなどハイエンドサーバー向けの光硬化樹脂材料が大きく伸びてきているようだ。25年3月期にかけての収益急拡大が意識される状況にも。決算を受けていちよし証券でレーティングを「B」から「A」に引き上げのもよう。<6301> コマツ 4245 +336大幅反発。前日に第3四半期決算を発表、10-12月期営業利益は1564億円で前年同期比15.9%増となり、会社計画を195億円程度上振れた。通期計画の5480億円は据え置いているが、上振れ確度は高まる形になっているようだ。北米リテール市場は住宅投資底打ちを主因に想定より堅調な推移であるほか、鉱山機械事業の受注積み上がりなどで、来年度減益予想のコンセンサスが切り上がる状況でもあるようだ。<7751> キヤノン 4080 +297大幅反発。前日に23年12月期決算を発表、営業利益は3754億円で前期比6.2%増となり、会社計画の4000億円を下振れる着地に。一方、24年12月期は4350億円で同15.9%増の見通しとし、コンセンサスを200億円程度上回る水準としている。また、年間配当金は前期比10円増の150円を計画し、発行済み株式数の3.3%に当たる3300万株1000億円を上限とする自社株買いの実施も発表している。<2491> Vコマース 1267 -291急落。前日に23年12月期決算を発表、営業利益は52.3億円で前期比36.6%減となり、従来予想の47億円を上振れた。年間配当金も50円計画から53円に引き上げ。一方、24年12月期営業利益は40億円で同23.5%減と連続減益見通し。年間配当金は前期比11円減配の42円と計画、戦略コストの増加などを想定しているようだ。中期経営計画も見直し、EBITDAやROEなどの経営指標目標は非公表に。<6754> アンリツ 1172 -154急落。前日に第3四半期決算を発表、10-12月期営業利益は22.3億円で前年同期比14.0%減となり、市場コンセンサスを10億円程度下振れ。通信計測の受注が前四半期比で大きく減少したため、通期予想は109億円から101億円に下方修正した。第4四半期には受注回復見通しとしているが、通信端末開発需要の先行き不透明感は拭い切れず。上半期決算後に評価が高まっていただけに、失望感が強いようだ。<6770> アルプスアル 1101.5 -205.5急落。前日に第3四半期決算を発表、10-12月期営業利益は99億円で前年同期比31.4%減となり、通期予想は従来の325億円から165億円に下方修正。一部主要顧客へのスマホ向け製品の売上構成の変化、モジュール新製品の生産立上げに伴うコスト増、一部顧客向け製品の納入終了などが背景。事業用固定資産の減損計上で、最終損益は350億円の赤字に転落見通し。年間配当金も40円から30円に引き下げた。<9552> M&A総研 5300 +700ストップ高比例配分。前日に第1四半期決算を発表、営業利益は33.5億円で前年同期単独比2.4倍となっている。通期計画72億円、前期比57.2%増に対する進捗率も46.6%に達しており、業績の大幅な上振れが意識される状況となっているもよう。M&Aアドバイザーの増加によって成約件数が倍増、大型案件の増加などで成約単価も上昇している。平均成約期間なども高水準をキープしているようだ。 <ST> 2024/01/31 15:50 本日の注目個別銘柄 SREHD、三社電機製作所、船場など <3391> ツルハHD 11450 -1120大幅反落。イオンでは、同社株式をオアシス・マネジメントが運用するファンドから取得することについて独占交渉を開始したと発表。同社株の取得が資本業務提携に基づく関係の維持・強化につながることになると判断している。オアシスの保有比率13%程度を取得すれば、イオンの保有比率は26%強となる。昨年11月には非上場化を検討と一部伝わったことで株価が急伸していたなか、TOBプレミアム後退が売り材料視された。<6807> 航空電子 2520 -520急落。2580万株を上限としたディスカウントでのTOBによる自己株式取得を発表。取得期間は本日から2月28日まで。取得価格は2605円で前日終値比14.3%のディスカウントとなる。株式の50.77%を保有するNECからの資本関係見直し要請に沿ったもので、NECでは2384万株を売却予定、売却後のNECの保有比率は33.3%に。親子上場解消に伴う過程でのプレミアム期待などが後退する形に。<7366> LITALICO 2110 +250急伸。前日に第3四半期決算を発表、累計営業利益は26億円で前年同期比23.8%増となり、上半期の同7.7%増から増益率は拡大する形になっている。全セグメントが順調に収益を拡大させており、とりわけ、営業体制の強化が進んだプラットフォーム事業の増益率が大きくなっている。また、未定としていた年間配当金は8円に決定、前期比では1.5円の増配となる。<6617> 東光高岳 2372 +172大幅続伸。前日に第3四半期決算を発表、累計営業利益は53.2億円で前年同期比41.6%増となり、通期予想は従来の45億円から64億円、前期比32.0%増に上方修正している。計器失効替工事やスマートメーターなどの計量事業全般と一部の配電機器の売上高の増加が見込まれることを業績上振れの背景としている。上半期は営業減益決算であったため、足元での急速なモメンタム好転がインパクトにつながっている。<7732> トプコン 1694 +99大幅続伸。前日に第3四半期決算を発表、10-12月期営業利益は26.7億円で前年同期比42.3%減となり、市場予想も5億円程度下振れ。ただ、通期予想は構造改革費用の計上で純利益のみ下方修正し、営業利益は130億円を据え置いた。米住宅建設市場の減速などから業績悪化は想定線、本業ベースでの下方修正がなかったことで、短期的なあく抜け感が先行した形に。中計達成に向けた強気姿勢などもポジティブ視。<2980> SREHD 3300 +502ストップ高。前日に第3四半期決算を発表、10-12月期営業利益は9億円で前年同期比2.9倍の水準となり、6億円程度だったコンセンサスも上回った。上半期は6.1億円で同20.1%の減益。不動産仲介向けの顧客増加に加えて、IT・ヘルスケアなど隣接領域の顧客獲得も順調に進んでいるもよう。また、L&Pでの物件売却が計上されたことなども業績改善の背景に。来期以降の成長確度なども高まる展開になったようだ。<9995> グローセル 747 +74急伸。マクニカがTOB価格の引き上げを発表している。11月27日にマクニカが1株当たり645円でのTOB実施を発表、その後も南青山不動産の大量保有などが思惑視されて、株価は同TOB価格を上回る水準での推移が続いていた。TOB成立の確度を高めることが今回の価格引き上げの背景であり、新たなTOB価格750円に完全サヤ寄せを目指す動きが優勢となっている。<9629> ピーシーエー 1511 +300ストップ高比例配分。前日に第3四半期決算を発表、累計営業益は17億円で前年同期比26.8%増となり、上半期実績の同17.8%増から増益率は一段と拡大した。また、配当政策変更を発表、ROE10%以上・DOE2.5%・配当性向30%を目標としていたが、ROE10%到達などの目標達成までの期間は配当性向を100%程度にするとしている。つれて、年間配当金は17円から62円に引き上げた。<6882> 三社電機製作所 1678 +300ストップ高。前日に第3四半期決算を発表、累計営業益は33.4億円で前年同期比5.4倍と急拡大し、通期予想は従来の25億円から30億円に上方修正した。電源機器事業において、大型のパワーコンディショナー評価用電源をはじめ、顧客からの要望に対応した高付加価値の提供を推進したことで収益は上振れのもよう。また、年間配当金も従来計画の40円から50円に引き上げ、前期比20円の増配となる。<6540> 船場 1033 +150ストップ高。前日に23年12月期の業績上方修正を発表している。営業利益は従来予想の8億円から12億円、前期比54.6%増にまで引き上げ。国内外で業務推進中の大型案件が想定よりも順調に進捗したほか、原価低減への継続した取り組み、DXによる効率化の推進、経費の圧縮なども奏効したようだ。第3四半期累計では営業減益であったため、大幅増益への上方修正にポジティブなサプライズ。 <ST> 2024/01/30 15:25 本日の注目個別銘柄 環境管理、アルゴグラフ、カゴメなど <4063> 信越化 5651 -89大幅続落。先週末に第3四半期決算を発表、10-12月期営業益は1776億円で前年同期比34.7%減となり、1950億円程度の市場コンセンサスを下振れ。在庫評価減が発生したことが下振れ要因で、それを除けば大きなサプライズはないとみられる。ただ、通期予想は7000億円を据え置き。コンセンサスは7700億円程度であり、保守的とはみられるものの、上方修正がなされなかったことは売り要因となったようだ。<6954> ファナック 4285 -15続落。先週末に第3四半期決算を発表、10-12月期営業利益は409億円で前年同期比22.1%減となり、通期予想は従来の1219億円から1322億円に上方修正した。安川電の決算などからも期待感は高まっていなかったため、買い安心感が先行する展開となった。なお、10-12月期受注高は1655億円で前四半期比2%減、中国はじめ低調な推移継続しており、買い一巡後は見送りムードが優勢に。<6988> 日東電 11840 +585大幅反発。先週末に第3四半期決算を発表、10-12月期営業利益は479億円で前年同期比5.3%増となり、上半期の同30.1%減から増益に転じ、市場予想も30億円程度上振れたもよう。中華スマホ向け情報テープなどが想定以上であった。通期計画の1400億円は据え置いているが、上振れ確度は高まる方向に。また、発行済み株式数の2.1%、300億円を上限とする自己株式の取得実施発表もポジティブ視。<9143> SGホールディングス 1939.5 -67.5大幅反落。先週末に第3四半期決算を発表、10-12月期営業利益は330億円で前年同期比22.2%減、平均単価上昇などで、減益率は上半期の39.7%減から縮小。一方、通期予想は従来の915億円から885億円、前期比34.6%減に下方修正している。宅配便数量の低迷が想定以上に長期化すると見込んでいる。TMS収益なども下振れるもようだ。事業環境改善の遅れをネガティブに捉える動きが先行へ。<6305> 日立建機 3950 -147大幅反落。先週末に第3四半期決算を発表、10-12月期営業益は389億円で前年同期比13.8%増となり、上期の同55.5%増からは増益率鈍化し、大きなサプライズはない。一方、通期計画は従来の1560億円から1570億円に上方修正、市場予想は1700億円程度で、修正幅が限定的にとどまったことはネガティブ材料に。子会社において事業売却に伴う一過性の構造改革費用を約140 億円追加計上するもよう。<9962> ミスミG 2600 +152大幅反発。先週末に第3四半期決算を発表、10-12月期営業利益は104億円で前年同期比8.9%減となり、市場コンセンサス並みでの着地となっている。上半期の同31.2%減からは順調に減益率が縮小へ。また、12月の月次動向も売上高は前年同月比横ばいとなり、為替・稼働日調整後ではプラスに転換しているもよう。売上高・利益の底打ちの可能性が高まってきていることをポジティブに評価。<2811> カゴメ 3532 +389急伸。持分法適用関連会社である米Ingomar Packingの株式50%を追加取得し、連結子会社すると発表している。Ingomar社は年間約155万トンのトマトを加工し、その量は米国で第2位、世界全体でも第4位の規模を誇るもよう。24年12月期以降、連結業績の水準が引き上がるとの見方が優勢。一段の関係強化に伴う米国事業のさらなる成長なども想定される状況になっているようだ。<4552> JCRファーマ 1030 -75大幅続落で昨年来安値を更新。先週末に第3四半期決算を発表、累計営業利益は78.1億円で前年同期比57.7%増となったが、10-12月期は9.1億円で同78.4%の大幅減益となっている。前年同期のライセンス収入の剥落が大幅な減益要因となっているが、NESPバイオシミラーの売上高減少などで、コンセンサスも下回る水準となったもよう。通期予想達成への不透明感なども高まる状況に。<7595> アルゴグラフ 4330 +370大幅続伸。先週末に第3四半期決算を発表、累計営業利益は67.2億円で前年同期比27.0%増となり、通期予想は従来の78.7億円から90億円、前期比15.8%増に上方修正している。主要顧客である製造業全般のIT投資意欲が想定以上に旺盛なことを背景としている。また、期末配当金も従来計画の40円から50円に引き上げ、年間配当金は前期比17円増の90円となる。<4657> 環境管理 610 +100ストップ高。先週末に上半期の決算を発表、営業損益は2百万円の黒字となり、前年同期比117百万円の損益改善となった。第1四半期は133百万円の赤字で同62百万円の損益悪化となっていたため、10-12月期での急速な収益改善をポジティブ評価の動き。通期計画の達成確度なども一転して高まる方向に。工事受注拡大により、上半期の受注高は前年同期比58.8%増、受注残高は前年同期末比39.5%増と大幅に増加。 <ST> 2024/01/29 15:23 本日の注目個別銘柄 未来工、日置電、小松ウオールなど <6723> ルネサス 2481 -208.5大幅反落。NECと日立が保有する同社株を全て売却すると伝わった。証券会社を通じて海外機関投資家などに売却するもよう。NECの保有割合は3.93%、日立は3.48%とされる。1株当たり2474-2528円(前日終値から6-8%のディスカウント水準)で、計約1億2300万株を売り出すもよう。資本関係を保って支援する必要性が薄れるなか、政策保有株低減の一環とする。同社にとっては目先の需給懸念が先行。<4062> イビデン 7465 -421大幅反落。前日の米国市場で主要指数は上昇したものの、SOX指数が反落となったほか、決算を発表した米インテルが時間外取引で下落していることから、本日はインテル関連の同社を含め、半導体関連株が弱い動きに。インテルが発表した第1四半期売上高見通しは122-132億ドルのレンジで、市場予想の145億ドルに未達となっている。また、EPS見通しも0.13ドルで、市場予想の0.33ドルを下回る。<6755> 富士通ゼ 2193.5 -18.5反落。前日に第3四半期決算を発表、10-12月期営業利益は17.8億円の赤字に転落し、通期予想は従来の160億円から40億円にまで大幅下方修正。市況回復遅れから流通在庫削減に時間を要しており、第4四半期の販売計画を見直したことが背景。なお、従来のコメントから稼働調整に伴う10-12月期の赤字転落はある程度想定され、昨年来安値を更新したことで、いったんのあく抜け感から下げ渋る動きに。<2379> ディップ 2603 +64大幅続伸。発行済み株式数の2.61%に当たる150万株、30億円を上限とする自己株式の取得実施を発表。取得期間は1月26日から5月31日まで。資本効率の向上および経営環境の変化に対応した機動的な資本政策の遂行を可能にすること、1株当たりの株主価値を高め株主様への利益還元を充実させることを取得目的としている。業績下方修正で株価は直近急落、安値圏で推移していた中、見直しの動きが強まった形に。<7970> 信越ポリマ 1650 -107大幅反落。前日に第3四半期決算を発表、累計営業利益は89.3億円で前年同期比17.0%減となり、通期予想は従来の130億円から105億円、前期比17.6%減に下方修正している。半導体関連容器の需要の調整局面が続く見通しであることを下振れの背景としている。上半期までの状況から下振れは想定線だったが、下振れ幅は想定以上との見方が優勢。通期の市場コンセンサスは120億円程度であった。<5727> 邦チタニウム 1907 +111大幅続伸。前日に第3四半期の決算を発表している。累計営業利益は38.8億円で前年同期比49.2%減となったが、10-12月期15.4億円で同15.1%減となり、上半期の同59.8%減から減益率は縮小している。据え置きの通期予想48億円に対する進捗率も81%に達しており、過度な業績懸念は後退の方向とみられる。10-12月期もチタン事業の緩やかな改善が続いているもようだ。<7931> 未来工 4325 +700ストップ高。前日に第3四半期決算を発表、累計営業利益は57.1億円で前年同期比74.1%増となり、通期予想は従来の59.1億円から66.1億円に上方修正した。電材及び管材事業において価格改定効果が想定以上となっているほか、足元では配線器具事業の価格改定も浸透しだしているもよう。業績上振れに伴い、期末配当金は64円から84円に引き上げ、年間配当金は前期比84円増の134円となる。<6866> 日置電 6890 +540大幅続伸。前日に23年12月期決算を発表、営業利益は79.6億円で前期比12.5%増となり、従来計画線上での着地となった。また、24年12月期は87億円で同9.4%増の見通しとし、年間配当金は前期比20円の増配を計画。国内及び海外の製品価格の見直しを行い、収益性の改善を図っていくという。昨年7月以降は株価が大きく調整していた中、連続増益・増配見通しを受けて見直しの動きが進んだようだ。<7949> 小松ウオール 3440 +260大幅続伸。前日に第3四半期の決算発表、累計営業利益は26.1億円で前年同期比2.5倍となっている。オフィス向けの好調を主因に売り上げが拡大し、価格引き上げ効果名なども寄与。10-12月期も同67.1%増と高い収益成長が続く格好になっている。上半期決算時に通期予想を上方修正しているが、第3四半期までの進捗状況から再度の上振れなども想定される形とみられる。<3656> KLab 366 +80ストップ高比例配分。ポケットペアとハイブリッドカジュアルゲームの開発・運営を共同で行っていくと発表している。同ゲームはシンプルさと長期間遊べるオンラインゲームのメカニクスを組み合わせたモデルで、グローバルで成長中のカテゴリとなっている。ポケットペアは日本有数のインディーゲーム開発・運営会社で、現在は「パルワールド」が世界的な大ヒットを記録、今後の開発力強化が期待される展開となっているもよう。 <ST> 2024/01/26 15:30 本日の注目個別銘柄 白洋舎、KG情報、広済堂HDなど <9731> 白洋舎 2792 +461急騰。前日に業績・配当予想の上方修正を発表している。23年12月期営業利益は従来予想の14.5億円から18億円、前期比2.7倍に引き上げ。クリーニング事業およびレンタル事業リネンサプライ部門の売上が想定を上回って好調に推移したもよう。また、期末配当金は従来計画の10円から25円に引き上げ、年間配当金は40円となり、前期比30円の増配となる。営業増額幅や増配幅の大きさがサプライズにつながる。<2408> KG情報 712 +77急伸。前日に23年12月期決算を発表、営業益は3.7億円で前期比43.0%増となり、従来予想の3.2億円を上振れ。釣り情報誌の休刊、釣り情報サイトの閉鎖、「家づくり学校 神戸校」の閉鎖などによるコスト減少が寄与した。また、期末配当金も従来計画の25円から29円に引き上げ、年間配当金は34円に。24年12月期は減益見通しなものの、前期業績の上振れ、増配に伴う利回り妙味の高まりなどを材料視。<7868> 広済堂HD 821 +81急伸。SBI証券では投資判断「買い」、目標株価1010円で新規にカバレッジを開始した。株価は中計の発表や2度の業績上方修正を好感し、過去1年間で約2倍の上昇となっているが、今後は中計3.0期間中の利益のさらなる上振れと式場増築による業績拡大を織り込む動きになると考えているもよう。。25年3月期以降も、式場増設効果に加えて資産コンサルティング事業の拡大により2ケタ営業増益が続くと見込んでいる。<2112> 塩水糖 323 +80ストップ高比例配分。前日に24年3月期の業績上方修正を発表、営業利益は従来の5.2億円から14.7億円、前期比2.4倍にまで引き上げ。精糖事業において販売価格の適正化などが進んだことが背景。また、特別配当、記念配当の実施により、年間配当金は従来計画の5円から9円に引き上げている。さらに、3年以上保有株主に対する優待拡充などの長期保有株主優待制度を新設するとも発表している。<4519> 中外薬 5455 -119大幅続落。野村證券では投資判断を「バイ」から「ニュートラル」に格下げ、目標株価は5300円に設定。OWL833の上市、Enspryngの適応症拡大など開発パイプラインを見直し業績予想を上方修正も、株価上昇に伴い割安感が剥落していると分析。また、OWL833に関しては、GLP/GIPに作用する経口剤の開発をNovo Nordisk社が進めており、将来的に脅威薬剤となる可能性には注意が必要とも。<6146> ディスコ 41480 +750大幅続伸。前日に第3四半期決算を発表。10-12月期営業益は304億円で前年同期比25.1%増となり、ほぼ市場予想線上での着地となった。出荷額は10-12月期773億円に対して、1-3月期のガイダンスは859億円で、こちらも想定の範囲内とみられる。ただ、足元の株価上昇を受けて想定内の決算から出尽くし感にマイナスに転じる場面もあったが、半導体需要の回復期待などから買い直される。<6920> レーザーテック 41530 +1650大幅反発。前日には蘭半導体製造装置大で露光装置最大手のASMLが決算を発表。10-12月期受注は91.9億ユーロとなり、前四半期の26億ユーロから大幅に増加している。市場予想の36億ユーロも大幅に上回り、株価は9.7%の急騰となっている。EUV露光用フォトマスク欠陥検査装置で圧倒的なシェアを占める同社にはポジティブな連想感が働く形に。日本電子なども同様に、ASMLの株高が材料視されている。<6594> ニデック 5712 -186大幅続落。前日に第3四半期決算を発表。10-12月期営業益は536億円で前年同期比では91.0%増と大幅増となったが、構造改革費用減の影響が大きく、前四半期の556億円からは減益に。市場予想もやや下回った。通期計画は従来の2200億円から1800億円に下方修正、e-Axle事業での構造改革費用計上が主因。同事業が前四半期比で赤字拡大となっていることもネガティブに捉えられた。<4684> オービック 23180 -1540大幅続落。前日に第3四半期決算を発表。10-12月期営業利益は181億円で前年同期比12.5%増、上半期の同15.2%増からやや増益率は鈍化したが、ほぼ想定通りの着地とみられる。また、年間配当金は従来計画の260円から300円に引き上げ、前期比では50円の増配となるが、利回り水準からみてインパクトは限定的。SI部門の増収率減速などもあって、出尽くし感からの利食い売りが先行。<3038> 神戸物産 3860 -129大幅反落。前日に12月の月次動向を発表している。経常損益が38.4億円の赤字になっていることがネガティブに捉えられている。為替予約に取り組んでいるが、12月末にかけ大きく円高に振れたことで時価評価損を計上しているもよう。ただ、一過性のものであり、その後の円安方向への推移から1月には大きく改善する見込みではあるようだ。なお、営業利益に関しては前年同月比23.3%増と高い成長が継続している。 <ST> 2024/01/25 15:35 本日の注目個別銘柄 不二製油G、イオン九州、GenkyDrugStoresなど <3659> ネクソン 2524.5 +166.5大幅続伸。ジェフリーズ証券では投資判断「バイ」を継続し、目標株価を3906円に引き上げた。23年度営業益は過去最高を更新する見込みの一方、株価は2年ぶりの安値圏で、魅力的なリスク・リターンの非対称性を示していると分析。中国や韓国の規制リスクに関しては、規制当局が無秩序な新ルールを打ち出す可能性も低いと思われるほか、同社ではMapleStoryの収益化の仕組みやアプローチを変更する可能性もと。<2918> わらべ日洋 2901 -114大幅反落。野村證券では投資判断を「バイ」から「ニュートラル」に、目標株価も3500円から3160円に引き下げた。国内新工場の建設及びオハイオ工場の稼働時期延期が発表され、当面の利益成長性が従来比で抑制されるとみて業績予想を下方修正した。国内で投資コストが先行する中、成長ドライバーと期待される海外で利益拡大局面が遅れると分析。26年2月期営業利益は従来予想の85.3億円から73.8億円に減額。<9267> GenkyDrugStores 6270 +480大幅反発。前日に業績予想の上方修正を発表した。上半期営業利益は従来予想の34.5億円から43.9億円に、、通期では70億円から83億円に引き上げた。売上高の上振れ、人件費コントロールによる販管費抑制などが背景。また、株主優待制度の変更も発表、商品券贈呈を廃止しクオカードに一本化する。500株以上の株主はこれまで商品券3000円、クオカード2000円であったが、クオカード3000円に変更。<1911> 住友林 4314 -335大幅反落。米住宅建設会社であるDRホートンが前日の株式市場で急落となっている。10-12月期受注高は67.9億ドルとなり、市場予想の68.3億ドルを下振れ。住宅ローン金利上昇の影響とみられ、販売奨励策を当面継続する方針を示唆しているもよう。前日の株価は9.2%の下落となっており、米国で住宅事業を手掛けている同社などにも、足元の環境悪化の影響波及が懸念されているようだ。<7875> 竹田iP 933 +63大幅反発。タイにおける子会社の設立を前日に発表している。顧客のグローバル生産体制に対応するためタイに新会社を設立、顧客ニーズに応えるための供給体制を整えて同国におけるパッケージ事業の拡大を図っていくとしている。新会社はグループとして同国における3社目の設立となるようだ。直近高値からの調整一巡感も強まっていた中、積極的な事業拡充策を評価した押し目買いの動きが優勢になっている。<2653> イオン九州 2909 +240大幅続伸。前日に業績・配当予想の上方修正を発表している。24年2月期営業利益は従来予想の79億円から104億円、前期単独比24.8%増に引き上げ。直近の12月度、最大商戦となる年末年始期間においても既存店売上高が引き続き好調に推移、セルフレジや電子棚札、省力化什器等の導入による生産性向上などが上振れの背景に。年間配当金は従来計画の28円から、特別配、記念配含めて50円にまで引き上げている。<5189> 桜ゴム 2582 +500ストップ高比例配分。前日に24年3月期の業績上方修正を発表している。営業利益は従来予想の3.1億円から6.6億円、前期比55.3%増に引き上げ。消防・防災事業において第1四半期に資機材販売の大口案件があったほか、航空・宇宙、工業用品事業においても航空・宇宙部門の補用品販売などが伸長したもよう。また、業績上振れに伴い、年間配当金も従来計画の25円から50円、実質前期比25円増に引き上げている。<2607> 不二製油G 2240 -261.5急落で下落率トップ。前日に24年3月期における特別損失の発生を発表している。米ブラマー社において、買収時に想定していた事業計画を下回って推移する見通しとなったことから、のれんの追加的な償却費及び有形固定資産の減損損失を特別損失に計上するとしている。それに伴い、通期最終利益は従来予想の160億円から65億円にまで下方修正。米国事業の展開に対する先行き不透明感にもつながっているようだ。<3498> 霞ヶ関キャピタル 11130 +640大幅続伸。大和証券では投資判断「1」を継続、目標株価を12500円から15600円にまで引き上げ。投資目的での公募増資も実施され、次期中計においても高い利益成長が続く可能性が高まってきたと判断、適正バリュエーションを引き上げた。 10月の本決算発表時には、営業益計画200億円以上の25年8月期計画が発表されると予想されるほか、あらためて25年8月期を1年目とする新中計が発表される可能性も。<8306> 三菱UFJ 1384 +69大幅続伸。本日、銀行株は逆行高の展開となった。前日にかけて日銀金融政策決定会合が開催され、市場想定通りに金融緩和政策の据え置きが決定された。展望レポートや日銀総裁会見にも大きなサプライズはなかった印象だが、国内債券市場で長期金利は0.7%台にまで上昇、およそ1カ月ぶりの高水準をつけた。少なくても3月会合での政策修正を否定する状況にならなかったことで、あらためて今後の政策修正を意識する動きへ。 <ST> 2024/01/24 15:29 本日の注目個別銘柄 ブラス、LIXIL、T&KTOKAなど <9433> KDDI 4991 -79大幅反落。京セラ社長のインタビュー報道が伝わっており、政策保有する同社株について秋にも具体的な活用策を示す方針を明らかにしている。一部の売却も視野に入れ、銀行借り入れの担保にするとしていた従来方針を見直すようだ。京セラは時価で約1.7兆円分の同社株を保有しており、これまで機関投資家などが問題視していたようだ。今後の需給悪化につながる可能性なども警戒し、利食い売りの動きも先行しているとみられる。<2914> JT 3814 +13続伸。UBS証券では投資判断「バイ」、目標株価4340円でカバレッジを開始している。紙巻きたばこでのシェア拡大により強いトップラインを堅持、EBIT成長率は25年度にかけて加速するとみている。また、キャッシュフローの改善に伴い、24年12月期には10%の増配、1500億円の自社株買いが実施可能と判断しているようだ。25年12月期EPSは市場コンセンサスを15%上回るとみているもよう。<5938> LIXIL 1978 +94.5大幅続伸。10-12月期決算において、過去の子会社売却に関連し48億円の損失を計上すると発表。20年9月売却のイタリア建材子会社ペルマスティリーザについて、買い主から最大1億ユーロの資金返還を受ける契約を結んでいたが、欧州経済低迷などで返還額が想定を下回ったもよう。一方、同時に第3四半期の業績見込み額も発表したが、継続事業の10-12月期営業益は193億円で、市場想定を上振れる水準とみられる。<2229> カルビー 3025 +100.5大幅反発。野村證券では投資判断「バイ」を継続し、目標株価を3400円から3500円に引き上げた。同社ではSKU別損益を可視化するシステムの構築を図っており、既存商品の柔軟な価格設定、新商品の上市にも活かしていく。25年3月期にはレギュラーポテトチップス以外の差別化商品を値上げする可能性があるとし注目している。また、スナック販売好調な国内事業を牽引役に、持続的な業績成長が続くと分析している。<3498> 霞ヶ関キャピタル 10490 +10小反発。前日に明らかになった変更報告書によると、レオスキャピタルの保有比率がこれまでの5.76%から8.19%にまで上昇していることが明らかになっている。保有目的は「投資一任契約」及び「投資信託委託契約」に基づく純投資としている。中小型株投資で実績が高いファンドと捉えられており、先高期待が一段と高まる状況になっているもようだ。なお、本日は中小型グロース株が強い動きとなっていることも支援に。<4636> T&KTOKA 1406 -70大幅続落。ベインキャピタル系ファンドが1月23日よりTOBを開始すると発表、TOB価格は1410円で、買い付け期間は3月6日まで。同社では賛同の意見を表明した。昨年8月に1株1400円でTOB方針は示されていたが、買収条件も満たされたことで、正式発表の形となった。TOB価格がPBR1倍水準を大きく下回っていたことで、TOB価格の引き上げ期待が高まっていた中、引き上げ幅は小幅にとどまる格好に。<3992> ニーズウェル 773 +30大幅続伸。エフ・エスソフトウエア開発との業務提携を前日に発表している。エフ・エスソフトウエア開発は、主に金融、証券、生損保、通信、製造業等の基幹システムの開発を中心に事業を展開している企業。これまでもコアパートナー企業として協業を進めていたが、今後は、顧客基盤のさらなる拡大、技術者不足への対応といった互いのニーズを満たすべく、今回の業務提携に至ったもよう。<6230> SANEI 4270 +700ストップ高比例配分。前日に24年3月期の業績上方修正を発表している。営業利益は従来予想の13.5億円から18億円、前期比98.7%増に引き上げ。高機能・高付加価値製品の売上が増加したほか、生産の効率化への取り組みなども奏効して、利益率が想定以上に高まっているもよう。上半期が上振れ決算となったことで、上方修正期待はあったとみられるが、上方修正に伴う業績変化率の大きさがインパクトにつながる形へ。<3896> 阿波製紙 503 -100ストップ安比例配分。前日に業績予想の下方修正を発表している。24年3月期通期営業利益は従来予想の4.8億円から2.5億円、前期比33.5%減と、一転2ケタ減益見通しに引き下げ。主に水処理関連資材において、中国経済の低迷とそれに伴う年度末に向けた在庫調整により、売上高が想定を大きく下回る見通しとなったようだ。上半期業績から下振れ懸念はあったとみられるが、修正幅の大きさがネガティブインパクトに。<2424> ブラス 741 +46大幅続伸で一時はストップ高まで。株主優待制度の変更を発表している。これまで200株以上500株未満の株主には、クオカード1000円分を贈呈していたが、中間期末より、クオカード500円分と自社ギフト1000円分を贈呈、実質拡充となる形に。また、連結子会社ビーファミリーを設立し、結婚相談所事業に参入するとも発表している。IBJの加盟店として3月からのサービス開始を予定しているようだ。 <ST> 2024/01/23 15:26 本日の注目個別銘柄 ジャパンエン、ウエストHD、日本エコシステムなど <6178> 日本郵政 1391.5 +52大幅反発。モルガン・スタンレーMUFG証券では投資判断を「イコールウェイト」から「オーバーウェイト」に、目標株価も1230円から2200円に引き上げ。郵便事業の値上げ効果を新たに織り込み業績予想を上方修正、株主価値を引き上げているようだ。また、今後の注目カタリストとして、5月に公表予定のPBR1倍割れ是正のためのアクションプラン、ゆうちょ銀行の持分比率引き下げに伴うキャッシュインなどを挙げる。<3932> アカツキ 2647 +202大幅続伸。東海東京証券では投資判断「アウトパフォーム」、目標株価3300円で新規カバレッジを開始した。4年間で200億円を投じ開発力向上に取り組むことを評価、資本業務提携を行ったソニーグループなどの有力IPを活用した新規タイトル投入が期待されるとしている。また、株価指標の割安感、24年秋放送予定の「ドラゴンボール」新アニメ効果などにも注目のもよう。今第4四半期からの収益復調を予想としている。<1407> ウエストHD 3330 +325急伸。SMBC日興証券では投資判断「1」を継続し、目標株価を4700円から4790円に引き上げている。第1四半期実績を踏まえて産業用太陽光請負事業及びウエストFIT事業の粗利益率想定を引き上げ、業績予想を上方修正している。24年8月期営業利益は従来の118億円から137億円、前期比61.6%増に、25年8月期は155億円から186億円、同35.4%増にそれぞれ上方修正しているようだ。 <6016> ジャパンエン 8810 +990急伸。売上高300億円以下の中堅上場企業「NEXT Company」を対象とした株式時価総額の2023年増加率ランキングが一部で紹介された。同社は増加率が5.8倍で、ランキング第1位に。脱炭素につながる新型エンジンに注目する投資マネーが流入したもよう。アンモニアと重油を混ぜた燃料で船舶エンジンを動かす試験に成功しており、このような新型エンジンは有望な商談が多く出てきているとのコメントも伝わる。<8707> 岩井コスモ 2057 +126大幅反発。第3四半期決算速報値を先週末に発表している。経常利益は55.7億円で前年同期比43.5%増となったもよう。上半期は同39.4%増であったため、増益率は一段と拡大する状況になっている。米国株式収益の増加を主因とした営業収益の拡大が好業績の背景となっているようだ。10-12月期は四半期ベースで45四半期連続の黒字となっているもよう。ストレートに好業績を評価する動きが先行。<5105> TOYO 2355 +135大幅反発。品質管理基準に満たないゴム製自動車部品をホンダに納品した疑いがあると一部で報じられ、先週末は一時19%安と急落する展開になっていた。ただ、会社側では「そのような事実はない」とのコメントを発表し、ホンダでも、「事実確認を行い、現在販売している『N-BOX』向けの部品について品質不具合はないと認識している」としている。これに伴い、買い戻しの動きが急がれる展開ともなっているようだ。<5423> 東製鉄 1760 +21大幅反発。先週末に第3四半期決算を発表、10-12月期営業利益は86億円で前年同期比31.3%減となり、従来予想の75億円は上振れた。つれて、通期予想は365億円から375億円に上方修正した。出荷減少やスプレッド悪化がマイナス要因となる一方、エネルギーコストなどの値下がりが上振れ要因のようだ。また、上限55万株、10億円の自社株買いを発表も、修正幅が限定的で伸び悩む展開に。<6146> ディスコ 41070 +230伸び悩み。第3四半期累計営業利益が770億円程度となり、従来予想を40億円近く上振れとの観測報道が伝わった。前年同期791億円に迫る水準に。AIやEV向けの半導体製造装置需要が旺盛、単価上昇や円安も寄与のようだ。10-12月期は前年同期比3割増の約320億円となり、市場予想の308億円も上回ったとされる。本日は半導体株高の流れは支援だが、ここまでの株価上昇から当面の出尽くし感が強まる展開に。<2411> ゲンダイAG 365 -36大幅反落。先週末に第3四半期決算を発表、累計営業利益は2.4億円で前年同期比30.2%減となり、通期予想は従来の5億円から2.8億円、前期比30.3%減に下方修正している。23年10月より施行されたステルスマーケティング規制により、多くのパチンコホールがインフルエンサーなどを活用したインターネット広告を見合わせており、マージンの高いインフルエンサー広告が減少しているもよう。<9249> 日本エコシステム 2084 +400ストップ高比例配分。株主優待制度を新設すると発表している。2024年以降、毎年3月末、9月末に200株以上保有する株主を対象に、15000円分のクオカードを贈呈する。年間では3万円分となり、先週末終値に対する優待利回りは8.9%となる。優待・配当利回りは12%の水準となる。流通株式時価総額、及び、流通株式比率の向上など、上場維持基準の適合に向けた取組みの一つとしている。 <ST> 2024/01/22 15:27 本日の注目個別銘柄 アセンテック、泉州電業、アルデなど <8035> 東エレク 28230 +1605大幅続伸。投資判断引き上げのアップルの上昇、TSMCの好決算などを受けて米SOX指数は3%超の上昇となっており、同社など半導体関連株は買い優勢の展開に。注目されたTSMCの決算だが、10-12月期純利益は2387億台湾ドルで市場予想を100億台湾ドル超上回り、1-3月期売上高は180-188億ドルのレンジ予想で、中心値は市場予想の182億ドルを上回っている。<1928> 積水ハウス 3390 +84大幅反発。米国の住宅会社M.D.C.HDを約49億ドルで買収すると発表している。同社のM&Aでは過去最高額となるもよう。今回の買収によって、業界内では全米5位に相当する大手の一角となるようだ。買収資金は金融機関からの借り入れで賄い、中間期末までの買収完了を目指している。目先の自社株買い期待などは後退する方向だが、成長市場に対しての積極展開を評価する動きが先行する形に。<3923> ラクス 2366.5 +162大幅反発。足元では中小型グロース株安の流れに押される展開となっていたが、本日は米グロース株の強い動きなどを支援に、関連銘柄が総じて反発する状況となっている。中小型グロースの代表格と位置付けられる同社にも押し目買いの動きが優勢に。また、前日には12月の月次動向を発表、全社売上高は前年同月比43.2%増と順調な拡大が確認されており、買い材料につながってもいるようだ。<4680> ラウンドワン 646 +29大幅反発。ジェフリーズ証券では投資判断を「バイ」に格上げ、目標株価も610円から770円に引き上げている。日本ではギガクレーンの設置が成長を牽引する可能性、米国では差別化と台数増加の加速により強いアップサイドの可能性があると判断しているもよう。PERはセクターの中央値17倍に対し10.6倍で取引されており、バリュエーションも魅力的と指摘している。<9824> 泉州電業 3690 +445急伸。岩井コスモ証券では投資判断を「B+」から「A」に格上げ、目標株価も4100円から4800円に引き上げている。23年10月期は中計目標を2年前倒しで達成、シリコンサイクルの谷間を抜けたことや都市部再開発などの建設需要など高水準の需要が見込めるため、新中計の目標達成も可能としている。PER水準や配当利回り水準は魅力で、自社株買いの可能性もあるとし、投資妙味は高いと判断しているようだ。<3221> ヨシックス 3025 +194大幅続伸。前日に発表した12月の月次動向が買い材料視されているもよう。全店売上高は前年同月比30.5%増、既存店売上高は同22.8%増となっている。既存店売上高は10月、11月と1ケタの伸びに鈍化していたが、12月は3カ月ぶりに2割強の成長に回帰する形となっている。ここ2カ月間は月次発表後に売りが優勢の展開となっていたため、ポジティブなインパクトが強まる状況のもよう。<6794> フォスター電 1112 +86大幅続伸。いちよし証券ではレーティングを新規に「A」、フェアバリューを2000円とした。車載用スピーカで世界シェア3割程度のトップ企業であるが、グローバル製造体制、顧客ニーズへの対応力、製品クオリティなどでアドバンテージがあり、今後は強みを活かした展開が期待できると評価している。会社側では24年3月期営業利益を40億円、前期比63.6%増に上方修正しているが、いちよし証券では45億円と予想。<5541> 大平洋金 1208 +59大幅反発。投資有価証券売却益の計上を発表。保有する上場有価証券1銘柄を売却し、売却益10億9900万円が1月に発生、24年3月期第4四半期に特別利益として計上する。コーポレートガバナンス・コードに基づく政策保有株式の見直し、財務体質の強化及び資産の効率化を図ることを売却目的としている。株価が安値圏で推移している中、最終赤字幅の縮小につながること、資産効率の改善をポジティブに捉える動きが優勢に。<8925> アルデ 312 -32大幅反落。前日に、中期5カ年計画の取り下げ、年間配当20円を計画していた配当方針の見直し予定を発表している。特設注意市場銘柄の指定を受けるにいたった原因究明及び再発防止策の策定・実行への注力、現時点までの業績進捗や今後の先行き不透明感などから、経営計画などの達成は困難であると判断しているもよう。また、改善計画書の検討・ドラフトの策定も、当初予定の1月中旬から下旬に延期するとしている。<3565> アセンテック 573 +80ストップ高。前日に24年1月期の増配を発表している。期末配当金は従来計画の7円から10円に引き上げ、前期比でも3円の増配となる。20%を目標としていた配当性向を30%に引き上げ、株主還元のさらなる充実を図るとしている。また、ハイブリッド勤務の定着、サイバーセキュリティ対策の重要性の高まりから同社製品の需要は引続き堅調で、今期末の受注残高が過去最高金額となる見通しともしている。 <ST> 2024/01/19 15:28 本日の注目個別銘柄 さくら、新日科学、日コンクリなど <7203> トヨタ自 2931.5 +75大幅続伸。本日は輸送用機器が業種別上昇率のトップに。為替市場で円安が進んでいることが背景。前日のNY為替市場では1ドル148円台半ばにまで一時ドル高円安が進行、昨年11月以来の水準にまで上昇した。ウォラーFRB理事の利下げ慎重発言が引き続き意識されているほか、米小売売上高の上振れなどもあって、米利下げ開始タイミングがずれ込むとの見方が強まり、米10年債利回りは一時4.12%台にまで上昇した。<6857> アドバンテス 5351 +189大幅続伸。大和証券では投資判断を「3」から「2」に、目標株価も2750円から6000円に引き上げた。生成AI市場の立ち上がりを追い風としたDRAMテスタとSoCテスタの需要回復が今後の期待材料と。かつてAI機能を活用した顔認証機能がスマホやPCに搭載された時もテスタ需要が伸びており、こうした期待は業績予想に十分に織り込まれていないと判断。25年3月期営業利益は62%増の1360億円を予想。<3778> さくら 3595 -700ストップ安。8日ぶりの大幅反落となった。新規の悪材料は観測されていないものの、足元での株価急騰に過熱警戒感が強まり、利食い売りの動きが一斉に集まる展開とみられる。政府クラウドの提供事業者への選定、米エヌビディアとの連携期待などから、本日高値は株価上昇前の11月27日比で3.8倍高に、年初来でも2倍を上回る株価上昇となっている。なお、年初から前日までの株価上昇率は全市場でトップともなっていた。<2395> 新日科学 1721 -239一時ストップ安。米子会社Satsumaの経鼻偏頭痛薬STS101の新薬承認申請に対し、FDAから審査完了報告通知(CRL)を受領したと発表。CRLは承認申請審査が完了した時点で、現在の申請内容では承認に至らない場合にFDAより発行されるもの。主として製剤関連について追加の指摘事項があったもよう。今後、FDAと早期に協議のうえ、本剤の新薬承認の再申請を検討していく。失望売りが先行する形に。<6254> 野村マイクロ 13340 -1200大幅続落。韓国が超純水の国産化に成功し、早ければ8月にも半導体工場で初めて使われることになると報じられている。超純水は半導体製造工程で必須となるが、これまでは、韓国がウエハーを初めて生産した1983年から51年間にわたり日本から輸入してきたようだ。この分野では同社や栗田工業が世界を掌握していたが、今後は韓国向けの輸出減少や競争激化が想定される形にも。<2311> エプコ 1023 +84大幅続伸。23年12月期純利益は前期比7割増の約6億円になった公算が大きいとの観測報道が伝わっている。同15%減の3億600万円を見込んでいたが、一転増益になったようだとされている。持分法適用会社のTEPCOホームテックが手掛ける戸建て住宅向けの太陽光パネル設置工事が想定より好調に推移し、株式売却益も寄与するようだ。会社側では現在精査中であるものの、概ね報道に近い数値を見込んでいるとしている。<2305> スタジオアリス 2075 -55大幅続落。前日に24年2月期の業績下方修正を発表。営業利益は従来予想の41.3億円から20億円にまで引き下げた。コロナ禍で新規の赤ちゃん撮影が減少したことに伴うリピート顧客の七五三撮影の減少、急激な出生数の減少などで撮影件数が伸び悩んでいるもよう。第3四半期までの状況から下振れは想定されていたが、修正幅の大きさがネガティブインパクトに。なお、12月売上高も5カ月連続で前年割れに。<2792> ハニーズHD 1642 +42大幅反発。一部で特集記事が掲載されており、買い材料視される展開になっているようだ。ミャンマーの自社工場が生み出す価格競争力を原動力に23年5月期純利益は16期ぶりに過去最高を記録するなど、再び成長軌道を鮮明にしているなどと伝わっている。ミャンマーでの生産比率向上に伴い、上半期売上高総利益率は61.4%と、ファーストリテイリングなどを上回りアパレルでトップ水準を達成しているもよう。<5269> 日コンクリ 477 +47急伸。前日に上半期決算を発表。営業利益は12.7億円で前年同期0.4億円から急回復した。1月11日に従来予想の6.5億円から12.5億円に上方修正しており、通期予想も当時上方修正した水準の19億円を据え置いているため、サプライズは乏しい。ただ、直近で信用取組状況に厚みが出ていた中、出尽くし感が先行しなかったことで買い戻しが活発化したとみられる。低PBR水準などへの関心も高いようだ。<3909> ショーケース 378 +80ストップ高比例配分。JCBの「全社向けポータルサイト」がAIチャットボットサービス「おもてなしSuite CX」を導入したと発表している。「おもてなしSUITE」とは、マーケティング活動から社内のQ&Aまで幅広い領域を対応できる機能を搭載したAIチャットボット・有人チャット機能や、マウス操作1つで作成できるフォーム機能を提供するもの。今回の導入実績を受けた今後の展開力に期待が高まる形に。 <ST> 2024/01/18 15:27 本日の注目個別銘柄 松尾電機、さくら、ヤマエグループHDなど <6969> 松尾電機 651 +100ストップ高。前日に中期経営計画を発表しており、買い材料につながっているようだ。27年3月期の数値目標として、売上高60億円、営業利益8億円、ROE12%等を掲げている。24年3月期計画は売上高48億円、営業利益5.5億円であり、順調な業績成長を見込む形に。CASE対応自動車の需要拡大に対応して、車載用製品の販売網を拡大していく方針。また、中計期間中に復配を目指すともしている。<3778> さくら 4295 +700ストップ高。政府クラウド提供事業者への選定、米エヌビディアとの連携期待などから、ここ1カ月で株価は倍化したが、本日も上値追いの動きを一段と強めた。高知工科大学、シティネット、近畿大学、東京大学、他と共同でBeyond 5G MECに関するプラットフォームを開発、ブレインズテクノロジーとデータセンターにおける日常点検をAIで自動化するための実証実験を開始などと前日に発表、追加の期待材料に。<7130> ヤマエグループHD 3560 -695急落。400万株の公募増資、並びに、60万株を上限とするオーバーアロットメントによる売出を実施すると発表している。発行済み株式数は最大で19.4%の増加となる。株式価値の希薄化をネガティブ視する動きが優勢に。調達資金は、コンフェックスHDの株式取得に係る借入金の一部返済資金、筑後工場及び筑後共配センターの移転及び拡張に係る設立のための設備投資資金に充当するもよう。<2459> アウン 264 +36急騰。シンガポールのGLOBAL ANGLE社と業務提携契約を締結したと発表。GLOBAL ANGLE社は、世界70カ国以上に200人以上の調査員を配置し、リサーチや海外事業サポート、グローバル人材事業を展開。今回の提携により、同社のグローバルデジタルマーケティングサービスにおいて、ユーザーが事業展開する市場でのより的確な情報提供と、現地に精通する人材によるサービス運用が可能になるという。<7561> ハークスレイ 974 +89急伸。前日に24年3月期の増配を発表している。期末配当金は従来計画の9円から15円に引き上げ、年間配当金は前期比6円増の24円にするとしている。連結配当性向20%程度の利益配分を基本方針としているなか、12月に上方修正を行っていることが背景となるようだ。前日終値ベースでの配当利回りは2.7%の水準となる。<6327> 北川精機 702 -91急落。第三者割当による新株予約権の発行を発表している。潜在株式数は100万株となり、発行済み株式数の13.07%に当たる。潜在的な株式価値の希薄化をネガティブ視する動きが優勢に。調達資金は、新製品の研究開発と成長市場開拓への投資、生産体制強化の珠音御設備投資などに充当するもよう。なお、同時に業績予想を上方修正しているものの、第1四半期の状況からポジティブなインパクトは限定的なようだ。<6962> 大真空 941 +58大幅反発。東海東京証券では投資判断を「ニュートラル」から「アウトパフォーム」に格上げ、目標株価も700円から1050円に引き上げている。10月以降の中国スマホ市場の顕著な回復、加高電子の月次売上前年比が9月以降2ケタ増を続けていることなどから、24年3月期営業利益を20億円と予想、会社計画の15億円を上回るとみている。25年3月期は3割の増益を予想しているようだ。<5801> 古河電工 2423 +100大幅反発。社長インタビュー報道が伝わっており、24年3月期の最終損益は従来予想のトントンから小幅に上振れする公算が大きいと明らかにしている。ワイヤハーネスなど自動車関連製品や機能製品の出荷が拡大するようだ。上半期最終損益は41億円の赤字で、同期間として12年ぶりの赤字に転落し、通期見通しは130億円からゼロに引き下げていた。過度な収益悪化への警戒感はやや後退する格好に。<6920> レーザーテック 36130 +1430大幅反発。連休明けの米国市場では、長期金利の上昇などを受けて主要指数は下落したものの、SOX指数は1.3%高と堅調な推移になっており、東京市場でも半導体関連に関心が向かう展開となっている。バークレイズ証券ではAMDの目標株価を120ドルから200ドルに引き上げており、AMDの株価は8.3%高と急伸し21年12月以来の高値水準となっている。エヌビディアの強い動きも目立っていた。<3593> ホギメディ 3260 -245大幅続落。前日に第3四半期決算を発表、累計営業利益は34.9億円で前年同期比31.1%減となり、上半期実績の同25.4%減から減益幅は拡大している。つれて、通期予想は従来の47.2億円から40.4億円、前期比39.1%減に下方修正。キット製品の販売数量が想定よりも減少、売上不足による工場の稼働不足や円安の影響などにより原価率が上昇していることが背景のようだ。 <ST> 2024/01/17 15:19 本日の注目個別銘柄 古野電気、テラスカイ、串カツ田中など <2337> いちご 357 +25大幅続伸。発行済み株式数の2.7%に当たる1200万株、30億円を上限とする自己株式の取得実施を発表している。取得期間は1月16日から7月16日まで。市場価格および財務状況等を総合的に勘案し、株主利益の向上を図るために実施するものとしている。自己株式の取得は7期連続で今期は2回目の実施となる。1月にかけ自社株買いを上限まで実施したばかりであり、同社の株主還元策に対する評価がより高まる形にも。<7388> FPパートナー 4980 -430大幅反落。前日に23年11月期決算を発表、営業益は55.5億円で前年同期比45.2%増となり、従来計画に沿った水準で着地。24年11月期も67.3億円で同21.1%増と高い利益成長を見込む。契約譲受ビジネス、マネードクタープレミアム事業の拡大などを見込んでいる。好決算ではあるものの、今期見通しはほぼ市場予想通りでサプライズが限定的、足元の株価が高値圏で推移していたことから出尽くし感が優勢に。<6814> 古野電気 2154 +264急伸。前日に第3四半期決算を発表、累計営業利益は64.3億円で前年同期比4.9倍の水準となり、通期予想は従来の50億円から60億円、前期比3.9倍に上方修正している。上半期決算時に続く上方修正となる。部材調達環境の良化による生産状況の改善、収益改善に向けた取り組み効果の表面化、為替レートの円安推移などが上振れ要因となる。一段の上振れ期待も残り、ストレートに好決算を評価する動きへ。<1887> 日本国土開発 561 -60大幅反落。前日に上半期決算を発表、営業損益78.8億円の赤字で、前年同期比89億円の損益悪化となった。つれて、通期予想は従来計画の65億円の黒字から一転、56億円の赤字見通しに下方修正した。特定大型造成現場で工程遅延回避のための突貫工事を実施し、その他追加費用も発生したことで、工事損失引当金繰入額などの損失を追加計上する。年間配当金も従来計画の26円から22円に引き下げた。<7420> 佐鳥電機 2376 +166大幅続伸。前日に上半期の決算を発表、営業利益は26.8億円で前年同期比3.5%増となり、通期予想は従来の34億円から47億円、前期比24.0%増に上方修正している。インド市場の好調、車載向け半導体の需要増、円安のプラス影響などが上振れの背景となっているようだ。年間配当金も従来計画の70円から80円に引き上げている。一転しての大幅営業増益への上方修正にポジティブな評価が先行へ。<3915> テラスカイ 1530 -217急落。前日に第3四半期の決算を発表、累計営業利益は2.8億円で前年同期比39.4%減となり、通期予想は従来の11億円から4.7億円、前期比8.9%減に下方修正している。自社サービス「mitoco X」リリースのための費用発生、人員関連費や販促費の増加、複数の子会社の収益下振れなどが背景に。上半期までの状況から業績下振れは警戒されていたとみられるが、下方修正幅の大きさをマイナス視する動きが優勢。<6047> Gunosy 776 +50大幅反発。前日に上半期決算を発表。営業損益は2億円の赤字で前年同期比0.4億円の損益悪化に。9-11月期も赤字が継続する形になった。一方、通期予想は従来の5億円の赤字から2.6億円の赤字に上方修正。売上高は下振れ見込みだが、広告宣伝投資の抑制、機動的なコスト削減実施の効果などを見込む。持分法損益悪化で経常損益などは下方修正だが、本業ベースでの下振れ懸念などは後退し、安心感につながったようだ。<3547> 串カツ田中 1837 +162大幅続伸。前日に23年11月期決算を発表、営業利益は7.6億円で前年同期比9.3億円の損益改善となり、従来予想の6.8億円も上振れた。24年11月期は8.7億円で同13.9%増と2ケタ増益の見通し。出店効果や新事業の開始などによる売上増を見込むほか、価格改定効果などによって利益率の改善も想定しているようだ。長期的な株価低迷が続いていたなか、収益回復基調の鮮明化を確認で見直しの動きが強まる。<3440> 日創プ 894 +150ストップ高比例配分。前日に第1四半期の決算を発表、営業利益は3.4億円で前年同期比2.4倍となり、上半期計画は従来予想の2.8億円から8億円、同2.4倍に、通期では5億円から11.8億円、前期比3.8倍に、それぞれ上方修正している。複数の高収益案件の計上、生産コスト上昇の一服感、新規子会社の増益寄与などが上振れ要因に。修正幅の大きさがポジティブなインパクトにつながる形へ。<4197> アスマーク 2288 +400ストップ高比例配分。前日に23年11月期決算を発表、営業利益は3.2億円で前期比1.9%減となり、従来予想の3.1億円をやや上回った。一方、24年11月期は3.6億円で同13.6%増と2ケタ増益を見込む。リサーチ事業の着実な成長に加え、HRテック事業の拡大を想定しているようだ。また、24年11月期は年間72円の初配当実施を計画、期待以上の配当計画がサプライズにもつながったもよう。 <ST> 2024/01/16 15:35 本日の注目個別銘柄 マネーフォワード、SHIFT、エスプールなど <9107> 川崎船 7121 +624大幅続伸。海運株が強い動きに。上海発のコンテナ船スポット運賃であるSCFIは先週末に2206.03となり、前週末比で16%強の上昇と上昇率は再加速する形に。また、年間等の契約運賃が反映されている中国発のコンテナ船運賃であるCCFIも、これまではSCFIと比較して上昇が目立っていなかったが、先週末は1140.31で前週末比21%強の上昇に。コンテナ運賃の上昇基調がより鮮明化と捉えられたようだ。<2651> ローソン 7951 +558大幅反発。先週末に第3四半期決算を発表、事業利益は222億円で前年同期比17.2%増となり、市場予想を40億円程度上振れる形になっている。上半期決算時に続いて通期予想を上方修正、事業利益は従来の850億円から880億円、前期比36.8%増に引き上げている。こちらはコンセンサスを70億円程度上回る水準。国内コンビニ事業の収益拡大が牽引役となっている。<6532> ベイカレント 3920 -672一時ストップ安。先週末に第3四半期決算を発表、累計営業益は242億円で前年同期比15.8%増となった。据え置きの通期計画355億円に対する進捗率は68.2%にとどまった。9-11月期は87億円で前年同期比4.8%増と伸び率は鈍化へ。ポテンシャル採用で入社した未経験者の増加により、コンサルティングフィーの水準が低下した。グロース株の代表格と位置付けられる中、収益成長鈍化にネガティブ反応強まる。<3697> SHIFT 28090 -7000ストップ安。先週末に第1四半期決算を発表、営業益は18.2億円で前年同期比0.4%増となった。上半期予想レンジ下限値である46億円に対する進捗率は39.5%にとどまった。前四半期比では45.5%の減少に。成長に向けた人的投資および体制強化など積極投資を行ったことで、利益率が低下する状況となった。高い成長期待から高バリュエーション水準にあるため、収益成長鈍化に対するネガティブ反応は強いようだ。<3994> マネーフォワード 5196 +700ストップ高。前日に23年11月期決算を発表、売上高は304億円で前期比41.5%増、SaaS ARRは231億円で同42.0%増となり、従来予想レンジの上限レベルでの着地に。24年11月期ガイダンスは、売上高が395-420億円、SaaS ARRは300-316億円のレンジ予想と、それぞれ約3割の伸びを見込む。売上高はレンジ下限水準が市場予想を上回り、高い成長性があらためて見直される形に。<4443> Sansan 1430 -66大幅反落。先週末に上半期決算を発表、累計営業利益は3.1億円で前年同期比3.8億円の損益改善となったが、9-11月期は1.9億円で同1.5%の減益となった。株式報酬関連費用が増加したことが背景。また、第2四半期の調整後営業利益は3.8億円で同0.8億円の増加となったが、第1四半期は同3.7億円の増加であったため、9-11月期の伸びは鈍化している状況。割高感への意識も強い中で、売り圧力が優勢に。<8237> 松屋 1107 +145急騰。先週末に第3四半期決算を発表、営業利益は20.8億円で、前年同期比25.3億円の損益改善となっている。また、通期予想は従来の17億円から23億円、前期比6.6倍の水準に上方修正している。国内顧客による売上高が堅調に推移したことに加え、訪日外国人の増加に伴い免税売上高が想定以上に拡大しているもよう。上振れ期待は高かったとみられるが、想定以上の収益拡大で見直しの動きが強まる展開に。<2471> エスプール 341 -80ストップ安。先週末に23年11月期決算を発表。営業利益は26.2億円で前年同期比15.4%減となり、従来計画の36.2億円を大きく下回った。人材ソリューション事業において、コールセンター派遣の売上がコロナ関連業務の反動減の影響で大きく減少したもよう。24年11月期は27.5億円で同5.1%増を見込むが、従来の前期予想を大きく下回る水準であり、短期的な収益成長鈍化をネガティブに捉える動きへ。<6506> 安川電 6065 -6小反落。先週末に第3四半期決算を発表、9-11月期営業利益は135億円で前年同期比20.1%減となり、約160億円の市場予想を下回る。7-9月期水準166億円も下振れ。会社側通期計画では12-2月期営業利益水準235億円が必要となり、下振れ懸念が先行した。9-11月期受注高はコンセンサスをやや上回り、12-2月期は前四半期比増加を見込むも、株価も高値圏にあり、足元の収益水準下振れが嫌気された。<3073> DDグループ 1410 +160急伸。前日に第3四半期決算を発表、累計営業利益は23.1億円で前年同期比25.9億円の損益改善となっている。上半期決算時に上方修正した通期予想29.5億円に対する進捗率も78.2%にまで達している。新型コロナウイルスの影響が弱まり、主力の飲食事業が大幅な増収増益となっている。上半期決算後に株価が大幅安となり、現在安値圏での推移となっていたことからも、見直しの動きが進んでいるもようだ。 <ST> 2024/01/15 15:58 本日の注目個別銘柄 ディップ、三光合成、日コンクリなど <3382> 7&iHD 5702 -155大幅反落。前日に第3四半期決算を発表、9-11月期営業利益は1689億円で前年同期比5.5%増となり、ほぼ市場コンセンサス水準での着地となっている。通期予想の5250億円、前期比3.6%増は据え置き、国内コンビニを増額した一方で、海外コンビニを減額のもよう。米国コンビニ事業の先行き環境悪化懸念が拭い切れない中、サプライズの乏しい決算を受けて、換金売りが優勢の展開になっているようだ。<9983> ファーストリテ 38940 +2320大幅続伸。前日に第1四半期決算を発表、事業利益は1414億円で前年同期比22.7%増となり、市場予想をやや上回る着地になっている。国内ユニクロ事業における粗利率改善や販管費の抑制などが想定以上であったとみられる。12月の暖冬の影響が懸念されるものの、会社側では、欧米の復調から上期計画は達成可能ともコメントしているようだ。販管費などコストコントロールの高さを評価する動きが優勢に。<8016> オンワードHD 544 +36大幅反発。前日に第3四半期決算を発表、累計営業利益は97億円で前年同期比2.2倍となっている。上半期までの推移から大幅増益決算に大きなサプライズはないものの、最需要期である9-11月期の好調推移確認で、買い安心感がより強まる形になっているようだ。国内アパレル関連の好調が牽引役。また、年間配当金は従来計画の17円から18円、前期比6円増に引き上げている。<2379> ディップ 2535 -700ストップ安。前日に第3四半期の決算を発表、営業利益は98.2億円で前年同期比3.4%増となったが、通期予想は従来の145億円から119億円、前期比3.1%増に下方修正している。コールセンター・事務領域の求人広告市場の急速な悪化で人材会社向け売上が減少、飲食領域でも市場回復ペースが想定よりも緩やかにとどまっているもよう。成長期待の後退に伴いバリュエーションの割高感なども意識される展開に。<7888> 三光合成 616 +100ストップ高。前日に上半期決算を発表、営業利益は20.4億円で前年同期比24.2%増となり、第1四半期の3.8億円、同43.4%減からは急回復する状況となった。9-11月期は日本セグメントの拡大継続に加え、北米やアジアの収益回復が顕著となっている。据え置きの通期予想38億円、前期比9.1%増には一転上振れ期待も高まる形に。また、年間配当金は従来計画の18円から20円、前期比4円増配に引き上げた。<5269> 日コンクリ 426 +66急騰。前日に業績予想の上方修正を発表。上半期営業利益は従来予想の6.5億円から12.5億円に、通期では13億円から19億円にそれぞれ上方修正した。販売価格適正化の浸透やコスト低減の進捗に加えて、PC壁体大型案件の施工が想定以上に順調に進んだことが上振れ要因で、修正幅の大きさがインパクトにつながった。なお、ランサムウェア感染被害の影響で、同社の決算発表は遅延している状況にある。<9418> USENNEX 4330 +400急伸。前日に第1四半期の決算を発表、営業利益は74.8億円で前年同期比63.0%増と大幅増益に。据え置きの通期計画240億円、前期比11.3%増に対する進捗率は31%となっている。全てのセグメントが増益となっているが、とりわけ、入れ替え特需の影響による業務用システム、USENでんきの収益性改善によるエネルギー事業の増益幅が大きくなっている。業績上振れ期待が先行の展開に。<3080> ジェーソン 621 +100ストップ高比例配分。株主優待制度を新設すると発表。2月末の500株以上の株主が対象となり、店舗で利用できる優待券8000円分か、ナチュラルミネラルウォーター「尚仁沢の天然水」(500?24本入を4箱)のどちらかを選択できる。前者を選択した場合、500株保有の株主の配当・優待利回りは、前日終値をベースにすると5.6%程度の水準となる。なお、同時に発表した第3四半期決算は2ケタの営業増益となった。<2918> わらべ日洋 3075 -575急落。前日に第3四半期決算を発表、累計営業利益は54.6億円で前年同期比17.3%増となった。ただ、9-11月期は9.7億円にとどまり、同24.2%減と減益に転じた。上半期決算時に業績予想を上方修正し、その後の株価は堅調推移を辿っていたことで、足元の収益鈍化をネガティブに捉えられたようだ。また、米オハイオ州の工場新設に関して、稼働時期を24年12月から25年9月に先送りすることも発表した。<6323> ローツェ 14730 -270大幅反落。前日に第3四半期の決算を発表、累計営業利益は158億円で前年同期比11.1%減となっている。9-11月期も58.1億円で同14.6%減となり、上半期の同9.0%減から減益率はやや広がる形に。サプライズは限定的であるものの、今期コンセンサスは会社計画を上回る水準にあり、前日には昨年来高値更新と株価が高値圏にあったことから、利益確定売りが誘われる流れとなっているもよう。 <ST> 2024/01/12 15:55 本日の注目個別銘柄 クラウディア、技研製作所、カーブスHDなど <2809> キユーピー 2562 -91大幅反落。前日に23年11月期決算を発表、営業益は197億円で前期比22.6%減となったが、市場予想は20億円ほど上振れ。想定よりコストが抑えられたもよう。9-11月期は四半期ベースで7四半期ぶりの増益転換。24年11月期は255億円で同29.5%増の予想。原材料安が主な増益要因と。。ガイダンスはほぼ市場予想通りだが、前日にかけ大きく上昇し昨年来高値を更新したため、いったん利食い売り材料に。<7581> サイゼリヤ 5260 -410大幅反落。前日に第1四半期の決算を発表、営業利益は34.6億円で前年同期比倍増となり、据え置きの通期計画131億円、前期比81.4%増に対しても順調な進捗と捉えられる。ただ、野村證券の新規買い推奨などで直近の株価は大幅に上昇、決算期待も高まっていたとみられるため、短期的な出尽くし感が先行する形になっている。なお、野村證券では第1四半期営業利益30.5億円を予想していたもよう。<4118> カネカ 3700 +89大幅続伸。ビル壁面などで使える建材と一体にした太陽光発電パネルの年間生産量を2030年までに現在の約3倍に増やすと報じられている。都心部ではパネルの設置場所が限られており、窓ガラスやビル壁面での潜在需要が多いとされている。建材一体型の普及により、現在の国内の太陽光発電能力に匹敵するとの試算もあるようだ。同社では生産能力を段階的に高めていく方針で、新工場建設も視野に入れているもよう。<2726> パルHD 2204 -107大幅反落。前日に第3四半期の決算を発表、累計営業利益は155億円で前年同期比25.5%増となり、年間配当金も従来計画の30円から50円に引き上げている。前期は1:2の株式分割前で75円配当であった。ただ、9-11月期営業利益は52.5億円で前年同期比9.2%増に増益率は鈍化している。昨年10月から12月にかけて株価は大きく水準訂正していたこともあり、当面の出尽くし感につながる展開のようだ。<5032> ANYCOLOR 3400 +190大幅続伸。ゴールドマン・サックス証券では投資判断「買い」、目標株価4700円で新規カバレッジを開始。VTuber事務所はファンへのグッズ販売や法人顧客へのキャラクターのライセンスアウトなど多様な収益源を有するほか、キャラクターIPを保有し演者のリテンション率も高いことから、持続的な業績拡大が可能と判断。コマース事業の持続的な売上高成長を背景に、今後3年間の営業益年平均成長率は33%を見込む。<2157> コシダカHD 1080 -34大幅反落。前日に第1四半期決算を発表、営業利益は5.7億円で前年同期比7.3%増となったが、据え置きの上半期計画は45.6億円で同29.4%増であり、進捗の遅れが意識される状況となっているようだ。カラオケ事業は計画線であったが、不動産管理事業において、「スポルト名古屋」譲渡による該当収益減、新規物件の経費増加などがあったもよう。収益の下振れが懸念される状況とみられる。<3607> クラウディア 463 +80ストップ高。前日に第1四半期決算を発表、営業利益は8.9億円で前年同期比9.5%増となり、通期計画の6億円、前期比8.4%増を超過する形になっている。ブライダル市場全般の緩やかな回復傾向が続く中、BtoB領域にも回復が拡大し、ホールセール事業の動きが活発化しているもよう。ハワイウェディングの回復も大きく寄与しているようだ。なお、同社の業績は第1四半期に傾注する傾向とはなっている。<6289> 技研製作所 2231 +324急伸。前日に第1四半期決算を発表、営業利益は12億円で前年同期比6.7%増となり、据え置きの上半期計画22億円に対して順調な進捗となる形に。建設資材高騰などが大型特殊機の販売に影響したものの、新型機「F112」の入れ替え需要が堅調だったほか、ブラジル、シンガポールで大型特殊機などの売上を計上したもよう。鋼管杭回転切削圧入機「ジャイロパイラー」を東南アジアで初納入したとも発表している。<7085> カーブスHD 726 +64大幅続伸。前日に第1四半期決算を発表、営業利益は10.4億円で前年同期比63.9%増となっている。据え置きの上半期計画が20.8億円で同2.3%増であり、想定以上の大幅増益決算となる形に。会員数の増加に伴うロイヤルティ等収入増加、会員向け物販収入の増加に加えて、広告効率改善に伴うマーケティングコストの減少も寄与した、なお、能登半島地震における今期業績への影響は軽微とも見込んでいるようだ。<6381> アネスト岩田 1236 +102大幅反発。前日に発表した自己株式の取得実施が買い材料となっている。発行済み株式数の3.69%に当たる150万株、15億円を取得上限としており、取得期間は1月11日から6月28日まで。より一層の株主還元の強化と資本効率の向上を図ることを取得目的としている。当面の需給改善を期待する動きが優勢となっている。なお、同社の自社株買いは22年1月から4月にかけて5億円を取得して以来となる。 <ST> 2024/01/11 15:21

ニュースカテゴリ