青天井 (あおてんじょう )

青天井とは、天井知らずに上がり続ける状態のことを言います。主に金融商品の値段が大きく上昇した時の表現として使われる言葉で、この状態が続くと「バブル」と表現が変わることもあります。 通常、金融商品のトレードは反対売買を行って利益と損失を確定しますが、青天井となっている場合、それまで売っていた人がそれ以上の損失を回避するために買い戻すことになるので、反対売買による需要と実際に上がっているためにそれ以上の上昇を見込んだ買い手が次々と現れることで上昇の勢いが増し、青天井へと発展していきます。 取引することについての注意点は、ポジションが買いに思いっきり傾いた状態の取引であることから、何かのきっかけで反転した場合のリスクが高くなるので、無暗に買っていれば儲けが出ると言うものではないので注意が必要です。 あくまで天井知らずの上昇をしている様を表す言葉であることを理解するべきで、買いを推奨するような言葉ではありません。