みんかぶニュース 市況・概況

ETF売買動向=9日大引け、全銘柄の合計売買代金1888億円

配信日時:2022/02/09 15:05 配信元:MINKABU
 9日の上場投資信託(ETF)および指数連動証券(ETN)の売買状況は、ETF・ETN合計の売買代金が前日比7.7%増の1888億円。うち、日経平均株価に連動するETF(ベアETF・レバレッジETFを含む)20銘柄の売買代金は同19.7%増の1588億円だった。  個別ではNEXT FUNDS 日経平均高配当株50指数連動型上場投信 <1489> 、NEXT 東証銀行業株価指数 <1615> 、NEXT 銀行 <1631> 、ダイワ上場投信-TOPIX高配当40指数 <1651> 、NEXT アセアン好配当ETN <2043> が新高値。上場インデックスファンド米国債券(為替ヘッジあり) <1487> 、iシェアーズ 米ドル建て投資適格社債 ETF <1496> 、iシェアーズ 米ドル建てハイイールド社債 ETF <1497> 、iシェアーズ・コア米国債7-10年 <1482> 、iシェアーズ・コア 日本国債 ETF <2561> など8銘柄が新安値をつけた。  そのほか目立った値動きでは中国H株ブル2倍上場投信 <1572> が5.31%高、NEXT 香港ハンセンダブル・ブル <2031> が4.35%高、NEXT 鉄鋼・非鉄鉄鋼・非鉄 <1623> が4.07%高、グローバルX eコマース-日本株式ETF <2627> が3.48%高、NEXT 日経・JPX白金指数連動 <1682> が3.38%高と大幅な上昇。  一方、国際のETF VIX短期先物指数 <1552> は5.35%安、NEXT 原油ブル <2038> は4.00%安と大幅に下落した。  日経平均株価が295円高と急騰するなか、日経平均に連動するETFでは、NEXT日経平均レバレッジ <1570> が売買代金910億1700万円となり東証全銘柄で4位。ただ、売買代金は過去5営業日の平均1005億1500万円を下回った。  その他の日経平均ETFではNEXT 日経平均ダブルインバース・インデックス <1357> が158億1400万円、日経平均ブル2倍上場投信 <1579> が115億7600万円、楽天ETF-日経ダブルインバース指数連動型 <1459> が103億2900万円、楽天ETF-日経レバレッジ指数連動型 <1458> が102億8800万円、日経平均ベア2倍上場投信 <1360> が92億500万円の売買代金となった。 株探ニュース

Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

ニュースカテゴリ