株式初心者入門

【資産運用】初心者向け!資産運用を始める時のポイントについて解説 - ゼロから始める資産運用

最終更新:2022/03/10 17:32

金融機関にお金を預けて貯蓄すると、金利がついてお金が増えるといった時代は過去の話です。今や超低金利時代を迎えており、預けるだけでお金を増やすことは難しくなりました。 超低金利時代は今後も続くと予測されているため、自分の将来の生活や老後に備えるためには、自分の資金を資産運用によって増やす必要があります。 今回は、初心者の方に向けて、そもそも資産運用とは何か、資産運用の種類などをご紹介します。

資産運用とは具体的にはどういうこと?

近年、資産運用が注目を集めているなか、「資産運用という言葉は聞いたことがあるけど、具体的にはどのようなものかわからない」という方も少なくありません。

そこでまずは、資産運用とは何かについて詳しく解説します。

貯めるも増やすも資産運用

資産運用とは、手持ちのお金である「資産」を株式や不動産などに投資して増やす方法です。例えば、不動産に投資をすれば、家賃収入を不労所得として得ることが可能です。株を購入すれば、配当金を得たり、売却して売買差益(キャピタルゲイン)を得たりすることができます。

ただし、不動産投資や株式投資には専門的な知識が必要なため、資産運用を始める前に十分な知識を身につけておかなければなりません。

資産運用にはさまざまな種類がありますが、「貯める(低リスクで資金を長期間貯蔵しておく)」「増やす(リスクをとり積極的に資産を増やしていく)」のどちらも資産運用にあたります。銀行への預貯金についても、厳密にいえば資産運用の一つとされています。

リターン・リスクの考え方

資産運用にはリターンとリスクがあります。リターンとは投資によって得られる収益のことです。リスクとは「危険なことや避けるべきこと」という意味で使われることが多いですが、資産運用においては「リターンの振れ幅」を意味します。

資産運用では、リターンとリスクは比例しています。リスクを最小限に抑えようとするとリターンも最小限になり、リスクが大きければリターンも大きくなる可能性が高いということです。

一般的に、ローリスク・ハイリターン(リスクが低くリターンが高い)金融商品はありません。高い収益を望む場合には、ハイリスク・ハイリターンを選ぶ必要がありますが、初心者の方はまずリスクの少ない金融商品から始めることをおすすめします。
投資におけるリスクとリターンの関係
投資におけるリスクとリターンの関係

資産運用の種類

前述の通り、資産運用にはさまざまな種類があります。主な種類は下記の通りです。

・定期預金 ・貯蓄型保険 ・MRF、MMF ・債券 ・株式 ・REIT ・商品 ・仮想通貨 ・ICO ・ソーシャルレンディング

ここからは、それぞれについて詳しくご紹介します。

定期預金

資産運用のなかでも収入状況を問わず始めやすい方法が「定期預金」です。定期預金とは、銀行に口座を開設して預金することです。資産運用という意識はなくても、定期預金をしている方は多いでしょう。

定期預金には資産が少なくても始めやすい、元本が保証されているといったメリットがある一方で、インフレに弱い、リターンが少ないというデメリットがあります。なぜ定期預金でリターンが少ないかというと、現在の日本は超低金利のためです。元本割れのリスクは極めて低いものの、定期預金のリターンである金利も少ないという特徴があります。

ただし、預金には「外貨預金」もあります。海外の銀行は日本よりも金利が高いことも多いため、外貨預金であればリターンが大きくなることも期待できます。ただし、外貨預金を始める場合は、為替レートに関する知識を身に付けておかなければなりません。

このように、定期預金は大きなリターンは期待できないものの、安心感を求める方に適しています。

貯蓄型保険

貯蓄型保険とは、その名の通り少しずつお金を貯蓄して将来に備える保険です。貯蓄保険はさらにさまざまな種類がありますが、一般的な保険は「終身保険」や「養老保険」です。加入者の年齢や資産運用をする目的などから、自分に合った保険を選んで資産運用します。

貯蓄型保険のメリットは、病気や事故などの万が一に備えられる、運用を保険会社に任せられる、毎月少しずつ貯蓄できることです。一方で、保険料が高額になりやすい、満期前に解約すると元本割れのリスクがあるといったデメリットもあります。

なぜ元本割れのリスクがあるのかというと、契約期間満了前に解約すると違約金が発生するためです。違約金の金額次第では元本割れすることもあるため、保険に加入する前に慎重に検討しなければなりません。 このように、自動的にお金を貯蓄できる貯蓄型保険は、「将来や万が一の時が不安だけど、自分の意志だけでは貯金が続けられない」という方に適しています。

MRF・MMF

MRFとは「Money Reserve Fund」の略で、証券会社の普通預金のような仕組みを持つ「投資信託」です。MRFに入ったお金は公社債で運用されるため、安全性の高い投資信託ではあるものの、多くのリターンは期待できません。

また、MMFとは「Money Market Fund」の略で、追加型の「公社債投資信託」のことです。株式には投資されず、内外の公社債や短期金融商品などに運用します。MRFよりも高いリターンが期待できるものの、1万口あたり10円の信託財産留保額がかかるというデメリットもあります。

なお、日銀によるマイナス金利政策の導入によって運用が困難になったことから、MMFは2016年に終了しています。現在利用できるのはMRFのみとなっているため、ご注意ください。

MRF・MMFとは

 MRF・MMFとは

債券

債券投資とは、債券の発行体である国や企業にお金を貸す金融商品です。この債権は、いわば貸借関係における借用書にあたり、債券の保有者(お金を貸した投資家)は、満期までの利払日に利息を受け取ることができます。さらに、満期を迎えると額面全額が返還されます。つまり、満期まで債権を保有していると、利息分のリターンを得ることが可能です。

また、債券には国が発行している「国債」と、企業が発行している「社債」があります。国債は、国が発行しているため倒産の心配が少ないというメリットがある一方で、新興国を中心に「ハイイールド債」というリスクが高い債券もあるため注意が必要です。

企業が発行する社債は、国債と比べてリターンが大きいメリットがある一方、倒産のリスクが高くなるというデメリットがあります。

このように、債券投資にはデメリットがありますが、他の資産運用方法と比べるとリスクが小さいため、リスクを最小限に抑えたいという堅実な方におすすめです。
債券とは
 

債券とは 

株式

株式投資とは、株式会社に資産を出資して、その会社の利益を配当金として受け取る投資手法です。株式とは、株式会社が資金の出資者に対して発行する証券を指します。

株式を保有すれば、その株式会社に利益が出た際に配当金を受け取るだけではなく、株主総会における議決権が与えられ、株主優待などを受けることができます。

株式投資のメリットとしては、自分の意思で投資先を決められる、配当金以外の優遇を受けられる点が挙げられます。ただし、株式市場や経済の知識が必要になるため、初心者の方には運用が難しいといったデメリットもあります。

株式投資のリスクを減らすためには、投資対象を1社や1つの業界に絞らず、分散して投資する対策が必要です。また、株価が大きく上昇する成長企業に早くから投資しておけば、将来的に高いリターンが期待できます。

とはいえ、ハイリターンにはハイリスクがつきものです。将来性のある銘柄でも倒産するリスクは大いにあることを頭に入れておきましょう。

【この記事もおすすめ】株式投資の基本とは?まずは仕組みを知ろう!

投資信託・ETF

投資信託とは、ファンドマネージャーと呼ばれるプロの投資家に資産を預けて、株の選定や買付・売却を一任する投資のことで、「インデックス型」と「アクティブ型」の2種類があります。

インデックス型とは、TOPIXやダウ平均株価などの「投資の指標」と同じような値動きを目標とする投資信託です。アクティブ型とは、投資の指標を上回る値動きを目標として、株式や債券といった金融商品をプロが選んで投資する投資信託です。

投資信託のメリットとして、専門家に任せられるため初心者でも始めやすい、少額から投資できることなどが挙げられます。一方で、短期間で大きなリターンは期待できない、株式投資のような株主優待はないといったデメリットもあります。

投資信託は専門家に運用を一任できるため、初心者にもおすすめの資産運用方法のひとつです。ただし、プロの投資家に任せたからといって、必ずリターンが得られる訳ではないためご注意ください。

なお、ETFという投資信託もあります。ETFとは「Exchange Traded Fund」の略で、「上場信託投資」という意味があります。証券取引所を通じて取引する投資信託のため、注文受付時間が決められている他の投資信託と異なり、リアルタイムでの売買が可能です。ただし、株式投資のように専門的な知識がなければ、運用のハードルが高くなります。
投資信託・ETFとは
投資信託・ETFとは

REIT

REITとは「Real Estate Investment Trust」の略で、「不動産投資信託」のことです。海外のREITと区別するため、日本ではJapaneseの“J”を取って「J-REIT」とも呼ばれます。

そんなREITは、一般的な不動産投資とは異なり、一般住宅に加えてホテルやショッピングセンターなどの商業施設にも投資できます。複数の投資家と出資し合うため、少額から始められるというメリットもあります。

ただし、投資した不動産が火災などの予測不可能な事故に巻き込まれると、分配金が減少するリスクがあります。また、不動産は市場の影響を受けやすいため、市場が悪化すると元本割れするリスクもあります。

これらのことから、REITは不動産投資の知識を深めたい方や、少額で資産運用を始めたいとお考えの方におすすめです。

REITとは
REITとは

商品

資産運用では、将来性を見越して常に価値が変動する金融商品に投資する方法もあります。この方法を「先物取引」と呼びます。先物取引は、現状の値動きではなく将来の変動を考えて投資するため、一般的な投資とは異なる知識が必要です。

先物取引の大きなメリットは、レバレッジの仕組みを利用できる点です。レバレッジとは、手元の資金が少なくても、証拠金を預託することによって、借り入れで資金力以上の商品を購入できる仕組みです。

ただし、予想が外れると大損失になるリスクがあるため、資産運用の中でもとくにハイリスク・ハイリターンな投資とされています。

なお、先物取引の商品として代表的な物は「金(ゴールド)」です。金は現物保有や純金積立、金関連のETFなど様々な保有があり、自分のスタイルに合った投資が可能です。

仮想通貨

仮想通貨とは、インターネット上で発行される通貨のことで、「暗号資産」とも呼ばれています。仮想通貨は値動きが大きいため、ハイリスク・ハイリターンの資産運用とされています。

仮想通貨のメリットは、送金に手間がかからない、世界で同じ通貨が使用できるといった点です。ただし、法定通貨と価値が連動しないため、大幅な値動きによって損失が発生するリスクが大きくなります。また、取引所がハッキングされる危険もあります。

このように、初めて資産運用をする方にとってはリスクが大きいため、避けたほうがよいといえるでしょう。

 

ICO

ICOとは「Initial Coin Offering」の略で「新規仮想通貨公開」という意味があります。「クラウドセール」や「トークンセール」などと呼ばれることもあります。企業が独自に発行した仮想通貨を購入して保有することで、その仮想通貨の価値が上昇したときにリターンを得られるという仕組みです。

ICOには、価格上昇時に大きなリターンが期待できる、分散投資でリスクを低減できるというメリットがある一方で、制度や法律が確立されていない、詐欺に遭う可能性があるといったデメリットもあります。

このように、ハイリターン・ハイリスクなICOは、仕組みが難しく明確なルールが確立化されていないため、初心者向きではありません。

仮想通貨のICOとは
仮想通貨のICOとは

 

ソーシャルレンディング

ソーシャルレンディングとは、「お金を借りたい企業や人」と「お金を貸したい投資家」をマッチングさせるサービスのことで、クラウドファンディングの一種です。

高利回りが期待できる、少額から始められるといったメリットがありますが、貸倒れのリスクがある、運用中の資金がロックされるといったデメリットもあります。

なかでも貸倒れのリスクは高いとされるため、初心者の方にはあまり向いていません。

ソーシャルレンディングとは
ソーシャルレンディング

資産運用を始める際の注意点

資産運用を行うことで、子どもの教育費や老後の生活費など、将来の資金を準備できます。ただし、資産運用を始める際にはいくつかの注意点があります。

ここからは、特に注意すべき点を4つご紹介します。

計画・目標は明確に

先ほどご紹介した通り、資産運用にはリスクがつきものです。リスクを最小限に抑えるために、資産運用を始める目的や目標を明確にすることが大切です。

具体的には、資産運用を行う期間や目標金額、許容できるリスクについて決めておきましょう。

知識をつける

資産運用にはさまざまな種類がありますが、どれも専門的な知識が必要です。とくに投資信託では、プロに全てを任せようとお考えの方もいるでしょう。しかし、あくまでも投資家は自分です。プロに全てを任せずに、定期的に現状を確認しなければなりません。どの方法で資産運用を始める場合でも、必ず仕組みや運用方法について正しい知識を身に付けましょう。

また、ニュースを積極的に見る意識を持ちましょう。なぜなら、経済状況や社会情勢は、為替や株価の変動に大きく影響するためです。経済状況や社会情勢に合わせて資産運用の方針を変えられるように、ニュースから情報を仕入れる習慣を身に付けることが重要です。

どれくらいの資金を使えるか決める

資産運用をするときは、あくまでも余剰資産を使うようにしましょう。余剰資産とは、生活費や子どもの教育費などの必要なお金以外の資産です。

生活費や教育費などを資産運用に使うと、万が一、損失が生じた場合に生活ができなくなる危険があります。現状の資産や収入に見合わない投資は避け、お金に余裕を持って資産運用をするようにしましょう。  

リスクについてきちんと把握

資産運用の種類によって、リスクの程度が異なります。ハイリターンを目指しすぎると、その分リスクも高くなってしまいます。初心者の方は、できるだけリスクの少ない資産運用から始めることをおすすめします。

初心者にオススメの資産運用!

資産運用にはさまざまな種類がありますが、初心者におすすめなのが「NISA」と「iDeCo」です。 ここからは、それぞれの概要について詳しく解説します。

【この記事もおすすめ】初心者におすすめなのはiDeCo、NISAならどっち?つみたてNISAはどう?

NISA

NISAとは「少額投資非課税制度」のことで、投資で得た利益に対する税金の優遇を受けられる制度です。資産運用で得た利益は、基本的に課税対象となりますが、NISAを利用すると一定額までの投資で得た利益を、一定期間非課税で受け取ることができます。

NISAには「一般NISA」「つみたてNISA」「ジュニアNISA」の3種類があり、それぞれで非課税対象額や期間が異なります。なかでも「つみたてNISA」は、資産運用の一つである「投資信託」を対象としています。節税しながらコツコツと着実にお金を増やしていきたい場合には、つみたてNISAがおすすめです。
NISAとは
 NISAとは

iDeCo

iDeCoとは、年金制度の一種で「個人型確定拠出年金」と呼ばれます。iDeCoは、自分が拠出した掛け金を長期的に運用することで、老後資金を効率良く貯蓄できる制度です。運用商品には定期預金・保険・投資信託などさまざまな種類があるため、資産運用をする目的や目標に応じたものを選ぶことができます。

また、月々5,000円といった少額の掛け金から始められるほか、仕組みがシンプルでわかりやすいため、初心者の方にも安心して利用しやすいといった特長があります。
iDeCoの概要

iDeCoの概要

まとめ

今回は、資産運用とは何か、種類や注意点、初心者へのおすすめの資産運用方法をご紹介しました。

少子高齢化が進む日本では、年金制度のバランスを保つために年金受給額が減る可能性があり、年金だけで生活できるほど、十分な金額を受け取れないかもしれません。今のうちから資産運用を始めて、将来のライフマネーを貯蓄しておけば、金銭的にも精神的にも安心できます。

国や金融機関任せではなく、自分の資産は自分で守って増やさなければならない時代です。資産運用にはさまざまな種類があるため、自分の資産状況や収入、目的などに応じて選択しましょう。

その他の記事を見る

株式初心者入門

something
株式初心者入門
老後資金は平均いくら必要?年金だけでは足りない?いまからでも間に合う資産形成について徹底解説!
2022/04/28 10:13
something
株式初心者入門
【資産運用】資産を効率的に増やすなら貯金・節約・資産運用どの方法がいい?
2022/03/16 16:14
something
株式初心者入門
【資産運用】初心者におすすめの少額投資!ミニ株や積立投資について徹底解説!
2022/03/10 17:18
something
株式初心者入門
【資産運用】今すぐ始めるべき理由とは?初心者におすすめの運用方法をご紹介!
2022/02/25 16:41
something
株式初心者入門
初心者向け!基本的な株の取引方法まとめ -ゼロからはじめる株式投資-
2022/01/10 17:39
株式初心者入門の記事一覧へ

株式を学ぶ (基礎編)

something
株式を学ぶ (基礎編)
日経平均を見て一喜一憂するなかれ
2022/05/09 16:19
something
株式を学ぶ (基礎編)
【第7回】株価はどんな要因で形成されるのか - 株式投資に必要な財務データの読み方
2022/05/09 16:06
something
株式を学ぶ (基礎編)
地価と株価−1−「インフレヘッジになる株」 - 投資の極意〜中東の元ファンドマネージャーが伝授〜(第4回) - 株式
2022/05/09 16:02
something
株式を学ぶ (基礎編)
地価と株価−2−「インフレとデフレ」 - 投資の極意〜中東の元ファンドマネージャーが伝授〜(第5回) - 株式
2022/05/09 16:01
something
株式を学ぶ (基礎編)
地価と株価−3−「株価と地価の相関関係」 - 投資の極意〜中東の元ファンドマネージャーが伝授〜(第6回) - 株式
2022/05/09 16:01
something
株式を学ぶ (基礎編)
外人買いとか外人売りとか。それってナニ?
2022/05/09 15:05
something
株式を学ぶ (基礎編)
テーマ株の特徴は?投資戦略はどう考える?
2022/05/09 14:08
something
株式を学ぶ (基礎編)
マイナス金利、あなたの生活は?そして株価は?
2022/05/09 12:19
something
株式を学ぶ (基礎編)
株にもイロイロありまして
2022/05/09 03:28
something
株式を学ぶ (基礎編)
これから初めて株を買います!必要な心構えや行動は?
2022/05/09 01:45
something
株式を学ぶ (基礎編)
グロース株・バリュー株とは?どちらに投資すればいい?違い・特徴について徹底解説!
2022/02/25 16:38
something
株式を学ぶ (基礎編)
【株式投資】株価の割高・割安ってどう見極めればいい?判断する指標を噛み砕いて解説!
2022/02/01 15:08
株式を学ぶ (基礎編)の記事一覧へ

株式を学ぶ (実践編)

something
株式を学ぶ (実践編)
決算は株価に影響する?決算発表前・発表直後にやるべきことについて解説!
2022/05/16 21:17
something
株式を学ぶ (実践編)
【第8回】株価の推移の確認の仕方と株価の分析指標の本当の意味 - 株式投資に必要な財務データの読み方
2022/05/09 16:06
something
株式を学ぶ (実践編)
【第2回】公的年金が破綻しない理由と破綻しなくても安心できない理由(後編) - 退職・年金ナビ
2022/05/09 15:45
something
株式を学ぶ (実践編)
【第1回】公的年金が破綻しない理由と破綻しなくても安心できない理由(前編) - 退職・年金ナビ
2022/05/08 15:45
something
株式を学ぶ (実践編)
40代から家を買う?ずっと借りる?(1) 〜コストの比較〜【第6回】 - 退職・年金ナビ
2022/03/27 15:44
something
株式を学ぶ (実践編)
【株式投資】会社四季報の活用方法と読み方のポイントについてわかりやすく解説!
2022/03/25 09:32
something
株式を学ぶ (実践編)
2022年コロナ変異株の日本株式市場への影響は?後半には大きく巻き返せるのか?
2022/03/18 13:28
something
株式を学ぶ (実践編)
株主優待と配当金との違いって?いつまでに買えばもらえるのか?権利取得までわかりやすく解説!
2022/03/16 15:04
something
株式を学ぶ (実践編)
株にかかる税金は高い?株の税金について徹底解説
2022/03/16 13:07
something
株式を学ぶ (実践編)
インカムゲインとキャピタルゲインの違いとは?運用方法や選び方について分かりやすく解説!
2022/03/10 17:31
something
株式を学ぶ (実践編)
日経平均株価とTOPIXの違いは?各指数の特徴とチャートの見方について分かりやすく解説!
2022/03/10 17:30
something
株式を学ぶ (実践編)
自社株買いとは?株価が上がる本当の理由とメリット・デメリットについてわかりやすく解説
2022/03/10 13:27
株式を学ぶ (実践編)の記事一覧へ

資産運用

something
資産運用
今注目の「FIRE」とは?早期リタイアのメリット・デメリットについて徹底解説!
2022/05/17 13:22
something
資産運用
【資産運用】資産運用に失敗する人の特徴とは?失敗しないためのコツや注意点について徹底解説!
2022/05/10 15:52
something
資産運用
【資産運用】初心者が投資を始めやすい資産運用「つみたてNISA」とは?
2022/05/10 12:40
something
資産運用
60代のNISA活用のポイント 〜年金生活に入っても無理なくNISAを活用しよう! - 世代別NISA活用術
2022/05/10 12:34
something
資産運用
NISAを使って老後のお金を貯める方法〜ロールオーバーがポイント!
2022/05/10 11:28
something
資産運用
NISA×DC〜おろせない仕組みとおろせる仕組みをうまく組み合わせる
2022/05/10 08:41
something
資産運用
NISAと税金、手続き - NISAの基本のキホン
2022/05/09 20:56
something
資産運用
【第6回】年金の請求手続き
2022/05/09 16:57
something
資産運用
結婚したら考えるべきライフイベントとお金のやりくり - ライフプラン別資産運用活用術
2022/05/09 16:08
something
資産運用
【第23回】気になる今後の年金改正をチェックするポイント(前編) - 退職・年金ナビ
2022/05/09 15:45
something
資産運用
【第24回】気になる今後の年金改正をチェックするポイント(後編) - 退職・年金ナビ
2022/05/09 15:45
something
資産運用
【第16回】自営業者の年金準備について(後編) - 退職・年金ナビ
2022/05/09 15:45
資産運用の記事一覧へ