【低金利】おすすめのカードローン借り換え先10選!今より返済が楽になる業者を紹介

【低金利】おすすめのカードローン借り換え先10選!今より返済が楽になる業者を紹介

カードローン

「利息が高くて返済がきつい、、。借り換えすれば今より楽になれるかな。」と悩んでいる人は多いでしょう。

結論、今よりも低金利なカードローンに借り換えれば、毎月の返済額を抑えられます。ただし、正確に理解せず借り換えると、毎月の返済額は減ったものの総利息が増えてしまうといった状況に繋がりかねません。

この記事では、おすすめの借り換え先やメリットデメリットについて紹介します。借り換えで損をしないためにも、ぜひ最後までご覧ください。

Money Bestでは、アフィリエイトプログラムを利用し、アコム社から委託を受け広告収益を得て運用しております

この記事の結論

  • カードローンの借り換えは
    今より低金利で支払う利息を減らせる

  • 借り換え審査に通過するコツは
    複数社に申し込まないこと

  • おすすめの借り換え先はプロミス
    低金利で返済負担が激減!
    プロミス

本コンテンツは当サイトが独自に制作しております。アコム社ほか委託を受けた各広告主様やアフィリエイトサービスプロバイダ様から商品案内や広告出稿をいただくこともありますが、各事業者様がコンテンツ内容等の決定に関与することはございません。本サイトは広告およびアフィリエイトサービスにより収益を得ています。コンテンツ内で紹介した商品が成約されると、売上の一部が当サイトに還元される場合があります。

人気のおすすめ記事

記事の要約を先に動画で解説!

記事の要約を動画で紹介しているので、文章を読むのが面倒な人はこちらからどうぞ!(音声はミュートのまま再生されます)

もっと読む
PR

迷ったらココ!編集部イチオシは30日間利息無料のプロミス

プロミスのおすすめポイント
  • 初回契約なら30日間利息無料

  • 今ならVポイント最大1,000ポイント付与

  • 最短3分※で借り入れ可能!即日融資率※は80%超!

※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。

もっと読む

\今なら30日間利息0円!/

もっと読む

「今すぐにでもお金が必要…」「できるだけ金利を抑えて借りたい…」そんな人におすすめなのが、17.8%とお得な金利で即日融資が受けられるプロミスです。

プロミスなら、24時間いつでもWebから申し込み可能。最短3分※で審査が完了するため、今日中にお金を借りたい人にはピッタリです。さらにWebからの契約であれば振込キャッシングが使えるので、家から出ずにすぐ必要額を借り入れできますよ。

また、原則、電話による在籍確認もなく、自宅への郵送物もなしにできたりするため、同僚や家族に契約がバレないのもうれしいポイント。申し込みページでは審査・返済のシミュレーションもできるので、気になる人はぜひチェックしてみてくださいね。

もっと読む

※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。

もっと読む

※【アンケート概要】
調査人数:534人(無効:79票)
調査方法:インターネット調査(クラウドワークス)

もっと読む

\今なら30日間利息0円!/

もっと読む

この記事の監修者

編集部:横山

金融系の会社に勤務した経験あり。編集部の中でも特に借入についての知識が豊富で、常にカードローンやキャッシングの最新情報を追っている。

もっと読む

おすすめの消費者金融借り換えカードローンランキング

現在借入中のローンを借り換えをする人におすすめなのが消費者金融。消費者金融のおまとめローンは、借り換えできる借入先が多い・即日で借入できるといったメリットがあります。

今回紹介するのは以下の3の借り換えローン。現在の借入総額や金利を引き下げたい人は是非借り換えローンの利用を検討してみてください。

もっと読む
王冠 1位

借入しているローンよりも金利の引き下げが可能「プロミスおまとめローン」

プロミスおまとめローン
融資額 〜300万円
借入利率 6.3%~17.8%
資金用途 他の貸金業者からの借入金返済に限ります
借換対象となるローン 消費者金融・クレジットカードなどにおけるお借入(無担保ローン)
返済期間 最長10年
すべて見る
おすすめポイント
  • 現在借入しているローンよりも低金利で借入できる

  • 顧客満足度が高いので丁寧なサポートが受けられる

  • 総量規制対象外なので、総量規制中でも利用できる

プロミスおまとめローンの大きなメリットは、現在の借入よりも必ず返済額・金利が減ること。そのため、現在借入しているローンの金利が高いと感じてる人にとてもおすすめできるローンです。

もっと読む
公式スクショ_プロミスおまとめローンメリット

また、プロミスは顧客への丁寧なサポートや審査・融資までのスピードが早い点が人気の理由の1つ。ローンの借り換え先に迷っている人はプロミスを選んでおけば安心ですね。

もっと読む

プロミスおまとめローンで借り換えた時の返済計画

融資額 年率 毎月支払額 総支払額
50万円 17.8% 45,792円 549,503円
100万円 15.0% 48,486円 1,163,668円
200万円 15.0% 69,330円 2,495,888円

※現在借入中のローンの金利によってこれらの金利は変わることがあります。

すべて見る

プロミスおまとめローンは、現在借入中のローンの金利よりも低金利で借り換えできます。そのため、表に記載の金利よりも低金利で借入できる場合もあります。

もっと読む
王冠 2位

銀行カードローン・リボ払いも借り換え可能「アイフルかりかえMAX」

アイフルかりかえMAX
融資額 1万円〜800万円
借入利率 3.0%~17.5%
資金用途 -
借換対象となるローン 貸金業者、銀行ローン、クレジットカードのリボ払い
返済期間 最長10年
すべて見る
おすすめポイント
  • リボ払い、銀行カードローンも借入対象

  • 上限金利・下限金利共に低い

  • 総量規制対象外なので、総量規制中でも利用可能

アイフルかりかえMAXのメリットは、他のかりかえローンと違ってクレジットカードのリボ払いや銀行カードローンの借り換えにも対応している点。

もっと読む
編集部:横山
編集部:横山

アイフルかりかえMAXも、今よりも低い金利で返済額を減らせると公式サイトに明言されているので安心ですね。

また、アイフルかりかえMAXは他の借り換えローンに比べて金利が低いため、最も低金利でローンを借り換えできる可能性があります。

もっと読む

アイフルかりかえMAXで借り換えた時の返済計画

融資額 年率 毎月支払額 総支払額
50万円 17.5% 13,000円 733,385円
100万円 15.0% 35,000円 1,240,405円
200万円 12.0% 67,000円 2,380,684円

※現在借入中のローンの金利によってこれらの金利は変わることがあります。

すべて見る

アイフルかりかえMAXは、現在借入中のローンの金利よりも低金利で借り換え可能です。そのため、表に記載の金利よりも低金利で借入できる場合もあります。

もっと読む

次は、借り換えにおすすめな銀行カードローンをランキングで紹介していきます。

もっと読む

おすすめの銀行借り換えカードローンランキング

ここからは、消費者金融に比べて上限金利の低い、借り換え可能な銀行カードローンを紹介します。ただ、銀行カードローンは今借りているローンの金利よりも低金利で借入できない場合もあります

もっと読む
王冠 1位

三井住友カードカードローン | 最大1.2%まで金利を引き下げ可能

三井住友カード カードローン
融資額 1万円~900万円
借入利率 年1.5%~年14.5%
資金用途 自由
借換対象となるローン 消費者金融、クレジットカードでのキャッシング
返済期間 最長15年1ヵ月
すべて見る
おすすめポイント
  • 年間0.3%、最大1.2%金利が下がる

  • 金利が低い

三井住友カードのカードローンは金利が1.5〜15.0%と低金利にも関わらず、返済実績に応じて利率を最大1.2%も減らせるので既存のローンよりも金利が下がる可能性があります。

もっと読む
公式スクショ_三井住友カードローン  金利適応サービス

そのため三井住友カードのカードローンは、確実に金利を下げたい人におすすめな借り換えローンです。

もっと読む
王冠 2位

auじぶん銀行カードローン(じぶんローン)借り換えコース | 最大年0.5%金利優遇が受けられる

auじぶん銀行カードローン カードローンau限定割 借り換えコース
融資額 100万円以上800万円以内
借入利率 年0.98%~年12.5%
資金用途 他社の借入金の返済
借換対象となるローン 消費者金融、クレジットカードでのキャッシング
返済期間 最長15年1ヵ月
すべて見る
おすすめポイント
  • 金利の低さが業界トップレベル

  • auのIDを持っていれば最大年0.5%も金利優遇

auじぶん銀行の借り換えコースは100万円以上となった場合適用されます。(他社の借入金が100万円未満の場合でも借り換えコースの対象)

その魅力はなんと言っても金利の低さ。
年0.98%~年12.5%の金利設定は業界の中でもトップレベルに低いと言えます。

もっと読む
auじぶん銀行公式スクショ

さらに、au IDを持っていれば最大年0.5%の金利優遇を受けられるのでau IDを持っている人はauじぶん銀行に申し込むとお得になりますよ。

もっと読む
王冠 3位

楽天銀行スーパーローン | 低金利で借入限度額が高い

会社名 楽天銀行スーパーローン
限度額 10〜800万円
借入利率 1.9〜14.5%
資金用途 原則自由
借換対象となるローン 消費者金融、クレジットカードでのキャッシングなど
返済期間 -
すべて見る
おすすめポイント
  • 上限金利が低い

  • 借入限度額が高い

楽天銀行スーパーローンの金利は1.9〜14.5%と、銀行カードローンの中でも特に低い金利です。さらに、楽天スーパーローンは借入限度額が800万円と非常に高額なため、他社のローンで高額融資を受けている人におすすめです。

もっと読む

みずほ銀行カードローン | 金利年2.0%~14.0%と非常に低金利

基本情報
金利(実質年率) 年2.0%~14.0%
無利息期間 -
対応ATM Enet
審査・融資 審査:最短当日
融資:最短当日※公表データ無し
土日の審査 不可能(受付のみ)
在籍確認 -
申込対象 満20歳以上満66歳未満の人
安定かつ継続した収入の見込める人
学生の利用 不可
専業主婦 不可
パート・アルバイト 不可
無職 不可
返済方法 残高スライド方式
返済日 10日
WEB明細 -
カードレス 可能
すべて見る

参照元:みずほ銀行カードローン | 商品詳細 ※調査日:2024年3月30日

もっと読む
おすすめポイント
  • 金利が年2.0%~14.0%とメガバンクのなかでもとくに低金利

  • PC・スマホで24時間申し込み可能

  • 住宅ローン利用で最大0.5%金利優遇あり※

※1. 適用金利はご契約極度額に応じて異なります。
※2. 住宅ローンのご利用で本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。
※引下げ適用後 の金利は年1.5%~13.5%です。

もっと読む

みずほ銀行カードローンは銀行系のなかでもトップクラスの金利の低さが魅力です。金利は年2.0%~14.0%で、さらに借入額によって適用金利が下がるため、多額の借入でも返済負担を抑えられます。

また、PC・スマホから24時間申し込み可能なので忙しい人でも気軽に利用できます。

もっと読む

カードローンの借り換えとは?

made_借り換えローンとは

カードローンの借り換えとは、現在利用しているカードローン会社よりも金利が低い会社へ乗り換えることです。カードローンは借りる会社、金額などにより毎月の返済金額や利息は異なります。金利が1%低いだけでも最終的に大きく返済額を減らせます。

もっと読む
編集部:横山
編集部:横山

具体的にはA社から金利18%で100万円をカードローンで借りている時に、金利15%のB社から100万円を借り入れ、そのお金で現在カードローンを利用している会社に返済し、次月からは新しい会社に返済するという仕組みです。

おまとめローンとの違いは?

made_おまとめローンとは?

おまとめローンとは、すでに2社以上の会社からカードローンを利用していて、別の会社から新たに借り入れを行う時に利用できます。複数の会社への返済を1つにまとめられるのがメリットですが、今回説明する借り換えとは別のサービスです。

次は、カードローンで借り換えをするのに向いている人の特徴を紹介していきます。

もっと読む

カードローンの借り換えをおすすめする人

ここからは、カードローンの借り換えをおすすめする人について紹介していきます。以下のような状況の人は、カードローンの借り換えを強くおすすめします。

もっと読む
  • 現在、借り入れている会社の金利が高いと感じている人
  • 現在の会社よりも返済がしやすい会社に乗り換えたい人
  • リボ払いをしている人

ここから理由を詳しく説明していきます。

もっと読む

①現在、借り入れているカードローンの金利が高いと感じている人

free_女性

基本的に借り入れ途中で金利が変わることはないので、借り換えをしない限り返済が終わるまでは最初に契約した金利で返済を行います。そのため、現在借り入ている会社の金利よりも低金利で借り入れができる会社があるのであれば、借り換えがおすすめです。

もっと読む

\フリーキャッシング・レディースキャッシングの申込ページ/

もっと読む

②現在のカードローンよりも返済がしやすいカードローンに乗り換えたい人

free_ストレッチする女性

「返済日が固定されていて給与日から離れている」「引き落とし以外に返済する方法がない」「提携のATMで返済する際に手数料がかかる」など、返済に関して利便性が悪いと感じている人は乗り換えるべきでしょう。

もっと読む

③クレジットカードのリボ払いをしている人

free_クレジットカード複数

なんと、借り換えローン安全に借入可能なのはカードローンだけではありません、
クレジットカードの利用者もリボ払いをカードローンに借り換えることで金利を下げ、最終的な返済総額を減らせます

もっと読む
編集部:横山
編集部:横山

リボ払いはクレジットカードのショッピング枠を使うため、リボ払いをしているうちは他のショッピングや決済ができなくなる可能性があります。そのためカードローンに借り換えする方が得策と言えます。

\リボ払いにも対応/

もっと読む

次は、借り換えにおすすめなカードローンをランキング形式で紹介していきます。ぜひ参考にしてみてください。

もっと読む

次は、カードローンで借り換えをするメリットを紹介していきます。

もっと読む

カードローンを借り換える3つのメリット

ここからは、カードローンを乗り換えるメリットを2つご紹介します。以下で説明するメリットを参考にカードローンを借り換えるか考えてみてください。

  • 返済期間を短縮できる
  • 毎月の返済負担を減らせる
  • 総量規制対象外で利用できる

それぞれについて解説していきます。

もっと読む

①返済期間を短縮できる

借入金額が多い場合、返済を始めてしばらくの間は、利息の返済が多く元金がほとんど減っていません。

しかし、金利の低い会社に乗り換えをすれば、毎月の返済額は変わらなくても金利が下がる分、元金の減りが早くなり借入金の返済期間を短くできます。

もっと読む

②毎月の返済負担を減らせる

高金利で借入している場合、毎月返済しているのになかなか借入残高が減らず、毎月の支払いが苦しい人も多いでしょう。

借り換えで今よりも金利の低いカードローンにすることで、毎月の返済額を減らしても現実的に返済できるようになります。

借入額にもよりますが、銀行カードローンの多くは毎月2,000円程度からの返済が可能なため、コツコツ返していきやすいのもありがたいポイントです。

もっと読む

③総量規制対象外で利用できる

借り換えローンは、銀行・消費者金融に関係なく総量規制対象外となっています。そのため、総量規制中でも借り換えしたいのであればローンの借入が可能です。

もっと読む

残念ながら、カードローンの借り換えはメリットばかりではありません。次は、カードローンで借り換えをするデメリットを紹介していきます。

もっと読む

カードローンを借り換える2つのデメリット

金利が減り、返済金額も抑えられるメリットがあるカードローンの借り換えですが、少なからずデメリットも存在します。具体的には以下の2つです。

  • 再び審査を受ける必要がある
  • 返済総額が高くなる恐れがある

上記の順にそれぞれについて解説していきます。

もっと読む

①再び審査を受ける必要がある

カードローンの借り換えをする場合、再び新しくカードローン会社に申し込まなくてはいけないので審査を受ける必要があります。そのため多少手間がかかってしまいますね。

もっと読む

②返済総額が高くなる恐れがある

基本的に金利は借りている期間で計算されます。そのため、返済期間が長くなればその分、余計に金利を支払わなくてはなりません。結果として毎月の返済額は抑えられたとしても、返済総額は高くなる可能性があります。

次はカードローンの借り換えでの審査基準を3つ解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

もっと読む

カードローン借り換えの際の審査基準3つ

借り換えの際にも改めて審査が行われますが、どの会社であっても審査基準は大きくは変わりません。借り換えで新しいカードローンを締結する際に、特に気をつけたいのは次の3点です。

  • 信用情報
  • 借り入れ状況
  • 本人属性

それぞれについて解説していきます。

もっと読む

①信用情報

カードローンの利用に担保は必要ないため、借り入れる本人の信用情報は重要な基準の1つです。これまでのローンやクレジットの取引履歴でトラブルがなかったかどうかを信用情報機関で照会して確認を行います。

もっと読む

②借り入れ状況

現在、ほかの会社からどれぐらいの借り入れを行っているかも審査基準の1つです。特に銀行以外のカードローンでは、総量規制を超える貸し出しはできないため、借り入れ状況は必ず確認される項目となります。

もっと読む
編集部:横山
編集部:横山

借り換えローンに関しては、総量規制対象外となります。

③本人属性

本人属性とは、借り入れる方に返済能力があるかどうかの確認です。「勤務先」「雇用形態」「勤続年数」「年収」などのほか、「住まいは持ち家か賃貸か」「家族構成は独身か結婚しているか」なども審査基準となります。

もっと読む

実は、カードローンの借り換え審査にはコツがあるんです。次は、そのコツについて解説していきます。

もっと読む

カードローンの借り換え審査通過のコツ4つ

審査基準は会社によって多少の違いはありますが、どこが甘いどこは厳しいといった明確な序列は基本的にはありません。そのため、カードローンの借り換え審査を通過するために気をつけるべき4つのポイントを説明します。

▼気を付けるべきポイントは以下4つ

  • 複数のカードローンへの申し込みは厳禁
  • 定められた期日での返済の徹底
  • 借り換え専用の適用金利がある会社の選定
  • 勤続3ヶ月以上してから申し込む

それぞれについて、詳しく解説していきます。

もっと読む

①複数のカードローンへの申し込みは厳禁

free_注意

カードローンの審査を通過するには、信用情報機関からお墨付きを受けることが重要なポイントです。近々で複数のカードローン申し込み履歴があると、あまり心証はよくありません。

もっと読む
編集部:横山
編集部:横山

カードローンの申し込み履歴は6ヶ月間残るため、新たにカードローンの申し込みをする際は、最低でも半年間は空けてからのほうがよいでしょう。

②定められた期日での返済の徹底

free_時間

過去に借り入れを行った際、頻繁に延滞を繰り返していたとなれば、信用情報はマイナスとなるでしょう。そのため、借りたお金は必ず定められた期日までに返済することを心がけましょう。

もっと読む

③借り換え専用の適用金利がある会社の選定

free_携帯を見る女性

一般的なカードローンを行っている会社の場合、既ににローンがある方は返済能力を通常よりも厳しく審査されるので借り換えを積極的に推進しているもしくは専用の適用金利を設定している会社を選択しましょう。

もっと読む

\借り換え専用ローンのおすすめはアイフル/

もっと読む

④勤続3ヶ月以上してから申し込む

free_会社員

「勤続年数」「年収」など安定した収入があるかどうかは、信用情報の重要項目です。仕事に就きたての場合、収入の安定性が不安視されるため、審査に通りにくくなる傾向があります。最低でも3ヶ月以上働いたうえで申し込むようにしましょう。

もっと読む

カードローンの借り換えに関するQ&A

ここからは、カードローンの借り換えを検討している人が少し気になる疑問に答えていきます。ぜひ参考にしてください。

もっと読む

借り換えの相談はどこにすればいい?

借り換えやおまとめローンの選び方や使い方を知りたいなら、銀行や消費者金融などの貸金業者へ電話で相談しましょう。

もっと読む

200万~300万の借り換え先はどこが最適?

借り換える金額が大きいほど、利息も大きくなるため、200~300万円と高額の場合は低金利の銀行カードローンがおすすめです。アイフルと楽天銀行の比較は以下のとおり。

もっと読む

▼5年(60か月)で返済するとき

アイフル借り換えMAX
200万円の場合
アイフル借り換えMAX
300万円の場合
楽天銀行スーパーローン
200万円の場合
楽天銀行スーパーローン
300万円の場合
適用金利 15.0% 15.0% 12.0% 10.0%
毎月の返済額 48,000円 72,000円 44,488円 63,741円
返済総額 2,844,634円 4,266,974円 2,669,310円 3,824,428円
すべて見る

上記のシミュレーションのように、低金利の銀行カードローンの方が返済負担は軽いです。しかし、銀行系は審査が消費者金融より厳しめにおこなわれるため、現在の借入先の数や借入総額をチェックし、借入状況に応じて申し込み先を選択しましょう。

もっと読む

現在の金利が高いと感じているならカードローンを借り換えよう

今回は、借り換えができるカードローンについて紹介してきました。この記事をまとめると、カードローンの借り換えをしたほうが良い人の特徴は以下の2つ。

  • 現在借入中のローンの金利が高いと感じている人
  • 借入中のローンの返済方法が自分に合わない人

上記に当てはまる人は是非、借り換えローンを利用しましょう!

もっと読む

\借り換えローンのおすすめはプロミス/

もっと読む
K-ZONE money 編集部

K-ZONE money 編集部