新着ニュース

Miniトピック
米国の長短金利差の動向や政策金利見通しについては予断を許さない状況が続く
 27日のニューヨーク外国為替市場では、米政策金利の大幅な上昇を想定してドルが主要通貨に対して上昇した。3月に利上げが開始されることが確実視されており、今年半ば頃に保有資産の大幅な圧縮に着手する可能性は高いことがドル買い材料となった。市場参加者の間からは「複数回の利上げによって米国2年債の利回り水準は今年後半までに10年債利回りを上回る」との声が聞かれている。2年債と10年債の利回り格差は昨年3月末に161.80bp近辺まで拡大したが、今年1月27日時点で61.70bp程度まで縮小している。CMEのFedWatchによると、2022年12月末までに合計1.25ポイント以上の利上げが実施される確率は60%を超えているが、米国の政策金利は2023年末までに2%まで上昇すると予想されている。ただし、米国のインフレ見通しは不透明であり、ドル高進行が経済に与える影響は無視できないことから、長短金利差の動向や政策金利見通しについては予断を許さない状況が続くとみられる。 <MK>
2022/01/28 20:43
みんかぶニュース 投資家動向
<個人投資家の予想> 01月28日 20時
■ 買い予想数上昇(最新48時間) (銘柄コード) 銘柄   市場    [ 割安/割高 ] (6663) 太洋工業     東証JASDAQ(スタンダード) [ 割高 ] (3965) キャピタルA   東証1部       [ 割安 ] (7707) PSS      東証マザーズ     [ 割高 ] (4726) SBテクノロジー 東証1部       [ 割安 ] (4063) 信越化学工業   東証1部       [ 割高 ] ■ 売り予想数上昇(最新48時間) (銘柄コード) 銘柄   市場    [ 割安/割高 ] (5781) 東邦金属     東証2部       [ 割安 ] (6659) メディアリンクス 東証JASDAQ(スタンダード) [ 割安 ] (8938) グロームHD   東証JASDAQ(グロース) [ 割安 ] (6541) グレイステクノロジー 東証1部       [ 分析中 ] (3070) アマガサ     東証JASDAQ(グロース) [ 割安 ] 出所:MINKABU PRESS
2022/01/28 20:32
注目トピックス 市況・概況
欧州為替:ドル・円は変わらず、全般的に動意薄
欧州市場でドル・円は115円60銭付近と、ほぼ変わらず。全般的に動意が薄く、積極的な売り買いは手控えられている。足元で発表されたドイツやユーロ圏の経済指標は予想を下回る内容となり、中銀の政策スタンスの違いからユーロ売り・ドル買いに振れやすい。ここまでの取引レンジは、ドル・円は115円44銭から115円68銭、ユーロ・円は128円48銭から128円77銭、ユーロ・ドルは1.1121ドルから1.1139ドル。 <TY>
2022/01/28 20:15
みんかぶニュース 市況・概況
本日の【株主優待】情報 (28日引け後 発表分)
28日引け後に、株主優待制度について新設や拡充、変更、廃止を発表した銘柄を取り上げた。 ■新設 ―――――――――――――― 七十七銀行 <8341>  決算月【3月】   1/28発表 毎年3月末時点で300株以上を1年以上継続保有する株主を対象に、保有株数に応じて3000~1万円相当の地元特産品またはギフトカードを贈呈する。寄付することもできる。 椿本興業 <8052>  決算月【3月】   1/28発表 毎年3月末と9月末時点で100株以上を保有する株主を対象に、保有株数に応じて1000~3000円分のクオカード(寄付も可)を贈呈する。 ■変更 ―――――――――――――― コタ <4923>  決算月【3月】   1/28発表 長期保有優遇制度を導入し、毎年3月末時点で100株以上を3年以上継続保有する株主に対する優待内容を拡充。現行の優待品に加え、トイレタリーのトップブランドで21年5月に発売した「コタクチュール」が選択可能となる。また、株主優待に関する権利の停止制度を導入する。優待品の転売などが確認された場合、権利を停止する措置。 ひろぎんホールディングス <7337>  決算月【3月】   1/28発表 優待品のうち「定期預金コース/地元特産品カタログギフトコース」を変更。500株以上1000株未満の枠を新設し、100株以上500株未満は500円相当、500株以上1000株未満は1000円相当のギフトカードを贈呈する(定期預金コースの選択なし)。1000株以上保有株主は現行通り定期預金コースとカタログギフトからの選択制。5000株以上保有株主については、金利とカタログギフトの優待内容を拡充する。 株探ニュース
2022/01/28 19:50
Reuters Japan Online Report Business News
ユーロ圏1月景況感指数は112.7へ低下、製造業・サービス業悪化
[ブリュッセル 28日 ロイター] - 欧州連合(EU)欧州委員会が28日発表した1月のユーロ圏の景況感指数は112.7と前月の113.8(改定値)から悪化した。製造業とサービス業がいずれも低調だった。 ロイターがまとめたエコノミスト予想は114.5だった。 製造業景況感指数は12月の14.6から13.9へ、サービス業も前月の10.9から9.1へ低下した。 製造業の販売価格期待指数は47.7と12月の48.0から低下。一方、消費者の向こう12カ月のインフレ期待指数は38.4と36.6から上昇した。 2022-01-28T104225Z_1_LYNXMPEI0R0ED_RTROPTP_1_GERMANY-ECONOMY-INFLATION.JPG urn:newsml:onlinereport.com:20220128:nRTROPT20220128104225LYNXMPEI0R0ED ユーロ圏1月景況感指数は112.7へ低下、製造業・サービス業悪化 OLJPBUS Reuters Japan Online Report Business News 20220128T104225+0000 20220128T104225+0000
2022/01/28 19:42
みんかぶニュース 市況・概況
本日の【新規公開(IPO)】公開価格決定 (28日大引け後 発表分)
※2月9日、東証マザーズに上場予定のライトワークス <4267> [東証M]は28日、公開価格件を発表した。 ●ライトワークス <4267>  上場市場:東証マザーズ  上場予定日:2月9日  事業内容:人財管理プラットフォーム提供サービスおよび同プラット       フォームを活用したオンライン英会話サービス  公開価格:2100円  仮条件:1900円~2100円  想定発行価格:2100円  上場時発行済み株式数:242万8800株  公募(新株発行):5万2800株  公募(自己株処分):10万7200株  売り出し:16万株  オーバーアロットメントによる売り出し:上限4万8000株  申込期間:1月31日~2月3日  払込日:2月8日  主幹事:エイチ・エス証券 [2022年1月28日] 株探ニュース
2022/01/28 19:40
みんかぶニュース 投資家動向
<個人投資家の予想> 01月28日 19時
■ 買い予想数上昇(最新48時間) (銘柄コード) 銘柄   市場    [ 割安/割高 ] (6663) 太洋工業     東証JASDAQ(スタンダード) [ 割高 ] (3965) キャピタルA   東証1部       [ 割安 ] (7707) PSS      東証マザーズ     [ 割高 ] (4726) SBテクノロジー 東証1部       [ 割安 ] (4063) 信越化学工業   東証1部       [ 割高 ] ■ 売り予想数上昇(最新48時間) (銘柄コード) 銘柄   市場    [ 割安/割高 ] (5781) 東邦金属     東証2部       [ 割安 ] (6659) メディアリンクス 東証JASDAQ(スタンダード) [ 割安 ] (8938) グロームHD   東証JASDAQ(グロース) [ 割安 ] (6541) グレイステクノロジー 東証1部       [ 分析中 ] (3070) アマガサ     東証JASDAQ(グロース) [ 割安 ] 出所:MINKABU PRESS
2022/01/28 19:32
Reuters Japan Online Report Business News
中国恒大の取引先、業績悪化 売掛債権回収できず
[上海 28日 ロイター] - 中国の不動産開発大手、中国恒大集団の資金繰り難を背景に同社と取引のあるサプライヤーの業績が悪化している。 今後本格化する決算発表では、こうした実態がさらに明らかになるとみられ、政府は影響波及と人員削減の回避に向けて対応を迫られそうだ。 家具メーカーの広州州好莱客創意家居は26日、中国恒大に対する売掛債権が回収できない可能性が高いとして、2021年の純利益が前年比で最大60%減少するとの見通しを示した。 これに加え、不動産市場の低迷で、20年に買収した企業の価値が低下、減損処理を迫られた。同社は中国恒大との取引を大幅に減らし、支払いを求めている。 ドア、窓、カーテンウォール製造の北京嘉寓門窓幕墻も今週、21年決算が最大14億元の赤字に転落する恐れがあると表明。中国恒大に対する売掛債権が焦げ付く可能性が高いとしている。 照明メーカーの広東三雄極光照明も今月、21年決算が85─90%の減益になると予想。中国恒大関連の減損処理の急増が響いた。 不動産景観工学の深セン文科園林も、中国恒大の債務不履行で21年決算が赤字に転落したことを明らかにした。 上場企業の決算発表は、来月から本格化するため、こうした発表は今後増えるとみられている。多くのサプライヤーは、中国恒大に対する債権を公表しており、一部の企業はすでに引当金を計上している。 政府は不動産開発会社の資金繰り悪化を緩和する措置を一部講じているが、最近のデータを見ると、状況はさらに悪化する可能性がある。 上海票据交易所によると、短期資金を調達するコマーシャルペーパー(CP)の支払いを恒常的に延滞している中国企業の数は12月に前月から26%増えた。世茂集団、佳兆業集団、緑地集団の系列会社も含まれている。 住宅の装飾を手掛ける上海全築は、中国恒大とその子会社に対し、計333件の訴訟を起こしたと発表。訴訟の結果が出るまで業績への影響を判断できないとしている。 2022-01-28T102233Z_1_LYNXMPEI0R0DF_RTROPTP_1_CHINA-PROPERTY-DEBT-EVERGRANDE.JPG urn:newsml:onlinereport.com:20220128:nRTROPT20220128102233LYNXMPEI0R0DF 中国恒大の取引先、業績悪化 売掛債権回収できず OLJPBUS Reuters Japan Online Report Business News 20220128T102233+0000 20220128T102233+0000
2022/01/28 19:22
みんかぶニュース 市況・概況
本日の【自社株買い】銘柄 (28日大引け後 発表分)
○フィルC <3267> 発行済み株式数(自社株を除く)の8.91%にあたる50万株(金額で5億円)を上限に自社株買いを実施する。買い付け期間は1月31日から2月28日まで。 ○日化産 <4094> [東証2] 発行済み株式数(自社株を除く)の1.01%にあたる20万株(金額で3億円)を上限に自社株買いを実施する。買い付け期間は2月1日から4月30日まで。 ○日化薬 <4272> 発行済み株式数の3.94%にあたる700万株の自社株を消却する。消却予定日は2月7日。 ○PI <4290> 発行済み株式数(自社株を除く)の0.45%にあたる58万株(金額で4億5000万円)を上限に自社株買いを実施する。買い付け期間は2月7日から3月24日まで。 ○弁護士COM <6027> [東証M] 発行済み株式数(自社株を除く)の0.9%にあたる20万株(金額で5億円)を上限に自社株買いを実施する。買い付け期間は1月31日から3月31日まで。 ○リクルート <6098> 発行済み株式数の2.06%にあたる3400万株(金額で1557億5400万円)を上限に自社株TOB(株式公開買い付け)を実施する。公開買い付け期間は1月31日から3月1日まで。買い付け価格は4581円。 ○ストライク <6196> 発行済み株式数(自社株を除く)の0.6%にあたる12万株(金額で5億円)を上限に自社株買いを実施する。買い付け期間は2月1日から3月31日まで。 ○協栄産 <6973> 発行済み株式数(自社株を除く)の1.3%にあたる4万株(金額で1億円)を上限に自社株買いを実施する。買い付け期間は2月1日から3月24日まで。 ○TSテック <7313> 発行済み株式数(自社株を除く)の7.43%にあたる1000万株(金額で100億円)を上限に自社株買いを実施する。買い付け期間は1月31日から12月30日まで。 ○富山銀 <8365> 発行済み株式数(自社株を除く)の0.55%にあたる3万株(金額で7000万円)を上限に自社株買いを実施する。買い付け期間は2月7日から3月24日まで。 ○滋賀銀 <8366> 発行済み株式数(自社株を除く)の1.52%にあたる75万株(金額で15億円)を上限に自社株買いを実施する。買い付け期間は1月31日から3月24日まで。うち45万8900株を1月31日朝の東証の自己株式立会外買付取引「ToSTNeT-3」で取得する。 ○アイザワ証G <8708> 発行済み株式数(自社株を除く)の2.6%にあたる100万株(金額で12億円)を上限に自社株買いを実施する。買い付け期間は2月1日から23年1月31日まで。 [2022年1月28日] 株探ニュース
2022/01/28 19:20
注目トピックス 市況・概況
欧州為替:ドル・円は一進一退、米金利にらみ
欧州市場でドル・円は115円60銭台でのもみ合いとなり、一進一退の値動きが続く。米10年債利回りは高水準ながら上昇は一服し、ドル買いは仕掛けづらい。一方、欧州株式市場で主要指数の全面安を受け、株安を嫌気した円買いが観測される。ここまでの取引レンジは、ドル・円は115円44銭から115円68銭、ユーロ・円は128円48銭から128円77銭、ユーロ・ドルは1.1121ドルから1.1139ドル。 <TY>
2022/01/28 19:12
Reuters Japan Online Report Business News
韓国ポスコ、2021年連結営業利益が過去最高 需要増で
[ソウル 28日 ロイター] - 韓国の鉄鋼大手ポスコが28日発表した2021年決算は、連結営業利益が前年比3倍超の9兆2000億ウォン(約76億2000万ドル)で過去最高を記録した。需要増と価格上昇が寄与した。 連結ベースの営業利益率は12.1%となり、20年の4.2%から上昇した。 第4・四半期の連結営業利益は2兆3700億ウォン。リフィニティブ・アイコンのデータによると、予想は2兆3000億ウォン。 21年の連結売上高は76兆3000億ウォン。22年については、77兆2000億ウォンと予想した。また今年の設備投資額は8兆9000億ウォンとの見通しを示した。 ポスコの株主はきょう、鉄鋼事業を分離し、持ち株会社「ポスコホールディングス」を設立する計画を承認した。新たな持ち株会社が鉄鋼事業を100%保有する。 OLJPBUS Reuters Japan Online Report Business News 20220128T100114+0000
2022/01/28 19:01
Reuters Japan Online Report Business News
金融庁、新生銀子会社に業務改善命令 不適切な管理・運営
[東京 28日 ロイター] - 金融庁は28日、新生銀行グループの投資運用会社、新生インベストメント・マネジメントに金融商品取引法に基づく業務改善命令を出したと発表した。適切な資産運用・管理や顧客対応が行われていないと判断したため。 金融庁によると、新生インベストメントは投資対象であるファンドの具体的な融資先を把握していなかったほか、融資の回収可能性の検証もしていなかったという。中途解約の方が顧客にとって有利になる可能性があることを認識したにもかかわらず、言及しなかったことも明らかにした。 証券取引等監視委員会は21日、同社に対し行政処分をするよう金融庁に勧告していた。 OLJPBUS Reuters Japan Online Report Business News 20220128T100031+0000
2022/01/28 19:00
みんかぶニュース 市況・概況
本日の【株式分割】銘柄 (28日大引け後 発表分)
●COTA <4923> 3月31日現在の株主を対象に1→1.1の株式分割を実施。最低投資金額は現在の11分の10に低下する。 [2022年1月28日] 株探ニュース
2022/01/28 18:50
Reuters Japan Online Report Business News
独GDP、第4四半期は前期比0.7%減 コロナ規制響く
[ベルリン 28日 ロイター] - ドイツ連邦統計庁が28日発表した2021年第4・四半期の国内総生産(GDP)速報値は、前期比0.7%減少した。ロイターがまとめた市場予想(0.3%減少)以上の落ち込みとなった。新型コロナウイルスのオミクロン株流行を受けた行動規制が影響した。 前年比では1.4%増加した。 OLJPBUS Reuters Japan Online Report Business News 20220128T094743+0000
2022/01/28 18:47
Reuters Japan Online Report Business News
東京マーケット・サマリー(28日)
■レートは終値(前日比または前週末比)、安値─高値 <外為市場> ドル/円 ユーロ/ドル ユーロ/円 午後5時現在 115.64/66 1.1132/36 128.75/79 NY午後5時 115.34/39 1.1143/47 128.55/59 午後5時のドル/円は、ニューヨーク市場午後5時時点に比べてドル高/円安の115円後半。日経平均株価が上昇し過度なリスク回避の動きが和らいだことに加え、時間外取引で米長期金利が小幅上昇したことで、ドル買い/円売りが優勢となった。その後は手掛かり待ちとなり、115円前半で小動きだった。 <株式市場> 終値 前日比 寄り付き    安値/高値   日経平均 26717.34 +547.04 26429.85 26,289.69─26,764.85 TOPIX 1876.89 +34.45 1862.78 1,852.22─1,880.00 東証出来高(万株) 132965 東証売買代金(億円) 33464.89 東京株式市場で日経平均は大幅に4日ぶり反発した。米金融政策の先行きに対する市場の懸念は依然としてくすぶるが、前日の大幅安を受け幅広い業種で自律反発を見込んだ買いが優勢となった。日米で決算シーズンが本格化し好業績銘柄を物色する動きもみられ、株価下落に対する過度な警戒感はひとまず和らいだ。 東証1部の騰落数は、値上がり1926銘柄(88%)に対し、値下がりが219銘柄(10%)、変わらずが36銘柄(1%)だった。 <短期金融市場>  無担保コール翌日物金利(速報ベース) -0.021% ユーロ円金先(22年3月限) 0.000 (変わらず) 安値─高値 0.000─0.000 3カ月物TB ─── 無担保コール翌日物の加重平均レートは、速報ベースでマイナス0.021%になった。「週末で3日積みとなるが、地合いは前日から特段変わりがなかった」(国内金融機関)という。ユーロ円3カ月金利先物は閑散。 <円債市場>  国債先物・22年3月限 150.77 (+0.02) 安値─高値 150.74─150.84 10年長期金利(日本相互証券引け値) 0.165% (+0.010) 安値─高値 0.170─0.155% 国債先物中心限月3月限は前営業日比2銭高の150円77銭と小反発して取引を終えた。10年最長期国債利回り(長期金利)の引け値は、前営業日比1.0bp上昇の0.165%。 <スワップ市場> 18時18分現在の気配 2年物 0.10─0.00 3年物 0.12─0.02 4年物 0.13─0.03 5年物 0.15─0.05 7年物 0.19─0.09 10年物 0.26─0.16 OLJPBUS Reuters Japan Online Report Business News 20220128T093430+0000
2022/01/28 18:34
Reuters Japan Online Report Business News
ユーロ圏企業向け融資、12月は前年比+4.2% 4カ月連続伸び加速
[フランクフルト 28日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)が28日発表した統計によると、12月のユーロ圏の企業向け融資は前年比4.2%増で、4カ月連続で伸びが加速した。 前月は2.9%増だった。前年同月の7.1%増は大幅に下回った。 家計向け融資は4.1%増。前月の4.2%増から鈍化した。6月以降、伸び率はほぼ横ばいで推移している マネーサプライM3の前年比伸び率は6.9%。前月の7.4%から鈍化した。市場予想は6.8%だった。 OLJPBUS Reuters Japan Online Report Business News 20220128T093258+0000
2022/01/28 18:32
Reuters Japan Online Report Business News
ZOZO、4―12月期は14%営業増益 商品取扱高は23%伸長
[東京 28日 ロイター] - ZOZOは28日、2021年4―12月期の連結営業利益は前年同期比14.8%増の387億円になったと発表した。販売促進費を積極投入したものの、商品取扱高と広告事業の伸長や物流費などのコスト低減が増益に寄与した。 商品取扱高は同23.4%増の3775億円に伸長した。期初計画の4728億円に対し、進捗率は79.4%。 澤田宏太郎社長兼CEO(最高経営責任者)は会見で、過去1年間に1回でも購入したアクティブ会員数が伸びていることなどに触れ「かなり良い形で進んでいる」と評価した。さらに「新型コロナにかかわらず、消費者の購買行動、マインドセットは変わっている」と述べ、オミミクロン株で人出が減れば収益が高まったり、人出の復活が収益に打撃を与えるようなことはないと説明した。 22年3月期の連結営業利益予想は前年比8.3%増の478億円の見通しを据え置いた。IBESがまとめたアナリスト12人のコンセンサス予想の平均値は496億円。 OLJPBUS Reuters Japan Online Report Business News 20220128T093217+0000
2022/01/28 18:32
みんかぶニュース 投資家動向
<個人投資家の予想> 01月28日 18時
■ 買い予想数上昇(最新48時間) (銘柄コード) 銘柄   市場    [ 割安/割高 ] (6663) 太洋工業     東証JASDAQ(スタンダード) [ 割高 ] (3965) キャピタルA   東証1部       [ 割安 ] (7707) PSS      東証マザーズ     [ 割高 ] (4726) SBテクノロジー 東証1部       [ 割安 ] (4063) 信越化学工業   東証1部       [ 割高 ] ■ 売り予想数上昇(最新48時間) (銘柄コード) 銘柄   市場    [ 割安/割高 ] (5781) 東邦金属     東証2部       [ 割安 ] (6659) メディアリンクス 東証JASDAQ(スタンダード) [ 割安 ] (8938) グロームHD   東証JASDAQ(グロース) [ 割安 ] (6541) グレイステクノロジー 東証1部       [ 分析中 ] (3070) アマガサ     東証JASDAQ(グロース) [ 割安 ] 出所:MINKABU PRESS
2022/01/28 18:32
Reuters Japan Online Report Business News
IMF、中国の景気回復「不均一」 政策不透明感も問題視
[北京 28日 ロイター] - 国際通貨基金(IMF)は28日、中国経済の回復は非常に進展しているが、消費の弱さを背景に不均一になっている、との見方を示した。ハイテク分野への規制強化による不透明感や、生産性低下も問題視した。 中国経済を分析した報告書で、比較対象となる前年の水準が高いことや、消費の弱さ、不動産投資低迷が今年の成長の重しになるとした。 「中国の回復は極めて進んでいるが、バランスを欠いており、勢いは落ちている」と指摘。新型コロナウイルスの消費支出への影響や、不動産市場の低迷を挙げた。 IMFは、中国経済の成長率を2022年は4.8%、23年は5.2%とし、昨年の8.1%から鈍化すると予想した。 またIMFは報告書で、ハイテク企業やその他セクターへの「一貫性がなさそうな」一連の規制措置が、市場では「民間企業の役割を弱める」と見なされていると指摘し、透明性と予測可能性の向上を促した。 2022-01-28T093006Z_1_LYNXMPEI0R0C4_RTROPTP_1_CHINA-PROPERTY-DEBT-SHENZHEN.JPG urn:newsml:onlinereport.com:20220128:nRTROPT20220128093006LYNXMPEI0R0C4 IMF、中国の景気回復「不均一」 政策不透明感も問題視 OLJPBUS Reuters Japan Online Report Business News 20220128T093006+0000 20220128T093006+0000
2022/01/28 18:30
注目トピックス 市況・概況
欧州為替:ドル・円は伸び悩み、ドル買い一服
欧州市場でドル・円は一時115円68銭まで値を切り上げたが、その後は失速し115円50銭付近で推移する。欧州勢によるドルへの買いは一服したとみられ、やや値を下げる展開に。一方、欧州株式市場で主要指数は軟調となり、株安を嫌気した円買いが観測される。ここまでの取引レンジは、ドル・円は115円44銭から115円68銭、ユーロ・円は128円48銭から128円77銭、ユーロ・ドルは1.1121ドルから1.1139ドル。 <TY>
2022/01/28 18:22
注目トピックス 日本株
神戸物産---2021年12月度の個別業績を発表、先月に引き続き堅調な推移
神戸物産<3038>は25日、12月度の個別業績を発表した。売上高は前年同月比11.3%増の367.45億円、売上総利益は同9.7%増の36.4億円、営業利益は同3.8%増の24.23億円、経常利益は同13.6%増の26.72億円となった。12月度の業務スーパーの出店状況については、新規出店が11店舗(京都市山科区、大分県大分市、札幌市東区、札幌市白石区、相模原市南区、奈良県大和高田市、北海道北見市、埼玉県児玉郡、さいたま市見沼区、新潟県糸魚川市、愛媛県松山市)あったことで店舗数は955店舗となり、前年同期比で59店舗増となった。また、引き続きテレビ番組をはじめとする各種メディアやSNSなどの影響で顧客の来店につながり、これらの要因により売上高が増加した。商品出荷実績については、直轄エリア既存店への商品出荷実績は前年同期比2.4%増、直轄エリア全店への商品出荷実績は同8.8%増、全国全店への商品出荷実績は同10.3%増となった。商品動向は、引き続き冷凍果物や冷凍野菜、冷凍デザート類などが好調に推移、業務用の大容量商品についても徐々に需要の回復が見られるとしている。 <ST>
2022/01/28 18:15
注目トピックス 市況・概況
日経平均テクニカル:4日ぶり急反発、陰の陽はらみも13・26週DC示現
28日の日経平均は4日ぶりに急反発した。ローソク足は陽線を描き、胴体部分が前日陰線の胴体部分に収まる「陰の陽はらみ」を底値圏で示現し、下落トレンドの反転局面入りを窺わせた。25日移動平均線とのマイナス乖離率が5.23%と売られ過ぎラインの5%を超えていることもあり、週明けの値戻し継続に期待をつなぐ形となった。反面、13週線と26週線のデッドクロスが確定して中長期の下落トレンド入りを示唆。25日線も下向きで終了しており、本日の反発がダマシに終わるリスクにも留意が必要となろう。 <FA>
2022/01/28 18:15
みんかぶニュース 為替・FX
来週の為替相場見通し=116円乗せ意識の展開も
 来週の外国為替市場のドル円相場は、一段のドル高・円安が進行するかが焦点となりそうだ。予想レンジは1ドル=114円80~116円50銭。  26日の米連邦公開市場委員会(FOMC)がタカ派色の濃い内容となったことから、米10年債利回りは強含み基調となり、ドルも上値を試す状況にある。来週は116円台乗せがあるかが、焦点だ。116円突破となれば、先行きの120円もみえてくる。来週も注目イベントが目白押しで、2月1日に米1月ISM製造業景況指数、2日に米1月ADP雇用統計、3日に米1月ISM非製造業景況指数、そして4日に米1月雇用統計が発表される。また、1日のアルファベットC<GOOG>や2日のメタ・プラットフォームズ<FB>(旧フェイスブック)、3日のアマゾン<AMZN>など米IT大手の企業決算もあり、依然として米株価動向と債券市場の動向が注目されている。 出所:MINKABU PRESS
2022/01/28 18:12
Reuters Japan Online Report Business News
伊ウニクレディト、21年決算は予想上回る 第4四半期は赤字
[ミラノ 28日 ロイター] - イタリアの銀行最大手ウニクレディトが発表した第4・四半期決算は一時費用の計上により赤字となったが、2021年通年では収入と調整後利益が予想を上回った。 21年の収入は180億ユーロ(200億ドル)となり、160億ユーロ以上としていた自社予想を上回った。調整後利益は39億ユーロ、自社予想は37億ユーロ以上だった。費用は予想をやや下回った。 第4・四半期は赤字額が14億4000万ユーロと、同行が示したアナリストの平均予想(11億5000万ユーロ)を上回った。非中核資産の売却関連費用などが響いた。 21年決算を受けて37億5000万ユーロを株主に還元する方針を確認した。内訳は現金配当が11億7000万ユーロ、自社株買いが25億8000万ユーロ。 ウニクレディトはまた、独保険大手アリアンツとドイツ、イタリア、中東欧における保険提携の更新で合意したと発表した。これによりウニクレディトはアリアンツを通じで自社商品を販売することが可能になる。 2022-01-28T085354Z_1_LYNXMPEI0R0AQ_RTROPTP_1_UNICREDIT-RESULTS.JPG urn:newsml:onlinereport.com:20220128:nRTROPT20220128085354LYNXMPEI0R0AQ 伊ウニクレディト、21年決算は予想上回る 第4四半期は赤字 OLJPBUS Reuters Japan Online Report Business News 20220128T085354+0000 20220128T085354+0000
2022/01/28 17:53
みんかぶニュース 為替・FX
日銀為替市況 午後5時時点、115円64~66銭のドル高・円安
 日銀が28日公表した午後5時時点の外国為替市況は1ドル=115円64~66銭と前日に比べ87銭のドル高・円安。ユーロは対円で1ユーロ=128円76~80銭と同25銭のユーロ高・円安。対ドルでは1ユーロ=1.1135~35ドルと同0.062ドルのユーロ安・ドル高だった。 出所:MINKABU PRESS
2022/01/28 17:52
みんかぶニュース 為替・FX
日銀為替市況(ドル円・午後5時)
■ドル円終値の推移           レンジ              前日比  01月28日 115円64~66銭       (△0.87)  01月27日 114円77~78銭       (△0.80)  01月26日 113円97~99銭       (△0.09)  01月25日 113円88~89銭       (△0.13)  01月24日 113円75~77銭       (▼0.11)  01月21日 113円86~87銭       (▼0.53)  01月20日 114円39~40銭       (▼0.03)  01月19日 114円42~43銭       (▼0.44)  01月18日 114円86~88銭       (△0.46)  01月17日 114円40~41銭       (△0.61)  01月14日 113円79~80銭       (▼0.61)  01月13日 114円40~42銭       (▼0.99)  01月12日 115円39~41銭       (△0.14)  01月11日 115円25~27銭       (▼0.64)  01月07日 115円89~90銭       (△0.02)  01月06日 115円87~89銭       (▼0.16)  01月05日 116円03~04銭       (△0.30)  01月04日 115円73~75銭       (△0.62)  12月30日 115円11~13銭       (△0.23)  12月29日 114円88~89銭       (△0.04)  12月28日 114円84~85銭       (△0.38)  12月27日 114円46~48銭       (△0.12)  12月24日 114円34~38銭       (△0.09)  12月23日 114円25~27銭       (△0.11)  12月22日 114円14~16銭       (△0.49)  12月21日 113円65~67銭       (△0.20)  12月20日 113円45~47銭       (▼0.20)  12月17日 113円65~67銭       (▼0.46)  12月16日 114円11~12銭       (△0.38)  12月15日 113円73~74銭       (△0.02)  12月14日 113円71~73銭       (△0.17)  12月13日 113円54~56銭       (▼0.04)  12月10日 113円58~59銭       (△0.10)  12月09日 113円48~50銭       (△0.08)  12月08日 113円40~41銭       (▼0.23)  12月07日 113円63~65銭       (△0.49)  12月06日 113円14~15銭       (▼0.23)  12月03日 113円37~38銭       (△0.11)  12月02日 113円26~28銭       (▼0.15)  12月01日 113円41~43銭       (△0.23)  11月30日 113円18~19銭       (▼0.38)  11月29日 113円56~58銭       (▼0.60)  11月26日 114円16~17銭       (▼1.22)  11月25日 115円38~39銭       (△0.49)  11月24日 114円89~91銭       (△0.68)  11月22日 114円21~23銭       (▼0.15)  11月19日 114円36~37銭       (△0.35)  11月18日 114円01~03銭       (▼0.87)  11月17日 114円88~90銭       (△0.62)  11月16日 114円26~28銭       (△0.32)  11月15日 113円94~95銭       (▼0.10)  11月12日 114円04~06銭       (▼0.03)                       (注:△はドル高・円安) 出所:MINKABU PRESS
2022/01/28 17:51
Reuters Japan Online Report Business News
日銀、28日のETFとJ―REITの購入はなし
[東京 28日 ロイター] - 日銀は28日の東京株式市場で、通常のETF(上場投資信託)とJ━REITの購入を見送った。設備・人材投資に積極的に取り組んでいる企業のETF買い入れも見送った。 前場のTOPIXは前営業日比1.89%高だった。 OLJPBUS Reuters Japan Online Report Business News 20220128T085011+0000
2022/01/28 17:50
注目トピックス 日本株
バイク王&カンパニー---「従業員向け株式給付信託」を導入
バイク王&カンパニー<3377>は26日、同社及び同社グループ会社の従業員を対象とした「従業員向け株式給付信託」を導入することを発表。同社は、「プライム市場」への上場を目指す上で、中長期的な業績の向上および企業価値の増大への従業員の貢献意欲や士気を高めることを目的としたインセンティブ・プランの一環として、同制度を導入する。同制度は、同信託が同社株式を取得し、株式給付規程に基づき、一定の受益者要件を満たした従業員に対し、同社株式および株式の時価相当額の金銭を給付する仕組み。同社は、従業員に業績評価等に応じてポイントを付与し、一定の受益者要件を満たした場合に、ポイントに応じた株式等を給付する。同信託設定に係る金銭は全額を同社が拠出する。同信託の受託者はりそな銀行で、日本カストディ銀行が再信託受託者となる。同社普通株式450,000株(総額3.45億円)を、同社の自己株式処分を引き受ける方法により、2月14日(予定)に取得する。同制度の導入により、従業員は、同社の株価上昇による経済的利益を収受することができるため、株価を意識した業績向上への勤労意欲を高める効果が期待できる。また、同信託の株式についての議決権行使は、受益者要件を満たす従業員の意思が反映されるため、従業員の経営参画意識を高める効果が期待できるとしている。 <ST>
2022/01/28 17:50
注目トピックス 日本株
バイク王&カンパニー---従業員向け株式給付信託の導入に伴い第三者割当による自己株式を処分
バイク王&カンパニー<3377>は26日、第三者割当による自己株式の処分を行うことを発表。同社は、中長期的な業績の向上及び企業価値の増大への従業員の貢献意欲や士気を高めることを目的とし、「従業員向け株式給付信託」の導入を決議。締結日は、2022年2月14日(予定)。信託の期間は、制度が継続する限り継続する。同信託の受託者であるりそな銀行の再信託受託者である日本カストディ銀行(信託口)に対し、第三者割当により自己株式(普通株式450,000株)を1株につき767円(総額3.45億円)で2月14日に処分する。処分数量は、従業員に給付すると見込まれる株式の総数に相当するもので、2021年11月30日現在の発行済株式総数15,315,600株に対し、2.94%(総議決権個数139,602個に対する割合3.22%)となる。同第三者割当は、東京証券取引所の定める有価証券上場規程第432条に定める独立第三者からの意見入手及び株主の意思確認手続きは要しない。 <ST>
2022/01/28 17:48
みんかぶニュース 個別・材料
ライトワクスの公開価格は2100円に決定、2月9日マザーズ市場に新規上場
 2月9日付で東証マザーズ市場に新規上場予定のライトワークス<4267.T>の公開価格が、仮条件(1900~2100円)の上限である2100円に決定した。  同社は、人材開発に関するソリューションをクラウドサービスで提供することにより、顧客のデジタルトランスフォーメーション(DX)をサポートするHCM(ヒューマン・キャピタル・マネジメント:人的資本管理)クラウド事業を展開。プラットフォームとして「CAREERSHIP」を提供しており、更にCAREERSHIPを活用したオンライン英会話サービスも提供している。公募株式数16万株、売出株式数16万株のほか、オーバーアロットメントによる売り出し4万8000株を予定。主幹事はエイチ・エス証券。 出所:MINKABU PRESS
2022/01/28 17:45