総量規制対象外のカードローンはどれ?年収の3分の1以上を借りる方法を紹介

総量規制対象外のカードローンはどれ?年収の3分の1以上を借りる方法を紹介

カードローン

「総量規制オーバーでもなんとか借りたい」
「年収の3分の1以上借りていて追加融資を受けられない」

上記のようにお悩みの向けに、消費者金融のおまとめローン銀行カードローンの、2種類の総量規制対象外のカードローンを紹介しています。

また、この記事ではカードローン以外で年収の3分の1を超えて借りる方法を紹介しているため、総量規制対象外のカードローンの審査にダメだった人もそちらを参考にしてください。

Money Bestでは、アフィリエイトプログラムを利用し、アコム社から委託を受け広告収益を得て運用しております

記事の中身をチラ見せ!

本コンテンツは当サイトが独自に制作しております。アコム社ほか委託を受けた各広告主様やアフィリエイトサービスプロバイダ様から商品案内や広告出稿をいただくこともありますが、各事業者様がコンテンツ内容等の決定に関与することはございません。本サイトは広告およびアフィリエイトサービスにより収益を得ています。コンテンツ内で紹介した商品が成約されると、売上の一部が当サイトに還元される場合があります。

人気のおすすめ記事

この記事の監修者

登 彩

三菱UFJ銀行の法人営業を経て、経済系IT企業にてセールスに従事。副業でライターとしてお金や教育の記事を書いたり、作家としてエッセイを書いたりしている。FP2級。3児の母。

もっと読む

総量規制対象外のカードローンなら年収の3分の1を超えたお金を借りられる

総量規制対象外のローンであれば、なぜ年収3分の1を超えた額の借り入れが可能なのでしょうか。

もっと読む
  • 総量規制は貸金業者が守るべき規制
  • 総量規制には対象外がある
もっと読む

ここでは、総量規制とその対象外の貸付について少し踏み込んで確認していきます。

もっと読む

総量規制は貸金業者が守るべき規制で銀行は対象外

総量規制概要

貸金業法に定められている総量規制とは、貸金業者に対して「利用者の年収の3分の1までしか貸し付けしてはいけない」と定めた決まりです。総量規制は消費者保護の観点から定められた決まりであるため、貸金業者はこれに従わなければなりません。
貸金業者とは、消費者金融や信販会社などで、銀行は貸金業者ではありません。ただし、クレジットカードでお金を借りるキャッシングにおいては、クレジットカード会社も貸金業者として扱われますが、クレジットカードを使ったショッピングは貸金業者として扱われないため、総量規制と無関係です。

つまり、消費者金融やクレジットカード会社からのキャッシングは総量規制の対象であり、銀行カードローンと、クレジットカードのショッピング枠は総量規制対象外といえます。

もっと読む

総量規制には対象外がある

総量規制には、「例外貸付」または「除外貸付」とされる貸し付けが定められています。

もっと読む

例外貸付

例外貸付とは「フリーローン」や、複数の借入先を一つにまとめる「おまとめローン」、「個人事業を営む人に対する貸付け」などのことです。一般的に顧客の利益保護に支障がない貸付けに適用されます。

総量規制に関わらず利用できますが、借入額は借入残高に算入されます。そのため、総量規制の基準額を超過した場合は、除外貸付けや他の例外貸付けを除いて借入できなくなります。

例えば、以下のような融資が対象です。

もっと読む
例外貸付
  • フリーローン

  • おまとめローン

  • 個人事業者に対する貸付け(ビジネスローン)

  • 顧客や親族などの緊急に必要と認められる医療費のための貸付けなど

除外貸付

除外貸付とは、返済能力があり、かつ、必要性があるとみなされる貸し付けをいいます。具体的には「住宅ローン」、「自動車ローン」、「高額療養費の貸付け」、「担保のある貸付け」などが該当します。総量規制の影響を受けず借入額は残高に算入されないので、その後の借入に影響を与えません。

一般的に利用用途が決まっていて、額が大きくなりがちな借入に適用されます。もし、利用用途以外の支払いに利用した場合は、一括で返済を求められることもあるので注意が必要です。

例えば、以下のような融資が対象です。

もっと読む
除外貸付
  • 住宅ローン

  • 自動車ローン

  • 高額療養費の貸付け

  • 有価証券を担保とする貸付け

  • 不動産を担保とする貸付けなど

総量規制対象外のおすすめの借入方法はおまとめローンと銀行カードローン

総量規制対象外のローンは、申し込みできる人が限られているものが多いですが、以下のカードローンは誰でも申し込めるためおすすめです。

もっと読む
総量規制対象外のおすすめの借り入れ先

消費者金融のおまとめローンは、すでに他の貸金業者からの借入がある人を対象としています。

以降は、消費者金融のおまとめローンと銀行カードローンのおすすめを詳しく説明しています。

もっと読む

総量規制対象外でおすすめの消費者金融おまとめローン

おまとめローン説明

おまとめローンとは、複数の借り入れを1本化するためのローンです。借り入れを1本化することにより、金利を下げつつローンの管理を楽にすることができます。

消費者金融のおまとめローンは、消費者金融が審査するため、銀行カードローンよりも甘い審査が期待できます。また、即日融資も可能な点もメリットです。

そのため、既に貸付業者からの複数の借入がある人は、消費者金融のおまとめローンがおすすめです。借入先がない人はおまとめローンは申し込めないため、銀行カードローンを申し込みましょう。

もっと読む
総量規制対象外でおすすめの消費者金融おまとめローン

アイフルおまとめMAX

もっと読む
アイフルおまとめMAX
かりかえMAX
基本情報
金利 3.0%~17.5%
融資限度額 800万円
融資スピード 公式サイトに記載なし
すべて見る

アイフルは、他の消費者金融のおまとめローンに比べて、上限金利と下限金利がどちらも低い特徴があります。また、借入限度額も他社が300万から500万円であるのに対し、800万円と最大です。アイフルおまとめMAXは、借入額の大小に関わらず申し込むことができる低金利のおまとめローンのため、誰にでもおすすめできるおまとめローンです。

また、アイフルは大手消費者金融の中でも唯一銀行の傘下にないため、他の大手消費者金融の審査に落ちた人でも、審査を通過できる可能性*があります。

他の大手消費者金融のおまとめローンは貸金業者からの借入のみ対象であるのに対し、アイフルおまとめMAXは、銀行カードローンやリボ払いなども対象であるため、消費者金融以外からも借り入れがある人にもおすすめです。

もっと読む
本日中
借りるなら
残り 00時間 00 00

※リンク先はフリーキャッシングの申込ページです

もっと読む

プロミス おまとめローン

プロミス 基本情報
金利 6.3〜17.8%
融資限度額 300万円
融資スピード 最短3分※
※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
すべて見る

プロミスの審査は最短3分と融資スピードが最も速いため、とにかく急いでお金を借りたい人には最適です。

また、プロミスおまとめローンは、おまとめローンの中では珍しく他社解約不要なため、借入先が4社の内3社だけをまとめることができることが特徴的です。他社解約が必須のおまとめローンでは、原則としておまとめローン完済まで新たに借り入れることができないため、急な支出などに対応できなくなるデメリットがあります。

また、消費者金融系カードローンの年金利は最大18%が主流なところ、プロミスの年金利は最少6.3%~最大17.8%と、やや低い点も魅力的です。初回ご利用翌日から30日間、無利息で利用できるのもポイントです。

※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。

もっと読む
本日中
借りるなら
残り 00時間 00 00

※リンク先はフリーキャッシング/レディースキャッシングの申込ページです

もっと読む

レイク de おまとめ

レイク de おまとめ_ペルソナ
レイク de おまとめ 基本情報
金利(実質年利) 6.0%~17.5%
※100万円以上の場合、6.0%~15.0%
融資時間 webで最短25分※
※土日祝・年末年始を除く
審査時間 受付より約2時間
限度額 500万円
遅延損害金 20.0%(年率)
返済期間 最長10年
年齢制限 満20歳~70歳までの安定した収入のある方
担保、保証人 原則不要
在籍確認 あり
Web完結 ×
すべて見る

参照元:レイクdeおまとめ 貸金業法に基づくおまとめローン | 貸付条件 ※2024年3月27日時点

もっと読む

レイクもプロミスと同様に審査は最短3分と融資スピードが最も速いため、とにかく急いでお金を借りたい人には最適です。

また、他社のおまとめローンに比べて、レイク de おまとめは2021年12月にサービスがスタートしていて新しいため融資に積極的な可能性が高いです。実際に他の大手消費者金融は落ちたが、レイクは通ったという口コミは以下です。

もっと読む
アイフルも落ちて行き場がなかったが、レイクのレイク de おまとめだけは、おまとめしてくれた。 後は、ショッピングリボがまとめられれば、返済に集中出来るけど、どこも審査通らない

引用:5ちゃんねる「おまとめローンを語ろう1

もっと読む

他社の審査に落ちてしまった方でも、レイク de おまとめであれば借りられる可能性があるため、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

もっと読む

総量規制対象外のおすすめ銀行カードローン3選

既存の借入先がなく総量規制オーバーの借入をしたい人は、銀行カードローンがおすすめです。ここでは、おすすめの3つを解説します。

もっと読む

1. 三菱UFJ銀行カードローン バンクイック|メガバンク運営で安心のサポート

もっと読む
三菱UFJ銀行カードローン バンクイック 基本情報
金利(実質年率) 1.8%~14.6%
アンケート平均金利※ 年13.34%
無利息期間 -
対応コンビニ セブンイレブン、ローソン、イーネットATM
審査・融資 審査:最短当日
融資:最短翌日
土日の審査 可能
在籍確認 51.22%
申し込み対象 満20歳以上65歳未満の国内に居住する人
原則安定した収入がある人。
学生の利用 不可
専業主婦 不可
返済方法 残高スライド方式
返済日 口座振替:指定可能
直接入金:前回の返済から35日間以内
パート・アルバイト 可能
無職 不可
WEB明細
カードレス 不可
すべて見る

参照元:三菱UFJ銀行カードローン バンクイック | 申込条件 ※調査日:2024年3月30日

もっと読む

三菱UFJ銀行カードローン バンクイックなら、年1.8%~年14.6%と低金利で借り入れできます。総量規制を超える大きな金額を借りたいなら、下限金利が低いのもおすすめのポイントです。

また、返済サポートが充実しているのも大きなメリット。毎月の返済日3日前になると、メールでお知らせしてくれるため、うっかりした返済忘れを防いでくれます。バンクイックのアプリからは、借入額や返済額など利用状況の確認がいつでも可能です。

さらに、全国にある三菱UFJ銀行ATMや提携コンビニATMなどを利用して借り入れ・返済ができます。手数料がいつでも無料なので、急にお金が必要になっても余計なお金を払う必要はありません。

もっと読む

2.楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパ-ローン
楽天銀行スーパーローン 基本情報
金利(実質年率) 1.9%~14.5%
アンケート平均金利※ 13%
無利息期間 -
対応コンビニ セブン-イレブン,ローソン,ファミリーマート
審査・融資 審査:最短当日
融資:最短翌日
土日の審査 不可能(受付のみ)
在籍確認 51.72%
申し込み対象 ・満年齢20歳以上62歳以下の方(※1)
・日本国内に居住している方(外国籍の方は、永住権または特別永住権をお持ちの方)
・お勤めの方で毎月安定した定期収入のある方、または、専業主婦の方
・楽天カード株式会社または三井住友カード株式会社の保証を受けることができる方 (※2)
※1 但し、パート・アルバイトの方、及び専業主婦の方は60歳以下
※2 楽天銀行が認めた場合は不要です
学生の利用 不可
専業主婦 可能
返済方法 残高スライド方式
返済日 1日, 12日, 20日, 27日のいずれか
※27日は楽天銀行口座をお引き落とし口座にご指定いただく場合のみお選びいただけます。
パート・アルバイト 可能
無職 不可
WEB明細
カードレス 不可
すべて見る

参照元:楽天銀行スーパーローン | 利用条件 ※調査日:2024年3月30日

もっと読む

楽天銀行スーパーローンは、低金利(年1.9%~14.5%)で借り入れできるメリットに加え、借入限度額も最大800万円と高めに設定されているのもメリットです。

また、新規入会で楽天ポイントが1,000ポイントをもらえる、楽天会員だと会員ランクに応じて審査が優遇される(※一部例外あり)など、楽天ならではの特徴もあります。

もっと読む

楽天銀行スーパーローンの審査の詳細は、以下の記事で紹介しています。

もっと読む

3.みずほ銀行カードローン|メガバンク最低金利

みずほ銀行カードローン
基本情報
金利(実質年率) 年2.0%~14.0%
無利息期間 -
対応ATM Enet
審査・融資 審査:最短当日
融資:最短当日※公表データ無し
土日の審査 不可能(受付のみ)
在籍確認 -
申込対象 満20歳以上満66歳未満の人
安定かつ継続した収入の見込める人
学生の利用 不可
専業主婦 不可
パート・アルバイト 不可
無職 不可
返済方法 残高スライド方式
返済日 10日
WEB明細 -
カードレス 可能
すべて見る

参照元:みずほ銀行カードローン | 商品詳細 ※調査日:2024年3月30日

もっと読む

みずほ銀行カードローンは金利年2.0%~14.0%とメガバンクのなかで一番の低金利です。Web完結申込を利用すれば最短当日に審査結果が出る可能性があります。

キャッシュカードをローンカードとしても使用できるため、ローンカードの発行を待たずに利用できます。みずほ銀行の口座をすでに持っている人におすすめのカードローンでしょう。

みずほ銀行カードローンの口コミや審査通過のコツは以下の記事を参考にしてください。

もっと読む

「総量規制対象外で審査が激甘のカードローンはある?」

総量規制対象外で審査が激甘なカードローンはありません。なぜなら、消費者金融業者は貸金業者として登録を行い、貸金業法を守る必要があるためです。

貸金業法13条(返済能力の調査)には、以下の記載があります。

もっと読む
貸金業者は、貸付けの契約を締結しようとする場合には、顧客等の収入又は収益その他の資力、信用、借入れの状況、返済計画その他の返済能力に関する事項を調査しなければならない。 貸金業者は、貸付けの契約を締結しようとする場合において、前条第一項の規定による調査により、当該貸付けの契約が個人過剰貸付契約その他顧客等の返済能力を超える貸付けの契約と認められるときは、当該貸付けの契約を締結してはならない。

引用:賃金業法13条 | e-Gov法令検索

もっと読む

総量規制対象外のカードローンは、、審査が通常のカードローンより厳格になる可能性が高いと考えられます。なぜなら、通常のカードローンの返済能力の基準である年収の3分の1以上の貸し付けを行うことは、融資が回収できなくなる可能性が高いためです。

そのため、総量規制対象外のカードローンの審査を受ける際には、通常のカードローン以上に、安定した収入や信用情報、過去の返済実績などに気を付ける必要があります。

もっと読む

審査が甘いと謳うカードローンは闇金である可能性が高い

消費者金融と闇金の違い

「審査が甘い」「審査がない」ことを広告でうたった貸金業の営業は違法です。そのような金融業者は闇金である可能性が高いため、利用を避けましょう。闇金の特徴は、金利が違法に高いことです。以下の通り出資法第4条により、年利20%を超える金利は違法とされています。

もっと読む
金銭の貸借の媒介を行う者は、その媒介に係る貸借の金額の百分の五に相当する金額(当該貸借の期間が一年未満であるものについては、当該貸借の金額に、その期間の日数に応じ、年五パーセントの割合を乗じて計算した金額)を超える手数料の契約をし、又はこれを超える手数料を受領してはならない。 2 金銭の貸借の保証の媒介を行う者は、その媒介に係る保証の保証料(保証の対価として主たる債務者が保証人に支払う金銭をいう。以下同じ。)の金額の百分の五に相当する金額(当該保証の期間が一年未満であるものについては、当該保証料の金額に、その期間の日数に応じ、年五パーセントの割合を乗じて計算した金額)を超える手数料の契約をし、又はこれを超える手数料を受領してはならない。 3 金銭の貸借又はその保証の媒介を行う者がその媒介に関し受ける金銭は、礼金、調査料その他いかなる名義をもつてするかを問わず、手数料とみなして前二項の規定を適用する。

引用:出資法第四条 | e-Gov法令検索

もっと読む

10日で1割、5割といった金利で営業している場合は、闇金であるため関係を持たないようにしてください。審査が甘いからといって闇金からお金を借りてしまうと、利息が膨らんで返済が難しくなったり、激しく取り立てされたりするおそれがあります。

結果として、借り入れ以前より苦労する可能性が高いでしょう。

もっと読む

総量規制対象外のローン8選

ここでは、消費者金融おまとめローンや銀行カードローンの審査に否決された人向けに、総量規制の対象外である8個のローンについて紹介します

もっと読む
総量規制対象外のローン8選
  • フリーローン

  • 緊急用の借り入れ

  • 配偶者貸付

  • 配偶者貸付

  • 個人事業主への貸し付け

  • 目的別ローン(車、住宅など)

  • 担保があるローン

  • クレジットカードのショッピング枠

  • 奨学金

フリーローン

フリーローンとは、おもに銀行が取り扱っている個人向けローンです。銀行による貸し付けであるため、総量規制の対象外とされています。カードローンが一度契約すれば利用限度額以内で何度でも自由に借入できることに対し、フリーローンの借り入れ回数は1回のみです。

また、カードローンでは借り入れたお金の使途を問わないことに対し、フリーローンでは用途が事業用・投資用以外と定められています。必要なときだけの借り入れで不便だと感じる人もいるかもしれませんが、金利はカードローンよりも低い傾向にあるでしょう。

もっと読む

緊急用の借り入れ

貸金業法施行規則 第十条の二十三では、「社会通念上緊急に必要と認められる費用」として緊急に必要となる資金の貸し付けは総量規制の対象外です。例えば、金融庁では、東日本大震災の被災者方の生活費等を例外としています。

もっと読む
法第十三条の二第二項に規定する個人顧客の利益の保護に支障を生ずることがない契約として内閣府令で定めるものは、次に掲げるものとする。 (中略) 二の二 個人顧客が特定費用を支払うために必要な資金の貸付けに係る契約として当該個人顧客と貸金業者の間に締結される契約であつて、次に掲げるすべての要件に該当するもの(以下「特定緊急貸付契約」という。) イ 当該個人顧客の返済能力を超えない貸付けに係る契約であると認められること。 ロ 次に掲げる金額を合算した額(第十条の二十八第一項第一号ロにおいて「緊急個人顧客合算額」という。)が十万円を超えないこと。 (1) 当該特定緊急貸付契約に係る貸付けの金額(極度方式基本契約にあつては、極度額) (2) 当該個人顧客と当該特定緊急貸付契約以外の特定緊急貸付契約を締結しているときは、その貸付けの残高(極度方式基本契約にあつては、極度額)の合計額 (3) 指定信用情報機関から提供を受けた信用情報により判明した当該個人顧客に対する当該貸金業者以外の貸金業者の特定緊急貸付契約に係る貸付けの残高の合計額 ハ 返済期間(極度方式基本契約にあつては、当該極度方式基本契約に基づく極度方式貸付けの返済期間)が三月を超えないこと。

つまり、どうしても緊急に必要と認められる費用であれば、10万円以下、3か月以内の返済を条件として、総量規制以上に貸し付けしてもよいということです。

ただし、上記のような緊急時の貸し付けに対応している貸金業者はそう多くはありません。生活が困難になるほど困ったことが起きた場合は、市区町村の役所に相談しましょう

もっと読む

配偶者貸付

配偶者貸付も総量規制の対象外となります。配偶者貸付とは、配偶者の年収も合算したうえで、その3分の1までを貸し付けできるというものです。配偶者に安定した収入があれば、無職の方や専業主婦でも借り入れ可能です。

ただし、配偶者貸付に対応している金融機関はあまり多くありません。また、配偶者の同意がない配偶者貸付は認められないため、まず、配偶者と相談したうえで同意書などを提出する必要があります。

もっと読む

個人事業主への貸し付け

個人事業主への貸し付けについては、貸金業法で総量規制の例外貸付に分類されています。これは、個人事業主は事業拡大のために借り入れが必要なときがあることに配慮したものです。
ただし、フリーローンでは事業用の借り入れはできません。個人事業主が事業用の資金が必要になった場合は、個人事業主用のローンを利用しましょう。

もっと読む

目的別ローン(車、住宅など)

自動車ローン(マイカーローン)や住宅ローンなど目的別のローンは、貸金業法で総量規制の「除外貸付」に分類されています。こういった目的別ローンは、どうしても金額が大きくなりがちで、総量規制の対象内とするとローンを組めなくなってしまう人がほとんどになるでしょう。
目的別ローンは総量規制の除外貸付であるため、借入金額が借入残高に算入されません。そのため、目的別ローンをすでに利用している方であっても、カードローン等で借り入れできます

もっと読む

担保があるローン

有価証券や不動産などの担保があるローンは総量規制の除外貸付にあたります。担保とは、返済ができなくなったとき、代わりに差し出すものです。

そのため、担保付きローンであれば、返済不能に陥ることはありません。担保付きローンがあっても返済能力は変わらないため、総量規制の対象外となっています。

もっと読む

クレジットカードのショッピング枠

クレジットカードのショッピング枠はもともと、貸金業法の適用外のため、総量規制の対象とされていません。ちなみに、リボ払い・分割払い・ボーナス払いに関する規定は割賦販売法の下で実施されています。
ただし、クレジットカードを使ってお金を借りるキャッシングについては貸金業法が適用されるため、総量規制の対象となる点に注意しましょう。消費者金融や信販会社からの借り入れが全くない場合でも、クレジットカードのキャッシングを年収の3分の1を超えて利用することはできません。

もっと読む

奨学金

奨学金は金額を問わず、総量規制の対象ではありません。奨学金の融資元は独立行政法人「日本学生支援機構」やその他の組織・一般企業などであり、貸金業者ではないためです。奨学金には返済不要の「給付型」と返済が必要な「貸与型」があります。
貸与型の奨学金であっても基本的に金利は低く、0%~3%が目安です。ただし、奨学金の返済を滞納すると個人信用情報機関に登録されるため、ほかのローンと同様に計画的な返済が必要です。

もっと読む

総量規制対象外のローンで上手に借り入れしよう

カードローンには総量規制が適用されるものと、総量規制対象外のものがあります。

年収の3分の1以上借りたいなら、まずは、銀行系カードローンおまとめローンのいずれかの総量規制対象外のカードローンへの申し込みがおすすめです。

総量規制対象外のカードローンの審査に落ちた人は、総量規制対象外のローン8選から、ご自身の用途に合った借入方法を試してみましょう。

もっと読む

よくある質問

  • 総量規制対象外の借入先は?

    銀行カードローン、車や住宅などの目的別ローン、担保があるローンなどがあげられます。その他の方法については記事内で紹介してます

  • 銀行系カードローンは総量規制対象外ですか?

    銀行カードローンは総量規制の対象外です。なぜなら、銀行は総量規制の対象となる貸金業ではないためです。返済能力が認められれば、総量規制対象外の収入の3分の1以上の金額を借入できる可能性があります。

  • おまとめローンは総量規制対象外ですか?

    おまとめローンは例外貸付のため総量規制の対象外です。おまとめローンは、多重債務者向けの複数の借入先を1つに統合するためのローンです。返済期日が1つになる、金利の低下に伴う月々の返済額を低くするメリットがあります。

K-ZONE money 編集部

K-ZONE money 編集部