auカブコム証券とは?特徴や口座開設するメリットについて解説

投稿日:2023/06/07 最終更新日:2023/09/21
article hero image

auカブコム証券は、三菱UFJホールディングスと、auフィナンシャルホールディングスが運営している証券会社です。
取引手数料が安い、オンラインで取引できる・auグループと連携しているためPontaポイントやau PAY, au WALLETが使えたり、お得な特典やキャンペーンがあるなどが特徴的です。
そのため、au/UQ mobileユーザー、Pontaポイントを日頃使用している投資初心者におすすめの証券口座となっています。

 

本コンテンツは当サイト編集部が独自に制作しております。各広告主様やアフィリエイトサービスプロバイダ様から商品案内や広告出稿をいただくこともありますが、各事業者様がコンテンツ内容等の決定に関与することはございません。本サイトは広告およびアフィリエイトサービスにより収益を得ています。コンテンツ内で紹介した商品が成約されると、売上の一部が当サイトに還元される場合があります。

この記事の監修者

expert img

菅原良介

株式会社Finatext

証券アナリスト

Finatext サービスディレクター・アナリスト。日本テクニカル協会認定テクニカルアナリスト。早稲田大学 政治経済学部 経済学科卒業。Finatextグループで展開される投資・証券サービスのディレクターを担当する傍ら、アナリストとしても活動。グループで展開するコミュニティ型株取引アプリSTREAM内で開催されるイベントのモデレーターなども務め、国内メディアへの寄稿も行う。

今回はauカブコム証券について紹介します。auカブコム証券には特徴や口座開設するメリットが多くあり、非常に魅力的な証券口座となっています。

今回の記事を参考にして、auカブコム証券の口座開設を検討してみましょう。

auカブコム証券とは?

default alt


auカブコム証券は、三菱UFJホールディングスと、auフィナンシャルホールディングスが運用している証券会社です。「顧客投資成績重視の経営」を掲げており、顧客に寄り添ったサービスが特徴的です。

またシステム開発を強みとしており、大手ネット証券の中では唯一、システムを全て内製化しているという点も特徴の一つです。バックシステムからフロントシステムまでを内製化することによって、「自動売買」や「kabuステーション」など特色あるサービスを展開しています。

この記事では、auカブコム証券の特徴やメリット、おすすめの人の特徴、口座開設の方法について解説していきます。

参考:auカブコム証券「auカブコム証券について

auカブコム証券の特徴とメリット

auカブコム証券の特徴やメリットを5つの観点から説明していきます。

  特徴  

  1. 取引手数料が安い
  2. オンラインで取引ができる
  3. Pontaポイントが貯まる、使える
  4. auグループと連携した特典やキャンペーンがある
  5. au PAYやau WALLETと連携して便利に利用できる

取引手数料が安い

auカブコム証券では、「ワンショット手数料コース」と「1日定額手数料コース」の2つのプランから選ぶことが可能です。

「ワンショット手数料コース」は1注文の約定金額(※1)に応じて取引手数料が決定するコースで、1回の注文での約定代金が大きい人や取引頻度の多い人におすすめのプランになっています。

現物取引(※2)の手数料は以下のようになります。

約定取引 現物手数料(税込)
0円超〜5万円以下 55円
5万円超〜10万円以下 99円
10万円超〜20万円以下 115円
20万円超〜50万円以下 275円
50万円超〜100万円以下 535円
100万円超 約定金額×0.099%(税込)+99円【上限:4,059円】

表からもわかるように約定代金が高くなるほど手数料が高くなります。では、このauカブコム証券の手数料は、他の証券口座と比較してどのくらいなのでしょうか。

約定金額 auカブコム証券
(ワンショット手数料)
SBI証券
(スタンダートプラン)
楽天証券
(超割コース)
マネックス証券
(取引毎手数料コース)
岡三オンライン
(ワンショット)
0円超〜5万円以下 55円 55円 55円 55円 108円
5万円超〜10万円以下 99円 99円 99円 99円 108円
10万円超〜20万円以下 115円 115円 115円 115円 220円
20万円超〜50万円以下 275円 275円 275円 275円 385円
50万円超〜100万円以下 535円 535円 535円 535円 660円
100万円超〜150万円以下 1,089~1,584円 640円 640円 640円 1,100円
150万円超〜300万円以下 1,584~3,069円 1,013円 1,013円 1,013円 1,650円
300万円超〜3,000万円以下 3,069~4,059円 1,013円 1,013円 1,013円 1,650~3,300円
3,000万円超 4,059円 1,013円 1,013円 1,013円 3,300円
  100万円超
約定金額×0.099%(税込)+99円
【上限:4,059円】
      300円超
100万円ごとに330円ずつ増加
【上限:3,300円】

他の証券会社と比べると、約定代金が100万円超の場合は、手数料が割高になっていることがわかります。一方で150万円以下であれば、他の主要な証券会社と変わりません。

もう一つは「1日定額手数料コース」で、こちらは1日の約定代金合計額に応じて取引手数料が決定します。1日の約定代金が100万円までは手数料が0円になるので、少額での取引を行う人や、少額で1日何度も取引を行う人におすすめのプランになっています。

合計約定代金(現物・信用合算) 手数料(税込)
0円〜100万円以下 無料
100万円超〜200万円以下 2,200円
200万円超〜300万円以下 3,300円
300万円超〜400万円以下 4,400円
400万円超〜500万円以下 5,500円
500万円超 以降、100万円毎に1,100円加算

他のネット証券会社でも取引手数料が0円になる場合もありますが、一定の約定代金が必要など一定の条件が存在します。例えば楽天証券であれば、下記のいずれかの条件を満たす必要があります。

楽天証券で取引手数料が無料になる条件楽天証券で取引手数料が無料になる条件 

【関連記事】楽天証券とは?投資初心者から経験者まで多くの人に選ばれる理由を解説!

しかし、auカブコム証券は、これらの条件に縛られることなく手数料0円を実現することが可能です。これは大きなメリットとなっています。投資を行う上で手数料は考慮すべき項目です。その手数料が0円になることで、投資初心者も安心して、投資を始めることができます。

参考:auカブコム証券「手数料

※1 約定金額とは、注文が執行された時の金額のことを表します。価格×株数(成行の場合は「基準値(終値)×株数」)で計算することができます。買いにおいては顧客が支払うべき金額の元となる金額、売りにおいては顧客が受け取ることができる金額の元となる金額のことです。

参考:auカブコム証券「約定代金

※2 現物取引とは、自己資本のみで株式を購入し、保有している株式(現物)のみを売却することで行われる通常の取引です。現物取引において取引にかかる費用は売買手数料のみとなります。

参考:auじぶん銀行「【初心者必見】株式の現物取引とは?信用取引との違いについて解説

オンラインで取引できる

ほとんどのネット証券の特徴ですが、オンラインで取引ができるというのもメリットの一つです。特にauカブコム証券は先述した通り、システム開発に長けており、オンラインでも対面とは遜色ないほどのサービスを扱うことができます。

auカブコム証券では以下のようなサービスを展開しています。

 サービス 

  1. 自動売買
  2. kabuステーション専用サイト
  3. 代用貸株
  4. 貸株サービス
  5. お客様サービス

特に「自動売買」は非常に特徴的です。「自動売買」とはある条件を設定し、その条件が成立した場合にアクションを実行する売買のことです。この「自動売買」をはじめて提供したのが、auカブコム証券であり、現在でもネット証券随一の種類の「自動売買」を提供しています。

自動売買について示した図

自動売買について示した図

また、代用貸株や貸株サービスも提供しています。貸株サービスとは自身が保有している現物株式をauカブコム証券の貸出し、貸出した株式に応じた貸株料を毎月受け取ることができるサービスです。これを利用することで代用有価証券や長期保有している株式の取引にかかるコストを抑えることができます。

貸株サービスのイメージを示した図

貸株サービスのイメージを示した図

システムに関するサービスのみではなく、投資の勉強についても、セミナーや動画コンテンツが充実しています。auカブコム証券の公式Youtubeチャンネルや「個人投資家向けオンライン企業IRセミナー」などがあり、LIVE配信ではリアルタイムに質問することが可能で、見逃してしまった場合でも、アーカイブで好きな時間、場所で投資について学習することができます。

参考:auカブコム証券「自動売買」、auカブコム証券「セミナー・動画コンテンツ

Pontaポイントが貯まる、使える

auカブコム証券は、auグループが提供するサービスに対応しており、その中にはPontaポイントも含まれます。そのため、投資をしながらPontaポイントを貯めて、使うことができます。auカブコム証券で投資信託を持っていると、月間平均保有残高に応じて、毎月Pontaポイントを貯めることができます。また、つみたてNISAで購入された投資信託でも、Pontaポイントを貯めることができます。

さらに、auの投資信託(auスマート・ベーシック、auスマート・プライム)の保有残高に応じても、毎月Pontaポイントが貯まります。加えて、auの通信契約の有無でポイント還元率が変化するため、au/UQ mobileユーザーにとってもお得にポイントを貯めることができます。

日常の買い物や、投資信託で貯めたポイントは全国190万カ所の店舗・サービスで利用できたり、ポイント運用で投資信託やプチ株を購入できたりします。Pontaポイントを利用して投資信託を行うことで、実質的な金銭的負担を限りなく少なくして、気軽に投資を始めることができます。

auグループと連携した特典やキャンペーンがある

auグループと連携しており、Pontaポイントやau PAY、au/UQ mobileなどと連携した得点やキャンペーンがあるのもメリットです。例えば、au/UQ mobileユーザーに12月に投資信託積立した金額の最大5%のPontaポイント還元キャンペーンが開催されています。

default alt

このキャンペーンを利用することで1年間で最大30,000Pontaポイントをためることができます(6月1日時点)。このように特典やキャンペーンを利用することで、投資による利益だけでなく、ポイントでの利益を出すことができます。

au PAYやau WALLETと連携して便利に利用できる

auカブコム証券ではPontaポイントに加えて、au PAYやau WALLETも活用することができます。au PAYアプリから「ポイント投資」を行うことができ、ファンド概要、投資成績、ポートフォリオなどを確認することができます。

銘柄についてわかりやすく解説したファンド情報から、スムーズに買付発注をすることができ、快適な環境での取引が可能です。加えて、毎月の投資信託の積立金額をau PAYカード決済で行うことで、その金額の1%をPontaポイントとして還元することができます。

参考:auカブコム証券「au PAYカード決済による投資信託の積立

\口座開設キャンペーン実施中!/

 

auカブコム証券がおすすめの人の特徴

では、そんな魅力あるauカブコム証券はどのような人におすすめなのでしょうか。もちろん、どんな人でも便利に利用することができますが、今回は特にお得に便利に利用できる、おすすめの人の特徴を紹介します。

おすすめの人の特徴

  1. au/UQ mobileユーザー
  2. Pontaポイントを日頃利用している人
  3. 投資初心者でこれから勉強したい人

au/UQ mobileユーザー

au/UQ mobileユーザーであれば、auの投資信託(auスマート・ベーシック、auスマート・プライム)を保有するだけで、スマート・ベーシックは0.04%、スマート・プライムは0.10%のPontaポイントの還元を得ることができます。

また、auユーザーは手数料も安く済ませることができます。「ワンショット手数料コース」の場合は「国内現物株式手数料」を、「1日定定額手数料コース」の場合は「国内現物株式手数料」、および「国内信用取引手数料」を1%割引することができます。

このように、au/UQ mobileユーザーであればお得にauカブコム証券を活用することができ、au/UQ mobileユーザーにはおすすめの証券口座となっています。

Pontaポイントを日頃利用している人

日頃から、Pontaポイントを利用している人であれば、ポイントがたまっていると思います。そのポイントをポイント運用に使うことで、実質的な金銭的負担を少なくして投資を行うことができます。

さらにポイント運用で使ったポイントは、Pontaポイントとしてそのまま還元されるため、気軽に投資を行うことができます。

投資初心者でこれから勉強したい人

投資初心者であれば、損をせず、とりあえずは気軽に始めたいという人が多いと思います。auカブコム証券では、手数料が0円であるということや、Pontaポイントを活用して、投資を始めることができ、投資初心者でも安心して投資を始めることができます。

加えて、auカブコム証券公式Youtubeチャンネルや、「個人投資家向けオンライン企業IRセミナー」など豊富な学習コンテンツが用意されており、投資初心者が実践を通して学ぶには最適な証券会社となっています。

\口座開設キャンペーン実施中!/

auカブコム証券の口座開設と取引の方法

では実際に、auカブコム証券で取引を行うにはどのようにすれば良いかを解説していきます。口座開設から取引までの流れは以下の4ステップです。

口座開設のステップ

  1. 本人確認書類の用意
  2. 口座開設
  3. マイページにログイン
  4. 入金

口座開設はスマホで完結させることができ、口座開設のお知らせもメールで届くため、忙しくて家で書類を受け取る時間がないという人にも安心です。最短で翌営業日に取引が可能な状態にすることができます。

本人確認書類の用意

まずは本人確認書類が必要です。「個人番号カード」または、「通知カード」と「顔写真付き本人確認書類」が必要です。

default alt

口座開設

本人確認書類を用意したら、次は口座開設を行います。au IDが必要になりますので、あらかじめ作成しておくようにしましょう。その後基本情報を入力し、本人確認書類をアップロードすれば、口座開設は完了です。
 

\口座開設キャンペーン実施中!/

default alt

マイページにログイン

口座開設が完了すると、マイページが用意されます。ログイン画面にて「口座開設のご通知」に記載されている口座番号とパスワードを入力してログインします。

default alt

入金

マイページにログインできたら、実際にお金を入金し、商品を選んで取引開始です。入金の方法は以下の5つです。自分の都合にあった方法で利用してください。

 入金方法 

  1. ネット振込:スムーズに入金したい人
  2. 口座振込:PCはあまり得意ではないという人
  3. 口座振込(自動引き落とし):面倒な手続きがないほうがいいという人
  4. 口座振込(リアルタイム口座振替):早く入金したい、でも面倒な手続きも、手数料もかかるのもイヤという人
  5. 口座振替(そのほか金融機関からの自動引き落とし):地元の金融機関を登録したいという人

まとめ

今回はauカブコム証券の特徴やメリット、おすすめの人の特徴について紹介しました。auカブコム証券は投資をしながらPontaポイントを貯めることができます。

また、手数料も非常に安く、場合によっては手数料0円で投資を始めることができるため、投資初心者の人に非常におすすめの証券口座となっています。

今回の記事で、auカブコム証券の特徴について理解して、証券口座開設を検討してみましょう。

\口座開設キャンペーン実施中!/

articles 投資を学ぶ

株式(初心者入門)

article item
株式(初心者入門) 株式投資にはどんなメリット・デメリットがある?投資スタイルによる違いも解説
菅原良介 2023/09/01
article item
株式(初心者入門) 株式投資はいくらからできる?単元未満株(ミニ株)のメリット・デメリットは?
2023/07/05
article item
株式(初心者入門) 初心者におすすめの少額投資!ミニ株や積立投資について徹底解説!
2023/03/14
article item
株式(初心者入門) 証券口座はどうやって開設すればいい?証券口座の種類についても分かりやすく解説!
2023/03/10

株式 (基礎編)

article item
株式 (基礎編) 投資スタイル(短期・中期・長期)はどうやって決めればいい?メリット・デメリットについても解説
2024/06/14
1
article item
株式 (基礎編) 株で利益確定(利確)売りするタイミングとは?売る時の目標は何パーセントがベスト?
菅原良介 2024/06/14
article item
株式 (基礎編) 投資信託やNISAの利益確定するタイミングってどう決めればいい?
菅原良介 2024/05/13
article item
株式 (基礎編) 手数料が安いネット証券を徹底比較!手数料比較のポイントも解説
菅原良介 2024/05/13

株式 (実践編)

article item
株式 (実践編) 増担保規制とは?解除条件や株価への影響について解説
菅原良介 2024/06/14
article item
株式 (実践編) 増担保規制が発動・解除されるとどうなる?
菅原良介 2024/06/14
article item
株式 (実践編) 貸借倍率(信用倍率)とは?貸借倍率の目安
菅原良介 2024/06/14
article item
株式 (実践編) 半導体投資信託ランキング!半導体はなぜ注目されるのか
菅原良介 2024/05/13

テクニカル分析

article item
テクニカル分析 株式投資のテクニカル分析とは?初心者にもわかりやすく基本を解説!
2023/09/08
article item
テクニカル分析 テクニカル分析の基礎⑤:RSIの見方と活用方法
菅原良介 2023/07/26
article item
テクニカル分析 テクニカル分析の基礎④:MACDの見方と使い方
2023/03/08
article item
テクニカル分析 テクニカル分析の基礎③:ボリンジャーバンドの見方・使い方
2023/03/08

ファンダメンタルズ分析

article item
ファンダメンタルズ分析 マクロ経済統計とは?ファンダメンタルズ分析に不可欠な指標とその見方を紹介
2023/03/08
article item
ファンダメンタルズ分析 ファンダメンタルズ分析に必須!ニュースによる情報収集・分析の方法を解説
2023/03/08
article item
ファンダメンタルズ分析 ファンダメンタルズ指標で企業分析!ROEなどの求め方・使い方を解説
2023/03/08
article item
ファンダメンタルズ分析 ファンダメンタルズ分析の基礎③:損益計算書の見方
2023/03/08

ネット証券会社

article item
ネット証券会社 つみたてNISAの口座開設でおすすめの証券会社を徹底比較!
菅原良介 2024/05/13
article item
ネット証券会社 moomoo証券とは?デモトレと米国株の学習ができる新しい株取引アプリ
菅原良介 2024/04/16
article item
ネット証券会社 100円から始められる初心者におすすめの日興フロッギーについて解説
菅原良介 2023/09/21
article item
ネット証券会社 auカブコム証券とは?特徴や口座開設するメリットについて解説
菅原良介 2023/09/21