不動産クラウドファンディングのメリットは?ソーシャルレンディングとの違いも解説!

投稿日:2023/08/04 最終更新日:2024/06/14
article hero image
不動産クラウドファンディングとは、個人投資家が少額の資金を集める、不動産投資システムです。本来は多額の資金が必要な不動産投資ですが、不動産クラウドファンディングでは少額から始めることができます。管理や手間も必要なく、他の不動産

投資と比べても優れた方法です。

本記事では不動産クラウドファンディングのやおすすめの不動産クラウドファンディングを紹介します。クラウドファンディングで不動産投資を始めてみましょう。
本コンテンツは当サイト編集部が独自に制作しております。各広告主様やアフィリエイトサービスプロバイダ様から商品案内や広告出稿をいただくこともありますが、各事業者様がコンテンツ内容等の決定に関与することはございません。本サイトは広告およびアフィリエイトサービスにより収益を得ています。コンテンツ内で紹介した商品が成約されると、売上の一部が当サイトに還元される場合があります。

この記事の監修者

expert img

菅原良介

株式会社Finatext

証券アナリスト

Finatext サービスディレクター・アナリスト。日本テクニカル協会認定テクニカルアナリスト。早稲田大学 政治経済学部 経済学科卒業。Finatextグループで展開される投資・証券サービスのディレクターを担当する傍ら、アナリストとしても活動。グループで展開するコミュニティ型株取引アプリSTREAM内で開催されるイベントのモデレーターなども務め、国内メディアへの寄稿も行う。

不動産クラウドファンディングとは?

不動産クラウドファンディングには通常、方法がありませんが、あるいは名前は聞いたけどどのように投資商品を作るか、具体的な内容や利回り、リスク等が理解できていないという方が、おそらく大半でしょう。

この投資は、運用されるファンドがや商業ビルなどの物件を運営し、管理が行き届いています。近年、多くの投資家がこの物件に出会って、さらに拡大していくことが見込まれています

不動産クラウドファンディングの大きな魅力は、投資家は少額からの投資が可能であるという点です。従来の不動産投資では、大きな資金が必要であり、一般の個人投資家には出資額やリスクが高いためハードルが高かったのですが、クラウドファンディングを通じて、簡単に不動産投資を始めることができます。

そもそも不動産投資とは?

不動産のフローについて図

不動産のフローについて図

不動産クラウド ファンディングとは、不動産とクラウド ファンディングを指します。これは、そもそも不動産と組み合わせることで収益化します。

不動産投資とは、マンションなどの不動産購入、家賃などから利益を得る仕組みのことです。不動産投資は、FXなどの金融商品とは異なり、入居者が定住し、長期間、安定的になる仕組みになっいます。

不動産投資は物件によって、必要になる費用や利益率も異なります。不動産投資するわけではないので、深入りはしませんが、不動産投資の場合は、自分の資産状況やリスク許容度などを加味して決めます。

不動産投資と聞くと、大家さんのようなイメージを持つかもしれませんが、不動産投資家と大家さんは違う人がいます。それは物件の管理を投資家本人が決めることです。

大家さんはする物件の管理、具体的には草むしりや物件の修繕の業者手配など、何でも自分で行う必要があります。それに対して不動産投資の場合は、物件の管理を運営会社に任せることができます。

大家さんは、利益率が高い反面、手間がかかります。その代わり、物件管理の手間が不動産投資は、多忙なサラリーマン等に広く行われています。

不動産投資で利益を得るシステムとしては主に「インカムゲイン」と「キャピタルゲイン」の二つがあります。

インカムゲインは家賃収入のことです。入居者が入ることで、その家賃収入がインカムゲインとなります。インカムゲインは収入が得られることや景気の影響を受けにくいことが特徴として挙げられます。

隣、隣は利益の点。マンションやアパートを利益を得るが利益が隣になります。マンションは利益を得ると利益を得るが ...

クラウドファンディングとは?

クラウドファンディングについての説明図

クラウドファンディングについての説明図

次にクラウドファンディングについて紹介します。クラウドファンディングは不動産クラウドファンディングに比べて認知されているかと思います。

クラウドファンディングとは、インターネットを介して不特定の多数の投資家から少額ずつ資金を調達することです。

資金調達の手段としては、通常は金融機関からの借入や、VC(ベンチャーキャピタル)などによる出資が一般的です。しかしそれには、審査や個人的な人脈など、資金調達をするまでに高いハードルを有します。

しかし、クラウドファンディングを利用すると、金融機関やVCからの資金調達に比べてハードルが低くなり、簡単に資金を調達することができます。

手軽さや拡散力、事業開始前のテストマーケティングに使えるなどの魅力から多くの投資家や事業者から、非常に注目されている資金調達手段です。実際に市場規模を見ても、その注目度が伺えます。矢野経済研究所によると2020年の国内クラウドファンディング市場規模はおよそ185,679百万円となっています。

クラウドファンディングには主に3つの手段が採用されています。「購入型クラウドファンディング」、「投資金型クラウドファンディング」、「融資型クラウドファンディング」の3つです。他にも株式投資型やファンド型など様々なクラウドファンディングの形が採用されています。

クラウドファンディング

  1. 購入型クラウドファンディング
  2. 寄付型クラウドファンディング
  3. 融資型クラウドファンディング
  4. 株式会社クラウドファンディング
  5. ファンド型クラウドファンディング
  6. ふるさと納税型クラウドファンディング

購入型クラウドファンディングとは、支援者が起案したプロジェクトに対してお金を集め、そのリターンとしてモノやサービスを得る仕組みです。購入型はまったくそうではなく、支援者はモノやサービスを購入する形で支援を受けるものです。

【記事】購入型クラウドファンディングのおすすめ比較!メリットも合わせて紹介

寄付金型クラウドファンディングでは、支援されたプロジェクトに対して寄付します。一般的な寄付と同様に、モノやサービスなどのリターンはありません。支援など社会貢献性が重要です。

【記事】寄付型クラウドファンディングおすすめ比較!メリット・特徴も合わせて紹介

融資型クラウドファンディングは、個人投資家から少額の資金を集め、企業に融資する仕組みです。以下のように「ソーシャルレンディング」として一般的に認知されています。

不動産クラウドファンディングとは?

不動産クラウドファンディングとは、不動産とクラウドファンディングの二つの要素を融合したものです。

従来の不動産投資ではワンルームマンションなどの物件を一棟まるまる購入する。そのため、初期投資に大きな資金が求められました。しかし不動産クラウドファンディングは、クラウドファンディングの特性を活かし、運営会社が管理し、多くの個人投資家から少額の資金を集め、不動産を購入します。

このため、初期投資を低額で抑えられます。1万円程度の少額から出資が可能で、実績のある運営による管理、配当や利回りの高いファンドへの参加が可能です。具体的には、不動産クラウドファンディングは、インターネットを通じて不特定多数の人々から少額ずつの資金を調達し、それを利用して不動産投資を行います。

不動産クラウドファンディングの投資対象は、特に、商業ビル、リゾート開発、家など、多岐にわたります。投資事業ごとに異なる利害関係者や事業の安定性、リスク管理、事業内容や物件の特性をきちんと理解し、自身の状態を考えながら投資を行う。

不動産クラウドファンディングの市場規模は2017年の法改正以降、急拡大しており、2022年の年間募集額は500億円に達しました。これまでの成長率をみると、今後も成長が見込まれる投資手法だと言えるでしょう。

その背景には、インターネット技術の発展や法制度の整備、そして個人投資家の多様化に伴い、一般的な不動産投資よりもハードルを低くして参加できるようになったことが挙げられます。また、金融機関の低金利政策により、収益を追求するための新しい投資手法として注目を集めてきました。さらに、不動産クラウドファンディングは、都市部だけでなく地方の再生や活性化の一助としても期待されており、地域貢献の一環としての側面もあります。これらの要因から、不動産クラウドファンディングは今後も多くの投資家からの注目を浴びることが予想されます。

【関連記事】おすすめの不動産クラウドファンディングは?比較すべきポイントも合わせて紹介

不動産クラウドファンディングのメリット

いくら注目されている投資手法の一つだからといって、メリットがなければ投資をしようとは思いません。しかし、不動産クラウドファンディングには多くのメリットがあり、投資する価値が十分にあると言えます。

不動産クラウドファンディングのメリット

  1. 少額から始められる
  2. 高い利回りが期待できる
  3. 手間がかからない

1.少額から始められる

先述した通り、一般的な不動産投資では大口の資金が必要です。しかし、不動産クラウドファンディングでは本来大口が必要な不動産を、少額(1万円)から投資を行うことができます。

少額から不動産に投資することで、例えば景気に左右されない安定的な収益を期待できるといった不動産のメリットを活かすことができます。

また、リスク分散の選択肢としてポートフォリオの中に少しだけ入れておくといったことも可能です。不動産は景気に左右される面が少ないため、ポートフォリオに入れておくだけで、株式投資などと異なる形でリスク分散が期待できます。

2.高い利回りが期待できる

不動産クラウドファンディングは他の不動産投資と比べて利回りが高いのが特徴です。不動産クラウドファンディングの平均利回りは4〜7%が一般的で、中央値はおよそ5%です。

投資方法 平均利回り
不動産クラウドファンディング 4~7%
現物不動産投資 5~8%
J-REIT 3~4%

上記の表を見ると、J-REITと利回りが大きく差がみられます。また現物不動産投資は一見すると利回りが高いですが、初期費用として大口の資金が必要となるため、不動産クラウドファンディングに比べてハードルが高いことがわかります。

以上の点から、他の不動産投資と比較すると、不動産クラウドファンディングは高く、ハードルが低い

【関連記事】【J-REIT】J-REITとは?メリットやリスク、現物不動産投資との違いを解説

3.手間がかかる

不動産クラウドファンディングは一度投資を始めてから、その後の不動産を必要に応じて管理するために、事業者が行ってくれます。

管理者などの費用を事業者が支払い、残った利益を投資家に分配するため、投資家自身は何もせず、ほったらかしで何もしない。

投資と聞くと、「毎日ニュースを見たり、複雑なチャートを逐一見る必要がある」といった印象を与えますが、不動産クラウドファンディングはその必要がありません。

管理や運用をするため、投資や不動産がなくても始めやすく、初心者にも始めやすい商品となっていることをお勧めします。

不動産クラウドファンディングとソーシャルレンディングの違いは?

不動産クラウドファンディングと似たような手法として、「ソーシャルレンディング」という用語がよく使われます。ソーシャルレンディングについてもあまり知られていない人々を検討してください。

ソーシャルレンディングとは?

ソーシャルレンディングとは、お金を借りたい企業側とファンドを貸したい個人投資家をインターネット上でマッチングするサービスです。個人投資家による小口の資金を集め、ファンド事業者を通じて、企業に貸し付けます。

ソーシャルレンディングは金融機関と比較して、金利や融資期間に融通がきき、投資家も少額から企業に貸し付けを切り替えるため、企業、個人投資家の双方にとってメリットが広くあります。

従来の金融機関では、厳しい審査基準や融資条件により、資金調達のハードルが高かった企業も、ソーシャルレンディングを活用することで、比較的簡単に資金を集めることが可能になりました。

代わりに、投資家側にとっては、銀行の定期預金などと比べても高いリターンを期待できるし、投資先として魅力を感じる人が増えています。しかし、高いリターンを追求することで、それに伴うリスクも高まるでしょうし、投資先企業の信頼性やビジネスモデルの分析が必要です。

ソーシャルレンディングのプラットフォームは、投資家と企業を繋ぐブリッジとして、しっかりとした情報提供やサポートを行っています。それにより、初めての投資を行う人でも安心して参加することができる環境が整っています。しかし、どのような投資にもリスクは伴うため、慎重な情報収集や資産の分散投資を心掛けています。

不動産クラウドファンディングとの違い

ソーシャルレンディングは個人投資家から資金を集め、企業に貸し出しを行うシステムでした。不動産クラウドファンディングも個人投資家から資金を集めて、不動産PUBLICシステムでした。

一見するのと同じシステムが、不動産クラウドファンディングとソーシャルレンディングは「投資対象」によって明確に異なるものです。

ソーシャルレンディングは企業に投資対象としているのに対し、不動産クラウドファンディングは不動産を投資対象としています。は企業に投資するのがソーシャルレンディングです。不動産に投資するのが不動産クラウドファンディングと呼ばれるものがあります。

例えば不動産を対象とする不動産クラウドファンディングは「第二種金融商品事業者登録」のみが必要ですが、ソーシャルレンディングの場合は「第二種金融商品事業者登録」と「金業登録」を獲得します。

以上のような違いがあるため、当然リスクや得られるにも違いがあります。十分に情報を扱って自分に合ったものにしましょう。

おすすめの不動産クラウドファンディング

次により詳しい特徴やメリットなどに着目して紹介していきます。これらの情報を参考にして自分にあった場所で、不動産クラウドファンディングを始めましょう。

カピマ

「CAPIMA」は「アバンダンティアキャピタル株式会社」が運営を行っております、貸付型クラウドファンディングサービスです。CAPIMAは「投資の民主化」を目指しており、一般の方でも資本市場のアクセスを可能にする環境を目指しています。

実際に円滑に投資ができるように、手続きをネットで完結させることができます、口座の開設、維持などの一連のプロセスを効率化しています。手続き上の仕組みに加えて、今までの大口の投資家のみに限られていたファンド案件を、小口化することで小口の投資家にも投資ができるようにしています。

手続きが簡単にでき、少額からの投資が可能なので、投資初心者のおすすめ。

また投資先の商品についても、厳正な審査体制が構築されており、利益相反を排除し、積極的にリスク開示を行うことで透明性を高めた信頼性の高い案件が対象です。

利回りを5.5%と比較的高く、資産を守りながら資産を増やしたい人におすすめのサービスです。

\ CAMPIAの口座開設はこちら /


出典:CAMPIA

銀行家

「Bankers」は「株式会社バンカーズ」が運営する貸付型クラウドファンディングサービスです。

銀行家には銀行や証券会社、ベンチャーキャピタル、ノンバンク、ネット金融などあらゆる金融の経験者が多数在籍しています。このような金融のプロ集団が決め厳正な審査をクリアした企業のみに融資を行います。従って、安心して投資をお楽しみください。

また、独自のリスクに関する5段階評価を設けており、それらを積極的に開示し、融資実行後もモニタリングレポートを投資家に還元することで透明性を保証できます。

\ Bankersの口座開設はこちら /


出典:Bankers

AGクラウドファンディング

「AGクラウドファンディング」は東証プライム市場上場企業であるアイフルのグループ企業が運営しています。東証プライム上場企業であるからこそ厳しい規制基準に基づいて事業を運営されているので安心して投資をすることができます。

また、運営元のアイフルを50年以上貸金業に利用しているので、それらの経験やノウハウを共有して、安定した有益な情報を期待することができます。

さらに特徴としては、1 円から始めることができるということです

\AGクラウドファンディング口座開設はこちら/


出典:AGクラウドファンディング

オーナーズブック

OwnersBookは2014年に日本で誕生し、国内初の不動産特化型クラウドファンディングプラットフォームとして世界中で利用されています。運営はロードスターインベストメンツという、上場企業の100%子会社です。

このプラットフォームの特徴は、一万円から不動産投資ができる点です。さらに、無料の投資案件には不動産担保が付いていませんが、元本のリスクはありませ

さらに、OwnersBookは不動産のプロフェッショナルが案件を厳選しているため、投資家は安心して投資判断ができます。また、プラットフォームは投資対象となる物件を積極的に開示しているので、透明性も高いです

これらの特徴とメリットから、OwnersBookは少額からでも安全な不動産投資を始めることができます。

\ Ownersbookの口座開設はこちら /


出典:Ownersbook

オルタナバンク

オルタナバンクは、個人投資家が世界中のオルタナティブ資産にオンラインで小口から投資できるプラットフォームです。運営はSAMURAI証券が行っています。

このプラットフォームの特徴は、1万円から手軽に始められる低リスクのオルタナティブ投資が可能な点です。さらに、元本償還率が100%という実績を持っています。

オルタナバンクは、確か​​な金融知識を持ったプロフェッショナルが選定した投資商品をオンラインに特化しています。そのため、worthy review institutions で透明性のあるサービス運営が行われています。これにより、投資家は安心して高収益で資産形成を目指しています

このように、オルタナティブは少額から始められる手さと、プロフェッショナルによる厳選された投資案件、そして高い信頼性と透明性を備えた投資プラットフォームと言えるでしょう。

\ オルタナバンクの口座開設はこちら /


出典:オルタナバンク

クラウドバンク

Crowd Bankは、融資型クラウドファンディングを提供するプラットフォームです。特に注目すべきは、1万円からの少額投資が可能であり、多彩なファンドが常時募集されている点です。これにより、投資が初めての人から上級者まで、手軽に資産運用を始めることができます。

さらに、プラットフォームは「待つだけ、資産運用」をコンセプトにしています。また、選択したファンドに投資は、毎月支払う日からの分配によって資産を増やすことができます。

このように、クラウドバンクは少額から始められる手軽さ、信頼性の運用実績、そして手間なく資産を増やせる仕組みのため、多くの投資家にとって魅力的な選択肢と言えるでしょう。

\ クラウドバンクの口座開設はこちら /


出典:クラウドバンク

資金

Fundsは、企業への貸付型の投資ができるオンラインマーケットプラットフォームです。このプラットフォームの特徴は、少額から投資が可能であり、多様な参加者が参加するため、投資家は独自のリスク許容度や投資目的に応じてファンドを選ぶことができます。

回りや運用が前提となっているため、投資額は必要です

Fundsは、資産運用を便利に始めたい方、または多様な企業への投資を考えている方にとって、非常に魅力的な選択肢となっています。

\ Fundsの口座開設はこちら /


出典:ファンド

まとめ

今回ご紹介するのは、投資の対象となる不動産クラウドファンディングについてです。不動産クラウドファンディングは、本来は大口の資金が必要な不動産を、不特定多数と統合することで、少額から投資できるという魅力的なサービスです。

不動産クラウド ファンディングを利用することで、少額から不動産投資を始めることができ、一般的なスペースを一気に広げることができます。以下の記事を参考に、不動産クラウド ファンディングをお試しください。  

また、不動産クラウドファンディングは、投資家が地域や物件タイプなどに応じて様々なプロジェクトから選ぶことができます。これにより、投資家の好みや目的に合ったプロジェクトに投資を行うことが容易になります。更に、物件の選定から運用までのプロセスを運営会社が透明に公開している場合が多いため、投資家としての安心感もあります。

articles 投資を学ぶ

資産運用

article item
資産運用 NISAと株式投資と投資信託の違いは?併用した場合はどうなる?
菅原良介 2024/06/14
article item
資産運用 つみたてNISAで元本割れするとどうなる?確率と対策について紹介
菅原良介 2024/06/14
article item
資産運用 つみたてNISAの銘柄のおすすめの組み合わせは?
菅原良介 2024/06/14
article item
資産運用 初心者が投資を始めやすい資産運用「つみたてNISA」とは?
2024/06/14

株式

article item
株式 (基礎編) 投資スタイル(短期・中期・長期)はどうやって決めればいい?メリット・デメリットについても解説
2024/06/14
article item
株式 (実践編) 増担保規制とは?解除条件や株価への影響について解説
菅原良介 2024/06/14
article item
株式 (実践編) 現物しかやらないから増担保とか関係ない!のかな?
菅原良介 2024/06/14
1
article item
株式 (基礎編) 株で利益確定(利確)売りするタイミングとは?売る時の目標は何パーセントがベスト?
菅原良介 2024/06/14

信用取引

article item
信用取引 信用倍率とは?貸借倍率との違いは?どう取引に活用する?
菅原良介 2024/06/14
article item
信用取引 気になる機関投資家の空売り!機関投資家の動きを把握し、取引に活用!
菅原良介 2024/06/14
article item
信用取引 つなぎ売りとは?つなぎ売りの方法や注意点などを徹底解説!
2023/03/31
article item
信用取引 クロス取引とは?有名な「優待クロス取引」のメリットや気をつけるべき点などわかりやすく解説!
菅原良介 2023/03/31

投信/ETF

article item
投信/ETF 新興国ETFランキングTOP10!おすすめ銘柄についても解説
菅原良介 2024/06/14
article item
投信/ETF 国内高配当ETFランキングTOP10!おすすめ銘柄についても解説
菅原良介 2024/06/14
article item
投信/ETF 米国債券ETFランキングTOP10!おすすめ銘柄についても解説
菅原良介 2024/06/14
article item
投信/ETF 日本と米国の半導体ETFランキング5選!おすすめ銘柄についても解説
菅原良介 2024/06/14
ETF

Jリート

article item
Jリート J-REITの種類とは?選び方のポイントも含めて丁寧に解説!
2023/03/31
article item
Jリート 【J-REIT初心者入門】J-REITとは?メリットやリスク、現物不動産投資との違いを解説
2023/03/31
article item
Jリート J−REITは長期保有?短期売買? - はじめてのJリート物語
2023/03/31
article item
Jリート リートっていくらから買えるの? - はじめてのJリート物語
2023/03/31

金銭信託

article item
金銭信託 安全性と収益性のバランスが良い投資方法とは?スマートプラスの合同運用指定金銭信託についてご紹介!
2023/10/31
article item
金銭信託 金銭信託にはどんな種類がある?それぞれの特徴やリスクを知っておこう
2023/10/31
article item
金銭信託 金銭信託でこれは知っておこう!利益がもらえる時の信託受益権とは?
2023/10/31
article item
金銭信託 信託銀行って何の銀行?どんな金融資産を運用してる?
2023/10/31

NISA

article item
NISA つみたてNISAにおける銘柄選びのポイントは?成功させるための方法も紹介
菅原良介 2024/05/13

不動産投資

article item
不動産投資 不動産クラウドファンディングのメリットは?ソーシャルレンディングとの違いも解説!
菅原良介 2024/06/14
article item
不動産投資 おすすめの不動産クラウドファンディングは?比較すべきポイントも合わせて紹介
菅原良介 2024/01/31