Reuters Japan Online Report Business News

NY外為市場=ドル軟調、リスク選好回復で豪ドルなどに買い

配信日時:2021/12/22 07:35 配信元:REUTERS

[ニューヨーク 21日 ロイター] - ニューヨーク外為市場では、リスク選好度がやや回復したことで豪ドルや英ポンドなどが買われた一方、ドルはやや軟調に推移した。

主要6通貨に対するドル指数は一時96.336まで低下した後、終盤の取引で0.03%安の96.47。

前日の取引では、民主党穏健派のジョー・マンチン上院議員が週末の間にバイデン大統領の看板政策である大型歳出法案を支持しないと表明したことを受け、リスク選好度が低下。新型コロナウイルスのオミクロン変異株の感染拡大への懸念も影響し、円やスイスフランなどの安全通貨に資金が流れていた。

ただこの日はリスク選好度が回復し、米株価が上昇したほか、米国債利回りも上昇。リスク動向に敏感に反応する豪ドルは0.60%上昇した。英国のジョンソン首相が感染拡大抑制に向け一段の措置が必要になる恐れがあると警告したにもかかわらず、英ポンドも上向いた。

米連邦準備理事会(FRB)は先週の連邦公開市場委員会(FOMC)でテーパリング(量的緩和の縮小)の加速を決定し、2022年に3回の25ベーシスポイント(bp)での利上げ実施に道を開いた。この日はドルは軟調だったものの、こうした動きがドルの支援要因になっている。

スコシアバンクのチーフ外為ストラテジスト、ショウン・オズボーン氏は「米FRBとカナダ銀行(中央銀行)が金融引き締めに動くとの観測が出ていることで、米ドルとカナダドルは来年、他の主要通貨に対し強含む」との見方を示した。

トルコリラは対ドルで約7%高。エルドアン大統領が前日に通貨安による国民の負担軽減につながるとする一連の措置を発表したことを受けた上昇が継続した。

暗号資産(仮想通貨)のビットコインは3.5%高の4万8558ドル。

ドル/円 NY終値 114.08/114.11

始値 113.69

高値 114.21

安値 113.67

ユーロ/ドル NY終値 1.1283/1.1287

始値 1.1285

高値 1.1301

安値 1.1262

ニュースカテゴリ