株式を学ぶ (実践編)

追加証拠金(追証)とは?払えないとどうなる?対処方法と仕組み・対策について徹底解説

最終更新:2022/06/02 19:02

株式取引には、手持ち資金以上の取引が可能となる信用取引というものがあります。その取引を行うには、担保として「委託保証金」が必要となります。そこで、場合によっては追加証拠金というものが必要となっていきます。今回は、委託保証金、追加証拠金とは何か、追加証拠金を発生させないためにはどのようにすればいいのかということを解説していきます。

追加証拠金(追証)とは

信用取引では、取引を始めるにあたって現金や株式等を担保として証券会社に預ける必要があります。追加証拠金とは代用有価証券が値下がりしたり、信用取引をしている銘柄に含み損が生じたりした場合、委託保証金が必要な額を下回った時には不足分の保証金が追加で必要になります。その証拠金のことを追加証拠金と言います。

追加証拠金はどんな取引で発生する可能性がある?

投資金を目一杯使って投資を行っていると、追加証拠金が発生しそうなときに支払う余裕がなくなり追加証拠金が発生しますが、一体どんな時に追加証拠金が発生するのでしょうか。

現物では発生しない

現物取引とは、自身が持っている金融資産を用いて株式を売買する取引です。その際は、誰からもお金を借りることなく取引を行うので、追加証拠金は発生しません。

信用取引で発生する

信用取引とは、証券会社からお金や株式を借りることで手持ち資金以上の取引が可能になる取引です。現物取引では買った株を売って利益を得る仕組みですが、 信用取引では資金を借りられるだけでなく、証券会社が保有している株を借りる事もできるので株を売り、後で買うという通常と逆の取引も可能です。このため株価が下がる場面でも利益を出すことができます。 信用取引を行う際は、信用を供与してくれる証券会社に担保として差し入れる現金や株式が必要となります。その担保を「委託保証金」と言います。
 

【この記事もおすすめ】
>>信用取引にかかる規制とは?規制の種類とリスクについてわかりやすく解説!
>>信用取引のメリット・注意点について徹底解説!

追加証拠金はどんな場合に発生する?

委託保証金が必要な額を下回った時は一体どれくらいの保証金が必要なのか、実際に追加証拠金の発生する場合はどんな時か紹介します。

最低保証金の金額を下回った時

追加証拠金が発生する条件が2つあり、この2つを両方満たさないと追加証拠金が発生していします。

1つ目は、手数料、金利、貸株料等を加味して、最低30万円の保証金が必要であることです。30万円の保証金を下回ってしまうとどんな金額で取引を行っていても追加証拠金が発生してしまいます。

2つ目は、決められた委託保証金率を下回ってしまった時です。信用取引の委託保証金には最低維持率が定められています。証券会社で信用取引をする場合に、建玉を維持するために必要な委託保証金の割合のことです。このことを「委託保証金維持率」ともいいます。この割合は各証券会社で設定されており、これを下回ると追証が必要となってきます。

追証が必要となるケース

先ほどの説明を実際に追証が必要となるケースを例を用いて紹介します。当初(左側)は、買建玉の評価額が450万円、委託保証金が150万円でしたので、委託保証金率は約33.3%(=150万円÷450万円×100)でした。

ところが買い建玉が45万円値下がりする(右側)と、値下がり分(評価損)が委託保証金から差し引かれます。この状態での委託保証金の評価額は105万円(=150万円-45万円)となります。このときの維持率は約23.3%(=105万円÷450万円×100)となり、ある証券会社の委託保証金維持率が25%だった場合、基準を下回るので追証が発生してしまいます。

主なネット証券会社の保証金最低維持率

主なネット証券会社の有価証券は以下の表のようになっています。     

松井証券   20%
LINE証券      25%
SBI証券    20%
楽天証券   20%

各々の証券会社によって保証金最低維持率は異なるので確認してみましょう。
主なネット証券会社の保証金最低維持率
主なネット証券会社の保証金最低維持率
追証になるケース
追証になるケース

 

追加証拠金の確認方法

追加証拠金の確認は基本的にネット証券を使用しているのであれば、口座情報のところで何らかの通知が来ているはずなのでそこから追加証拠金の確認を行いましょう。

追加証拠金を解消するには?

追加証拠金を解消するには、2つの方法があります。1つ目は追加証拠金入金期日までに、追証金額を入金して保証金維持率を30%まで回復することです。これを満たせば強制決済されずに建玉を維持できます。

2つ目は、信用取引している一部の建玉を決済する方法です。返済した額の30%が追証金額から差し引かれ、追証の一部または全額が解消されます。 

追加証拠金を払わないとどうなる?

追加証拠金が出てしまった場合、必ず委託保証金維持率以上の金額を入金しないといけません。もし、その警告を無視して支払いを怠ったり、株価が上昇して委託保証金維持率以上の評価金額になった場合はどうなるでしょうか。

追加証拠金は自然に解消されない

追加証拠金が発生してしまったら、自然には解消されません。つまり、発生した翌日に株価が値上がりして評価額が委託保証金維持率を保ったとしても、追証が発生した時点で、原則としてなんらかの入金が必要となってしまいます。

期限を過ぎると強制決済される

追加証拠金を入金せずに追加証拠金の期限を過ぎてしまうと、投資家の同意を取らずに証券会社の判断により建玉の解消や代用有価証券の売却などがおこなわれる措置(強制決済)が行われます。最悪の場合は全建玉が決済されてしまいます。その際、手数料も通常通り請求されてしまいます。なお、強制決済により発生した損益は当然投資家に帰属します。

追加証拠金の発生を防ぐには?

追加証拠金は発生しないようにするのが信用取引をする上での基本です。では、追加証拠金が起きないようにするには事前にどのような対策を行えばいいのか解説します。

保証金限度枠にゆとりをもった取引をする

1番基本的な対策方法としては多めに委託保証金を入れておくことです。多めに委託保証金を入れておくことで、また、保証金にはできるだけ多めに現金を入れておくことです。代用有価証券を入れてしまうとそれらの含み損も考慮しないといけなくなり、考えることが多くなり複雑になってしまいます。最初は安定性を考え、ある程度現金を入れておくことが大切です。
保証金限度枠にゆとりをもった取引をする
保証金限度枠にゆとりをもった取引をする

損切りのタイミングを考える

信用取引は最大、保証金の約3倍の取引をすることができます。そのため、通常の取引より多くのリスクを伴います。リスクヘッジを行い損切りのルールを設け、無理ない運用を心掛けましょう。 相場を常にチェック出来ない場合などは損切りに役立つ「価格が上昇し、指定した値段以上になれば買い」「価格が下落し、指定した値段以下になれば売り」という逆指値注文という注文方法もあるので活用していきましょう。損切についての記事もあるのでそちらをご参照ください。

信用取引は委託保証金の約3倍までの取引ができるため、株価等の変動により、売買益が多く得られるリターンが大きい分、委託保証金の額を上回る損失が生じる恐れがあります。追加証拠金を発生させないリスク管理を徹底して行いましょう。リスクヘッジを行い、無理ない資産運用を心掛けましょう。それでもなお追加証拠金が発生した場合は、自身のポートフォリオを再度確認しながら期限内に追加証拠金の解消手続きを行う事をお勧めします。

まとめ

信用取引は委託保証金の約3倍までの取引ができるため、株価等の変動により、売買益が多く得られるリターンが大きい分、委託保証金の額を上回る損失が生じる恐れがあります。追加証拠金を発生させないリスク管理を徹底して行いましょう。リスクヘッジを行い、無理ない資産運用を心掛けましょう。それでもなお追加証拠金が発生した場合は、自身のポートフォリオを再度確認しながら期限内に追加証拠金の解消手続きを行う事をお勧めします。

最新ネット証券比較ランキング

口座開設されてない初心者の方に向けた、ネット証券が比較できる最新ランキングTOP10はこちらです。口座開設手続きはネット上で完結できます。口座開設キャンペーンもご紹介してます。是非この機会に、ネット証券の口座開設を行ってみましょう。

その他の記事を見る

株式初心者入門

something
株式初心者入門
老後資金は平均いくら必要?年金だけでは足りない?いまからでも間に合う資産形成について徹底解説!
2022/04/28 10:13
something
株式初心者入門
【資産運用】資産を効率的に増やすなら貯金・節約・資産運用どの方法がいい?
2022/03/16 16:14
something
株式初心者入門
【資産運用】初心者向け!資産運用を始める時のポイントについて解説 - ゼロから始める資産運用
2022/03/10 17:32
something
株式初心者入門
【資産運用】初心者におすすめの少額投資!ミニ株や積立投資について徹底解説!
2022/03/10 17:18
something
株式初心者入門
【資産運用】今すぐ始めるべき理由とは?初心者におすすめの運用方法をご紹介!
2022/02/25 16:41
something
株式初心者入門
初心者向け!基本的な株の取引方法まとめ -ゼロからはじめる株式投資-
2022/01/10 17:39
株式初心者入門の記事一覧へ

株式を学ぶ (基礎編)

something
株式を学ぶ (基礎編)
成行・指値・逆指値の違いと注文方法について解説
2022/06/30 15:04
something
株式を学ぶ (基礎編)
複利とは?単利との違いは?長期投資×複利運用するメリット
2022/06/30 10:23
something
株式を学ぶ (基礎編)
ドルコスト平均法とは?本当に意味ある?始め方やメリット・デメリットについてわかりやすく解説
2022/06/14 18:31
something
株式を学ぶ (基礎編)
株を買うタイミングの見分け方と判断基準
2022/06/08 21:22
something
株式を学ぶ (基礎編)
日経平均を見て一喜一憂するなかれ
2022/05/09 16:19
something
株式を学ぶ (基礎編)
【第7回】株価はどんな要因で形成されるのか - 株式投資に必要な財務データの読み方
2022/05/09 16:06
something
株式を学ぶ (基礎編)
地価と株価−1−「インフレヘッジになる株」 - 投資の極意〜中東の元ファンドマネージャーが伝授〜(第4回) - 株式
2022/05/09 16:02
something
株式を学ぶ (基礎編)
地価と株価−2−「インフレとデフレ」 - 投資の極意〜中東の元ファンドマネージャーが伝授〜(第5回) - 株式
2022/05/09 16:01
something
株式を学ぶ (基礎編)
地価と株価−3−「株価と地価の相関関係」 - 投資の極意〜中東の元ファンドマネージャーが伝授〜(第6回) - 株式
2022/05/09 16:01
something
株式を学ぶ (基礎編)
外人買いとか外人売りとか。それってナニ?
2022/05/09 15:05
something
株式を学ぶ (基礎編)
テーマ株の特徴は?投資戦略はどう考える?
2022/05/09 14:08
something
株式を学ぶ (基礎編)
マイナス金利、あなたの生活は?そして株価は?
2022/05/09 12:19
株式を学ぶ (基礎編)の記事一覧へ

株式を学ぶ (実践編)

something
株式を学ぶ (実践編)
株式分割しても株価は上がるとは限らない?株価への影響やメリット・デメリットをわかりやすく解説!
2022/05/31 14:46
something
株式を学ぶ (実践編)
テーパリングとは?米国の金融政策の基本から株価への影響まで分かりやすく解説!
2022/05/31 13:17
something
株式を学ぶ (実践編)
仕手株に引っかからないためには?見分け方や手口、事例を紹介
2022/05/31 11:24
something
株式を学ぶ (実践編)
決算は株価に影響する?決算発表前・発表直後にやるべきことについて解説!
2022/05/16 21:17
something
株式を学ぶ (実践編)
【第8回】株価の推移の確認の仕方と株価の分析指標の本当の意味 - 株式投資に必要な財務データの読み方
2022/05/09 16:06
something
株式を学ぶ (実践編)
【第2回】公的年金が破綻しない理由と破綻しなくても安心できない理由(後編) - 退職・年金ナビ
2022/05/09 15:45
something
株式を学ぶ (実践編)
【第1回】公的年金が破綻しない理由と破綻しなくても安心できない理由(前編) - 退職・年金ナビ
2022/05/08 15:45
something
株式を学ぶ (実践編)
40代から家を買うべきか賃貸にするか?(1) 〜コストの比較〜【第6回】 - 退職・年金ナビ
2022/03/27 15:44
something
株式を学ぶ (実践編)
【株式投資】会社四季報の活用方法と読み方のポイントについてわかりやすく解説!
2022/03/25 09:32
something
株式を学ぶ (実践編)
2022年コロナ変異株の日本株式市場への影響は?後半には大きく巻き返せるのか?
2022/03/18 13:28
something
株式を学ぶ (実践編)
株主優待と配当金との違いって?いつまでに買えばもらえるのか?権利取得までわかりやすく解説!
2022/03/16 15:04
something
株式を学ぶ (実践編)
株にかかる税金は高い?株の税金について徹底解説
2022/03/16 13:07
株式を学ぶ (実践編)の記事一覧へ

テクニカル分析

something
テクニカル分析
テクニカル分析の基礎⑤:RSIの見方と活用方法
2022/06/30 14:45
something
テクニカル分析
テクニカル分析の基礎④:MACDの見方と使い方
2022/06/30 13:14
something
テクニカル分析
テクニカル分析の基礎③:ボリンジャーバンドの見方・使い方
2022/06/30 12:35
something
テクニカル分析
テクニカル分析の基礎②:移動平均線における「ゴールデンクロス」と「デッドクロス」とは?
2022/06/22 17:14
something
テクニカル分析
テクニカル分析の基礎①:ローソク足とは?覚えておきたい基本パターンをわかりやすく解説!
2022/05/16 20:45
something
テクニカル分析
【株式投資】株式投資のテクニカル分析とは?初心者にもわかりやすく基本を解説!
2022/01/12 15:31
テクニカル分析の記事一覧へ

ファンダメンタルズ分析

something
ファンダメンタルズ分析
ファンダメンタルズ分析の基礎③:損益計算書の見方
2022/06/29 10:57
something
ファンダメンタルズ分析
ファンダメンタルズ分析の基礎④:キャッシュフロー計算書の見方
2022/06/29 09:47
something
ファンダメンタルズ分析
ファンダメンタルズ分析の基礎②:貸借対照表(バランスシート)の見方
2022/06/10 15:47
something
ファンダメンタルズ分析
ファンダメンタルズ分析の基礎①:財務諸表の読み方と分析方法
2022/06/10 15:19
something
ファンダメンタルズ分析
株・FXにおけるファンダメンタルズ分析とテクニカル分析の違いとは?
2022/02/25 11:59
something
ファンダメンタルズ分析
【株式投資】ファンダメンタルズ分析とは?分析方法の基本をわかりやすく解説!
2022/01/12 15:31
ファンダメンタルズ分析の記事一覧へ

資産運用

something
資産運用
NISAと普通の株式投資との違いと注意点(利益が上がった場合、損した場合)
2022/07/03 10:51
something
資産運用
【資産運用】貯金と投資と保険のバランスはどのくらいがいい?長所・短所や注意点について解説!
2022/06/30 11:36
something
資産運用
【資産運用】20代・30代の若い世代におすすめ!役立つ知識7選
2022/06/28 17:38
something
資産運用
ライフプランニング(人生設計)とは?資産形成の始め方、見直し方について解説!
2022/05/31 18:03
something
資産運用
年金制度が破綻するは本当?老後は公的年金だけで問題ない?
2022/05/31 17:46
something
資産運用
今注目の「FIRE」とは?早期リタイアのメリット・デメリットについて徹底解説!
2022/05/17 13:22
something
資産運用
【資産運用】資産運用に失敗する人の特徴とは?失敗しないためのコツや注意点について徹底解説!
2022/05/10 15:52
something
資産運用
【資産運用】初心者が投資を始めやすい資産運用「つみたてNISA」とは?
2022/05/10 12:40
something
資産運用
60代のNISA活用のポイント 〜年金生活に入っても無理なくNISAを活用しよう! - 世代別NISA活用術
2022/05/10 12:34
something
資産運用
NISAを使って老後のお金を貯める方法〜ロールオーバーがポイント!
2022/05/10 11:28
something
資産運用
NISA×DC〜おろせない仕組みとおろせる仕組みをうまく組み合わせる
2022/05/10 08:41
something
資産運用
NISAと税金、手続き - NISAの基本のキホン
2022/05/09 20:56
資産運用の記事一覧へ