おすすめの不動産クラウドファンディングは?比較すべきポイントも合わせて紹介

投稿日:2023/08/30 最終更新日:2024/01/31
article hero image
不動産クラウドファンディングのプラットフォームは様々ありますが、選ぶ際には取り扱う案件数や不動産の種類、どれだけ情報を開示しているか、運営会社の安全性などを確かめる必要があります。

不動産クラウドファンディングは相場の確認や物件の手入れなど手間をかけずに堅実に資産を増やしたいと思うひとにおすすめです。
 
本コンテンツは当サイト編集部が独自に制作しております。各広告主様やアフィリエイトサービスプロバイダ様から商品案内や広告出稿をいただくこともありますが、各事業者様がコンテンツ内容等の決定に関与することはございません。本サイトは広告およびアフィリエイトサービスにより収益を得ています。コンテンツ内で紹介した商品が成約されると、売上の一部が当サイトに還元される場合があります。

この記事の監修者

expert img

菅原良介

株式会社Finatext

証券アナリスト

Finatext サービスディレクター・アナリスト。日本テクニカル協会認定テクニカルアナリスト。早稲田大学 政治経済学部 経済学科卒業。Finatextグループで展開される投資・証券サービスのディレクターを担当する傍ら、アナリストとしても活動。グループで展開するコミュニティ型株取引アプリSTREAM内で開催されるイベントのモデレーターなども務め、国内メディアへの寄稿も行う。

不動産クラウドファンディングとは?

不動産クラウドファンディングとはインターネットを利用して、多数の投資家から少額の資金を集めて不動産投資を行う投資手法です。

一般に不動産投資は多くの資金が必要です。そのため、多額の初期費用を投じたり、融資を受ける必要があります。一方、不動産クラウドファンディングは少額から始めることが可能です。運用は全て管理会社が行うため、投資をした後は手間がかかりません。さらに一般的な不動産投資と比べても高い利回りが期待でき、近年注目されている投資手法といえます。

投資対象もマンションに限らず、商業ビルやホテル、中には保育園、学校など様々な物件に投資することができます。物件の多様性が、さらに多くの投資家からの興味を引きつけています。

特に、地域社会への貢献や持続可能な開発を重視する現代の投資家にとって、クラウドファンディングによる不動産投資は社会的なインパクトを持つプロジェクトへの資金供給の方法として魅力的です。また、投資の透明性や、オンラインでの情報のアクセス性が高い点も、多くの投資家がこの手法を選択する理由の一つとなっています。

【関連記事】不動産クラウドファンディングのメリットは?ソーシャルレンディングとの違いも解説!

不動産クラウドファンディング比較表

不動産クラウドファンディングを行うことができるサイトは複数あります。ここでは想定利回り、想定運用期間、設立年、対象商品に着目して各社を比較していきます。

※2023年8月29日時点の情報を参照。想定利回り、想定運用期間は直近の10の案件の平均を算出。

会社名 想定利回り 想定運用期間 設立年 対象商品
CAPIMA 5.5% 11ヶ月 2019年 マンション
リゾート
飲食
Bankers 3.8% 11ヶ月 1974年 不動産
エステティックサロン
 
AGクラウドファンディング 5.8% 16ヶ月 2020年 住宅
事業用地
マンション
Ownersbook 4.2% 26ヶ月 2014年 建用地
マンション
オフィス・商業地
オルタナバンク 6.3% 19ヶ月 2002年 海外不動産
国内不動産
Crowned Bank 5.7% 12ヶ月 1993年 海外不動産
国内不動産
Funds 1.9% 10ヶ月 2016年 リゾート
オフィス
マンション

おすすめの不動産クラウドファンディング

次により詳細な特徴やメリットなどに着目して紹介していきます。これらの情報を参考にして自分にあったサイトで、不動産クラウドファンディングを始めていきましょう。

CAPIMA

「CAPIMA」は「アバンダンティアキャピタル株式会社」が運営をおこなう、貸付型クラウドファンディングサービスです。CAPIMAは「投資の民主化」を目指しており、一般の方でも資本市場のアクセスを可能にする環境を目指しています。

実際に円滑に投資が始められるように、クラウドファンディングの手続きの全てをネットで完結させることができ、口座の開設、維持などの一連のプロセスを効率化しています。手続き上の仕組みに加えて、今まで大口の投資家のみに限られていたファンド案件を、小口化することで小口の投資家にも投資ができるようにしています。手続きの効率性の高さや少額からの投資が可能な点から、初心者の方にもおすすめできるサービスです。

また投資先の商品についても、厳正な審査体制が構築されており、利益相反を排除し、積極的にリスク開示を行うことで透明性を確保した信頼性の高い案件のみが紹介されています。

利回りも5.5%と比較的高く、資産を防衛しながら資産を増やしたい人におすすめのサービスとなっています。

\ CAMPIAの口座開設はこちら /


出典:CAMPIA

Bankers

「Bankers」は「株式会社バンカーズ」が運営する貸付型クラウドファンディングサービスです。

Bankersには銀行や証券会社、ベンチャーキャピタル、ノンバンク、ネット金融などあらゆる金融の経験者が多数在籍しています。このような金融のプロ集団が設定した厳正な審査をクリアした企業のみに融資を行います。従って、安心して投資を行うことができます。

また、独自のリスクに関する5段階評価を設けており、それらの情報を積極的に開示し、融資実行後も継続的にモニタリングレポートを投資家に還元することで透明性の高さを保証できます。

\ Bankersの口座開設はこちら /


出典:Bankers

AGクラウドファンディング

「AGクラウドファンディング」は東証プライム市場上場企業である「アイフルグループ」が運営しています。東証プライム上場企業であるからこそ厳しいコンプライアンス基準に基づいて事業を運営されているので安心して投資を行うことができるでしょう。

また、運営元のアイフルグループは50年以上貸金業を行なっているので、それらの経験やノウハウを生かして、安定したかつ高い利回りを期待することができます。

さらに魅力的な点は、1円から投資を始めることができるということです。不動産投資の場合は往々にして投資額が多くなりやすいですが、1円から投資を始めることができますので、気軽に投資を始めることができます。

\AGクラウドファンディング口座開設はこちら /


出典:AGクラウドファンディング

Ownersbook

OwnersBookは2014年に日本で誕生し、国内初の不動産特化型クラウドファンディングプラットフォームとして注目を集めています。運営はロードスターインベストメンツ株式会社という、上場企業の100%子会社です。

このプラットフォームの特徴は、一万円から不動産投資ができる点です。さらに、提供される全ての投資案件には不動産担保がついており、元本毀損のリスクが低減されています。

さらに、OwnersBookは不動産のプロフェッショナルが案件を厳選しているため、投資家は安心して投資判断ができます。また、プラットフォームは投資対象となる物件情報を積極的に開示しているので、透明性も高いです。

これらの特徴とメリットから、OwnersBookは少額からでも安全かつ効率的に不動産投資を始められるプラットフォームと言えるでしょう。

【関連記事】貸付型クラウドファンディングおすすめ比較!メリットも合わせて紹介

\ Ownersbookの口座開設はこちら /


出典:Ownersbook

オルタナバンク

オルタナバンクは、個人投資家が世界中のオルタナティブ資産にオンラインで小口から投資できるプラットフォームです。運営はSAMURAI証券株式会社が行っています。

このプラットフォームの特徴は、1万円から手軽に始められる低リスクのオルタナティブ投資が可能である点です。さらに、元本償還率が100%という実績を持っています。

オルタナバンクは、確かな金融知識を持ったプロフェッショナルが選定した投資商品をオンラインに特化して提供しています。そのため、厳格な審査体制のもとで透明性の高いサービス運営が行われています。これにより、投資家は安心して高いリターンで長期的な資産形成を目指すことができます。

このように、オルタナバンクは少額から始められる手軽さと、プロフェッショナルによる厳選された投資案件、そして高い信頼性と透明性を兼ね備えた投資プラットフォームと言えるでしょう。

\ オルタナバンクの口座開設はこちら /


出典:オルタナバンク

Crowd Bank

Crowd Bankは、融資型クラウドファンディングを提供するプラットフォームです。特に注目すべきは、1万円からの少額投資が可能であり、多彩なファンドが常時募集されている点です。これにより、投資が初めての人から上級者まで、手軽に資産運用を始めることができます。

さらに、プラットフォームは「待つだけ、資産運用」をコンセプトにしています。つまり、選んだファンドに投資した後は、毎月支払われる利息からの分配によって資産を増やすことができます。

このように、クラウドバンクは少額から始められる手軽さ、信頼の運用実績、そして手間なく資産を増やせる仕組みを提供しているため、多くの投資家にとって魅力的な選択肢と言えるでしょう。

\ Crowd Bankの口座開設はこちら /


出典:Crowd Bank

Funds

Fundsは、企業への貸付型の投資ができるオンラインマーケットプラットフォームです。このプラットフォームの特徴は、少額から投資が可能であり、多様な企業が参加しているため、投資家は自分のリスク許容度や投資目的に応じてファンドを選ぶことができます。

利回りや運用期間があらかじめ設定されているため、投資後は基本的には待つだけで資産が増える仕組みです。手数料は基本的に無料で、1円単位での投資が可能です。これにより、分配によって得た利益も効率的に再投資が可能です。

Fundsは、資産運用を手軽に始めたい方、または多様な企業への投資を考えている方にとって、非常に魅力的な選択肢となっています。

【関連記事】上場企業に少額から投資できるFundsとは?特徴・注意点についても解説

\ Fundsの口座開設はこちら /


出典:Funds

不動産クラウドファンディングを始める前のチェックポイント

上記でおすすめの不動産クラウドファンディングを紹介しましたが、それでは実際にどのようにして投資する不動産クラウドファンディング先を選んでいけば良いのでしょうか。

不動産クラウドファンディングを選ぶ際は自分の金銭状況や心理的状態を鑑みて、運用上の戦略を立て、不動産クラウドファンディングを行うことが重要です。具体的には以下の項目に着目して検討してみましょう。

チェックポイント

  1. リスク許容度の確認
  2. 投資に使える予算の確認
  3. 不動産投資についての基礎知識の習得

リスク許容度の確認

■
投資を始める際に、多くの投資家は将来の利益や利回りを期待していると思います。しかし、利益を期待する一方で、同時にその資産を失うリスクについても考える必要があります。

市場の動きや経済状況、事業者の実績、さらにはその投資プロジェクトの詳細など、多くの要因が利回りに影響を与えます。これらの不確実性が投資に伴うリスクとなります。リスクを無視して、盲目的に投資を行うことは避けるべきです。

安定した運用を求める場合、ファンド選びや物件の詳細などを慎重に考慮することをおすすめします。また、運営会社の過去の実績や運用期間、最低出資額など、投資先の詳細を確認することも重要です。

一方で、リスクを重視しすぎると不安になって有望な投資先やクラウドファンディングなどに投資ができなくなります。最も大切なのは、投資を行う前に自身のリスク許容度を確認し、それらに基づいた投資判断を下すことです。

どれだけのリスクがとることができるのか、またリスクを取った時に許容できる損失の範囲はどのくらいか、これを明確にするには自己分析が不可欠です。自身が持っている、将来的に持つであろう資産や将来設計など、総合的に自身の状況を判断することが重要です。

不動産クラウドファンディングは、他の投資手段と比較してリスクが低いとされることがあります。ですが、完全にリスクを無視していいという訳でもありません。不動産クラウドファンディングにもプロジェクトの失敗や市場の変動など様々なリスク要因が存在します。

これらを踏まえて、どの範囲までの損失ならば許容できるのかを確認し、その上で投資判断を行うことが重要です。最終的に、投資は自分の意思で行うものです。そのため、自己分析を行い、リスク許容度をしっかりと確認してから、慎重に投資先を選びましょう。

さらに、投資の道は長期的な視点を持つことが大切です。短期的な利益を追求することも一つの方法ですが、長期的な成果を目指す場合、継続的な勉強や市場の動向の観察が欠かせません。情報収集の手段や専門家の意見も参考にしつつ、自分自身の判断を最も大切にすることで、投資の道での成功が期待できます。

投資に使える予算の確認

お金を支払う人のイラスト(男性)
次に投資に使える予算についても確認しておきましょう。先述した通り、投資は将来の利益を期待する一方で、同時に資産を失うリスクについても考える必要があります。その上で資産を失った際のことも考え、しっかりと対策を講じることが必要不可欠です。

その一環として、投資に使える予算の算定が必要になります。投資を行う前には、現在の資産状況や毎月の収支、未来の予想支出などを詳細に把握することが重要です。これにより、投資に回せる金額や、リスクを取ることができる範囲が明確になります。

投資に使える予算を算定する際の基本的な原則は、日常生活に支障をきたすような額は避けることです。予期せぬ出費や将来のニーズ、緊急時の備えなど、さまざまな生活上のリスクを考慮した上で、予算を決めるようにしましょう。

加えて、投資の目的を明確にすることも予算算定の重要なポイントとなります。たとえば、短期的な資産増加を目指すのか、長期的な将来設計の一部としての資産形成を目指すのかによって、投資の方法や期間、そして必要な予算が変わってきます。また、家族構成や年齢、職業などのライフステージに応じても、投資の方向性や予算の設定は異なるでしょう。

不動産投資についての基礎知識の習得

不動産鑑定士のイラスト
投資を始める上でその領域に関する十分な知識と理解を持つことは非常に重要です。不動産クラウドファンディングの場合も同様で、物件の基本的な特性や市場動向、さらには投資地域の特性などを熟知しておくことが不可欠です。

不動産は流動性が低く、物理的な資産であり、経済的な変動に対する安定性があると言われることが多いです。また、時と共にその価値が上昇する傾向にあるとも言われますが、それは必ずしも一般的な事実ではありません。

地域や市場状況によっては価値が下落することも考えられます。市場動向についても、経済状況や政策、地域の開発計画など様々な要因に影響されます。これらの不動産投資に関する基礎知識を習得することで、より賢明な投資判断を下すことができるでしょう。

加えて、不動産クラウドファンディングに特有のリスクやメリットにも目を向けることが重要です。クラウドファンディングは多数の人々が少額ずつ資金を提供し、特定のプロジェクトを資金的にサポートする方式です。これにより、大きな資金を持たない個人投資家でも不動産投資の世界に参入することが可能となります。

さらに、不動産クラウドファンディング投資においては、分散投資の考え方も有効です。一つのプロジェクトやプラットフォームに集中的に投資するのではなく、複数のプロジェクトに分散して投資することで、リスクを軽減することができます。

不動産クラウドファンディングの比較すべきポイント

不動産クラウドファンディングに必要な自己分析や情報の収集が完了したら、あとはどの不動産クラウドファンディングで始めるのかを決めるのみです。

と言っても不動産クラウドファンディングのサービスは様々あり、どのサービスを使えば良いか判断できないという人もいると思います。そこで、不動産クラウドファンディングを選ぶ際の比較すべきポイントについて説明していきます。 

比較すべきポイント

  1. 取り扱う案件の数
  2. 取り扱う不動産の種類
  3. 情報開示の量
  4. 運営会社の安全性

取り扱う案件の数

家探しのイラスト
不動産クラウドファンディングによって、取り扱っている案件の数が異なりますので、それらを確認した上で、最終的には自分の投資スタイルに合った不動産クラウドファンディングを選ぶことが大切です。

投資をする上で、選択肢を多数保有しておくことは非常に重要です。多数の選択肢があるということは、投資家にとって大きな利点となります。

その中から自身のリスク許容度や投資方針に合った案件をピックアップしやすく、多様な市場や地域へのアクセスが可能となります。これにより、投資のリスクを分散させることができるとも言えます。

一方で、提供案件が過多であると、どれを選べばよいか迷う可能性も高まります。特に初心者の投資家にとっては、この点がハードルとなることもありえるでしょう。

最終的には自身の投資スタイルや目的に合ったプラットフォームを選ぶことが最も重要です。自分自身のニーズをしっかりと理解し、それに適した不動産クラウドファンディングを選ぶことで、より有意義な投資活動を行うことができるでしょう。

扱う不動産の種類

不動産屋のイラスト
不動産クラウドファンディングは不動産を対象とした投資手法の一種ですが、不動産という範囲内でもその投資対象は多岐にわたります。住宅、商業施設、ホテル、保育園、土地など、それぞれの不動産には特有の特性とリスクがあります。

そのため、不動産クラウドファンディングに参加する前に、どのタイプの不動産に投資したいか、そしてその投資先が提供されているかを事前に確認することは極めて重要です。

プラットフォームによっては、特定の不動産種類に特化しているところもあれば、幅広いジャンルをカバーしているところもあります。

投資を開始する前に、自分の投資目的や興味を持っている不動産の種類、そしてそれがクラウドファンディングプラットフォームで取り扱われているかをしっかりと確認することで、後々の失望や不満を避けることができるでしょう。

情報開示の量

■
投資判断のためには、十分な情報が必要です。プラットフォームによっては詳細な情報提供がある場合とそうでない場合がありますので、情報開示の量や質を確認しましょう。投資をする上で、情報というものは非常に重要です。

情報がないと、投資判断が運否天賦なものになり、投資先も適当に決めることになってしまいます。

もちろん自分で投資先周辺の立地や環境などを調べておくのも重要ですが、投資先を選ぶ上で非常に重要なのが不動産クラウドファンディング側が提供する詳細な情報です。

不動産クラウドファンディングによっては詳細な情報を提供している場合とそうではない場合がありますので、情報開示の量や質についても事前に確認するようにしましょう。

さらに、プラットフォームがどのような評価基準や審査基準をもってプロジェクトを選定しているのかも大切な情報です。それによって、プラットフォームの信頼性や案件のクオリティをある程度判断することができます。

情報の透明性は、投資家とプラットフォームとの信頼関係を築く上で不可欠な要素です。十分な情報が提供されているプラットフォームは、投資家からの信頼も得やすく、逆に情報が不足していると投資家は不安を感じる可能性が高まります。

運営会社の安全性

「安心・安全」のマーク
投資家が資産を適切に管理するためには、運営会社の安全性と信頼性は絶対に見過ごせない要素です。そのため預け先の企業は慎重に選ぶ必要があります。安心して運営をしてくれる不動産クラウドファンディングを選ぶようにしましょう。

評価軸には一般的に参照される会社の実績や歴史のみならず、ユーザーによる口コミ評価や情報開示の透明性、サポート体制などの顧客対応などあらゆる要素から情報を参照し、総合的に評価するようにしましょう。

不動産クラウドファンディングがおすすめの人

ここまで不動産クラウドファンディングを始めるまでのチャックポイントや比較すべきポイントなどを紹介してきましたが、不動産クラウドファンディングはどのような人におすすめすることができるのでしょうか。

不動産クラウドファンディングは投資対象が不動産であるという性質から主に以下のような人におすすめすることができます。

おすすめの人

  1. 手間をかけずに不動産投資を始めたい人
  2. 相場などを気にしたくない人
  3. 堅実に資産を増やしたい人

手間をかけずに不動産投資を始めたい人

不動産投資を初めるには高額な資金のみならず、複雑な手続き、持ち続けるための管理とメンテナンスなど、数々の課題が存在します。

しかし、不動産クラウドファンディングを利用することで、少額の資産から不動産投資を開始することに加えて、手続きや管理なども運営会社が行ってくれるため必要ありません。

従って、不動産の管理などがわからない初心者や、手間をかけずに不動産投資を初めてみたいと思う人におすすめです。

相場などを気にしたくない人

不動産の価格変動や市場の動向を常にチェックするのは大変です。クラウドファンディングなら、プロの運営会社が選んだ案件に投資することができるので、相場を気にすることなく投資を楽しむことができます。

投資と聞くと、毎日チャートを確認したり、経済系のニュースを確認し、それらを元に常に買うか売るかという判断をしているというイメージを持つ人も多いと思います。

ですが不動産クラウドファンディングでは、先述した管理に加えて、運用も運営会社が行ってくれるので、チャートを確認したりする必要もありません。投資を一度始めて、あとは定期的にチェックするだけで十分と言えるでしょう。

堅実に資産を増やしたい人

一般に不動産は堅実な資産として知られています。その歴史を長く時代を超えてその魅力を保持しています。土地や建物は限られた資源であり、それが堅実性の源となっています。

ですが、その堅実性が故に高額な資金などの高いハードルが設定されていました。しかし、不動産クラウドファンディングは、堅実な資産である不動産へのアクセスを容易にし、多くの人々に投資の機会を提供しています。

少額であるが故に早いうちから投資を行い、長期で保有することが可能です。一攫千金のような値上がりは期待できませんが、少しずつの値上がりで最終的には大きな利益につながる可能性が存在します。

さらに、不動産クラウドファンディングを通じて、都市部や地方部、さらには国外の不動産プロジェクトへの投資も可能となっています。これにより、地域や国による経済状況の変動リスクを分散させることができます。

持続的な賃料収入やプロジェクトの成功に伴う利益分配を通じて、長期的な資産の増加を実現することができるでしょう。

まとめ

不動産クラウドファンディングは、不動産投資を手軽に始めることができる新しい投資手段です。しかし、投資を始める前には自身のリスク許容度や予算、基礎知識をしっかりと確認しておく必要があります。

また、プラットフォーム選びも重要なポイントとなりますので、情報収集をしっかりと行い、自分に合ったプラットフォームを選ぶことをおすすめします。  

そのため、多様なプラットフォームの中から、利回りや過去の実績、サポート体制などのポイントをチェックして比較検討することが大切です。

さらに、投資家のレビューや口コミ情報も参考にして、信頼性やユーザビリティに優れたプラットフォームを選択するとよいでしょう。不動産クラウドファンディングは、数ある投資方法の中で比較的低リスクとされる一方で、リターンや投資先の特性などを理解した上での参加が求められます。

articles 投資を学ぶ

資産運用

article item
資産運用 NISAと株式投資と投資信託の違いは?併用した場合はどうなる?
菅原良介 2024/06/14
article item
資産運用 つみたてNISAで元本割れするとどうなる?確率と対策について紹介
菅原良介 2024/06/14
article item
資産運用 つみたてNISAの銘柄のおすすめの組み合わせは?
菅原良介 2024/06/14
article item
資産運用 初心者が投資を始めやすい資産運用「つみたてNISA」とは?
2024/06/14

株式

article item
株式 (基礎編) 投資スタイル(短期・中期・長期)はどうやって決めればいい?メリット・デメリットについても解説
2024/06/14
article item
株式 (実践編) 増担保規制とは?解除条件や株価への影響について解説
菅原良介 2024/06/14
article item
株式 (実践編) 現物しかやらないから増担保とか関係ない!のかな?
菅原良介 2024/06/14
1
article item
株式 (基礎編) 株で利益確定(利確)売りするタイミングとは?売る時の目標は何パーセントがベスト?
菅原良介 2024/06/14

信用取引

article item
信用取引 気になる機関投資家の空売り!機関投資家の動きを把握し、取引に活用!
菅原良介 2024/06/14
article item
信用取引 機関の空売りとは?空売り残高の活用方法と銘柄の特徴について紹介
菅原良介 2024/06/14
article item
信用取引 つなぎ売りとは?つなぎ売りの方法や注意点などを徹底解説!
2023/03/31
article item
信用取引 クロス取引とは?有名な「優待クロス取引」のメリットや気をつけるべき点などわかりやすく解説!
菅原良介 2023/03/31

投信/ETF

article item
投信/ETF 新興国ETFランキングTOP10!おすすめ銘柄についても解説
菅原良介 2024/06/14
article item
投信/ETF 国内高配当ETFランキングTOP10!おすすめ銘柄についても解説
菅原良介 2024/06/14
article item
投信/ETF 米国債券ETFランキングTOP10!おすすめ銘柄についても解説
菅原良介 2024/06/14
article item
投信/ETF 日本と米国の半導体ETFランキング5選!おすすめ銘柄についても解説
菅原良介 2024/06/14
ETF

Jリート

article item
Jリート J-REITの種類とは?選び方のポイントも含めて丁寧に解説!
2023/03/31
article item
Jリート 【J-REIT初心者入門】J-REITとは?メリットやリスク、現物不動産投資との違いを解説
2023/03/31
article item
Jリート J−REITは長期保有?短期売買? - はじめてのJリート物語
2023/03/31
article item
Jリート リートっていくらから買えるの? - はじめてのJリート物語
2023/03/31

金銭信託

article item
金銭信託 安全性と収益性のバランスが良い投資方法とは?スマートプラスの合同運用指定金銭信託についてご紹介!
2023/10/31
article item
金銭信託 金銭信託にはどんな種類がある?それぞれの特徴やリスクを知っておこう
2023/10/31
article item
金銭信託 金銭信託でこれは知っておこう!利益がもらえる時の信託受益権とは?
2023/10/31
article item
金銭信託 信託銀行って何の銀行?どんな金融資産を運用してる?
2023/10/31

NISA

article item
NISA つみたてNISAにおける銘柄選びのポイントは?成功させるための方法も紹介
菅原良介 2024/05/13

不動産投資

article item
不動産投資 不動産クラウドファンディングのメリットは?ソーシャルレンディングとの違いも解説!
菅原良介 2024/06/14
article item
不動産投資 おすすめの不動産クラウドファンディングは?比較すべきポイントも合わせて紹介
菅原良介 2024/01/31