Reuters Japan Online Report Business News

日経平均は急反発、大幅安後の買い戻し優勢 米株先物高が支援

配信日時:2021/12/21 15:47 配信元:REUTERS

[東京 21日 ロイター] - 東京株式市場で日経平均は急反発した。前日までの大幅下落の反動もあって、自律反発狙いの買いが先行した。米株価指数先物が堅調に推移し投資家心理を支援、日経平均は2万8000円以下の水準での底堅さが意識された。一方、クリスマスを前に市場参加者は少なく、薄商いの中でボラティリティーの高まりへの警戒感も残っている。

日本株は直近の2営業日で1000円幅で大きく下げたほか、前日までに騰落レシオが70%近くに低下して売られ過ぎが意識され、朝方から買い戻しが活発化した。前日の米国市場では株安となったものの、米主要株価3指数の先物は時間外取引で堅調に推移し、買い安心感を誘った。

日経平均は前日に心理的節目2万8000円を下回ったものの、短期間で取り戻す形となった。市場では「8月に付けた安値を起点とするサポートラインが2万7600円付近を通る。これを維持する限り、戻り基調は継続しそうだ」(証券ジャパンの大谷正之投資情報部部長)との声が聞かれた。

一方、オミクロン株の感染拡大に対する警戒感は根強く、投資家心理を揺さぶるリスクがつきまとう。クリスマスを前にした薄商いとなる中で「先物に振り回されやすい面があり注意が必要」(大谷氏)という。

TOPIXは1.47%高で取引を終了。東証1部の売買代金は2兆3405億3200万円だった。東証33業種は、全業種が上昇。上昇率上位には、海運業、その他製品、証券業、ゴム製品、電気機器などが並んだ。

個別では、東京エレクトロンなど半導体関連株が軒並み高となった。米マイクロン・テクノロジーが20日に発表した第2・四半期(2021年12月─22年2月)の収益見通しが市場予想を上回ったことが材料視された。

塩野義製薬は大幅上昇、任天堂も高い。一方、電通グループはさえなかった。

東証2部に新規上場の湖北工業の初値は、公開価格を32.5%上回る5300円だった。ライフドリンク カンパニーの初値は、公開価格を7.0%下回る1427円だった。

東証1部の騰落数は、値上がり1673銘柄(76%)に対し、値下がりが430銘柄(19%)、変わらずが81銘柄(3%)だった。

終値 前日比 寄り付き    安値/高値  

日経平均 28517.59 +579.78 28309.60 28,226.43─28,533.74

TOPIX 1969.79 +28.46 1965.40 1,956.99─1,976.82

東証出来高(万株) 101566.00 東証売買代金(億円) 23405.32

ニュースカテゴリ