産休・育休の手続きチェックリストとスケジュールについて

投稿日:2023/03/23 最終更新日:2023/10/02
article hero image

産休や育休を取得するには、手続きが必要です。手続きを間違えると、休業中に給与が支払われなかったり、保険の手続きに失敗したりする可能性があります。

そこで、労働者が産休や育休を取得するためには、手続きをスムーズに行うことが重要です。

この記事では、産休や育休を取得するための手続きのチェックリストやスケジュールを紹介し、スムーズな休業を過ごすためのポイントをまとめています。

本コンテンツは当サイト編集部が独自に制作しております。各広告主様やアフィリエイトサービスプロバイダ様から商品案内や広告出稿をいただくこともありますが、各事業者様がコンテンツ内容等の決定に関与することはございません。本サイトは広告およびアフィリエイトサービスにより収益を得ています。コンテンツ内で紹介した商品が成約されると、売上の一部が当サイトに還元される場合があります。

この記事の監修者

expert img

菅原良介

株式会社Finatext

ファイナンシャルプランナー

早稲田大学政治経済学部経済学科卒業。Finatextグループで展開される投資・証券サービスのディレクターを担当。保有資格は「2級フィナンシャル・プランニング技能士」「日本テクニカル協会認定テクニカルアナリスト」。資産形成に関するセミナー講師や執筆活動も積極的に行っているほか、株式投資の基礎や資産形成、ライフプランニング、資金計画などのアドバイスを得意とする。

産休・育休の前にやること

産休・育休を取る前には、いくつかの手続きが必要です。これらの手続きをきちんと行うことで、円滑に産休・育休を取得することができます。

会社に相談し、産休・育休の計画を立てる

産休・育休を取る前には、会社に相談し、計画を立てることが大切です。産休・育休は、労働者が家庭の事情や子育てのために、しばらくの期間働かないことを認められる制度であり、法律によって保護されています。

会社によっては、産休・育休に関する制度が異なる場合がありますので、それに合わせた計画を立てる必要があります。

具体的には、産休・育休をいつからいつまで取得するか、休暇中の給与・手当について、仕事の引き継ぎについてなどを話し合い、合意を得ておく必要があります。

産休・育休に関する制度や手続きについて、事前に把握しておくことで、円滑に手続きを進めることができます。

保育施設やベビーシッターの手配をする

産休・育休を取る場合、赤ちゃんや子どもを預ける場所が必要になります。そのため、保育施設やベビーシッターなどの手配をする必要があります。

特に保育施設は、待機児童が多いため、早めに手配することが望ましいです。保育園の場合、申し込みから入園までに数ヶ月〜数年待つこともあるため、産休前に手配を進めることが大切です。

また、ベビーシッターを利用する場合は、信頼できる人を選ぶことが大切です。身元確認や面接を行い、しっかりとした契約書を交わしましょう。

税金や社会保険料の手続きをする

産休・育休を取得する場合、税金や社会保険料の手続きをすることも忘れずに行いましょう。産休・育休中の給与や手当などに関する税金や社会保険料の手続きをきちんと行うことで、後々トラブルが起きることを防ぐことができます。

必要な手続きについては、事前に確認しておきましょう。

産休の手続きチェックリストとスケジュール

産休に入るにあたっては、様々な手続きや準備が必要です。ここでは、産休の手続きチェックリストとスケジュールについて詳しく解説します。

産休の手続きチェックリスト

産休を取得するにあたって、以下のチェックリストを確認し、手続きを進める必要があります。

  • 産休を取得する期間の確認
  • 会社の規定に従い、手続きを進める
  • 社会保険や税金に関する手続き
  • 保育施設の手配
  • 労働基準法に基づく休暇の取得

手続きは、早めに進めることが大切です。会社の規定や手続きについては、事前に確認しておきましょう。

産休スケジュールの立て方

産休スケジュールは、以下のように立てることができます。

  • 妊娠初期から、産休に入るまでの期間における業務の整理
  • 出産予定日をもとに、産休に入る前の業務の優先度を決める
  • 保育施設やベビーシッターの手配
  • 労働基準法に基づく休暇の取得のスケジュール
  • 社会保険や税金に関する手続きのスケジュール

スケジュールは、個人の状況に合わせて調整する必要があります。また、妊娠中に体調不良がある場合は、柔軟に対応することも大切です。

産休前の注意点

産休前には、以下の点に注意しましょう。

  • 体調管理を徹底する
  • 産休前の業務をしっかり整理する
  • 保育施設やベビーシッターの手配を済ませる
  • 労働基準法に基づく休暇を取得する
  • 会社や周囲の人に産休の旨を伝える

これらを守ることで、安心して産休に入ることができます。

育休の手続きチェックリストとスケジュール

育児をするためには、育児休業(育休)を取得する必要があります。育児休業(育休)は、労働者が子供を育てるために、一定期間労働を中断することができる制度です。

育休を取得するには、事前にいくつかの手続きが必要です。本記事では、育休の手続きチェックリストとスケジュールについて解説します。

育休の手続きチェックリスト

育休を取得するには、以下の手続きが必要です。

  • 育休を取得する前に、会社の方針や育休に関する規定を確認する
  • 育休を取得する期間を決める
  • 育休を取得する前に、育児休業届けを提出する
  • 必要に応じて、育児休業給付金の申請手続きをする
  • 育休期間中について、会社との連絡方法や復帰時期を決める

これらの手続きは、申請の期限や条件などがあるため、早めに対応することが大切です。

育休スケジュールの立て方

育休期間中のスケジュールを立てる際には、以下のようなポイントに注意しましょう。

  • 育休期間中に行う予定の育児のスケジュールを立てる
  • 育休期間中に自分自身がやりたいことをリストアップして優先度を決める
  • 育休期間中に行いたいイベントや旅行などを計画する
  • 育休期間中の予定を、会社や家族と調整する

以上が、育休の手続きチェックリストとスケジュールについての解説です。育休を取得するにあたっては、手続きを正しく行い、スケジュールを把握することが重要です。

また、会社によっては育休に関する規則や手続きが異なる場合があるため、会社の規定を確認することも大切です。

産休・育休後の手続きチェックリストとスケジュール

産休・育休後も、復帰に向けた手続きやスケジュールの立て方について考慮する必要があります。ここでは、産休・育休後の手続きチェックリストやスケジュールについて詳しく解説します。

産育休後の手続きチェックリスト

産育休後には、以下のような手続きが必要となります。

  • 復職届の提出
  • 労働条件の再確認
  • 保育施設の手続き
  • 社会保険や税金の手続き

復職届の提出は、復帰する日程や復職後の業務内容を明確に伝えるために必要です。労働条件の再確認は、復帰後の勤務時間や賃金などの条件を確認するために行われます。

保育施設の手続きは、復帰後に子どもを預ける場合に必要です。社会保険や税金の手続きは、産休・育休期間中の手続きや保険料の調整などが必要となります。

産育休後のスケジュールの立て方

産育休後のスケジュールの立て方については、以下のように考えると良いでしょう。

  • 復帰日の決定
  • 復帰前の業務の確認
  • 保育施設やベビーシッターの手配
  • 復帰後のスケジュールの調整

復帰日は、子どもの保育状況や自身の体調を考慮して決定する必要があります。復帰前には、復帰後の業務内容を確認しておくことで、スムーズな復帰をサポートできます。

保育施設やベビーシッターの手配は、復帰後に子どもを預ける場合に必要です。復帰後のスケジュールは、復帰前の業務内容や自身の育児の状況を考えて立てましょう。

産育休後の注意点

産育休から復帰する前に、以下の点に注意しましょう。

  • 復帰時期の調整
  • 業務復帰前の研修や勉強会の受講
  • 保育環境の整備
  • 仕事と育児の両立のためのサポート体制の確認
  • 育児休業給付金の申請手続き
  • 税金や社会保険に関する手続きの確認

これらの点に注意して、スムーズな職場復帰を目指しましょう。産育休後は、育児と仕事の両立が課題となりますが、周囲のサポートや自己管理をしっかりと行うことで、充実したライフスタイルを手に入れることができます。

まとめ

これらの制度は、給料が減額される場合があるため、経済的な負担が大きくなることがあります。また、制度の適用範囲や期間にも制限があります。そのため、保険に加入することで、より確実に自身や家族の安全を守ることができます。

例えば、妊娠中に起こり得る合併症や出産時の合併症などに対応するため、妊婦保険に加入することで、医療費や入院費用の負担を軽減することができます。

また、子供が病気になった際には、子供保険に加入することで、医療費や入院費用の負担を軽減することができます。

さらに、保険金を受け取ることで、育児休暇中でも収入を得ることができます。 このように、保険に加入することで、産前産後休暇や育児休暇を取得する際の経済的な負担を軽減することができます。

詳しくは専門家に相談することをお勧めします。

articles ライフプランニングを学ぶ

生命保険

article item
生命保険 出産手当金(産休手当)がもらえる条件は?入社1年未満や退職後の場合は?
菅原良介 2024/06/14
article item
生命保険 生命保険加入後に1回でも心療内科・精神科に通院するとバレる?
菅原良介 2024/06/14
5
article item
生命保険 告知義務違反するとなぜバレる?もしバレた時はどうなる?判例・事例を含めてご紹介!
菅原良介 2024/06/14
article item
生命保険 【2023年最新】育児休業給付の支給率80%への引き上げはいつから?2022年に改正された内容って何?
菅原良介 2024/06/14

医療保険

article item
医療保険 入院時の差額ベッド代で損しない方法とは?医療保険での備え方と注意点について
2023/09/14
article item
医療保険 付加給付(付加給付制度)とは?仕組みや金額、注意点を医療保険の加入前に確認しよう
2023/06/12
article item
医療保険 保険金が入ってから確定申告で医療費控除を申告しても問題ない?
2023/06/12
article item
医療保険 労災と医療保険は併用できる?二重でもらえる?
2023/06/12

がん保険

article item
がん保険 がん保険の免責期間・猶予期間とは?保障されない期間をおさえておこう
2023/04/14
article item
がん保険 がんになった時に必要な治療費や制度、受けられる保障について解説
2023/04/11
article item
がん保険 がんの治療費の平均はいくらくらい?がん保険の診断給付金とは?
2023/04/03
article item
がん保険 がん保険とは?医療保険との違いは?がん保険の種類とポイントを徹底解説
2023/03/17