株式を学ぶ (基礎編)

株を買うタイミングの見分け方と判断基準

最終更新:2022/06/08 21:22

株を買うタイミングの見分け方として、まずはこれまでのチャートや企業のIR情報など、色々なデータを集めるよう心がけましょう。色々なデータを集めることで、判断基準が明確になってきます。自分が興味のある企業についてあらゆる情報を確認するようにしましょう。ただし、企業の株は思いもよらない理由で変化が起き、時には暴落する場合もあります。たとえ大幅に下がったとしても、あまりショックを受けないようにしましょう。株の購入にはメンタル面の維持も非常に重要です。最後に、株は買って終わりではなく、いつ売るかも考えなければいけません。買ってそのまま放置するのではなく、売るタイミングも考えて、企業の情報は常にチェックするようにしましょう。

株を買うときの見分け方は?

株を買うタイミングは何を判断基準にすればいいのか?この記事では具体的に解説していきたいと思います。

まずは株価を見てみる

最初に株価がどんなものか見てみましょう。

これは、トヨタ自動車の2013年から2022年の株価のデータです。理想としては、2021年の1月に1,500円で買って、翌年の2022年1月辺りに2,000円ぐらいで売って差額分(これを値上がり益と言います)の収益が欲しいですよね。しかし、逆に買った後、株価が下がるとショックですよね。「せっかく買うなら損をしたくない!」と誰もが思うはずです。

株価はなぜ下がる?

株価が下がる理由は、たくさんあります。

例えば、
・時期的に企業の業績が伸び悩んでいる
・コロナの影響で顧客の確保が難しくなった
・社内での不祥事が明るみになった

などなど。このように色々な企業の情報が混ざりあって、株価は決まります。
ですが、あらゆる企業の情報を集めることで「どのタイミングで買えばいいのか」判断基準が明らかになってきます。 

【この記事もおすすめ】
>>初心者向け!基本的な株の取引方法まとめ -ゼロからはじめる株式投資-
>>株式投資の基本とは?まずは仕組みを知ろう!
>>株式投資にはどんなメリット・デメリットがある?投資スタイルによる違いも解説

判断基準はどうすればいい?

ここでは、株を買うタイミングの見分け方として3つのポイントをお伝えします。

チャートを見てみよう

1つ目は、チャートを見ることです。チャートとは、その企業のこれまでの株価の動きを図にしたものです。図表2を見てください。

図表2は任天堂のチャートです。任天堂の株価はどんどん上昇していますが、2018年と2021年の山になっているところを見てください。任天堂社の株価は12月から4月まで上昇し、それ以外の月では株価は現状維持か低下している傾向が見えます。12月から4月に山になっている理由としては、任天堂のゲームをクリスマスプレゼントや合格祝い、新生活のお祝いとして需要が高まっているからと言えます。このように、チャートを見ることである程度その企業の株価の動きやその背景が見えてくるようになります。

【この記事もおすすめ】
>>チャートの見方についてやさしく解説!株価チャートから株の買い時を探る方法とは?

時期を考えよう

2つ目が時期についてです。先ほど、チャートから株価が上がる時や下がる時が分かると言いましたが、加えて企業が売上や利益を公表する情報のタイミングについても重要です。それらの情報は企業の「IR情報」と呼ばれており、今後の株価の予想をする上での貴重な情報となります。

 図表3は毎年更新されている日本マクドナルドホールディングスの5年間の全店売上高です。2017年から常に売上を伸ばしており、このような企業の売上や利益が株価を考える上での参考になります。

企業の将来性は見込める?

3つ目は企業の将来性です。株価については、過去の企業の業績だけでは無く、今後の将来性についても見る必要があります。ここでは、企業に関する情報について説明していきたいと思います。

企業の資料を見てみる

まずは、企業のホームページに行ってみましょう。先ほど説明したIR情報に加え、「有価証券報告書」が掲載されています。

有価証券報告書とは、その年の売上や利益、さらには利益が上がった場合もしくは下がった場合、なぜそのようになったのか理由まで詳しく書かれています。例えば、図表4では:日本マクドナルドホールディングスの「2021年12月有価証券報告書」ですが、年間ごとに売上や利益、総資産まで細かく書いています。自分が株を買いたい企業の情報がまとめられており、今後の将来的な見通しについても確認することができます。

【この記事もおすすめ】
会社四季報の活用方法と読み方のポイントについてわかりやすく解説!

売上は今どのくらいか

ただし、そのような企業のIR情報や有価証券報告書は膨大な量であり、全て読むには時間もかかり、また株価とは直接関係のない情報も記載されています。 そこで、特に注目するべき点として、ここ数年の売上や利益に着目してみましょう。そして、売上が減っている企業に将来性があるか考えましょう。例えば、航空業界はここ数年新型コロナウイルスの影響で売上が減少しています。

しかし、今年2022年は外出する人も増え、旅行や観光がより活発になると予想されています。さらに、政府は外国人の入国規制の緩和も進めており、今後インバウンド効果(※1)も期待できます。売上の減少が一時的なものか、それとも慢性的なものか考えてみるのが大切です。

(※1)インバウンド効果:外国から来た観光客の人が日本で消費活動をして、企業の売上の増加につながること。

株を買うときの注意点

ここまで、株を買うときのタイミングや判断基準について説明していきましたが、当然株の購入には注意点もあります。

株価が低くても得とは限らない

せっかく株を買うなら安いときに買って、株価が高くなったら売ろうと考えている人が多いかもしれません。しかし、注意しておきたいのは株価が低い=株が安いという訳ではありません。株価の低さが必ずしも株の価格に直結するわけではないので、注意が必要です。

予想もつかない下落も

時に株価は思いもよらない理由で暴落し、価値がほぼ無くなる場合もあります。

例えば、
・新型コロナウイルスの影響で、需要が減り経営不振に
・大規模な企業のスキャンダルが明るみに出て、通常営業ができなくなる
といったケースもあります。いくら事前に情報収集をしても、株価の下落に対処できないケースもあります。 

下がっても落ち込まない

そのような時に大切なのが、株価が下がっても落ち込みすぎないことです。株を買うとどうしても、その後の動向が逐一気になり、株価の上下についつい一喜一憂してしまいます。行動経済学(※1)には「プロスペクト理論」というモデルがあり、人は同じ価値でもプラスになったときよりも、マイナスになったときのほうがショックが大きいと言われています。例えば、「1万円貰った」ときの喜びと「1万円失った」ときの悲しみは、悲しみの感情の方が喜びより大きいと言われています。株の購入は、情報収集だけでなく自身のメンタルケアも大切です。株価ばかりに縛られないような生活を心がけましょう。

(※2)行動経済学:人間の動きや感情を観察して、どのような結果や傾向が得られるかを調べる学問。

株はいつまで保有しておく?

株を買ったからには、株価が上がったタイミングで売却したいですよね。しかし、いつまで持っておけばいいでしょうか?

売るタイミングも考える

先ほど、株価ばかりに縛られないと言いましたが、売るタイミングについては予め計画しておくのは良いことです。ポイントとしては、長期的に保有しておくことです。すぐに「上がったから」、「これ以上下がるのに耐えられないから」という理由ではなく、なるべく長い期間持っておくことでより大きなリターンが得られる場合があります。

企業のことを買った後も調べる

そして、売るタイミングですが、買った株の企業の情報は定期的にチェックしましょう。株を買って終わりではなく、企業のホームページで最新情報や経済に関するニュースについて把握しておきましょう。具体的には、企業の場合、商品の値段が上がっていないか、収益に繋がりそうな新たなサービスを始めていないか等、企業の最近の業績や経営面での情報を見ておきましょう。

また、経済に関するニュースでは、広く情報を集めておくことで、企業の株価の予想の一助になるメリットがあります。具体的には、最新のトレンドや勢いのある業種を調査、世界的なエネルギーや原材料の価格上昇が起きていないか把握することで、今後の株価を考える上での参考になります。

まとめ

株を買うタイミング判断基準として、チャートや企業の情報が使えます。まずは、自分が知っている・興味のある企業の株価チャートやIR情報を見てみましょう。

しかし、判断基準が分かっても、株価は常に自分が期待した通りに動くとは限りません。予想もつかない下落が起きても、気を落とさないようにしましょう。

また、株は買うタイミングだけでなく、売るタイミングも肝心です。買った株の企業の情報は意識して、最新のニュースに目を向けるようにしましょう。

最新ネット証券比較ランキング

口座開設されてない初心者の方に向けた、ネット証券が比較できる最新ランキングTOP10はこちらです。口座開設手続きはネット上で完結できます。口座開設キャンペーンもご紹介してます。是非この機会に、ネット証券の口座開設を行ってみましょう。

その他の記事を見る

株式初心者入門

something
株式初心者入門
老後資金は平均いくら必要?年金だけでは足りない?いまからでも間に合う資産形成について徹底解説!
2022/04/28 10:13
something
株式初心者入門
【資産運用】資産を効率的に増やすなら貯金・節約・資産運用どの方法がいい?
2022/03/16 16:14
something
株式初心者入門
【資産運用】初心者向け!資産運用を始める時のポイントについて解説 - ゼロから始める資産運用
2022/03/10 17:32
something
株式初心者入門
【資産運用】初心者におすすめの少額投資!ミニ株や積立投資について徹底解説!
2022/03/10 17:18
something
株式初心者入門
【資産運用】今すぐ始めるべき理由とは?初心者におすすめの運用方法をご紹介!
2022/02/25 16:41
something
株式初心者入門
初心者向け!基本的な株の取引方法まとめ -ゼロからはじめる株式投資-
2022/01/10 17:39
株式初心者入門の記事一覧へ

株式を学ぶ (基礎編)

something
株式を学ぶ (基礎編)
成行・指値・逆指値の違いと注文方法について解説
2022/06/30 15:04
something
株式を学ぶ (基礎編)
複利とは?単利との違いは?長期投資×複利運用するメリット
2022/06/30 10:23
something
株式を学ぶ (基礎編)
ドルコスト平均法とは?本当に意味ある?始め方やメリット・デメリットについてわかりやすく解説
2022/06/14 18:31
something
株式を学ぶ (基礎編)
日経平均を見て一喜一憂するなかれ
2022/05/09 16:19
something
株式を学ぶ (基礎編)
【第7回】株価はどんな要因で形成されるのか - 株式投資に必要な財務データの読み方
2022/05/09 16:06
something
株式を学ぶ (基礎編)
地価と株価−1−「インフレヘッジになる株」 - 投資の極意〜中東の元ファンドマネージャーが伝授〜(第4回) - 株式
2022/05/09 16:02
something
株式を学ぶ (基礎編)
地価と株価−2−「インフレとデフレ」 - 投資の極意〜中東の元ファンドマネージャーが伝授〜(第5回) - 株式
2022/05/09 16:01
something
株式を学ぶ (基礎編)
地価と株価−3−「株価と地価の相関関係」 - 投資の極意〜中東の元ファンドマネージャーが伝授〜(第6回) - 株式
2022/05/09 16:01
something
株式を学ぶ (基礎編)
外人買いとか外人売りとか。それってナニ?
2022/05/09 15:05
something
株式を学ぶ (基礎編)
テーマ株の特徴は?投資戦略はどう考える?
2022/05/09 14:08
something
株式を学ぶ (基礎編)
マイナス金利、あなたの生活は?そして株価は?
2022/05/09 12:19
something
株式を学ぶ (基礎編)
株にもイロイロありまして
2022/05/09 03:28
株式を学ぶ (基礎編)の記事一覧へ

株式を学ぶ (実践編)

something
株式を学ぶ (実践編)
追加証拠金(追証)とは?払えないとどうなる?対処方法と仕組み・対策について徹底解説
2022/06/02 19:02
something
株式を学ぶ (実践編)
株式分割しても株価は上がるとは限らない?株価への影響やメリット・デメリットをわかりやすく解説!
2022/05/31 14:46
something
株式を学ぶ (実践編)
テーパリングとは?米国の金融政策の基本から株価への影響まで分かりやすく解説!
2022/05/31 13:17
something
株式を学ぶ (実践編)
仕手株に引っかからないためには?見分け方や手口、事例を紹介
2022/05/31 11:24
something
株式を学ぶ (実践編)
決算は株価に影響する?決算発表前・発表直後にやるべきことについて解説!
2022/05/16 21:17
something
株式を学ぶ (実践編)
【第8回】株価の推移の確認の仕方と株価の分析指標の本当の意味 - 株式投資に必要な財務データの読み方
2022/05/09 16:06
something
株式を学ぶ (実践編)
【第2回】公的年金が破綻しない理由と破綻しなくても安心できない理由(後編) - 退職・年金ナビ
2022/05/09 15:45
something
株式を学ぶ (実践編)
【第1回】公的年金が破綻しない理由と破綻しなくても安心できない理由(前編) - 退職・年金ナビ
2022/05/08 15:45
something
株式を学ぶ (実践編)
40代から家を買うべきか賃貸にするか?(1) 〜コストの比較〜【第6回】 - 退職・年金ナビ
2022/03/27 15:44
something
株式を学ぶ (実践編)
【株式投資】会社四季報の活用方法と読み方のポイントについてわかりやすく解説!
2022/03/25 09:32
something
株式を学ぶ (実践編)
2022年コロナ変異株の日本株式市場への影響は?後半には大きく巻き返せるのか?
2022/03/18 13:28
something
株式を学ぶ (実践編)
株主優待と配当金との違いって?いつまでに買えばもらえるのか?権利取得までわかりやすく解説!
2022/03/16 15:04
株式を学ぶ (実践編)の記事一覧へ

テクニカル分析

something
テクニカル分析
テクニカル分析の基礎⑤:RSIの見方と活用方法
2022/06/30 14:45
something
テクニカル分析
テクニカル分析の基礎④:MACDの見方と使い方
2022/06/30 13:14
something
テクニカル分析
テクニカル分析の基礎③:ボリンジャーバンドの見方・使い方
2022/06/30 12:35
something
テクニカル分析
テクニカル分析の基礎②:移動平均線における「ゴールデンクロス」と「デッドクロス」とは?
2022/06/22 17:14
something
テクニカル分析
テクニカル分析の基礎①:ローソク足とは?覚えておきたい基本パターンをわかりやすく解説!
2022/05/16 20:45
something
テクニカル分析
【株式投資】株式投資のテクニカル分析とは?初心者にもわかりやすく基本を解説!
2022/01/12 15:31
テクニカル分析の記事一覧へ

ファンダメンタルズ分析

something
ファンダメンタルズ分析
ファンダメンタルズ分析の基礎③:損益計算書の見方
2022/06/29 10:57
something
ファンダメンタルズ分析
ファンダメンタルズ分析の基礎④:キャッシュフロー計算書の見方
2022/06/29 09:47
something
ファンダメンタルズ分析
ファンダメンタルズ分析の基礎②:貸借対照表(バランスシート)の見方
2022/06/10 15:47
something
ファンダメンタルズ分析
ファンダメンタルズ分析の基礎①:財務諸表の読み方と分析方法
2022/06/10 15:19
something
ファンダメンタルズ分析
株・FXにおけるファンダメンタルズ分析とテクニカル分析の違いとは?
2022/02/25 11:59
something
ファンダメンタルズ分析
【株式投資】ファンダメンタルズ分析とは?分析方法の基本をわかりやすく解説!
2022/01/12 15:31
ファンダメンタルズ分析の記事一覧へ

資産運用

something
資産運用
NISAと普通の株式投資との違いと注意点(利益が上がった場合、損した場合)
2022/07/03 10:51
something
資産運用
【資産運用】貯金と投資と保険のバランスはどのくらいがいい?長所・短所や注意点について解説!
2022/06/30 11:36
something
資産運用
【資産運用】20代・30代の若い世代におすすめ!役立つ知識7選
2022/06/28 17:38
something
資産運用
ライフプランニング(人生設計)とは?資産形成の始め方、見直し方について解説!
2022/05/31 18:03
something
資産運用
年金制度が破綻するは本当?老後は公的年金だけで問題ない?
2022/05/31 17:46
something
資産運用
今注目の「FIRE」とは?早期リタイアのメリット・デメリットについて徹底解説!
2022/05/17 13:22
something
資産運用
【資産運用】資産運用に失敗する人の特徴とは?失敗しないためのコツや注意点について徹底解説!
2022/05/10 15:52
something
資産運用
【資産運用】初心者が投資を始めやすい資産運用「つみたてNISA」とは?
2022/05/10 12:40
something
資産運用
60代のNISA活用のポイント 〜年金生活に入っても無理なくNISAを活用しよう! - 世代別NISA活用術
2022/05/10 12:34
something
資産運用
NISAを使って老後のお金を貯める方法〜ロールオーバーがポイント!
2022/05/10 11:28
something
資産運用
NISA×DC〜おろせない仕組みとおろせる仕組みをうまく組み合わせる
2022/05/10 08:41
something
資産運用
NISAと税金、手続き - NISAの基本のキホン
2022/05/09 20:56
資産運用の記事一覧へ