広がるラップ口座。これってどうなの?

投稿日:2016/11/04 最終更新日:2023/03/08
article hero image
ラップ口座とは、金融機関に資産運用を一任するタイプの口座です。中でも、投資信託を対象としたファンドラップは、少額から運用が可能ということで手軽な投資方法として知られるようになりました。ラップ口座の運用は証券会社が行うため、投資が初めての方に人気ですが、必ずしも最適な投資方法とは言い切れない面もあります。ラップ口座のメリット・デメリットについて仕組みを見ながらご説明しましょう。
本コンテンツは当サイト編集部が独自に制作しております。各広告主様やアフィリエイトサービスプロバイダ様から商品案内や広告出稿をいただくこともありますが、各事業者様がコンテンツ内容等の決定に関与することはございません。本サイトは広告およびアフィリエイトサービスにより収益を得ています。コンテンツ内で紹介した商品が成約されると、売上の一部が当サイトに還元される場合があります。

身近なラップ口座ファンドラップとは

 

ラップ口座は、証券会社などに資産の運用を一任するサービスです。あらかじめ口座の運用方針などを決定した上で、後の運用は証券会社が執り行います。

ラップ口座は、以前は大型の口座が対象で富裕層向けのサービスとされてきました。しかし、現在では投資先を投資信託のみにしぼり、300万円程度の少額から利用できるファンドラップという形態の口座が登場し、知名度が急上昇しました。2016年3月末現在、ラップ口座の契約数および金額は前年より大幅に増加しており、投資家の関心が高いことがうかがえます。

ラップ口座では、総資産に対して投資顧問料や管理費が必要です。しかし、一度投資方針を設定しておけば、面倒なファンドの入れ替えや構成比率の変更を金融機関が全て代行するため、手間をかけずに投資ができるというメリットがあります。通常のファンドの場合、取引指示を出すのは投資家本人ですが、ラップ口座では金融機関が主体となって投資を実行していきます。

知っておきたいラップ口座のデメリット

 

しかし、ラップ口座にはデメリットがいくつか存在します。まず、かかる手数料コストが大きいことです。ラップ口座では、ファンドの入れ替えにともなう売買手数料はかからないものの、投資顧問料とファンドの信託報酬は発生します。標準的なファンドラップの場合、投資顧問料は総資産額の1.6%前後、ファンドの信託報酬は1.0%程度です。結果、ラップ口座は3%程度のコストがかかるため、運用でこれ以上のリターンを得られるかどうかが課題です。資金に余裕がない場合は許容リスクを小さくする傾向がありますが、その場合は特に十分なリターンが得られないことがあります。

また、ラップ口座で設定されている低リスクファンドは、通常の投資信託バランス型ファンドの運用益とほぼ変わらない水準となることもあります。こういったケースでは、自己でファンドを購入した方が、管理手数料の分だけ大きなリターンが得られます。

ラップ口座に向いている人、いない人

ラップ口座での取引が向いているのは、投資に時間をかけたくないとお考えの人です。自分で投資信託を利用して資産運用を始める場合、商品の選択から管理や入れ替えまでを自分で行う必要があります。ラップ口座では、投資家の方針にしたがってファンドマネージャーが最適な銘柄やポートフォリオの構成割合を行いますので、基本的に放置しておくだけで運用が可能です。逆に、適切な銘柄選びや定期的なファンドの見直しなどが自分で可能な方の場合には、ラップ口座のメリットはあまり受けられません。自分でリスク管理ができる方の場合は、ラップ口座の手数料はかえってコスト高となります。

また、ファンドラップの場合は、限られたファンドを用いたポートフォリオ構成です。少額口座の場合には、アクティブファンドが対象とされていないもあります。自分で投資について学びながら、より積極的で柔軟な投資で効果を得たいという気持ちがある方には、ラップ口座は適していないでしょう。
 

最新ネット証券比較ランキング

口座開設されてない初心者の方に向けた、ネット証券が比較できる最新ランキングTOP10はこちらです。口座開設手続きはネット上で完結できます。口座開設キャンペーンもご紹介してます。是非この機会に、ネット証券の口座開設を行ってみましょう。

articles 投資を学ぶ

株式(初心者入門)

article item
株式(初心者入門) 株式投資にはどんなメリット・デメリットがある?投資スタイルによる違いも解説
菅原良介 2023/09/01
article item
株式(初心者入門) 株式投資はいくらからできる?単元未満株(ミニ株)のメリット・デメリットは?
2023/07/05
article item
株式(初心者入門) 初心者におすすめの少額投資!ミニ株や積立投資について徹底解説!
2023/03/14
article item
株式(初心者入門) 証券口座はどうやって開設すればいい?証券口座の種類についても分かりやすく解説!
2023/03/10

株式 (基礎編)

article item
株式 (基礎編) 投資スタイル(短期・中期・長期)はどうやって決めればいい?メリット・デメリットについても解説
2024/06/14
1
article item
株式 (基礎編) 株で利益確定(利確)売りするタイミングとは?売る時の目標は何パーセントがベスト?
菅原良介 2024/06/14
article item
株式 (基礎編) 投資信託やNISAの利益確定するタイミングってどう決めればいい?
菅原良介 2024/05/13
article item
株式 (基礎編) 手数料が安いネット証券を徹底比較!手数料比較のポイントも解説
菅原良介 2024/05/13

株式 (実践編)

article item
株式 (実践編) 増担保規制とは?解除条件や株価への影響について解説
菅原良介 2024/06/14
article item
株式 (実践編) 現物しかやらないから増担保とか関係ない!のかな?
菅原良介 2024/06/14
article item
株式 (実践編) 増担保規制が発動・解除されるとどうなる?
菅原良介 2024/06/14
article item
株式 (実践編) 貸借倍率(信用倍率)とは?貸借倍率の目安
菅原良介 2024/06/14

テクニカル分析

article item
テクニカル分析 株式投資のテクニカル分析とは?初心者にもわかりやすく基本を解説!
2023/09/08
article item
テクニカル分析 テクニカル分析の基礎⑤:RSIの見方と活用方法
菅原良介 2023/07/26
article item
テクニカル分析 テクニカル分析の基礎④:MACDの見方と使い方
2023/03/08
article item
テクニカル分析 テクニカル分析の基礎③:ボリンジャーバンドの見方・使い方
2023/03/08

ファンダメンタルズ分析

article item
ファンダメンタルズ分析 マクロ経済統計とは?ファンダメンタルズ分析に不可欠な指標とその見方を紹介
2023/03/08
article item
ファンダメンタルズ分析 ファンダメンタルズ分析に必須!ニュースによる情報収集・分析の方法を解説
2023/03/08
article item
ファンダメンタルズ分析 ファンダメンタルズ指標で企業分析!ROEなどの求め方・使い方を解説
2023/03/08
article item
ファンダメンタルズ分析 ファンダメンタルズ分析の基礎③:損益計算書の見方
2023/03/08

ネット証券会社

article item
ネット証券会社 つみたてNISAの口座開設でおすすめの証券会社を徹底比較!
菅原良介 2024/05/13
article item
ネット証券会社 moomoo証券とは?デモトレと米国株の学習ができる新しい株取引アプリ
菅原良介 2024/04/16
article item
ネット証券会社 100円から始められる初心者におすすめの日興フロッギーについて解説
菅原良介 2023/09/21
article item
ネット証券会社 auカブコム証券とは?特徴や口座開設するメリットについて解説
菅原良介 2023/09/21