差金決済取引とは?現物取引と信用取引との違いをわかりやすく解説!

投稿日:2022/01/20 最終更新日:2023/03/14
article hero image
金融取引の売買における決済方法には、手持ちの現金や手持ちの有価証券等を受け渡しする「現物決済」と、決済に生じる損益のみを受け渡しする「差金決済」があります。このうちの「差金決済」は先物取引等で広く利用されていますが、株式の取引においては、現物取引での差金決済が禁止されています。 株式取引で差金決済に該当する事例や、株式取引でも差金決済が認められている信用取引での注意点等について、しっかりと確認しておきましょう。
本コンテンツは当サイト編集部が独自に制作しております。各広告主様やアフィリエイトサービスプロバイダ様から商品案内や広告出稿をいただくこともありますが、各事業者様がコンテンツ内容等の決定に関与することはございません。本サイトは広告およびアフィリエイトサービスにより収益を得ています。コンテンツ内で紹介した商品が成約されると、売上の一部が当サイトに還元される場合があります。

この記事の監修者

expert img

菅原良介

株式会社Finatext

証券アナリスト

Finatext サービスディレクター・アナリスト。日本テクニカル協会認定テクニカルアナリスト。早稲田大学 政治経済学部 経済学科卒業。Finatextグループで展開される投資・証券サービスのディレクターを担当する傍ら、アナリストとしても活動。グループで展開するコミュニティ型株取引アプリSTREAM内で開催されるイベントのモデレーターなども務め、国内メディアへの寄稿も行う。

差金決済とは

差金決済(CFD:Contract for Difference)とは「現物の受け渡しを行わないで、反対売買によって生じた差額のみの受け渡しをする取引」で、商品先物取引、株価指数先物取引などの先物取引や外国為替証拠金取引(FX)などで主に採用されています。

例えばトウモロコシなどの商品先物取引で言えば、ヘッジ目的や投機目的で売買している人にとっては、現物の決済にしてしまうと、大量のトウモロコシの受渡をするために輸送や管理に莫大なコストと手間がかかってしまうのが、差金決済であれば差額の金銭授受だけで完結できると考えるとイメージが付きやすいと思います。

また、差金決済のメリットとしては、資金効率が良くなるという点もあります。後程詳しく説明しますが、現物決済の場合では、購入資金は拘束されてしまい、たとえ購入した対象物を同日に売却したとしても、売却代金を再度の買付にすぐに使うことはできませんが、差金決済の場合は売却代金をもって取引が可能となりますので、いわゆる回転売買*も可能となります。

*回転売買とは短い保有期間で金融商品を買付、売付を頻繁に行うこと

ちなみに、株価指数や金、原油を対象とする、日本で唯一の公的な取引所による株価指数証拠金取引で「くりっく株365(取引所CFD)」というものがあります(東京金融取引所に上場)。取扱商品には、日経225や米国株の指数の1つであるNYダウをはじめ、金・原油ETFがあります。店頭CFDと異なり、相対取引ではなく取引所取引となるため投資家に有利な価格が常に提示されている点、ほぼ24時間取引できる点、最大25倍までのレバレッジ取引が可能な点、さらに権利付最終日まで買いポジションを有していれば配当相当額をもらえる点など、「くりっく株365」ならではのメリットも多くあります。

このようにメリットもある差金決済ですが、株式の取引においては、信用取引以外での差金決済は禁止されています。株式取引における差金決済の規制内容や注意事項について詳しく確認していきましょう。

株式取引の差金決済に対する規制

株式取引の差金決済取引(CFD)に対しては、買付や注文の方法などにいくつか規制が存在します。それぞれ見ていきましょう。

信用取引以外での差金決済取引の禁止

株式取引における差金決済取引は、金融商品取引法第161条上、「信用取引を行うことを明示しない取引」とされ、信用取引によらない現物取引について禁止されています。

つまり、現物売買において差金決済を行うことは委託保証金を積むことなく信用取引と同様の効果を得る不公正な取引とみなされるということです。どういう取引が差金決済取引に該当するのか、詳しく確認していきましょう。

差金決済の具体例

株式売買における差金決済取引(CFD)は、「同一日」に「同一銘柄」を「同一資金」で「買付⇒売付⇒買付」または「売付⇒買付⇒売付」を行うことを指します。例えば、「買付⇒売付⇒買付」のケースで言いますと、手元資金が1回分の買付代金しかない場合は、2回目の買付は、当該手元資金の二重使用(その前の売付代金はこれには使用できません)として差金決済となってしまいます(下図の具体例を参照)。

なお、一日の買付代金以上の手元資金がある場合は、「同一資金」にはならないので差金決済には当たりません。また、銘柄を乗り換える場合など、異なる銘柄を同日に同一資金で売買する場合は法令上の差金決済取引には該当しませんが、証券会社によっては対応していない場合もありますので、あらかじめ取引を行う証券会社に確認することが必要です。

保有している銘柄が売れない場合も

先ほど説明した差金決済の該当条件のうち「売付⇒買付⇒売付」のケースは特に注意が必要です。保有株を売却後、同日で買い戻した場合も、買戻し後の売却は保有株券の二重使用にあたり差金決済となってしまいます。

つまり、同日中に買戻しを行った銘柄について相場の急変等でもう一度売却したいと思っても、この場合は売却できないということになります。十分注意して取引を実施するようにしましょう。

信用取引の場合

株式取引で差金決済が禁止されているのは現物取引だけで、予め口座設定約諾書や委託保証金を差し入れて行う信用取引については差金決済が認められています。株式取引における差金決済は、以前は全て禁止されていましたが、2013年に信用取引に限り解禁されています。したがって、信用取引は、同じ銘柄を同じ資金で同じ日に繰り返し売買することも可能となりますので、日計り取引(デイトレード)において広く利用されているようです。

ただし、信用取引を使った場合には、日計り取引(当日中に全ての建玉の反対売買を行い、翌日に建玉を残さない取引)とは言っても、取扱い証券会社や取引規模によっては、金利等の信用取引に伴うコストが発生する場合がありますので、あらかじめ証券会社に確認し、取引条件や注意事項を確認することが大切です。
また差金決済取引のリスクとして、レバレッジを効かせすぎて僅かな値下がりでも損失が大きくなってしまう、ということが挙げられます。レバレッジを高くかけることで大きな利益を狙えますが、その分リスクを背負っているということを認識し、自分の資金余力以上のレバレッジをかけることは避け、常に注意して取引するのが良いでしょう。

信用取引は、同じ銘柄を同じ資金で同じ日に繰り返し売買することも可能

\ 楽天証券の口座開設はこちら /


差金決済をうっかりやってしまった場合

基本的に、証券会社のアプリやWebサイトを用いて取引するのであれば差金決済の心配はいりません。同じ資金で同一銘柄の二度目の取引を行おうとしても差金決済になる前に警告が現れ、注文が出せなくなります。そのため、差金決済をしてしまったと思っても、警告文が現れず取引が無事完了した場合、差金決済に当てはまらないのでご安心ください。
だだし現物株であっても、どのような注文方法が禁止されているのか情報として知っておくことはやはり大事ですので、自身の証券口座のページなどにてしっかり把握しておくようにしましょう。

まとめ

株式の現物取引において禁止されている差金決済について、該当する条件や注意点を確認してきました。そもそも差金決済とは、現物の受渡しを行わず差額の授受で決済することで、基本的に現物株の差金決済に該当した場合はアプリやWebサイトから注文できないため、心配する必要はありませんが、情報として知ることが大切です。一方で、差金決済が認められている信用取引では、最小限の資金で回転売買を行うこともできます。資金の回転効率が良くなり管理しやすくなるというメリットもあるので、金利等のコストやリスク管理等に十分注意しながら、必要に応じて活用してみましょう。

監修:日本証券金融株式会社
編集:K-ZONE money編集部

\ 楽天証券の口座開設はこちら /


articles 投資を学ぶ

資産運用

article item
資産運用 NISAと株式投資と投資信託の違いは?併用した場合はどうなる?
菅原良介 2024/06/14
article item
資産運用 つみたてNISAで元本割れするとどうなる?確率と対策について紹介
菅原良介 2024/06/14
article item
資産運用 つみたてNISAの銘柄のおすすめの組み合わせは?
菅原良介 2024/06/14
article item
資産運用 初心者が投資を始めやすい資産運用「つみたてNISA」とは?
2024/06/14

株式

article item
株式 (基礎編) 投資スタイル(短期・中期・長期)はどうやって決めればいい?メリット・デメリットについても解説
2024/06/14
article item
株式 (実践編) 増担保規制とは?解除条件や株価への影響について解説
菅原良介 2024/06/14
article item
株式 (実践編) 現物しかやらないから増担保とか関係ない!のかな?
菅原良介 2024/06/14
1
article item
株式 (基礎編) 株で利益確定(利確)売りするタイミングとは?売る時の目標は何パーセントがベスト?
菅原良介 2024/06/14

信用取引

article item
信用取引 信用倍率とは?貸借倍率との違いは?どう取引に活用する?
菅原良介 2024/06/14
article item
信用取引 気になる機関投資家の空売り!機関投資家の動きを把握し、取引に活用!
菅原良介 2024/06/14
article item
信用取引 つなぎ売りとは?つなぎ売りの方法や注意点などを徹底解説!
2023/03/31
article item
信用取引 クロス取引とは?有名な「優待クロス取引」のメリットや気をつけるべき点などわかりやすく解説!
菅原良介 2023/03/31

投信/ETF

article item
投信/ETF 新興国ETFランキングTOP10!おすすめ銘柄についても解説
菅原良介 2024/06/14
article item
投信/ETF 国内高配当ETFランキングTOP10!おすすめ銘柄についても解説
菅原良介 2024/06/14
article item
投信/ETF 米国債券ETFランキングTOP10!おすすめ銘柄についても解説
菅原良介 2024/06/14
article item
投信/ETF 日本と米国の半導体ETFランキング5選!おすすめ銘柄についても解説
菅原良介 2024/06/14
ETF

Jリート

article item
Jリート J-REITの種類とは?選び方のポイントも含めて丁寧に解説!
2023/03/31
article item
Jリート 【J-REIT初心者入門】J-REITとは?メリットやリスク、現物不動産投資との違いを解説
2023/03/31
article item
Jリート J−REITは長期保有?短期売買? - はじめてのJリート物語
2023/03/31
article item
Jリート リートっていくらから買えるの? - はじめてのJリート物語
2023/03/31

金銭信託

article item
金銭信託 安全性と収益性のバランスが良い投資方法とは?スマートプラスの合同運用指定金銭信託についてご紹介!
2023/10/31
article item
金銭信託 金銭信託にはどんな種類がある?それぞれの特徴やリスクを知っておこう
2023/10/31
article item
金銭信託 金銭信託でこれは知っておこう!利益がもらえる時の信託受益権とは?
2023/10/31
article item
金銭信託 信託銀行って何の銀行?どんな金融資産を運用してる?
2023/10/31

NISA

article item
NISA つみたてNISAにおける銘柄選びのポイントは?成功させるための方法も紹介
菅原良介 2024/05/13

不動産投資

article item
不動産投資 不動産クラウドファンディングのメリットは?ソーシャルレンディングとの違いも解説!
菅原良介 2024/06/14
article item
不動産投資 おすすめの不動産クラウドファンディングは?比較すべきポイントも合わせて紹介
菅原良介 2024/01/31