Reuters Japan Online Report Business News

中国短期金利が低下、人民銀が流動性供給を拡大

配信日時:2021/12/28 14:43 配信元:REUTERS

[上海 28日 ロイター] - 中国の短期金利が28日、数カ月ぶりの高水準付近から低下している。中国人民銀行(中央銀行)が年末の現金需要への対応で流動性供給を拡大したことが背景。

人民銀行はこの日、期間7日のリバースレポで2000億元(313億9000万ドル)を供給した。これは10月下旬以来の大規模供給。この日は100億ドルが期日だった。

市場のセンチメントは改善し、キャッシュの状況は総じて均衡。市場はスムーズに年末を乗り切れると予想されている。

7日物加重平均レポ金利 は2.237%。9月29日以来の高水準だった前日終盤の2.4156%から低下した。

上海証券取引所の7日物レポ金利も中盤で5.18%に低下。前日は11カ月ぶり高水準の6%に上昇していた。

ニュースカテゴリ