Reuters Japan Online Report Business News

アジア太平洋地域への送金額、今年6.7%・来年5.9%増へ=ADB

配信日時:2021/12/28 15:15 配信元:REUTERS

[マニラ 28日 ロイター] - アジア開発銀行(ADB)は28日、アジア太平洋地域への域外で働く市民からの送金額が今年は6.7%、来年は5.9%伸びるとの見通しを示した。先進国で新型コロナウイルスに伴う規制の緩和が進んでいることに支えられるという。2020年は2%減少していた。

報告書によると、金額ベースでは域内への送金は今年が212億ドル、来年が198億ドルそれぞれ増加する見込み。

ADBによると、昨年の域内への流入額は3140億ドル。21年と22年における世界全体の送金額の増加分のうち、アジア太平洋地域が平均で約63.4%を占めると予想されるという。

世界の送金受け取り額は、21年が4.8%(340億ドル)増、22年が4.2%(307億ドル)増が見込まれるとした。

また、アジア太平洋地域への送金のうち、約60%が英国、米国、欧州連合(EU)から、約30%が中東からになりそうだという。

ニュースカテゴリ