2023年出産費用と妊婦健診の保険適用と無償化について

投稿日:2023/03/22 最終更新日:2023/04/20
article hero image

2023年3月時点での出産費用の実質無償化については未定ですが、入院費や検査費などの一部が無料になる可能性があります。

一方、妊婦健診については、引き続き健康保険制度の下で保険適用されますが、妊婦健診費用の一定額を国や自治体が負担し、妊婦の負担軽減を図ることが考えられています。

具体的な政策や詳細についてはまだ決まっていないため、今後の動向に注目が必要です。

本コンテンツは当サイト編集部が独自に制作しております。各広告主様やアフィリエイトサービスプロバイダ様から商品案内や広告出稿をいただくこともありますが、各事業者様がコンテンツ内容等の決定に関与することはございません。本サイトは広告およびアフィリエイトサービスにより収益を得ています。コンテンツ内で紹介した商品が成約されると、売上の一部が当サイトに還元される場合があります。

この記事の監修者

expert img

菅原良介

株式会社Finatext

ファイナンシャルプランナー

早稲田大学政治経済学部経済学科卒業。Finatextグループで展開される投資・証券サービスのディレクターを担当。保有資格は「2級フィナンシャル・プランニング技能士」「日本テクニカル協会認定テクニカルアナリスト」。資産形成に関するセミナー講師や執筆活動も積極的に行っているほか、株式投資の基礎や資産形成、ライフプランニング、資金計画などのアドバイスを得意とする。

現在の出産費用の保険適用について

現在の出産費用の保険適用には、妊娠中の通院費や検査費、投薬費などが含まれ、保険証を提示すれば一部自己負担額が発生します。ただし、出産前健診や出産時の医療費については、保険適用になる場合とならない場合があるので注意が必要です。

妊娠中の医療費は保険適用になる?

妊娠中の医療費には、通常の健康保険で適用される医療費と、特別な医療費があります。通常の健康保険で適用される医療費には、妊娠中の通院費や検査費、投薬費などが含まれます。

これらの医療費は、保険証を提示すれば、一部自己負担額を支払うことで、保険が適用されます。ただし、自己負担額は保険によって異なりますので、事前に確認しておくことが重要です。

特別な医療費には、出産前健診や出産時の医療費などが含まれます。出産前健診については、基本的には保険適用になりますが、中には一部負担が必要な場合もあります。出産前健診については、保険証を提示することで、一部自己負担額を支払うことで保険が適用されます。ま

た、出産時には、分娩費用や診療費用、薬剤費用などが発生します。これらの費用についても、一部自己負担額を支払うことで、保険が適用されますが、保険適用範囲によっては、自己負担額が高額になる場合もあります。

出産費用は保険適用になる?

出産費用については、入院費用、分娩費用、診療費用、薬剤費用などが含まれます。これらの費用については、一部自己負担額を支払うことで、保険が適用されます。 ただし、保険の適用範囲によっては、自己負担額が高額になる場合もあります。

また、自由診療を選んだ場合には、保険が適用されず、全額自己負担となります。 病院での出産は自己負担額が発生する場合があるため、出産前に費用について確認しておくことが大切です。

\ お金・保険の相談ならマネードクターへ /


2023年の出産費用の実質無償化について

2023年度からの出産費用の実質無償化は、日本政府の方針でもあり、実現する予定ではありますが、具体的な詳細や制度設計については、今後まだ議論が必要な段階にあります。

2023年何月から実質無償化されるのか?

本日、出産費用の実質無償化について、菅前首相が「出産費用に公的保険適用を実質無償化の考え」を示しました。これは、国の新たな政策であり、妊娠・出産に関する医療費用の一部が実質的に無料になる可能性があることを意味しています。

具体的には、出産に必要な医療費用のうち、入院費、分娩費、検査費、診療費、薬剤費などの一部が、全額無料または一部負担になる可能性があるということです。

ただし、この制度はいくつかの条件があります。まず、医療機関によって異なるため、事前に確認が必要です。

また、妊娠期間中の健康管理や健診にも、引き続き費用が発生するため、注意が必要です。自由診療を選択する場合も、この制度の対象外となるため、自己負担が必要となります。

今回の実質無償化については、出産費用の負担軽減を図り、出産率の向上を目的としていることが考えられます。出産に伴う経済的な負担が軽減されることで、出産を希望する女性の支援につながることが期待されていることでしょう。

2023年の妊婦健診の無償化は?

2023年の妊婦健診については、引き続き日本の健康保険制度の下で保険適用されます。ただし、菅前首相は「妊婦健診の保険適用範囲を拡大し、自己負担分を支援すべきだ」との考えを示しました。

つまり、妊婦が受ける健診費用について、国や自治体が一定額を負担することで、妊婦の負担軽減を図るべきだと主張しています。これにより、より多くの妊婦が健診を受けやすくなり、母体と胎児の健康を守ることができると期待されています。

まだ具体的な政策についてはまだ決まっていないですが、今後の動向に注目しましょう。

まとめ

出産費用の実質無償化については現段階では決定していないものの、入院費や検査費、診療費などの一部が実質的に無料になる可能性はあります。

詳細や制度設計については、まだ議論の余地がありそうです。妊婦健診については引き続き、健康保険制度の下で保険適用されますが、妊婦健診費用の一定額を国や自治体が負担し、妊婦の負担軽減を図るべきとの考え方も出てきています。

\ お金・保険のことならマネードクターへ /


articles ライフプランニングを学ぶ

生命保険

article item
生命保険 【2023年最新】育児休業給付の支給率80%への引き上げはいつから?2022年に改正された内容って何?
菅原良介 2024/07/12
5
article item
生命保険 告知義務違反するとなぜバレる?もしバレた時はどうなる?判例・事例を含めてご紹介!
菅原良介 2024/07/12
article item
生命保険 生命保険加入後に1回でも心療内科・精神科に通院するとバレる?
菅原良介 2024/07/12
article item
生命保険 出産手当金(産休手当)がもらえる条件は?入社1年未満や退職後の場合は?
菅原良介 2024/07/12

医療保険

article item
医療保険 入院時の差額ベッド代で損しない方法とは?医療保険での備え方と注意点について
2023/09/14
article item
医療保険 付加給付(付加給付制度)とは?仕組みや金額、注意点を医療保険の加入前に確認しよう
2023/06/12
article item
医療保険 保険金が入ってから確定申告で医療費控除を申告しても問題ない?
2023/06/12
article item
医療保険 労災と医療保険は併用できる?二重でもらえる?
2023/06/12

がん保険

article item
がん保険 がん保険の免責期間・猶予期間とは?保障されない期間をおさえておこう
2023/04/14
article item
がん保険 がんになった時に必要な治療費や制度、受けられる保障について解説
2023/04/11
article item
がん保険 がんの治療費の平均はいくらくらい?がん保険の診断給付金とは?
2023/04/03
article item
がん保険 がん保険とは?医療保険との違いは?がん保険の種類とポイントを徹底解説
2023/03/17