クレジットカード・
カードローンのおすすめ紹介
search
空港ラウンジが利用できるカード10枚を徹底比較!お得な4つの選び方も解説

空港ラウンジが利用できるカード10枚を徹底比較!お得な4つの選び方も解説

クレジットカード

空港ラウンジを利用してみたい人は意外と多いのではないでしょうか?空港ラウンジが利用できるカードは1枚あると旅行や出張に便利です。本記事では、空港ラウンジが利用できるカードを10枚紹介。合わせてお得な選び方も解説するので、ぜひ参考にしてください、

◆本サイトの表記には、一部プロモーションを含みます
本コンテンツは当サイトが独自に制作しております。各広告主様やアフィリエイトサービスプロバイダ様から商品案内や広告出稿をいただくこともありますが、各事業者様がコンテンツ内容等の決定に関与することはございません。本サイトは広告およびアフィリエイトサービスにより収益を得ています。コンテンツ内で紹介した商品が成約されると、売上の一部が当サイトに還元される場合があります。

この記事の監修者

クレカアドバイザー 安保

早稲田大学商学部・経済学専攻。クレジットカードアドバイザー®︎の資格を取得。MONEY BEST専属ライターで、自身も3枚のクレジットカードを使いこなす。20人を超える利用者にインタビューを繰り返し、日々クレジットカードへの知見を深めている。

もっと読む

空港ラウンジには2種類あり!それぞれの違いを比較

空港ラウンジ カード 2種類

クレジットカード特典で利用できる空港ラウンジには、「カードラウンジ」と「空港会社ラウンジ」の2種類があります。それぞれ運営元やラウンジ数が異なるので、それぞれの違いを把握しておく必要があります。

もっと読む
空港ラウンジの種類と、それぞれの違い
  • カードラウンジはカード会社が提携しているラウンジ

  • 航空会社ラウンジは航空会社が運営しているラウンジ

以下でカードラウンジと空港会社ラウンジについて解説します。クレジットカードを上手に活用するための基礎知識として、ぜひ参考にしてみてくださいね。

もっと読む

①カードラウンジはカード会社が提携しているラウンジ

カードラウンジ_カード会社_提携ラウンジ

カードラウンジは、JCBや三井住友カードなどのカード会社が航空会社と提携して運営している空港ラウンジです。空港ラウンジと比較すると数が多い傾向があります。フリードリンクや新聞、雑誌などを楽しめるのが特徴です。

Wi-Fi利用ができるほか、シャワーを設置しているカードラウンジもあります。ただし、軽食が用意されているラウンジはなく、アルコール類は有料な場合も少なくありません。

もっと読む
クレカアドバイザー 安保
クレカアドバイザー 安保
空港ラウンジに比べると、無料の利用基準が低いのもカードラウンジの特徴ですね。ANAカードはプレミアムカードを所有していないと無料利用できませんが、カードラウンジはゴールドカードから利用できます。

②航空会社ラウンジは航空会社が運営しているラウンジ

航空会社ラウンジ_航空会社_運営

航空会社ラウンジは、ANAやJALなどの航空会社が運営しているラウンジです。ファーストクラス・ビジネスクラスの利用者や、航空会社提携のプレミアムカードを持つ方が利用でき、利用条件がカードラウンジより高い傾向があります。

ラウンジ数自体は多くないものの、軽食の提供や無料アルコールサービスなどが充実している点が特徴です。

もっと読む
クレカアドバイザー 安保
クレカアドバイザー 安保
空港ラウンジは、対象のフライトを利用している場合、有料で利用することも可能ですよ。ANAの空港ラウンジであれば1名3,000円で利用できます。

空港ラウンジが利用できるクレジットカード10枚を徹底比較

カード名 楽天ゴールド
カード
イオンゴールド
カードセレクト
JCB ゴールド
カード
エポスゴールド
カード
dカード
GOLD
三井住友カード
ゴールド(NL)
アメリカン・
エキスプレス・
ゴールド・カード
セゾンゴールド・
アメリカン・
エキスプレス・カード
ダイナース
クラブカード
三井住友カード
プラチナ
カード券面
年会費 2,200円(税込) 無料 〈本会員〉
11,000円(税込)
※初年度無料
(オンライン入会のみ)

〈家族会員〉
1名無料、
2人目1,100円(税込)
5,000円(税込)
※年間50万円以上の
利用で翌年以降が
永年無料
11,000円(税込) 5,500円(税込)
年間100万円の利用で
翌年以降永年無料※
(家族カード無料)
〈本会員〉
31,900円(税込)
〈家族カード〉
1枚目:無料
2枚目以降:
13,200円(税込)
〈本会員〉
11,000円(税込)
※初年度無料
〈家族会員〉
1,100円(税込)
〈本会員〉
24,200円(税込)
〈家族会員〉
5,500円(税込)
〈本会員〉
55,000円(税込)
〈家族会員〉
無料
国際
ブランド
Visa/Mastercard/
JCB
Visa/Mastercard/
JCB
JCB Visa Visa/Mastercard Visa/Mastercard AMEX AMEX ダイナース Visa/Mastercard
ポイント還元率 1%
100円=1pt=1円
0.5%
200円=1pt=1円
【JCBプレモチャージ】
0.5%
1,000円=1pt
200pt=1,000円
【キャッシュバック】
0.5%
200円=1pt=1円
【キャッシュバック】
1%
100円=1pt=1円
0.5%
200円(税込)=1pt=1円
0.3%
100円=1pt
3,000円=900円
【キャッシュバック】
0.67%
1,000円=1.5pt
200pt=900円
※交換商品によっては
1Pの価値は5円未満になります。
【キャッシュバック】
0.3%
100円=1pt
10,000pt=3,000円
【キャシュバック】
0.5%
200円=1pt=1円
特典 ETCカード年会費無料
利用可能枠最高200万円
トラベルデスク無料
「お客様感謝デー」
での割引
家族カード無料
国際ブランド主催の
特典
イオンラウンジ
利用兼
全国250店舗の飲食店で
飲食代またはコース代
から20%オフ
全国約1,200ヶ所の
ゴルフコースを手配
ゴルフコンペに参加
特約店でのポイント
がアップ
マルイウェブチャネル・
マルイ・モディで
ポイントアップ
利用金額に応じて、
最大1万円分のポイント
を付与
ポイント有効期限なし
ドコモ携帯料金や
ドコモ光の利用料金
1,000(税抜き)ごとに
10%ポイント還元
ケータイ補償3年間で
最大10万円
宿泊予約サービス
対象店舗ポイント
最大5%還元
サポートデスクが
24時間対応
国内外約250店舗の
レストランで、所定
のメニューを2名以上
予約すると、1名分が
無料
電話1本で旅行を手配
してくれる、HIS提携
のトラベルデスク
セゾンポイントモール
経由で、永久不滅
ポイントが最大30倍
国際線手荷物宅配
サービス
ハーツレンタカー
5〜20%オフ
会員限定イベントへ
招待
一律の利用制限枠なし
グルメ優待
トラベル優待ゴルフ優待
コンシェルジュ
サービス
航空・宿泊優待割引
空港一時預かり割引
国際線手荷物宅配
優待サービス
レジャー優待
空港
ラウンジ
空港ラウンジ
年間2回まで無料
(1年間=9/1〜8/31)
国内空港ラウンジ
無料利用
JCB空港ラウンジ
無料利用
ラウンジ・キー利用可能
(US32ドルで利用可)
エポスカード提携
空港ラウンジ無料
提携ラウンジ無料 提携ラウンジ無料 プライオリティ・パス
の年会費無料
年間2回まで利用料無料
プライオリティ・パス
優待価格で利用可能
※11,000円(税込)
セゾン国内外空港
ラウンジ無料利用
提携ラウンジ
年間10回まで無料
11回目からは
3,500円(税込)
提携ラウンジ無料利用
プライオリティ・パス
無料利用可能
利用可能
ラウンジ数
国内外49箇所 国内15箇所 【JCB空港ラウンジ】
国内外48ヶ所
【ラウンジ・キー】
国内外1,100ヶ所以上
国内外32ヶ所 国内外47ヶ所 国内外48ヶ所 国内外1,200ヶ所以上 【プライオリティ・
パス】
1,300ヶ所以上
【セゾン提携ラウンジ】
51ヶ所
国内外1,300ヶ所以上 【プライオリティ・
パス】
国内外1,300ヶ所以上
【提携ラウンジ】
国内外48ヶ所
同伴者
無料人数
0名 0名 0名
家族会員は無料
0名 0名 0名
家族会員は無料
0名
家族会員は無料
0名
家族会員は無料
0名
家族会員は無料
本会員と家族会員
それぞれ1名
※ANAラウンジは対象外
家族会員は無料
付帯
保険
【海外旅行傷害保険】
死亡後遺障害
最高2,000万円
【ショッピング
セーフティ保険】
年間300万円まで
【海外旅行傷害保険】
最高5,000万円
【国内旅行傷害保険】
最高3,000万円
【旅行傷害保険】
海外:最高1億円
国内:最高5,000万円
【国内・海外航空機
遅延保険】
最高4万円
【ショッピングガード
保険】
国内外:最高500万円
【海外旅行傷害保険】
最高1,000万円
〈賠償責任〉
最高2,000万円
【海外旅行保険】
最大1億円
【国内旅行保険】
最大5,000万円
【国内外旅行傷害保険】
最高2,000万円
※切り替え可能
【ショッピング補償】
年間300万円
【オンライン
プロテクション】
原則、全額補償
【リターン・
プロテクション】
年間最高15万円相当
【ショッピング・
プロテクション】
年間最高500万円
【海外旅行傷害保険】
最高1億円
【国内外旅行傷害保険】
最高5,000万円
【ショッピング安心保険】
年間最高200万円
【国内外旅行傷害保険】
最高1億円
【動産総合保険】
年間最高500万円
【海外・国内旅行
傷害保険】
最高1億円
【海外・国内航空
遅延保険】
最高4万円
【動産総合保険】
最高500万円
申し込み
条件
20歳以上
楽天ゴールドカード
独自の審査基準で
発行
年間利用額50万円以上
など、一定条件を
満たしている方
20歳以上で、本人に
安定継続収入の
ある方
18歳以上の方
(学生除く)
満20歳以上(学生除く)
で、安定収入がある方
満18歳以上
ご本人に安定継続収入
のある方(高校生は除く)
アメリカン・
エキスプレス所定の
審査
安定した収入があり、
社会的信用を有する
連絡可能な方
(学生・未成年を除く)
〈入会の目安〉
年齢27歳以上の方
原則として、
満30歳以上で、
本人に安定継続収入
のある方

※年間100万円利用の対象取引や算定期間等の実際の適用条件などの詳細は、三井住友カードのホームページを必ずご確認ください。

すべて見る

今回紹介するカードは、VisaやMastercard、JCB、AMEX、ダイナースなど各国際ブランドのおすすめ10枚です。すべて空港ラウンジの利用権が付いてくるため、空港ラウンジを利用したい方におすすめできます。

上記10枚のクレジットカードについて、見ていきましょう。

もっと読む

①楽天ゴールドカード

カード名 楽天ゴールド
カード
年会費 2,200円(税込)
国際ブランド Visa/Mastercard/
JCB
還元率 1%
100円=1pt=1円
空港ラウンジ 空港ラウンジ
年間2回まで無料
(1年間=9/1〜8/31)
利用可能ラウンジ数 国内外49箇所
同伴者無料人数 0名
付帯保険 【海外旅行傷害保険】
死亡後遺障害
最高2,000万円
申し込み条件 20歳以上
楽天ゴールドカード
独自の審査基準で発行
すべて見る

楽天ゴールドカードは、年会費が2,200円とお手頃ながら、旅行関連の特典が充実したカードです。空港ラウンジは年2回まで無料で利用できます。

また海外旅行傷害保険は最高2,000万円まで補償します。20歳以上であれば申し込みができるので、旅行によく行く方や、なるべくコストをかけずにゴールドカードがほしい方におすすめです。

もっと読む

対象空港ラウンジ

対象の空港ラウンジは、楽天カードが提携している国内外49ヶ所のラウンジです。提携ラウンジとしては少なくない数と言えます。

もっと読む
クレカアドバイザー 安保
クレカアドバイザー 安保
今回紹介するカードの中でも、楽天ゴールドカードは年会費が安く手にしやすいカードです。

②イオンゴールドカードセレクト

カード名 イオンゴールド
カードセレクト
年会費 無料
国際ブランド Visa/Mastercard/
JCB
還元率 0.5%
200円=1pt=1円
空港ラウンジ 国内空港ラウンジ
無料利用
利用可能ラウンジ数 国内15箇所
同伴者無料人数 0名
付帯保険 【ショッピング
セーフティ保険】
年間300万円まで
【海外旅行傷害保険】
最高5,000万円
【国内旅行傷害保険】
最高3,000万円
申し込み条件 年間利用額50万円以上
など、一定条件を
満たしている方
すべて見る

イオンゴールドカードセレクトは、旅行関連だけでなくショッピング関連の特典も手厚いカードです。イオンカードが提携している国内15ヶ所のラウンジが利用でき、快適に旅行できます。

また、空港以外にも全国のイオン店内にあるイオンラウンジも利用可能です。一般カード同様に「お客様感謝デー」での割引や、イオン系列でのポイント特典もあるので、日常のシーンでもお得に利用できます。

もっと読む

対象空港ラウンジ

対象空港ラウンジは、上記のとおり国内の15ヶ所です。海外ラウンジが含まれていませんが、回数制限がないのはうれしい特典と言えます。

もっと読む
クレカアドバイザー 安保
クレカアドバイザー 安保
年会費無料も大きなポイントです。一般カードでの年間利用金額50万円以上の方向けとなっていますが、普段使いであれば比較的申し込みやすい条件となっています。

③JCB ゴールドカード

カード名 JCB ゴールド
カード
年会費 〈本会員〉
11,000円(税込)
※初年度無料
(オンライン入会のみ)

〈家族会員〉
1名無料、
2人目1,100円(税込)
国際ブランド JCB
還元率 【JCBプレモチャージ】
0.5%
1,000円=1pt
200pt=1,000円
空港ラウンジ JCB空港ラウンジ
無料利用
ラウンジ・キー利用可能
(US32ドルで利用可)
利用可能ラウンジ数 【JCB空港ラウンジ】
国内外48ヶ所
【ラウンジ・キー】
国内外1,100ヶ所以上
同伴者無料人数 0名
家族会員は無料
付帯保険 【旅行傷害保険】
海外:最高1億円
国内:最高5,000万円
【国内・海外航空機
遅延保険】
最高4万円
【ショッピングガード
保険】
国内外:最高500万円
申し込み条件 20歳以上で、本人に
安定継続収入の
ある方
すべて見る

JCBカードゴールドは、飲食店やゴルフなどの優待が手厚いクレジットカードです。空港ラウンジ利用権は、「JCB提携ラウンジ」と「ラウンジ・キーで利用可能なラウンジ」の2種類が利用できます。

また、海外旅行傷害保険が最高1億円、ショッピングガード保険は最高500万円と、付帯保険も手厚いカードです。条件を満たせばプレミアムカードの招待が来るので、ハイステータスカードがほしい方にもおすすめですよ。

もっと読む

対象空港ラウンジ

利用できるラウンジは、国内外48ヶ所のJCB提携のラウンジと、ラウンジ・キーで利用できる国内外1,100ヶ所以上のラウンジです。

ラウンジ・キーが使えるだけで、かなり利用できるラウンジ数が増えます。年会費は安くありませんが、旅行によく行く方におすすめです。

もっと読む
クレカアドバイザー 安保
クレカアドバイザー 安保
プレミアムカードは、「JCB ザ・クラス」に次ぐ上位カードです。JCBのプロパーカードの中では上位2位のカードで、非常にステータス性が高いカードとなっています。

④エポスゴールドカード

カード名 エポスゴールド
カード
年会費 5,000円(税込)
※年間50万円以上の
利用で翌年以降が
永年無料
国際ブランド Visa
還元率 【キャッシュバック】
0.5%
200円=1pt=1円
空港ラウンジ エポスカード提携
空港ラウンジ無料
利用可能ラウンジ数 国内外32ヶ所
同伴者無料人数 0名
付帯保険 【海外旅行傷害保険】
最高1,000万円
〈賠償責任〉
最高2,000万円
申込み条件 18歳以上の方
(学生除く)
すべて見る

エポスゴールドカードは、高額すぎない年会費と手厚い特典が魅力の、バランスがとれたカードです。条件を満たせばプラチナカードへのインビテーションも受け取れます。

ショップ利用でポイント還元が最大3倍になる特典や、利用金額に応じたポイント付与など、ポイント還元の特典も豊富です。

もっと読む
エポスゴールドカード_公式スクショ

対象空港ラウンジ

対象空港ラウンジは、エポスカードが提携している国内外32ヶ所のラウンジです。無料で利用でき、回数制限もないので、旅行に頻繁に行く方におすすめします。

もっと読む
クレカアドバイザー 安保
クレカアドバイザー 安保
年間利用額50万円以上利用で年会費が無料になるので、日常生活でカードをよく利用する方であれば、発行を検討してみてはどうでしょうか。

⑤dカード GOLD

カード名 dカード
GOLD
年会費 11,000円(税込)
国際ブランド Visa/Mastercard
還元率 【キャッシュバック】
1%
100円=1pt=1円
空港ラウンジ 提携ラウンジ無料
利用可能ラウンジ数 国内外47ヶ所
同伴者無料人数 0名
付帯保険 【海外旅行保険】
最大1億円
【国内旅行保険】
最大5,000万円
申込み条件 満20歳以上(学生除く)
で、安定収入がある方
すべて見る

dカード ゴールドは、docomo携帯ユーザーにおすすめのクレジットカードです。ドコモケータイやドコモ光で最大10%還元が受けられるほか、ケータイ補償では3年間で最大10万円の補償が受けられます。

海外旅行保険が最大1億円、国内旅行保険は最大5,000万円と旅行関連の付帯保険もとても手厚いです。携帯回りの料金支払いをお得にしたい方には、このdカード ゴールドをおすすめします。

もっと読む
dカードGOLD_海外旅行傷害保険_公式スクショ
dカードGOLD_国内旅行傷害保険_公式スクショ

対象空港ラウンジ

dカードGOLD_空港ラウンジ_公式スクショ

対象空港ラウンジは、dカードが提携している国内外47ヶ所のラウンジです。海外は1ヶ所(ハワイ)のみですが、回数制限なく利用できます。

もっと読む
クレカアドバイザー 安保
クレカアドバイザー 安保
携帯料金や電気代は継続して発生する支出なので、その支払いをお得にすると、自動的にポイントが貯まりやすくなります。

⑥三井住友カード ゴールド(NL)

smbc_三井住友ゴールドカードNL
カード名 三井住友カード
ゴールド(NL)
年会費 5,500円(税込)
※年間100万円のご利用で翌年以降の年会費永年無料
※年間100万円利用の対象取引や算定期間等の実際の適用条件などの詳細は、三井住友カードのホームページを必ずご確認ください。
国際ブランド Visa・Mastercard
ポイント還元率 0.5%
200円(税込)=1pt=1円分
空港ラウンジ 提携ラウンジ無料
利用可能ラウンジ数 国内外48ヶ所
同伴者無料人数 0名
家族会員は無料
付帯保険 【国内外旅行傷害保険】最高2,000万円※切り替え可能
【ショッピング補償】年間300万円
申し込み条件 満18歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方(高校生は除く)
すべて見る

三井住友カード ゴールド(NL)は、旅行関連の特典と好条件なポイント還元率、優待等が手厚いバランスの良いカードです。対象店舗で、スマホのタッチ決済を利用すれば、最大7%のポイント還元※を受けることができます。

もっと読む

※スマホのVisaのタッチ決済・Mastercard®タッチ決済で支払うことが条件です。
※iD、カードの差し込み、磁気取引は対象外です。
※商業施設内にある店舗などでは、一部ポイント付与の対象となりません。
※一定金額(原則1万円)を超えると、タッチ決済でなく、決済端末にカードを挿しお支払いただく場合がございます。その場合のお支払い分は、タッチ決済分のポイント還元の対象となりませんので、ご了承ください。上記、タッチ決済とならない金額の上限は、ご利用される店舗によって異なる場合がございます。
※通常のポイントを含みます。
※ポイント還元率は利用金額に対する獲得ポイントを示したもので、ポイントの交換方法によっては、1ポイント1円相当にならない場合があります

もっと読む

宿泊予約サービスや、24時間のサポートデスクなど、日常使いから特別なイベントでの利用まで、幅広い部分で手厚いサポートがあるのが魅力のカードです。

もっと読む

対象空港ラウンジ

対象空港ラウンジは、提携している国内外48ヶ所のラウンジです。同伴者が無料になる特典はないものの、家族会員であれば無料で本会員と同じく無料で利用できます。

もっと読む
クレカアドバイザー 安保
クレカアドバイザー 安保
空港ラウンジについて、家族会員が無料になるかは、クレジットカード選択で重要な要素となります。家族人数が多い方はしっかりとチェックしておきましょう。

⑦アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

カード名 アメリカン・
エキスプレス・
ゴールド・カード
年会費 〈本会員〉
31,900円(税込)
〈家族カード〉
1枚目:無料
2枚目以降:
13,200円(税込)
国際ブランド AMEX
還元率 0.3%
100円=1pt
3,000円=900円
空港ラウンジ プライオリティ・パス
の年会費無料
年間2回まで利用料無料
利用可能ラウンジ数 国内外1,200ヶ所以上
同伴者無料人数 0名
家族会員であれば利用可
付帯保険 【オンライン
プロテクション】
原則、全額補償
【リターン・
プロテクション】
年間最高15万円相当
【ショッピング・
プロテクション】
年間最高500万円
【海外旅行傷害保険】
最高1億円
申し込み条件 アメリカン・
エキスプレス所定の
審査
すべて見る

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、アメックスならではの手厚い特典が魅力のカードです。返品不可商品に関する補償「リターン・プロテクション」や、ショッピング・プロテクションなど買い物関連の補償も豊富ですよ。

海外旅行傷害保険も最高1億円と、非常に手厚いのが特徴です。ステータス性の高さもアメックスの魅力で、そうした点を重視する方におすすめします。

もっと読む

対象空港ラウンジ

ana_anaアメリカンエキスプレス anaアメックス 飛行機 ラウンジ

対象空港ラウンジは、プライオリティ・パスの対象となっている国内外1,200ヶ所以上のラウンジです。年間2回までの制限はありますが、3回目以降も有料で利用できます。

もっと読む
クレカアドバイザー 安保
クレカアドバイザー 安保
年間のラウンジ利用回数制限は、旅行の頻度によってお得度が大きく異なります。頻繁に旅行に行く方は、回数制限のないカードがおすすめです。

⑧セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード

カード名 セゾンゴールド・
アメリカン・
エキスプレス・カード
年会費 〈本会員〉
11,000円(税込)
※初年度無料
〈家族会員〉
1,100円(税込)
国際ブランド AMEX
還元率 【キャッシュバック】
0.67%
1,000円=1.5pt
200pt=900円
※交換商品によっては
1Pの価値は5円未満になります。
空港ラウンジ プライオリティ・パス
優待価格で利用可能
※11,000円(税込)
セゾン国内外空港
ラウンジ無料利用
利用可能ラウンジ数 【プライオリティ・
パス】
1,300ヶ所以上
【セゾン提携ラウンジ】
51ヶ所
同伴者無料人数 0名
家族会員は無料
付帯保険 【国内外旅行傷害保険】
最高5,000万円
【ショッピング安心保険】
年間最高200万円
申し込み条件 安定した収入があり、
社会的信用を有する
連絡可能な方
(学生・未成年を除く)
すべて見る

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード(セゾンゴールド・アメックス)は、空港だけでなく、宿泊やレンタカーなど旅行全般に関する特典も手厚いカード。国内外の旅行傷害保険は最高5,000万円で、万が一のトラブルでも安心ですね。

また、貯まるポイントが「永久不滅ポイント」なのも魅力です。ポイントの有効期限を気にせず利用できるので、ポイントを貯めすぎて失効しがちな人も利用しやすいですよ。

もっと読む

対象空港ラウンジ

セゾンゴールド・アメックスが対象とする空港ラウンジは、プライオリティ・パスの対象となっている国内外1,300ヶ所以上のラウンジと、セゾンの提携ラウンジ51ヶ所です。

同カードはプライオリティ・パスのラウンジとセゾン提携ラウンジどちらも使えるので、利用できるラウンジ数はトップクラスとなっています。

もっと読む
クレカアドバイザー 安保
クレカアドバイザー 安保
利用できる空港ラウンジ数が多いカードは、海外旅行によく行く方には嬉しい特典ですね。

⑨ダイナースクラブカード

ダイナースクラブカード
カード名 ダイナース
クラブカード
年会費 〈本会員〉
24,200円(税込)
〈家族会員〉
5,500円(税込)
国際ブランド ダイナース
還元率 【キャッシュバック】
0.3%
100円=1pt
10,000pt=3,000円
空港ラウンジ 提携ラウンジ
年間10回まで無料
11回目からは
3,500円(税込)
利用可能ラウンジ数 国内外1,300ヶ所以上
同伴者無料人数 0名
家族会員は無料
付帯保険 【国内外旅行傷害保険】
最高1億円
【動産総合保険】
年間最高500万円
申し込み条件 〈入会の目安〉
年齢27歳以上の方
すべて見る

ダイナースクラブカードは、旅行系の特典だけでなく、エンタメやグルメ系の優待も手厚いクレジットカードです。会員限定イベントへの招待や、グルメ優待などもあり、日常をワンランクアップしてくれます。

もっと読む

国内外の旅行傷害保険が最高1億円と手厚いのも、ダイナースクラブカードを所有する大きなメリットです。後述する空港ラウンジ特典も手厚く、旅行関連の特典も充実しています。

もっと読む

対象空港ラウンジ

ダイナースクラブカードの対象空港ラウンジは、国内外合わせて1,300ヶ所以上。年間10回まで無料で、それ以降は3,500円の利用料が発生します。

もっと読む
クレカアドバイザー 安保
クレカアドバイザー 安保
利用回数の制限はありますが、行き帰りで1回ずつ使っても、年間5往復までは無料で使えます。年間の旅行や出張回数が5回以内の方は、大きな影響はありません。

⑩三井住友カード プラチナ

三井住友カードプラチナ
カード名 三井住友カード
プラチナ
年会費 〈本会員〉
55,000円(税込)
〈家族会員〉
無料
国際ブランド Visa/Mastercard
ポイント還元率 【キャシュバック】
0.5%
200円(税込)=1pt=1円分
空港ラウンジ 提携ラウンジ無料利用
プライオリティ・パス
無料利用可能
利用可能ラウンジ数 【プライオリティ・
パス】
国内外1,300ヶ所以上
【提携ラウンジ】
国内外48ヶ所
同伴者無料人数 本会員と家族会員
それぞれ1名
※ANAラウンジは対象外
家族会員は無料
付帯保険 【海外・国内旅行
傷害保険】
最高1億円
【海外・国内航空
遅延保険】
最高4万円
【動産総合保険】
最高500万円
申し込み条件 原則として、
満30歳以上で、
本人に安定継続収入
のある方
すべて見る

三井住友カード プラチナは、今回紹介する中では唯一のプラチナカードです。年会費は55,000円(税込)と比較的高額ですが、その分非常にステータス性が高く、コンシェルジュサービスや宿泊優待割引など、特典も手厚いのが魅力となっています。

最大1億円の海外・国内旅行傷害保険やレジャー優待が付くなど、さまざまな補償・優待があるのもこのカードの魅力です。

もっと読む

対象空港ラウンジ

三井住友カード プラチナが対象とする空港ラウンジは、プライオリティ・パスの対象となっている国内外1,300ヶ所以上のラウンジと、提携している国内外48ヶ所のラウンジです。

合計1,400近くのラウンジを使えるのはもちろん、同伴者が1名まで無料で利用できるのもうれしいですよね。大事な人との旅行にもぴったりです。

もっと読む
クレカアドバイザー 安保
クレカアドバイザー 安保
今回紹介するカードの中で、唯一同伴者が無料で利用できるカードです。家族会員無料のカードはほかにもありますが、同伴者と一緒に利用したい方にはこちらのカードをおすすめします。

空港ラウンジカードの4つの選び方

空港ラウンジカード_選び方

空港ラウンジ利用権が付帯する10枚のクレジットカードを紹介しましたが、これだけあると迷ってしまう方も多いですよね。そこで、以下では空港ラウンジカードの選び方を4つ紹介します。

もっと読む
空港ラウンジカードの4つの選び方
  • 年会費で選ぶ

  • 特典・サービスで選ぶ

  • ラウンジ数で選ぶ

  • 保険で選ぶ

上記4つのポイントを知っていると、自分に合ったカードを選びやすくなります。ぜひ以下の解説を参考にしてください。

もっと読む

①年会費で選ぶ

空港ラウンジカード_選び方_年会費

年会費は、クレジットカードを選ぶポイントのなかで最も基本的かつ重要です。継続して発生するコストになるので、気になる方は「年会費無料」もしくは「条件達成で年会費無料」のものを選びましょう。

もっと読む
カード名 年会費
楽天ゴールド
カード
2,200円(税込)
イオンゴールド
カードセレクト
無料
JCB ゴールド
カード
〈本会員〉
11,000円(税込)
※初年度無料
(オンライン入会のみ)

〈家族会員〉
1名無料、
2人目1,100円(税込)
エポスゴールド
カード
5,000円(税込)
※年間50万円以上の
利用で翌年以降が
永年無料
dカード
GOLD
11,000円(税込)
三井住友カード
ゴールド(NL)
5,500円(税込)
年間100万円の利用で
翌年以降永年無料※
(家族カード無料)
アメリカン・
エキスプレス・
ゴールド・カード
〈本会員〉
31,900円(税込)
〈家族カード〉
1枚目:無料
2枚目以降:
13,200円(税込)
セゾンゴールド・
アメリカン・
エキスプレス・カード
〈本会員〉
11,000円(税込)
※初年度無料
〈家族会員〉
1,100円(税込)
ダイナース
クラブカード
〈本会員〉
24,200円(税込)
〈家族会員〉
5,500円(税込)
三井住友カード
プラチナ
〈本会員〉
55,000円(税込)
〈家族会員〉
無料

※年間100万円利用の対象取引や算定期間等の実際の適用条件などの詳細は、三井住友カードのホームページを必ずご確認ください。

すべて見る

今回紹介したカードのなかでは、「イオンゴールドカードセレクト」や「エポスゴールドカード」は、条件をクリアすれば年会費無料で利用できます。

もっと読む
クレカアドバイザー 安保
クレカアドバイザー 安保
年会費が安いものは、年会費が高額なものに比べれば特典が少ない傾向があります。年会費と特典のバランスを見極めることが重要です。

②特典・サービスで選ぶ

空港ラウンジカード_選び方_特典・サービス

特典やサービスの充実度で選ぶのも、クレジットカードを選ぶ際に大切になるポイントです。特典やサービスが少ないと、年会費分のメリットを感じにくくなってしまいますよね。

年会費の高額なカードを所有するメリットには「ステータス性」だけでなく「日常をワンランク高めてくれる」ものもあります。普段使いを想定しながら、自分に適した特典を吟味してみてください。

もっと読む
クレカアドバイザー 安保
クレカアドバイザー 安保
特典が手厚くても、自分が普段使わないようなカードでは意味がありません。特典の豪華さに惑わされず、あくまで普段利用をイメージしてください。

③ラウンジ数で選ぶ

空港ラウンジカード_選び方_ラウンジ数
カード名 利用可能ラウンジ数
楽天ゴールド
カード
国内外49箇所
イオンゴールド
カードセレクト
国内15箇所
JCB ゴールド
カード
【JCB空港ラウンジ】
国内外48ヶ所
【ラウンジ・キー】
国内外1,100ヶ所以上
エポスゴールド
カード
国内外32ヶ所
dカード
GOLD
国内外47ヶ所
三井住友カード
ゴールド(NL)
国内外48ヶ所
アメリカン・
エキスプレス・
ゴールド・カード
国内外1,200ヶ所以上
セゾンゴールド・
アメリカン・
エキスプレス・カード
【プライオリティ・
パス】
1,300ヶ所以上
【セゾン提携ラウンジ】
51ヶ所
ダイナース
クラブカード
国内外1,300ヶ所以上
三井住友カード
プラチナ
【プライオリティ・
パス】
国内外1,300ヶ所以上
【提携ラウンジ】
国内外48ヶ所
すべて見る

上記のカードの多くは「提携ラウンジ+プライオリティ・パスやラウンジ・キーのラウンジ」の2種類を利用できます。

また、提携ラウンジ数が40を超えているものは、利用可能ラウンジのほとんどが国内主要空港で占められています。国内旅行・出張がメインの方は、提携ラウンジ40ヶ所以上のものであれば、大きな問題はありません。

もっと読む
クレカアドバイザー 安保
クレカアドバイザー 安保
国内よりも海外のラウンジをよく利用する人は、「プライオリティ・パス」が特典として付帯するカードを選びましょう。

④保険で選ぶ

空港ラウンジカード_選び方_保険
カード名 付帯保険
楽天ゴールド
カード
【海外旅行傷害保険】
死亡後遺障害
最高2,000万円
イオンゴールド
カードセレクト
【ショッピング
セーフティ保険】
年間300万円まで
【海外旅行傷害保険】
最高5,000万円
【国内旅行傷害保険】
最高3,000万円
JCB ゴールド
カード
【旅行傷害保険】
海外:最高1億円
国内:最高5,000万円
【国内・海外航空機
遅延保険】
最高4万円
【ショッピングガード
保険】
国内外:最高500万円
エポスゴールド
カード
【海外旅行傷害保険】
最高1,000万円
〈賠償責任〉
最高2,000万円
dカード
GOLD
【海外旅行保険】
最大1億円
【国内旅行保険】
最大5,000万円
三井住友カード
ゴールド(NL)
【国内外旅行傷害保険】
最高2,000万円
※切り替え可能
【ショッピング補償】
年間300万円
アメリカン・
エキスプレス・
ゴールド・カード
【オンライン
プロテクション】
原則、全額補償
【リターン・
プロテクション】
年間最高15万円相当
【ショッピング・
プロテクション】
年間最高500万円
【海外旅行傷害保険】
最高1億円
セゾンゴールド・
アメリカン・
エキスプレス・カード
【国内外旅行傷害保険】
最高5,000万円
【ショッピング安心保険】
年間最高200万円
ダイナース
クラブカード
【国内外旅行傷害保険】
最高1億円
【動産総合保険】
年間最高500万円
三井住友カード
プラチナ
【海外・国内旅行
傷害保険】
最高1億円
【海外・国内航空
遅延保険】
最高4万円
【動産総合保険】
最高500万円
すべて見る

各カードの付帯保険に関しては、カードごとに大きな差があります。とくに「海外・国内旅行傷害保険」は5,000万円ほどの差があり、頻繁に旅行する方には大きな選択ポイントです。

海外でケガをしてしまった場合、高額な治療費を請求されることもあります。そのため、こうした付帯保険も忘れずに確認しておくのがおすすめですよ。

もっと読む
クレカアドバイザー 安保
クレカアドバイザー 安保
付帯保険は年会費と連動していると考えがちですが、「イオンカードゴールドセレクト」のように、年会費無料にもかかわらず保険が手厚いカードもあります。

空港ラウンジカードを利用する2つのメリット

空港ラウンジカードは年会費が高額なものも多く、所有するメリットが分からなくなる方も多いでしょう。また、選び方が分かっても、いまいち良さが分からず申し込みに踏み切れない方もいますよね。

ここからは空港ラウンジカードを利用する2つのメリットについて解説します。申し込みを検討している方は、参考にしてください。

もっと読む
空港ラウンジカードを利用する2つのメリット
  • ステータス性の高いカードを持てる

  • ラウンジでゆったりできるサービスを受けられる

こうしたメリットを把握しておくと、心置きなく申し込みができるだけでなく、発行後も有効活用しやすくなります。ぜひ、カード発行前にご覧ください。

もっと読む

①ステータス性の高いカードを持てる

h3_空港ラウンジカード_メリット_ハイステータスカードを持てる

空港ラウンジが無料利用できるクレジットカードは、ゴールドカードやプラチナカードなど、ステータス性が高いのが特徴。ハイステータスカードは所有者の信用度を高めるだけでなく、所有欲も満たしてくれます。

また、ステータス性の高いカードは、前述のとおり補償や優待の特典が手厚いのも魅力です。利用限度額も高く設定されることが多く、使い方の幅が広がりますよ。

もっと読む
クレカアドバイザー 安保
クレカアドバイザー 安保
利用限度額が低いと大きな買い物に使えず、貯まるはずだったポイントを取り逃す事態にも繋がります。限度額を気にせず買い物ができるのは、ステータス性の高いカードならではです。

②ラウンジでゆったりできるサービスを受けられる

h3_空港ラウンジカード_メリット_ラウンジでゆっくり

空港ラウンジでは、数多くのサービスを受けられます。主なサービスはソフトドリンクや新聞、雑誌類の提供、Wi-Fiやコンセントの無料利用などです。

もっと読む
空港ラウンジで利用できるサービスの例
  • ソフトドリンクの提供

  • 新聞や雑誌などの提供

  • Wi-Fiやコンセントの利用

  • 軽食やアルコール、シャワーを提供している場所もある

また軽食やアルコールドリンク、シャワーを提供しているラウンジもあります。こうしたサービスを利用すれば、飛行機の待ち時間を有意義かつ快適に過ごすことができます。

もっと読む
クレカアドバイザー 安保
クレカアドバイザー 安保
空港ラウンジを利用すると、飛行機の待ち時間に仕事を進めたり、体力を回復したりしやすくなります。忙しいビジネスマンにも、利用をおすすめしたいサービスです。

空港ラウンジカードの2つのデメリット

数多くのメリットがある空港ラウンジカードですが、発行・所有にあたってはデメリットもあります。デメリットを把握しなかったためにうまく使いこなせず、解約してしまうケースもあるため、ここで確認しておきましょう。

もっと読む
空港ラウンジカードの2つのデメリット
  • すべてのカードで同伴者無料なわけではない

  • 空港ラウンジがすべて無料なわけではない

上記2つのデメリットを把握し、納得したうえで発行すれば、発行後も大きなトラブルなく利用しやすくなります。ぜひ以下の解説をご覧になり、申し込み前の判断材料としてお役立てください。

もっと読む

①全てのカードで同伴者無料なわけではない

h3_空港ラウンジカード_デメリット_同伴者

同伴者(会員以外の方)も無料で利用できるのは、「三井住友カード プラチナ」のみです。それ以外のカードは、3,000円前後のラウンジ利用料金が発生しますので、注意してください。

もっと読む
カード名 同伴者無料人数
楽天ゴールド
カード
0名
イオンゴールド
カードセレクト
0名
JCB ゴールド
カード
0名
家族会員は無料
エポスゴールド
カード
0名
dカード
GOLD
0名
三井住友カード
ゴールド(NL)
0名
家族会員は無料
アメリカン・
エキスプレス・
ゴールド・カード
0名
家族会員は無料
セゾンゴールド・
アメリカン・
エキスプレス・カード
0名
家族会員は無料
ダイナース
クラブカード
0名
家族会員は無料
三井住友カード
プラチナ
本会員と家族会員
それぞれ1名
※ANAラウンジは対象外
家族会員は無料
すべて見る

ただし、上記で「家族会員は無料」となっているカードは、家族カードを提示すれば無料で空港ラウンジが利用できます。もし無料で利用したい場合は、家族カードの発行も検討してみてください。

もっと読む
クレカアドバイザー 安保
クレカアドバイザー 安保
三井住友カード プラチナは、ラウンジ利用は無料ですが年会費55,000円(税込)と高額です。ラウンジ料金は数千円なので、ゴールドカードの年会費で利用料金を払ってラウンジ利用をした方が、年間コストで見れば低いこともありますよ。

②空港ラウンジが全て無料なわけではない

h3_空港ラウンジカード_デメリット_有料サービス

空港ラウンジのサービスは、すべて無料で利用できるわけではありません。たとえば、三井住友カードが提携している空港ラウンジの場合、アルコールやFAX、コピー、マッサージ器の利用は有料となっています。

楽天カードのラウンジも同様で、おつまみやお弁当、コピーなどは有料です。このように、利用自体は無料でもすべてのサービスが無料で利用できるわけではない点に、注意が必要です。

もっと読む
クレカアドバイザー 安保
クレカアドバイザー 安保
ラウンジによっては、アルコールや軽食の提供がない場所もあります。各カードの公式ホームページにある「空港ラウンジ情報」を参照し、よく利用する空港のラウンジサービスについて事前に調べておくことをおすすめします。

空港ラウンジカードに関するよくあるQ&A

amade_よくある質問・Q&A

空港ラウンジカードのメリット・デメリットを把握したうえで、発行したいカードが見つかっても、「上位カードを発行したことがなくて不安」といった方も少なくありません。

ここからは空港ラウンジカードに関してよくある質問について見ていきましょう。

もっと読む
空港ラウンジカードに関するよくあるQ&A
  • プライオリティパスとはなんですか?

  • ラウンジキーとはなんですか?

  • 最強の空港ラウンジカードは?

とくに年会費が高額なカードは、発行前の不安も大きくなりやすいです。以下で上記3つの質問について解説しますので、不安がある方は、ぜひご覧ください。

もっと読む

Q.1|プライオリティ・パスとはなんですか?

プライオリティ・パスとは、世界1,300ヶ所の空港ラウンジが利用できるサービスです。以下、3つのカードでは、年会費や利用料金が無料もしくは優待価格で利用できます。

もっと読む
プライオリティ・パスの対象カード
  • アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

  • セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード

  • 三井住友カード プラチナ

プライオリティ・パスは上記クレジットカード以外でも通常の申し込みで利用できますが、年会費とは別に、約14,000〜60,000円の利用料金が発生します。

そのため、無料や優待価格で利用できる上記3つのカードは、非常にお得度が高いカードです。

もっと読む
クレカアドバイザー 安保
クレカアドバイザー 安保
プライオリティ・パスのラウンジ利用料金は32ドル(約4,500円)です。「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」は年間2回まで利用料金も無料なので、非常にお得と言えますね。

Q.2|ラウンジ・キーとはなんですか?

ラウンジ・キーとは、世界1,100ヶ所以上のラウンジを利用できるサービスです。JCBグループ発行の「ザ・クラス」「プラチナ」「ゴールド ザ・プレミア」「ゴールド」会員が対象となっています。

もっと読む
ラウンジキーの対象カード
  • JCBゴールドカード

別途、空港ラウンジ利用料金が発生しますが、1回32ドル(約4,500円)とプライオリティ・パスと同等です。ドリンクや軽食、会議室、シャワー等を利用でき、隙間時間を快適に過ごせます。

もっと読む
クレカアドバイザー 安保
クレカアドバイザー 安保
プライオリティ・パスよりも対象ラウンジ数が200ヶ所ほど少ないですが、「JCBゴールドカード」はJCB提携のラウンジも使用できるので、実質互角になります。

Q.3|最強の空港ラウンジカードは?

最強の空港ラウンジカードは、「セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード」です。プライオリティ・パス対象の世界1,300ヶ所以上の空港ラウンジと、セゾンカードが提携している51ヶ所のラウンジが利用できます。

今回ご紹介するカードのなかで、合計1350ヶ所以上の空港ラウンジを使えるのは「セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード」のみ。より多くの空港ラウンジを利用したいなら必見ですよ。

もっと読む
saison_amex_セゾンゴールドアメックス
クレカアドバイザー 安保
クレカアドバイザー 安保
「三井住友カード プラチナ」も、プライオリティ・パス+提携ラウンジで、約1350ヶ所の空港ラウンジを利用できます。

空港ラウンジカードは快適なフライトをしたい方におすすめ

空港ラウンジカードを利用すれば、人が絶え間なく行き交う空港ロビーから離れ、落ち着いた空間で待ち時間を過ごせます。快適な旅行をしたい方には、ぜひ利用していただきたいものです。

本記事をご覧になって空港ラウンジカードに興味を持った方は、年会費や付帯保険、その他特典などとのバランスも考慮しながら、ご自身にぴったりのカードを探してみてください。

もっと読む
K-ZONE money 編集部

K-ZONE money 編集部