信用取引を学ぶ

信用二階建てとは?危険と言われる理由を解説!

最終更新:2022/01/20 16:18

信用取引をやったことがある方、これからやろうとしている方の中には、「二階建て(取引)」という言葉を聞いたことがあるという方もいらっしゃるのではないでしょうか。信用取引の二階建てはリスクの高い取引として多くの証券会社で規制されている取引手法になります。ここでは、二階建て取引の概要とその危険性について確認していきましょう。

信用二階建てとは

信用二階建てとは、端的に言うと、現物で購入した株式を担保(委託保証金代用有価証券)にして、信用取引においても同銘柄の買建てを行うことになります。同一資金を使って同銘柄で現物と信用の両方(2階層)のポジションを持つ様子からこう言われているようです。

二階建て取引は、現物買いと信用買いを合わせることで自己資金を大きく上回る買いポジションを作ることが可能で、レバレッジが高まることだけをみてもリスクが大きい取引といえますが、これを同一銘柄で実施することによって、更に高リスクで危険な取引になってしまうことが知られています。

二階建て取引は非常に危険な取引ではあるが、唯一のメリットは少額の資金から莫大なリターンが期待できるところにあります。

信用二階建ての危険性

信用二階建ては、一般的に非常に危険で避けるべき取引として知られています。その理由は大きく分けて二つあると言われています。詳しくみていきましょう。

レバレッジの高さ

信用二階建てが危険とされる理由の一つは、レバレッジの高さです。具体例を用いて確認してみましょう。

株価が100円の銘柄を1,000株現物で購入し、これを委託保証金代用有価証券として証券会社に担保差入れし、同銘柄の信用買いを行うとします。現物の購入代金は100,000円で、これを担保差入する場合の担保掛目が80%だったとすると、担保としての評価額は80,000円になります。信用取引は建玉の30%以上の担保が求められるので、この担保で信用取引を行う場合の最大の金額は266,666円(80,000円÷30%)となります。

つまり、100,000円の自己資金を用いて現物と信用取引合わせて同一銘柄で366,666円(100,000円+266,666円)分の買いポジションをもてるということになります。仮にこの銘柄の株価が90円(▲10%)に値下がりした場合は、100,000円の自己資金に対して、現物取引で▲10,000円、信用取引で▲26,666円の合計36,666円(▲36.6%)の評価損を抱えることになります。

このようにレバレッジが効くことによって、株価下落による買いポジションの評価損もその分大きく膨らんでしまうことがお判りになると思います。

担保価値が下がりやすい

信用二階建ては、レバレッジが高まることのリスクに加えて、担保として同一銘柄を差し入れていることによって担保価値の下落リスクも同時に負うことになります。つまり株価の下落が買いポジションの評価損を生むだけでなく、担保の価値も下げてしまうということです。先ほどの事例で詳しく確認してみましょう。

株価100円で購入した銘柄の株価が90円に値下がりしたと仮定します。信用取引の買い建玉は10%の評価損(▲26,666円)になります。信用取引の追証(追加担保の差し入れ)の計算では建玉の評価損を委託保証金額から減算しますので、仮に担保が同一銘柄ではない場合は、委託保証金率は「(80,000円-26,666円)÷266,666円」で約20%と、追証発生寸前で踏みとどまっている状態(委託保証金維持率を20%とした場合)となります。

一方、二階建て取引で同一担保を差し入れている場合は、これに担保価値の下落も加わります。80,000円だった担保評価額は時価90,000円×80%の72,000円に下落しますので、委託保証金率は「(72,000円-26,666円)÷266,666円」で約17%と、追証が発生する状態となってしまいます。つまり、二階建てを行うことで、わずかな株価の変動が委託保証金率の悪化に繋がり、これにより追証が発生しやすくなるということがお判りになると思います。

信用二階建てはお勧めできない

このように信用二階建て取引は、株価の下落により、ポジションの評価損と追証発生という二つの対応を求められる可能性のある非常に危険な取引といえます。個人投資家の皆様はこのことを十分理解し、避けるべき取引として覚えておくようにしましょう。どうしても信用二階建て取引がしたい場合、普段の取引よりも厳しい損切りルールを設定し、それを必ず実行することをおすすめします。

また、証券会社においても、二階建て取引は危険な取引として規制をかけている場合が多いようですが、証券会社によっては、二階建てとなるような取引自体が行えないようシステム上の制限をかけてある場合や、そうでない場合など、具体的な規制内容は様々あるようなので、事前によく確認しておくことが大切です。

まとめ

信用二階建てについて確認してきました。信用二階建ては非常に危険な取引ということがお判りになったでしょうか。二階建ての状態を作ってしまい、思わぬ評価損を抱えたり追証が払えないといった事態に陥ったりすることのないよう、事前にしっかり確認して頭に入れておくようにしましょう。

信用取引を学ぶ
something
信用取引を学ぶ
ヘッジ取引とは?信用取引を活用した投資手法を徹底解説!
2022/01/20 17:54
something
信用取引を学ぶ
気になる機関投資家の空売り!機関投資家の動きを把握し、取引に活用しよう!
2022/01/20 17:53
something
信用取引を学ぶ
信用取引で配当や株主優待は受け取れる?売り方と買い方での違いを徹底解説!
2022/01/20 16:53
something
信用取引を学ぶ
一般信用取引と制度信用取引の違いを徹底解説!
2022/01/20 16:51
something
信用取引を学ぶ
委託保証金率とは?計算方法や追証にならないためのポイントを徹底解説!
2022/01/20 16:50
something
信用取引を学ぶ
クロス取引とは?有名な「優待クロス取引」のメリットや気をつけるべき点などわかりやすく解説!
2022/01/20 16:47
something
信用取引を学ぶ
空売り価格規制とは?トリガー方式を徹底解説!
2022/01/20 16:45
something
信用取引を学ぶ
つなぎ売りとは?つなぎ売りの方法や注意点などを徹底解説!
2022/01/20 16:44
something
信用取引を学ぶ
スイングトレードで銘柄はどう選ぶ?売買タイミングや銘柄選択の手法を徹底解説!
2022/01/20 16:42
something
信用取引を学ぶ
スイングトレードとは?信用取引を使った取引手法について徹底解説!
2022/01/20 16:41
something
信用取引を学ぶ
日々公表銘柄とは?日々公表銘柄に該当する基準について徹底解説!
2022/01/20 16:39
something
信用取引を学ぶ
差金決済取引とは?現物取引と信用取引との違いをわかりやすく解説!
2022/01/20 16:37
信用取引を学ぶの記事一覧へ