割高株 (わりだかかぶ )

割高株は市場全体の平均的な値と比較したときに、持っている銘柄が現在の値が高いと判断された場合や、過去の水準と比較して現在の方が株価が上がってると判断した場合に用いられます。チャートで移動平均線の上方より離れた位置にあるときなども割高株として見られます。 企業の業績を見極めていくときに、株価収益率や株価純資産倍率で計算していき割高度を測っていくこともあります。割高と判断された場合には、信用売りをしていく投資家もおり、この場合の売りは空売りと呼ばれています。 証券会社などでもその銘柄に対して割高であるのか割安であるのかといったことを、独自の解析によって公表している場合もあります。 企業が将来においてどれだけ成長性があるのかといったことを見極めていくことも大切なので、株価キャッシュフロー倍率などの水準が高い銘柄かどうかを判断して投資を行うことが大切です。企業価値が適正に判断されているのかどうかを、株価収益率のPERや株価純資産倍率のPBRで計算することで、銘柄の価値を推測することができます。