MT4対応のおすすめ国内FX会社6選【2024年最新版】|インジケーターやスプレッドで比較

MT4対応のおすすめ国内FX会社6選【2024年最新版】|インジケーターやスプレッドで比較

FX

「FXツールを使って高度な取引をしてみたいけど何を使えばいいの?」

そんな人におすすめなのがMT4です。MT4は初心者から上級者まで、世界中で使われる高度分析ツール。しかし、FXTF楽天FXなど国内だけでも種類はさまざま。

この記事では国内FX会社を比較検証してわかったMT4を使った取引におすすめのFX会社6選を紹介。

インジケーターの選び方自動売買についても解説しているので、自分に合ったFX会社を見つける参考にしてみてください。

◆本サイトの表記には、一部プロモーションを含みます

【2022年度版】デモトレード可能!MT4おすすめの取引会社TOP3は....

本コンテンツは当サイトが独自に制作しております。各広告主様やアフィリエイトサービスプロバイダ様から商品案内や広告出稿をいただくこともありますが、各事業者様がコンテンツ内容等の決定に関与することはございません。本サイトは広告およびアフィリエイトサービスにより収益を得ています。コンテンツ内で紹介した商品が成約されると、売上の一部が当サイトに還元される場合があります。

この記事の監修者

kazu

■FX9年/仮想通貨5年目
■自身も海外 FXメディアを運営
https://kasoutsuuka-trade.com/
■手法【メンタル×資金管理】と【損失を限りなく抑える】ことを重視したデイトレード中心
■出演メディア:ラジオ日経(継続中)/日刊SPA/SPA主催の講演会など
■twitter: https://twitter.com/crypto_kazu
■vlog: https://lit.link/kazu0402

もっと読む
堀直之

■FX17年/株式12年/外国債券12年の投資経験のほか、不動産、仮想通貨、ソーシャルレンディング、マイニングマシン等、幅広い投資を経験
日本証券アナリスト正会員日商簿記検定1級などの資格を保有
■2007年に新卒で大和証券SMBC㈱に入社、IPOM&A等の投資銀行業務を5年経験。後、東証プライム上場会社の㈱アイスタイルにて経理経営企画(M&A、ファイナンス、海外子会社設立等)、未上場スタートアップの㈱もしも㈱ROXXにてCFOを経験。2022年7月より㈱シアンに取締役CFOとして参画。
■副業にて、経理系オウンドメディアの立ち上げ、各種セミナー講師を多数経験
■Twitter:https://twitter.com/Naoyuki_Hori

もっと読む

これから、編集部が国内でMT4が使える会社のうち、人気8社を厳選したトップ3を紹介します。ぜひ参考にしてください。

もっと読む
5つのチェックポイント
  • 注文・発注のしやすさ

  • テクニカルインジケーターの種類の多さ

  • チャートの同時表示画面数

  • カスタマイズ性に優れているのか

  • デモ口座が可能か

【厳選】デモトレード可能のMT4おすすめの口座TOP3

h2_mt4_mt4おすすめの口座TOP3
王冠 1位
タグ スプレッドが業界断トツで狭い
デモ口座が可能
未来のチャートの予測ができる

FXTF

もっと読む
FX会社名 FXTF MT4(ゴールデン・ウェイジャパン)
口座数 10万口座以上(2022年9月時点)
最小取引単位 1,000通貨
取引手数料 無料
通貨ペア数 20種類
スプレッド 米ドル/円0.2銭
ユーロ/円:0.4銭
トルコリラ/円:固定対象外
メキシコペソ/円:0.3銭
スワップポイント 米ドル/円57.1円
ユーロ/円:31.1円
トルコリラ/円:10.2円
メキシコペソ/円:9.7円
スキャルピング 数秒間隔で注文を繰り返す行為は禁止と記載
レバレッジ 最大25倍で自動調整
自動売買 あり(EA)
デモトレード あり
問い合わせ対応 電話対応:平日24時間

※スプレッドは原則固定・変動の可能性あり
※スプレッド値は各FX会社公式サイトを参照し、そのなかで最も狭い値を記載
※スワップポイントは10,000通貨単位で、公式サイトに記載されていた2022/11/16〜11/30の2週間の実績を平均しています。

すべて見る

FXTFは、業界最狭水準スプレッドを誇る国内FX会社です。米ドル円0.2銭を実現しているため、たくさん取引をしても、低コストで済みます。

また、未来の値動きを予測できる分析ツール「未来チャート」が利用できるのも魅力の1つ。相場の予想を自分の代わりにしてくれるので、テクニカル分析に慣れていない人・FX初心者でも利益を狙えるでしょう。

また、FXTFは24時間LINEで問い合わせができるのもうれしいポイント。初心者が抱えがちな口座開設に関する疑問や不安に対し、オペレーターと相談しながら取引を始められます。

もっと読む

利用者の口コミ

FXTF実際の利用者の口コミ (8件)
すべて
次の5件を開く
王冠 2位
デモ口座が可能
幅広い種類の通貨で取引できる

OANDA Japan

もっと読む
FX会社名 OANDA Japan
最小取引単位 fxTrade:1通貨
MT4/MT5:1,000通貨
取引手数料 無料
通貨ペア数 40種類
スプレッド(MT5) 米ドル/円0.3〜1.1銭
ユーロ/円:0.4〜1.3銭
トルコリラ/円:掲示なし
メキシコペソ/円:掲示なし
スワップポイント 米ドル/円243.7円
ユーロ/円:103.6円
トルコリラ/円:-13円
メキシコペソ/円:-4.3円
スキャルピング 明確に否定はしていない
レバレッジ 4,10,20,25倍から選択(通貨ペアによって異なる)
自動売買 MT4・MT5で可能
デモトレード あり
問い合わせ対応 電話対応:平日8:00-20:00
LINE対応:24時間365日

※スプレッドは原則固定・変動の可能性あり
※スプレッド値は各FX会社公式サイトを参照し、そのなかで最も狭い値を記載
※スワップポイントは10,000通貨単位で、公式サイトに記載されていた2022/11/16〜11/30の2週間の実績を平均しています。

すべて見る

OANDA Japanは、通貨ペアが69種類以上あるのが特徴の1つです。主要通貨からマイナー通貨まで、自分が取引したい銘柄を選べます

また、50種類以上のテクニカルインジケーターが用意されているの点も見逃せないポイント。テクニカル分析に特化したMT4で豊富な高機能チャートを活用してみましょう。

また、OANDA JapanのMT4はアプリでも取引可能。OANDA Japanは、通勤時間にチャートを確認したい人や、出先でも相場を確認したい人にはぴったりなFX会社といえるでしょう。

もっと読む

利用者の口コミ

OANDA Japan実際の利用者の口コミ (9件)
すべて
次の5件を開く
王冠 3位
デモ口座が可能
ポイントを貯めながら自動売買ができる

楽天FX

もっと読む
FX会社名 楽天FX
口座数 800万口座(2022年9月時点)
最小取引単位 1,000通貨
取引手数料 無料
通貨ペア数 28種類
スプレッド 米ドル/円掲載停止中
ユーロ/円:0.5銭
トルコリラ/円:6.8銭
メキシコペソ/円:0.2銭
スワップポイント 米ドル/円:176円
ユーロ/円:102円
トルコリラ/円:5円
メキシコペソ/円:18円
スキャルピング 不可
レバレッジ 2,5,10,25倍から選択
自動売買 EA・MT4で可能
デモトレード あり(マーケットスピードFX・iSPEED FX)
問い合わせ対応 電話対応:平日8:30~17:00
チャット対応:平日9:00~18:00

※スプレッドは原則固定・変動の可能性あり
※スプレッド値は各FX会社公式サイトを参照し、そのなかで最も狭い値を記載
※スワップポイントは10,000通貨単位で、公式サイトに記載されていた2023/2/15の値を引用しています。

すべて見る

楽天FXは、国内大手FX会社のなかでも唯一MT4取引ができるのが強みです。大手のサポート体制のなかでMT4取引ができるのは、何か取引で困ったことがあっても安心ですね。

また、FX取引で楽天ポイントを貯められるのもうれしい点です。楽天FXでは10万ポイントごとに1ポイントを貯められます。

楽天ユーザーの人は、FX取引をするだけで楽天市場での買い物がお得になるので、FXを始めるなら楽天FXで口座開設しておいて間違いありません。

もっと読む
監修者

FXは基本的にゼロサムゲームなので、収支がプラスになること自体が難しい投資です。そのなかで、確実に利益となるポイントを貯められるのは利用しない手のない強みだといえます。

利用者の口コミ

男性
2024-04-18

問題なく使いやすいです。たぶん大手ではMT4は楽天しか導入していないので便利です。

続きを読む

男性
2024-04-18

iPhoneですとバグが多く、時折残高が消えていたりすることがあり、もう少し利用者のことを考えてメンテナンスしていただきたいです。

続きを読む

男性
2024-04-18

「MARKET SPEED FX」がとにかく使い安くてテクニカル分析をする上ではとても役立ちます。

続きを読む

男性
2024-04-18

直感的に操作しやすく見たい情報を見やすい点で秀逸だといえます。自分このみにツールをカスタマイズできる自由度の高さも評価できます。

続きを読む

男性
2024-04-18

ツールが豊富にありカスタマイズ性も高くて満足です。

続きを読む

▼楽天FXについて詳しく知りたい人はこちら

もっと読む

MT4とはFX取引の高機能分析ツールのこと

チャートのイメージ画像

MT4とは、FX取引の高機能分析ツールの一種です。自分の好みに、自由自在にインジケーターをカスタムが可能。スムーズに取引できる環境をつくれます。

もっと読む
堀直之

MT4は、高機能なので単独でも利用ができますが、ほかの分析ソフト・取引ツールとの連動するとより機能性の高い分析ソフトを実現できますよ!

MT4おすすめのインジケーター

インジケーターイメージ画像

インジケーターとは、チャート上に表示できるサポートツールのことです。他の指標と組み合わせてインジケーターを活用することで、チャートをより正確に把握できます。

また、インジケーターは、大きくトレンド系・オシレーター系の2種類に分けられます。トレンド系のインジケーターとは、市場の全体的なトレンドを見極めることを目的としているテクニカル分析ツール。オシレーター系のインジケーターは、相場のその瞬間の売買の強弱を把握できるテクニカル分析のツールです。

これから、トレンド系・オシレーター系別のおすすめのインジケーターを紹介します。有名トレーダーも活用するインジケーターを使いこなして、MT4を使った取引で利益を狙いましょう。

もっと読む

トレンド系のインジケーター3選

有名なトレンド系インジケーター
  • 単純移動平均線(SMA)

  • 一目均衡表

  • ボリンジャーバンド

トレンド系のインジケーターは、相場の流れ・方向性を予測するために使います。主に、相場が上昇・下降しているときに、大きな流れを把握するときに活躍。トレンド系のインジケーターはチャートの画面上に表示されるのも強みです。

全体的な市場のトレンド(方向性)を決めるため、順張りでの取引に利用されやすい傾向があります

もっと読む
有名なトレンド系のインジケーター

これは、SMA(単純移動平均線)のチャートです。ローソク足・線の流れで、相場の流れを把握できます。

もっと読む
堀直之

順張りは、市場が上昇しているときには「買い」、下落しているときには「売り」で取引をする方法のことです。

オシレーター系のインジケーター3選

有名なオシレーター系インジケーター
  • MACD

  • RSI

  • ストキャスティクス

オシレーター系は、市場の「買われすぎ」・「売られすぎ」を判断するために利用されます。

売買の強弱を確認できるので、今後のトレンドの方向性を予測できます。

もっと読む
オシレーター系

オシレーター系は、チャート画面上の下部に表示されます。上の画像は、MACD・RSIです。チャートが上昇しすぎていると、「買われすぎ」というサインになります。

もっと読む
堀直之

オシレーター系は、一定の範囲内で上昇・下落を繰り返す相場のときに使われる傾向があり、市場の動きが把握しずらいときに役立ちます。

MT4の口座を選ぶ時の6つのコツ

これから、MT4の口座を開設する前に知っておくべきコツを6つ紹介します。ぜひ参考にしてください。

もっと読む

①インジケーターに注目しよう

インジケーターに注目しよう

まずは、FX会社オリジナルのインジケーターに注目しましょう。はっきり言って、どの会社の分析ツールも基本的な性能は変わりません。そのため、各会社特有のインジケーターの種類を確認しましょう。

また、インジケーターは、自分が使いたい種類のものがあるのかどうかを確認しましょう。FXキーストーンや、JFXでは、有名なプロのトレーダーが考察したテクニカル指標を利用可能。しっかり、自分が利用したいツールを見つけて取引を始めましょう。

もっと読む

②しっかりと注文から決済まで対応可能か確認しよう

②しっかりと注文から決済まで対応可能か確認しよう

MT4の口座を開設するためには、チャート分析専門のMT4で注文から決済まで対応しているかどうかを確認しましょう。

MT4の口座は、

  1. チャート分析専用のMT4の口座
  2. 注文から決済まで対応している

の2種類があります。

今から、MT4の取引を始める人は②がおすすめです。②は、注文から決済まで対応しているのでスピーディに発注ができます。自分でよく確認して、口座を開設するようにしましょう。

もっと読む

③EA(自動売買)が利用できるかチェックしよう

③EA(自動売買)が利用できるかチェックしよう

MT4の口座を開設する上では、自動売買(EA)ができる口座を選びましょう自動売買とは、設定された取引ルール通りに機械が自動で取引するツールです。

MT4は、裁量トレードの分析で機能性が高いですが、自動売買のプラットフォームとしても優秀です。

自動売買は、自分の代わりに取引してくれるため、分析が苦手な人・まとまった時間で取引ができない人におすすめです。

もっと読む

▼自動売買についてさらに詳しく知りたい人はこちら

④スプレッドの狭さを確認しよう

スプレッドの狭さ

MT4の口座は、FXTFや、OANDA Japanなどスプレッドの狭い口座を利用しましょう。スプレッドとは、新規注文の売値と売値の差のこと。取引する度に手数料としてかかるので、なるべく低コストで抑えましょう

また、スプレッドは、固定されているサービスのものを選びましょう。スプレッドが固定されているサービスなら、売買のコストも容易に管理可能。また、スプレッドが固定されているサービスのほうが狭い傾向にあるので、低コストで取引できます。

もっと読む
堀直之

スプレッドは、米ドル円で0.2銭ぐらいだと狭いほうなので低コストで取引できますよ!

▼こちらの記事では、さらに詳しくスプレッドのことについて興味があればチェックしてみてください。

もっと読む

⑤取引通貨ペアの多さを確認しよう

取引通貨ペアの多さを確認しよう

取引通貨は、27種類以上のものを選びましょう。通貨ペア数が多ければ多いほどうまくいくわけではありません。自分が取引したいものを選びましょう

通貨ペア数が多いとリスクの分散ができます。27種類以上あると、主要な通貨から、マイナー通貨までを取引できるのでおすすめです。

もっと読む

⑥スワップポイントをチェックしよう

スワップポイントをチェックしよう

MT4で取引する上では、スワップポイントを受け取れるかチェックしましょう。スワップポイントはポジションを持つ限り毎日受け取れる利益で、うまく使えば長期的にコツコツ利益を貯められます。

また、スワップポイントは、長期保有をしていると預金以上の利益になる可能性もあります。お得に取引したい人は、よく確認するようにしてください

もっと読む

▼FXのスワップポイントについて詳しい解説が知りたい人はこちら

MT4おすすめの口座一覧

ここで、MT4おすすめの会社6選を比較表で紹介します。最小取引通貨数・スプレッド・通貨ペア数に注目してみてください。

もっと読む
mt4おすすめ口座

FX会社名

FXTF

OANDA Japan

楽天FX

JFX マトリックストレーダー

FOREX.COM

GMO外貨

最小取引単位

1,000通貨

fxTrade:1通貨MT4/MT5:1,000通貨

1,000通貨

1,000通貨

1,000通貨

1,000通貨

スプレッド(米ドル/円)

米ドル/円:0.2銭

米ドル/円:0.3銭

米ドル/円:掲載停止中

米ドル/円:0.2銭

変動制

米ドル/円:0.2銭

通貨ペア数

29種類

40種類

28種類

38種類

84種類

1日4,000万通貨まで取引可能

スキャルピング

数秒間隔で注文を繰り返す行為は禁止と記載

明確に否定はしていない

可能

不可

24種類

レバレッジ

最大25倍で自動調整

4,10,20,25倍から選択
(通貨ペアによって異なる)

2,5,10,25倍から選択

最大25倍で自動調整

25倍

1,10,25倍から選択

スワップポイント(米ドル/円)

米ドル/円57.1円ユーロ/円:31.1円トルコリラ/円:10.2円メキシコペソ/円:9.7円

米ドル/円243.7円ユーロ/円:103.6円トルコリラ/円:-13円メキシコペソ/円:-4.3円

米ドル/円:記載なし

米ドル/円:9.3円

米ドル/円:**141円**ユーロ/円:**43円**

米ドル/円:283.7円ユーロ/円:118.6トルコリラ/円: 38.2円メキシコペソ/円:40円

問い合わせ対応

電話対応:平日24時間

電話対応:平日8:00-20:00LINE対応:24時間365日

電話対応:平日8:30~17:00
チャット対応:平日9:00~18:00

電話対応:平日8:00-20:00

電話対応:**平日 9:00-17:00・祝祭日9:00-13:00**

電話対応: 平日祝日7:00~22:00フォーム対応:24時間365日

自動売買

あり(EA)

MT4・MT5で可能

EA・MT4で可能

なし

可能

なし

公式サイト

MT4を使う3つのメリット・2つのデメリット

MT4の3つのメリット・2つのデメリット

MT4を利用するメリット・デメリットは大きく分けて上の画像のようになります。

それぞれについて詳しく説明していくので、メリット・デメリットを理解したうえで自分にあったツールかどうか、判断してみましょう。

もっと読む

MT4の3つのメリット

①自由にカスタマイズができる

自由にカスタマイズができる

MT4は、カスタムインディケーターが豊富です。50種類以上のツールが搭載されている業者が多いため、自分オリジナルのチャート画面に表示が可能。自分好みにアレンジして、スムーズに取引できます。

FX会社によっては、画面・値動きを示すチャート・色も自由にカスタマイズできます。人それぞれ取引スタイルは異なるので、取引がしやすいようにアレンジしましょう。

もっと読む

②自動売買のプラットフォームとして使える

自動売買のプラットフォームとして使える

MT4は、自動売買ツールとして利用できます。自動売買ツールとは、設定したプログラムに基づいて、24時間中取引を代わりにしてくれる取引ツールのこと。自分が寝ている間でも、取引チャンスを逃さず利益が狙えます

裁量トレードと自動売買を同じツールでできるのは、MT4ならではの強みだといえます。

もっと読む

③バックテストができる

バックテストができる

MT4は、バックテストができます。バックテストとは、自動売買(EA)の動作を検証するための機能のこと。過去の取引データから、過去の勝率・獲得pips数を確認できます。

バックテストでは、自分の手法の勝率・過去の相場の動向を確認できます。自動売買をおこないたい場合に、バックテストをおこなったほうがいいでしょう。

もっと読む

MT4の2つのデメリット

①通常の口座とは別に新しい口座をつくらないといけない

通常の口座とは別の口座がいる

MT4は、通常口座とは別に新しい口座を開設する必要があります。そのため、開設するのが面倒かもしれません。

もっと読む

②初心者には難しいことがある

初心者には難易度が高い

MT4は、初心者には、難易度が高いものがあります。そのため、最初の取引・設定のときに迷うことがあるでしょう。

これから、MT4の詳しい設定方法を解説しているので、ぜひ読んでください。

もっと読む

【初心者必見!簡単】MT4の使い方

①MT4を取り扱っている会社で口座を開設する

①MT4を取り扱っている会社で口座を開設する

ます、口座開設と同じIDとパスワードでMT4にログインしましょう。

開設する口座は、MT4に対応している口座で開設しましょう。

もっと読む

②MT4のチャートの表示方法を設定をする

②MT4のチャートの表示方法を設定をする

次に、チャートの設定をします。ポピュラーなチャートの種類は、おもに3種類あります。

もっと読む
ポピュラーのチャートの種類
  • 【バーチャート】ヨーロッパのトレーダーが愛用

  • 【ローソクチャート】もっともポピュラーで利用されている

  • 【ラインチャート】視覚的にシンプルなチャート

バーチャート

バーチャートとは、欧米でよく使われるチャートの種類です。始値・終値・高値・安値の4本値がバーで表示されます。

また、縦の線1本と横の線2本で構成されます。縦の線の上部が「高値」で、下部が「安値」です。また、横の線は、左側に出た横線が「始値」で、右側に出た横線が「終値」と表示されます。

バーチャートは、ローソクチャートと同じ情報量をのせていますが、よりシンプルで相場の予想を立てやすい特徴があります。

もっと読む
ロウソクチャート

ローソクチャートは、バーチャートと同じく、始値・終値・高値・安値の4本値で構成されています。

バーチャートの四角形の上部は、「終値」で、下部が「始値」です。また、上のヒゲは、「高値」、下に伸びているヒゲは、「安値」を表しています。時系列の価格の動きが、見やすいので相場の動きを把握するときに使うのがいいでしょう。

もっと読む
ラインチャート

ラインチャートは、終値のみを折れ線で表したもっともシンプルなデザインのチャートです。情報量が少ないため、大まかな相場の流れを把握するときに使います。

もっと読む
堀直之

だいたいの取引会社が取り入れているチャートの足はほかにも9種類以上あります。自分がみやすいデザインのものを使いましょう。

③通貨ペアを表示させる

3. 通貨ペアを表示させる

3番目に、通貨ペアを表示させましょう。初期のインストールでは、デフォルトで4種類の通貨ペアしか表示されません。

「ファイル」→「新規チャート」の順にクリックすると、自分が表示させたいチャート数の画面を表示させることができます。次に、機能するチャーチをクリックすればチャートとして繁栄されます。

もっと読む

④インジケーターを追加する

インジケーターを追加する

最後に、インジケーターを追加させましょう。

インジケーターは、トレンド系・オシレーター系のそれぞれ手法によって、使うインジケーターが違います。自分が取引したいインジケーターを追加して、取引しましょう。

もっと読む

MT4対応のおすすめのFX口座

4位
約定スピードが最速

MATRIX TRADER

もっと読む
FX会社名 JFX マトリックストレーダー
口座数 不明
最小取引単位 1,000通貨
取引手数料 無料
通貨ペア数 38種類
スプレッド 米ドル/円0.2銭
ユーロ/円:1.2銭
トルコリラ/円:1.6銭
メキシコペソ/円:0.2銭
スワップポイント 米ドル/円9.3円
ユーロ/円:3.9円
トルコリラ/円:3.7円
メキシコペソ/円:21.6円
スキャルピング 可能
レバレッジ 最大25倍で自動調整
自動売買 なし
デモトレード あり
問い合わせ対応 電話対応:平日8:00-20:00

※スプレッドは原則固定・変動の可能性あり
※スプレッド値は各FX会社公式サイトを参照し、そのなかで最も狭い値を記載
※スワップポイントは10,000通貨単位で、公式サイトに記載されていた2022/11/16〜11/30の2週間の実績を平均しています。

すべて見る

MATRIX TRADERは、約定スピードが業界最速水準の0.001秒です。約定率は、99.9%もあるので、取引を逃しません

また、MATRIX TRADERはテクニカル分析のツールが50種類以上にあります。そのため、自分好みにカスタマイズが可能。自分が取引したいように、アレンジができます。

また、MATRIX TRADERは、スキャルピングが公認されていますスワップポイントが低いので、短期間で取引するのがおすすめです。

もっと読む

利用者の口コミ

40代男性
2024-04-18

ブラウザ以外にもPC用のアプリケーションやスマートフォンのアプリも用意されており、大変使い勝手がいいことです。

続きを読む

40代男性
2024-04-18

実際に取引をしてみて、チャート見やすく大変使用をしやすいです。

続きを読む

30代男性
2024-04-18

毎月のようにキャンペーンが開催されているのでお得に利用できていますが、やはりスプレッドの広がりやすさは気になります。

続きを読む

30代男性
2024-04-18

約定力が低いですし、拒否されることも割と多くて不満に感じます。

続きを読む

5位
手数料が各種無料!

FOREX.com

FOREX.COM_ロゴ
FX会社名 FOREX.COM
口座数 不明
最小取引単位 1,000通貨
取引手数料 無料
通貨ペア数 84種類
スプレッド 変動制
スワップポイント 米ドル/円:141円
ユーロ/円:43円
スキャルピング 不可
レバレッジ 25倍
自動売買 可能
デモトレード あり
問い合わせ対応 電話対応:平日 9:00-17:00・祝祭日9:00-13:00

※スプレッド値は各FX会社公式サイトを参照し、そのなかで最も狭い値を記載
※スワップポイントは10,000通貨単位で、公式サイトに記載されていた2022/11/16〜11/30の2週間の実績を平均しています。

すべて見る

FOREX.comは、業界最多レベルの84通貨ペアで取引ができます。世界180か国で12,000もの金融商品を提供しています。そのため、幅広い銘柄のなかから、自分好みの銘柄を扱えます。

FOREX.comは、自動売買にも特化しています。24時間稼働してくれる専用のバーチャルPCツール「EAホスティング」が無料で利用可能。自分が寝ているときでさえ、自動で取引をしてくれ、取引タイミングを逃しません

また、FOREX.comは、手数料を安く抑えて取引ができます。FX注文の手数料ゼロにくわえ、外貨損益手数料、入金手数料、出金手数料、ロスカット手数料、口座管理手数料などが無料。コストを抑えて取引ができます

もっと読む
6位
長期的に取引したい人におすすめ

GMO外貨

もっと読む
FX会社名 GMO外貨
口座数 434,530口座(2022年9月時点)
最小取引単位 1,000通貨
取引手数料 無料
通貨ペア数 24種類
スプレッド 米ドル/円0.2銭
ユーロ/円:0.5銭
トルコリラ/円:記載なし
メキシコペソ/円:0.4銭
スワップポイント 米ドル/円:283.7円
ユーロ/円:118.6
トルコリラ/円:38.2円
メキシコペソ/円:40円
スキャルピング 1日4,000万通貨まで取引可能
レバレッジ 1,10,25倍から選択
自動売買 なし
デモトレード あり
問い合わせ対応 電話対応:平日祝日7:00~22:00
フォーム対応:24時間365日

※スプレッドは原則固定・変動の可能性あり
※スプレッド値は各FX会社公式サイトを参照し、そのなかで最も狭い値を記載
※スワップポイントは10,000通貨単位で、公式サイトに記載されていた2022/11/16〜11/30の2週間の実績を平均しています。

すべて見る

外貨exは、スワップポイントが高く、長期的に取引したい人におすすめです。そのため、長期に渡っての取引でも、安定した利益を受け取ることができます

また、外貨exは、学習コンテンツ「GMO外貨アカデミー」で勉強ができます。まだ、取引に慣れていない初心者でも、勉強をして、上達できるでしょう。

もっと読む
スワップポイントの表

利用者の口コミ

33歳男性
2024-04-18

トラブルもなくスムーズな取引ができました。 信頼できる業者です。

続きを読む

30代男性
2024-04-18

キャッシュバックキャンペーンもありお得に取引できていますし、初めてでもアプリが使いやすくて便利でした。

続きを読む

33歳男性
2024-04-18

あまり無いのですがあえて言うなら、webページが少し見ずらいです。

続きを読む

40代男性
2024-04-18

GMOなので安心のツールです。知名度もあるのだ扱っている銘柄も多いです。

続きを読む

40代男性
2024-04-18

この手のツールを一通りやりましたが初心者向きではないかもしれません。

続きを読む

MT4とMT5の違い

ここまでMT4について解説してきましたが、2023年現在、MT4は最新のFX分析ツールではなく、MT5という新ツールがリリースされています。

もっと読む
MT4 MT5
リリース 2005年 2010年
選べる時間足の種類数 9種類 21種類
板情報 なし あり
動作スピード MT5より遅い MT4より速い
標準搭載のインジケータ数 30種類 38種類
スマホアプリ 1画面表示 2画面表示
(Androidのみ)
すべて見る

MT5の機能は基本的にMT4の上位互換になっています。ただし、現時点ではMT4のほうが連携しているサービスが多く、国内FX会社ではMT5はほとんど扱えません

今後、MT5が主流になっていく可能性も大いにあるので、最新ニュースを追いかけておきましょう。

もっと読む
堀直之

FX取引では主流ではありませんが、板情報を使った取引も判断材料の1つにできます。MT5なら板情報を使った取引ができるので、一度試してみてもいいかもしれません。

よくある質問

  • バイナリーオプションの1番おすすめのMT4の会社は?

    未来予測チャートも予測できるXM Tradingが1番おすすめです。

  • MT4のおすすめのインジケーターは?

    おすすめは、もっともポピュラーで使われている移動平均線です。

  • MT4の国内のおすすめの会社は?

    国内でもっともおすすめなの会社は、未来予測もできるFXTFです。

  • MT4が使える国内の仮想通貨(暗号資産)取引所は?

    ビットポイントは、MT4が使える仮想通貨(暗号資産)取引所です。

  • MT4のデモ口座でおすすめなのはどれですか?

    FXTFは高機能のツール・高い機能性をもちあわせているのでおすすめです。

  • おすすめのMT4のVPSとは?

    始めてMT4を使う人はまず「お名前.com デスクトップクラウド」をチェックしてみるのがおすすめです。

  • おすすめのタブレットで利用できるMT4の口座は?

    FXTFならタブレットでもスマホでもMac・PCでも困難なく取引ができます。

  • おすすめのMT4の描画ツールは?

    チャートに手書きでできる「Draw」というインジケーターがおすすめです。

Money Hack 編集部

Money Hack 編集部