株、また高値掴みしたんですが...

投稿日:2016/12/01 最終更新日:2023/03/08
article hero image
投資を続けていると、株価が急上昇していたので買ったものの、その瞬間に下落した、という高値掴みを経験したことも多いでしょう。高値掴みの多くは、株価が上昇し続けるという根拠のない思い込みによるものです。では、なぜその思い込みが起こるのでしょうか。高値掴みの背景にある投資家の心理状態と相場の特性について考えていきましょう。
本コンテンツは当サイト編集部が独自に制作しております。各広告主様やアフィリエイトサービスプロバイダ様から商品案内や広告出稿をいただくこともありますが、各事業者様がコンテンツ内容等の決定に関与することはございません。本サイトは広告およびアフィリエイトサービスにより収益を得ています。コンテンツ内で紹介した商品が成約されると、売上の一部が当サイトに還元される場合があります。

なぜ個人投資家は高値掴みをしてしまうのか

株価が高値更新を続けている場合、期待感からさらに買いが集中し、ますます急騰するといった動きがみられることがあります。しかし、この急騰は長く継続するものではなく、急騰の後には急落が待っています。そのため、買うタイミングを誤ると高値掴みという結果となるのです。

高値掴みの原因は、まだ値上がりするのでは、値上がりし続けるのではと考え、今買っておかないと乗り遅れてしまうのでは、という心理状態が原因です。株価が上昇局面にあると、みんなが買っているから今後も上昇が期待できるだろう、だから自分も買おうという、いわゆる同調行為「ハーディング現象」が起こります。すると、値上がりはさらに過熱してしまうのです。

特に良いニュース等の材料が要因で急騰を始めた場合、指値を入れていても買いが成立しないことも多くあります。そのため、さらに指値を上げてしまうということがありがちですが、これも高値掴みとなりやすい、危険な行為といえます。

高値掴みに陥るのは感情による取引と判断の遅れ

高値掴みに陥りやすい原因には過度な株価の値上がりへの期待感があります。この感情だけで取引をしてしまうということが問題です。急騰している場合乗り遅れないことも大切ですが、値動きに惑わされないようにしなければなりません。

株価は上下を繰り返しながら、トレンドを形成します。寄りで急騰した場合、1時間程度は最も値動きが激しく、最高値を更新し続けることも少なくありません。しかし、この動きは多くの場合、デイトレーダーや大口の機関投資家が牽引しているものです。彼らは利益が確定すると一気に売りに転じるため、株価は大きく下落します。

高値掴みをしやすい人は、急騰が始まって、しばらく様子見をした後に上がり続ける判断して買ってしまう傾向があります。しかし、この段階ではすでに乗り遅れていることが多いのです。急騰銘柄の取引にあたっては、いかに早く波の乗るかということが明暗をわけます。乗り遅れた場合には、その銘柄については様子見することもひとつの選択です。

好調株を保有したい、でも高値掴みに陥らないために

では、上昇中の株を期待を持って買いたい場合、どのタイミングを基準に買いを判断したらよいのでしょうか。この場合は、主に移動平均線を利用して検討するとよいでしょう。サポートラインを必ず確認しトレンドが上昇基調であること、その上で25日線を見て押し目が判断できた時点で買いを入れるようにします。

サポートラインを割ってきた場合には、これ以上の上昇は見込めない場合が多く、塩漬け候補となります。保有している場合は、早めの損切りを検討することも大切です。飛びついて買ってしまった場合には、トレンドが変換する前に、早めの利益確定を心がけましょう。急騰銘柄の場合、最高値を見分けるタイミングは熟練者でも難しいものです。

また、売買時に株価の飛びがないかどうかにも注意しましょう。上昇基調とはいえ、気配値に差が大きい銘柄、出来高が少ない銘柄の場合は、買いが成立した瞬間に大きく値を下げる確率が高いです。このパターンは新興株などでしばしばみられます。

株を高値掴みしないために大切なことは、値動きだけをみて飛びつかないことです。株価は上昇し続けるものではありません。初動のタイミングで高騰に乗れなかった場合には、無理をせず、直近のトレンドを確認してから取引を検討しても遅くはありません。

articles 投資を学ぶ

株式(初心者入門)

article item
株式(初心者入門) 株式投資にはどんなメリット・デメリットがある?投資スタイルによる違いも解説
菅原良介 2023/09/01
article item
株式(初心者入門) 株式投資はいくらからできる?単元未満株(ミニ株)のメリット・デメリットは?
2023/07/05
article item
株式(初心者入門) 初心者におすすめの少額投資!ミニ株や積立投資について徹底解説!
2023/03/14
article item
株式(初心者入門) 証券口座はどうやって開設すればいい?証券口座の種類についても分かりやすく解説!
2023/03/10

株式 (基礎編)

article item
株式 (基礎編) 投資スタイル(短期・中期・長期)はどうやって決めればいい?メリット・デメリットについても解説
2024/07/17
1
article item
株式 (基礎編) 株で利益確定(利確)売りするタイミングとは?売る時の目標は何パーセントがベスト?
菅原良介 2024/06/14
article item
株式 (基礎編) 投資信託やNISAの利益確定するタイミングってどう決めればいい?
菅原良介 2024/05/13
article item
株式 (基礎編) 手数料が安いネット証券を徹底比較!手数料比較のポイントも解説
菅原良介 2024/05/13

株式 (実践編)

article item
株式 (実践編) 増担保規制とは?解除条件や株価への影響について解説
菅原良介 2024/07/17
article item
株式 (実践編) 権利確定日・権利落ち日とは?初心者向けに分かりやすく解説
菅原良介 2024/07/12
article item
株式 (実践編) 現物しかやらないから増担保とか関係ない!のかな?
菅原良介 2024/06/14
article item
株式 (実践編) 増担保規制が発動・解除されるとどうなる?
菅原良介 2024/06/14

テクニカル分析

article item
テクニカル分析 株式投資のテクニカル分析とは?初心者にもわかりやすく基本を解説!
2023/09/08
article item
テクニカル分析 テクニカル分析の基礎⑤:RSIの見方と活用方法
菅原良介 2023/07/26
article item
テクニカル分析 テクニカル分析の基礎④:MACDの見方と使い方
2023/03/08
article item
テクニカル分析 テクニカル分析の基礎③:ボリンジャーバンドの見方・使い方
2023/03/08

ファンダメンタルズ分析

article item
ファンダメンタルズ分析 マクロ経済統計とは?ファンダメンタルズ分析に不可欠な指標とその見方を紹介
2023/03/08
article item
ファンダメンタルズ分析 ファンダメンタルズ分析に必須!ニュースによる情報収集・分析の方法を解説
2023/03/08
article item
ファンダメンタルズ分析 ファンダメンタルズ指標で企業分析!ROEなどの求め方・使い方を解説
2023/03/08
article item
ファンダメンタルズ分析 ファンダメンタルズ分析の基礎③:損益計算書の見方
2023/03/08

ネット証券会社

article item
ネット証券会社 つみたてNISAの口座開設でおすすめの証券会社を徹底比較!
菅原良介 2024/05/13
article item
ネット証券会社 moomoo証券とは?デモトレと米国株の学習ができる新しい株取引アプリ
菅原良介 2024/04/16
article item
ネット証券会社 100円から始められる初心者におすすめの日興フロッギーについて解説
菅原良介 2023/09/21
article item
ネット証券会社 auカブコム証券とは?特徴や口座開設するメリットについて解説
菅原良介 2023/09/21