株式を学ぶ (実践編)

【第18回】野村證券がETFの販売を本格化——なぜ、今、ETFなのか 東証ETF

最終更新:2013/06/27 15:43

東証ETF・ETN活用プロジェクト [ なるほど!ETF・ETN ]

【第18回】

ETFプロバイダーに聞く——野村證券

野村證券がETFの販売を本格化——なぜ、今、ETFなのか

野村證券がETFの販売に本格的に乗り出しました。同證券では昨年12月にETFマーケティング・グループというETFの専門部署を設立。ETFの認知度をアップさせて投資家資金を呼び込み、国内ETF市場の活性化への貢献を目指すとのことです。同グループの塩田誠グループ長に今後の販売戦略などについて話を聞きました。
金融商品を販売する金融機関でETF専門の部署があるのは珍しいですね。具体的にどのような活動をしているのですか。
野村證券ETFマーケティング・グループ長塩田誠氏
野村證券ETFマーケティング・グループ長
塩田誠氏
投資家層を運用のプロである“機関投資家”と、個人投資家を主とする“営業店のお客様”に大別して、それぞれのお客様のニーズに見合った商品提案をしています。
ETFの委託取引に占める投資部門別売買シェア(東京証券取引所・金額ベース、グラフ1参照)では、機関投資家の比率は1割強です。比率が低水準に止まっている理由の一つとして、投資信託や年金資金の運用機関など、最終投資家の受託資産を運用する投資家がETFの活用を躊躇していることなどが考えられます。
(グラフ1)東京証券取引所の投資部門別ETFの売買状況(金額ベースの構成比)(グラフ1)東京証券取引所の投資部門別ETFの売買状況
※出所:東京証券取引所
※自己、委託の比率は資本金30億円以上の取引参加者の総売買代金(売り買い合計別)に対する構成比。法人、個人、外国人のシェアは委託売買代金(売り買い合計別)に対する構成比。
※外国ETFは含まない。
しかし、この数年で世界的にETFの商品ラインアップが多様化したため、例えば年金資金の運用で金現物への投資は実質的に不可能ですが、ETFなら代替することが可能です。機関投資家の潜在需要は大きいとみており、今後はさらに力を入れていく方針です。また、当部署では国内に限らず海外の機関投資家も視野にグローバルな活動を目指しています。
一方、個人投資家層については現在、ネット経由での取引が多いと推測され、営業店での対面販売を通じたETFの取引はあまり活発ではなかったように感じます。このため、この分野も今後の開拓余地が大きいとみています。
2001年のETFの本格スタートから既に約10年が経過しています。なぜ、今、ETFに注目するのでしょうか。
私は2007年に野村アセットマネジメントの金価格連動型ETFの設定・上場に携わりました。その後3年が経過して国内の上場銘柄数は当時より増えはしたものの、残高は伸び悩み、売買金額もほぼ横ばいです(グラフ2参照)。これは商品ラインアップの問題だけではないと思い、ETFの商品性や活用法をもっと広めるべきだと考えました。
(グラフ2)国内ETFの残高と銘柄数の推移
(グラフ2)国内ETFの残高と銘柄数の推移
(グラフ2)国内ETFの残高と銘柄数の推移
ETFの投資魅力を挙げると。
野村證券ETFマーケティング・グループ長塩田誠氏
たとえていうなら、ETFは選ぶ(E)楽しみ(T)があるファンド(F)。なぜかというと、世界には約2400銘柄ものETFがあるからです。例えば、債券価格の値動きを捉えるETFと一口にいっても、連動投資対象が中期債や長期債など様々で、投資家は各自の投資判断・テーマに見合ったETFを見つけることができると思います。さらに、ETFの商品性について、投資対象指数への連動を目指すという理解しやすい仕組みであることも魅力の一つです。
また、ETFは世界の著名なヘッジファンドが活用しているだけでなく、国内では日本銀行が金融緩和策としてETFを買い入れてます。つまり、プロの目にも適った金融商品といえるのではないでしょうか。
今後のETFの販売戦略を教えて下さい。
当社では現在137銘柄(国内上場93銘柄、海外上場44銘柄)のETFを取り扱っていますが、さらなる取扱銘柄の拡充を図ります。国内債券市場などの値動きを捉えるETFがまだありません。米国のETF市場でリーマン・ショック後に最も資金が流入したのは債券のETFです。国内債券ETFにも需要はあると思います。
投資家に対しては各投資家層に応じた商品提案をします。個人投資家についてはセミナーなどを通じてETFの魅力を説明するなど、まずは認知度アップを図ります。さらに、これまで手薄になっていた個人投資家への対面販売に力を入れ、直に投資家と接することで資産運用の必要性やポートフォリオ運用の有効性を唱えていく中でETFを提案していく方針です。
国内ETF市場の活性化に必要な要素は何でしょうか。
米国を筆頭に海外ではETFの取引が活発です。例えば、米国の代表的株価指数であるS&P500種株価指数に連動するETFの1日当たりの売買金額は2兆円と、この1銘柄だけで東京証券取引所(1部、2部、マザーズの合算値)の売買金額を上回ることもあります。これは米国国内の投資家だけでなく、海外投資家の資金も流入しているからです。
(グラフ3)米国ETFの残高と銘柄数の推移
(グラフ3)米国ETFの残高と銘柄数の推移
(グラフ3)米国ETFの残高と銘柄数の推移
野村證券ETFマーケティング・グループ長塩田誠氏
日本でも海外投資家の資金を積極的に取り込むべきではないかと思います。そのためにはまず、海外投資家にとって魅力があるETFを揃える必要があります。例えば、日本の取引所の地理的特性を活かして、アジア市場の値動きをタイムリーに反映したアジア株のETFや、アジア債券のETFなどアジア諸国・地域を投資対象とした商品なら優位性があると考えます。そのほか、簡単ではないことを十分承知しておりますが、海外投資家の利便性向上のために国内ETFの米ドル等での決済、もしくは米ドル建てでの価格の表示が実現できれば海外投資家の資金流入に弾みがつくかもしれません。
また、海外のETF運用会社が彼らのETFを国内の金融機関で取り扱う場合、外国投信の届出が必要で、そのための費用がかかります。このため、海外運用会社は届出に二の足を踏むという声も聞きます。さらに、国内上場ETFは個別株の取引と同様に乗り換え(保有するETFを売って別のETFを買うこと)をしても問題ありませんが、外国上場ETFの場合は投資信託と同様に乗り換えの前に、金融商品取引法に基づいた個人投資家への説明が必要になります。しかし、このような規制は投資家サイドに立てば、柔軟なポートフォリオ変更の機会を阻害する要因になっているかもしれません。端的に表現すると、国内上場ETFとイコールフッティングになっていないのです。
現在、香港やシンガポールの取引所もETFの新規上場に力を入れていると聞きます。国内ETF市場の活性化のためにも、両国に見劣りしない優位性のある商品ラインアップ、銘柄数、そして制度などが必要だと思います。
掲載日:2011年月01月27日/株式会社QBR


その他の記事を見る

株式初心者入門

something
株式初心者入門
老後資金は平均いくら必要?年金だけでは足りない?いまからでも間に合う資産形成について徹底解説!
2022/04/28 10:13
something
株式初心者入門
【資産運用】資産を効率的に増やすなら貯金・節約・資産運用どの方法がいい?
2022/03/16 16:14
something
株式初心者入門
【資産運用】初心者向け!資産運用を始める時のポイントについて解説 - ゼロから始める資産運用
2022/03/10 17:32
something
株式初心者入門
【資産運用】初心者におすすめの少額投資!ミニ株や積立投資について徹底解説!
2022/03/10 17:18
something
株式初心者入門
【資産運用】今すぐ始めるべき理由とは?初心者におすすめの運用方法をご紹介!
2022/02/25 16:41
something
株式初心者入門
初心者向け!基本的な株の取引方法まとめ -ゼロからはじめる株式投資-
2022/01/10 17:39
株式初心者入門の記事一覧へ

株式を学ぶ (基礎編)

something
株式を学ぶ (基礎編)
日経平均を見て一喜一憂するなかれ
2022/05/09 16:19
something
株式を学ぶ (基礎編)
【第7回】株価はどんな要因で形成されるのか - 株式投資に必要な財務データの読み方
2022/05/09 16:06
something
株式を学ぶ (基礎編)
地価と株価−1−「インフレヘッジになる株」 - 投資の極意〜中東の元ファンドマネージャーが伝授〜(第4回) - 株式
2022/05/09 16:02
something
株式を学ぶ (基礎編)
地価と株価−2−「インフレとデフレ」 - 投資の極意〜中東の元ファンドマネージャーが伝授〜(第5回) - 株式
2022/05/09 16:01
something
株式を学ぶ (基礎編)
地価と株価−3−「株価と地価の相関関係」 - 投資の極意〜中東の元ファンドマネージャーが伝授〜(第6回) - 株式
2022/05/09 16:01
something
株式を学ぶ (基礎編)
外人買いとか外人売りとか。それってナニ?
2022/05/09 15:05
something
株式を学ぶ (基礎編)
テーマ株の特徴は?投資戦略はどう考える?
2022/05/09 14:08
something
株式を学ぶ (基礎編)
マイナス金利、あなたの生活は?そして株価は?
2022/05/09 12:19
something
株式を学ぶ (基礎編)
株にもイロイロありまして
2022/05/09 03:28
something
株式を学ぶ (基礎編)
これから初めて株を買います!必要な心構えや行動は?
2022/05/09 01:45
something
株式を学ぶ (基礎編)
グロース株・バリュー株とは?どちらに投資すればいい?違い・特徴について徹底解説!
2022/02/25 16:38
something
株式を学ぶ (基礎編)
【株式投資】株価の割高・割安ってどう見極めればいい?判断する指標を噛み砕いて解説!
2022/02/01 15:08
株式を学ぶ (基礎編)の記事一覧へ

株式を学ぶ (実践編)

something
株式を学ぶ (実践編)
決算は株価に影響する?決算発表前・発表直後にやるべきことについて解説!
2022/05/16 21:17
something
株式を学ぶ (実践編)
【第8回】株価の推移の確認の仕方と株価の分析指標の本当の意味 - 株式投資に必要な財務データの読み方
2022/05/09 16:06
something
株式を学ぶ (実践編)
【第2回】公的年金が破綻しない理由と破綻しなくても安心できない理由(後編) - 退職・年金ナビ
2022/05/09 15:45
something
株式を学ぶ (実践編)
【第1回】公的年金が破綻しない理由と破綻しなくても安心できない理由(前編) - 退職・年金ナビ
2022/05/08 15:45
something
株式を学ぶ (実践編)
40代から家を買う?ずっと借りる?(1) 〜コストの比較〜【第6回】 - 退職・年金ナビ
2022/03/27 15:44
something
株式を学ぶ (実践編)
会社四季報の活用方法と読み方のポイント
2022/03/25 09:32
something
株式を学ぶ (実践編)
2022年コロナ変異株の日本株式市場への影響は?後半には大きく巻き返せるのか?
2022/03/18 13:28
something
株式を学ぶ (実践編)
株主優待と配当金との違いって?いつまでに買えばもらえるのか?権利取得までわかりやすく解説!
2022/03/16 15:04
something
株式を学ぶ (実践編)
株にかかる税金は高い?株の税金について徹底解説
2022/03/16 13:07
something
株式を学ぶ (実践編)
インカムゲインとキャピタルゲインの違いとは?運用方法や選び方について分かりやすく解説!
2022/03/10 17:31
something
株式を学ぶ (実践編)
日経平均株価とTOPIXの違いは?各指数の特徴とチャートの見方について分かりやすく解説!
2022/03/10 17:30
something
株式を学ぶ (実践編)
自社株買いとは?株価が上がる本当の理由とメリット・デメリットについてわかりやすく解説
2022/03/10 13:27
株式を学ぶ (実践編)の記事一覧へ

資産運用

something
資産運用
今注目の「FIRE」とは?早期リタイアのメリット・デメリットについて徹底解説!
2022/05/17 13:22
something
資産運用
【資産運用】資産運用に失敗する人の特徴とは?失敗しないためのコツや注意点について徹底解説!
2022/05/10 15:52
something
資産運用
【資産運用】初心者が投資を始めやすい資産運用「つみたてNISA」とは?
2022/05/10 12:40
something
資産運用
60代のNISA活用のポイント 〜年金生活に入っても無理なくNISAを活用しよう! - 世代別NISA活用術
2022/05/10 12:34
something
資産運用
NISAを使って老後のお金を貯める方法〜ロールオーバーがポイント!
2022/05/10 11:28
something
資産運用
NISA×DC〜おろせない仕組みとおろせる仕組みをうまく組み合わせる
2022/05/10 08:41
something
資産運用
NISAの概要1(NISAの仕組みと買い方) - NISAの基本のキホン
2022/05/10 08:39
something
資産運用
NISAと税金、手続き - NISAの基本のキホン
2022/05/09 20:56
something
資産運用
【第6回】年金の請求手続き
2022/05/09 16:57
something
資産運用
結婚したら考えるべきライフイベントとお金のやりくり - ライフプラン別資産運用活用術
2022/05/09 16:08
something
資産運用
【第23回】気になる今後の年金改正をチェックするポイント(前編) - 退職・年金ナビ
2022/05/09 15:45
something
資産運用
【第24回】気になる今後の年金改正をチェックするポイント(後編) - 退職・年金ナビ
2022/05/09 15:45
資産運用の記事一覧へ