注目トピックス 日本株

明豊ファシリ Research Memo(9):配当性向50%を目安に安定的かつ継続的な配当を実施

配信日時:2021/12/21 15:09 配信元:FISCO
■株主還元策

明豊ファシリティワークス<1717>は株主還元策として配当を実施しており、配当の基本方針としては、安定的かつ継続的な利益還元を実施していくことを掲げている。配当性向基準に関しては従来、35%を目安としてきたが、2021年3月期より50%に引き上げた。これは、内部留保の充実が図られたこと、「アットリスクCM方式」の案件がなくなり運転資金について、今後大きな負担が発生する懸念がなくなったことによる。この方針に基づき、2022年3月期の1株当たり配当金は、前期比2.0円増配の28.0円(配当性向50.2%)と9期連続の増配を予定している。なお、配当性向が50%を下回るようであれば増配が期待できることになる。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 佐藤 譲)


<YM>

Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

ニュースカテゴリ