注目トピックス 市況・概況

NY為替:米長期金利伸び悩みでユーロ買い強まる

配信日時:2021/12/23 06:59 配信元:FISCO
22日のニューヨーク外為市場でドル・円は、114円12銭まで下落後、114円37銭まで上昇したが、長期債利回りの低下を意識して114円08銭まで下げており、114円12銭で引けた。米国の10年債利回りが1.44%台に低下した際ドル売りになり、7-9月期GDP確定値の上方修正、11月中古住宅販売件数の増加、12月消費者信頼感指数の大幅反発で一時ドル買いが優勢となった。


ユーロ・ドルは1.1298ドルから1.1342ドルまで上昇し、1.1328ドルで引けた。ユーロ・円は129円05銭から129円50銭まで上昇した。ユーロやポンドは感染拡大による規制強化への懸念やや後退で買い戻し。ポンド・ドルは1.3306ドルから1.3363ドルまで上昇。英国の7-9月期GDP改定値の上方修正も引き続き好感されたもよう。ドル・スイスフランは0.9232フランから0.9196フランまで下落した。

<MK>

Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

ニュースカテゴリ